日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

会社における社長と部長の役割とは

      2018/02/26

会社における社長と部長の役割とは

会社での役職はとても重要ですね。社長は会社で一番偉い人!といったイメージですが実際はどうなのでしょうか。また部長はどのような役割を担っているのでしょうか。今回は会社の役職について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

不登校の原因は学校の先生が怖いから!?そんな時はどうしたらいい?

子供が学校へ行きたくないという理由に先生が怖いという場合もあ...

クロネコヤマトのバイト。女性でも働ける?

クロネコヤマトのバイトと聞くと、重いものをたくさん運んで体力...

統合失調症の症状とは?独り言で病気を判断できる?

統合失調症とは脳がうまく機能できず幻覚や妄想などの症状が出る...

面白い小説を読みたい!ファンタジーならこれを読もう!

今は電子書籍などでも気軽に小説が読める時代ですね!しかし小説...

彼女の浮気が心配…浮気の兆候と対処法は?

付き合っていると彼女のちょっとした行動で浮気をしていないか心...

政令指定都市って人口が多ければなれるの?指定の条件とは

政令指定都市というと漠然と人口が多い大都市というイメージがあ...

親知らずが痛い!生えかけの場合の対処法

親知らずは上下の一番奥に生える歯で変な方向に生えてくることが...

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていま...

結婚式にぴったりの髪飾りは?バレッタで簡単アレンジ!

結婚式に出席するときは服装だけではなく、髪型もきちんとしてい...

ワインのコルクの開け方は?プラスチック栓の場合

最近のワインのコルクにはプラスチック製の物が使われている場合...

子どもが感情のコントロールができない…原因と対処法

最近は感情のコントロールができない子どもが増えていると言われ...

いつでもきれいに!携帯電動歯ブラシのおすすめは?

電動歯ブラシは歯にあてるだけで歯をピカピカに磨いてくれます。...

タオルの嫌な臭いはこれで解消!ワイドハイターの効果

タオルは長く使っていると嫌な臭いが洗濯しても取れなくなってし...

ダイエットするなら朝食はパンとご飯どっちがいい?

ダイエット中でも朝食はきちんととらないといけません。手軽にと...

ゴルフのシャフトを交換してナイスショット!交換のポイント

ゴルフのシャフトは交換をすることができます。自分に合ったシャ...

仕事を紹介してくださるメールの書き方や礼儀

電子メールで即座に連絡がしあえる時代になりました。そこで大切...

ししとうはピーマンの仲間?ししとうとピーマンの栄養

ししとうとピーマンはよく似ていますが、ししとうは辛く、ピーマ...

インコの卵の孵化~飼い主に求められることは?

鳥好きな人にとって、人気のあるインコ。飼っていたら、家族の一...

派遣の更新を断る・断られる

派遣を紹介する人、派遣される人、派遣を受け入れる人、それぞれ...

韓国はなぜ美容整形大国?芸能人は整形しているの?理想の顔はどんな顔?

韓国はなぜ美容整形大国になったのかとても不思議です。韓国の芸...

スポンサーリンク

会社の役職とは

役職とは、ビジネスにおける責任や職権を伴う役目や職務のことをいいます。例えば「部長職」であれば「組織内の部門を管理する」職務があり、「課長職」であれば「組織の中堅幹部として、一部門の課を管理・監督する」役目があります。一般的にはそう言われていても、企業規模や組織体制によって、役職の位置付けは様々です。課長が管理する「課」の規模が数名から百名近くまで幅があったり、組織内で重要度の高い部門を統括する「部長職」は、取締役や執行役員を兼務することもあります。そのため、組織内の役職の順番を理解しておき、商談などで相手の役職を確認したときに、社内でのおおよその位置付けがつかめるようにしておきましょう。

引用元-アンドプラス

一般的な会社の役職

一般企業で多く使われている役職

会長(取締役会長)
社長(代表取締役社長)
副社長(代表取締役副社長、取締役副社長)
専務(取締役専務、代表取締役専務)
常務 (取締役常務)
監査役
執行役員
本部長または事業部長
部長
次長
課長
係長
主任

上記の他にも最高経営責任者(CEO)、最高執行責任者(COO)、局長、所長、主任研究員、主査、主事、マネージャー、チーフ、リーダーなど、企業によって様々です。また、「補佐」「代理」「副」などを付けている企業もあります。(例:課長代理、課長補佐)
どのような呼称を使うかは企業の自由であり、役職による権限や責任も企業によって様々です。

引用元-GREENSUN

部長は社長の指示をどのくらいでこなすべきか

部長はどれくらいの期間で社長の指示をこなせば合格と言えるでしょうか。これは1週間です。課長は1ヵ月。このように職位によって、社長の指示をこなす時間を決めておけば、社員の時間に対する感覚も変わります。

社員の仕事のスピードを速くするのに効果的なのは、「最後に指示されたことを最初にやる」ように教育することです。しかし大抵の社員が陥る罠が命じられた順番に仕事をこなすことです。多くの社員は最初に命じられた仕事から順番にこなしていきます。これでは社長が求めるスピード感は出てきません。社長にとって、最もやってほしい仕事は直近に命じた仕事です。ですから、「最後に指示されたことから最初にやる」よう社員に教えればいいのです。

なかには1ヵ月前に命じた仕事に手をつけていない社員もいるでしょう。そうした社員には、どこかで気づかせてあげる必要があるかもしれません。1ヵ月前に指示した仕事で、まだ手をつけていないものは、社長も指示したこと自体を既に忘れていることを。

社長がスピード命なら、社員もスピード命。これを社員教育で徹底しなければなりません。

引用元-PRESIDENT Online

部長に必要なのは意思決定力

最近、様々なリーダーシップ本が出ているが、それらは6、7にフォーカスしているものが多く、確かにそれは正しいしのだが、経営の最小単位としてみた場合、部長に最低限求められるのが、現場での意思決定力だ。

意思決定と言うと大げさであるが、部下の「このように対応したいのですが」「来期は、この分野にフォーカスしたい」「これを商品企画会議にあげたい」「こんな改善を行いたい」などの日々発生する様々な意思決定を部長は行い、その判断に対して責任を持っている。

意思決定の判断基準は様々で、お客様にとって、部の今年の売上として、社会的責任、会社全体の長期戦略として、チームワークを維持するために、その社員の成長とキャリアパスとして、現場の意見が経営に反映させるカルチャー維持のために、など様々な視点で判断をしなくてはならず、部長の意思決定は目立たないが会社にとっては非常に重要な機能だ。

間違えれば、その期の業績が悪化するだけでなく、リスクテイクしてチャレンジする文化が失われたり、社員が次々と辞めていったり、気がつかないうちに食品の偽造問題や不正取引、不正な接待、脱税などに見られるような、本人の意図していなくても大きな問題になることになる。

引用元-けんじろう と コラボろう!

いい社長とはどのような人か

1.現場第一主義で頑張る(率先垂範)

良い社長は、現場第一主義で自ら従業員の見ている前で率先して頑張っています。社長室の中にいるのではなく仕事の現場やお客様の所に足を運びます。従業員に汗水流して頑張っている後姿を見せる人です。悪い社長は、「ああしろ、こうしろ」と従業員に指示だけを出し、自分がお手本を示さず、または現場に行かず仕事の結果だけを聞いて済ます人です。

2.強い熱意がある

良い社長は、事業経営に「熱意」があります。いかに才能があっても、知識があっても、熱意の乏しい人は何をなすべきかが思いつきません。 「たとえば、なんとしてでもこの二階に上がりたいという熱意があれば、ハシゴというものを考えつく。ところが、ただなんとなく上がってみたいなあと思うくらいでは、ハシゴを考えだすところまでいかない。どうしても、なんとしてでも上がりたい。自分の唯一の目的は二階に上がることだ。というくらいの熱意のある人がハシゴを考えつくのである。いくら才能があっても、それほど二階に上がりたいと思っていなければ、ハシゴを考え出すところまではいかない」(松下幸之助氏、道をひらく考え方)このように少々知識が乏しく、才能に乏しい点があっても、強い熱意のある社長の方が事業は成功します。

3.謙虚さと素直さがある

良い社長は、人の忠告を真摯に受け止め自分の悪かった点を素直に認める謙虚さと素直さを持ち合わせています。あの有名な経営の神様こと松下幸之助氏が毎朝晩枕元で「今日1日素直でありますように」と祈りかつ反省していたといいます。悪い社長は、たとえば事業の利益等の目標を立て、そのハードルを2回クリアするところまでは謙虚に周りの人に感謝の気持ちを表しますが、次の新しい3回目の目標をクリアした際には「自分が苦労し努力したからだ」と自分の手柄だけ褒めて従業員や周りの人に感謝しなくなり、謙虚さもなくなり、いわゆる「天狗」になってしまいます。こうなればいずれ事業もうまくいかなくなります。

4.強固な決断力

社長は決断力が必要であります。たとえ決断が間違っていても決断しないよりはましです。もし一度下した決断が誤っていたら後日訂正すればいいのです。良くないのはいつまでも決めずに優柔不断でふらふらしていることで、そのうち会社はダメになってしまいます。

引用元-大野会計事務所

取引先の企業の役職は把握しておこう

役職は企業によってさまざま

役職は、企業によって位置付けがさまざまであり、上記の役職の一部がない企業もあれば、その他の役職を付与している企業もあります。例えば、所長や局長、支店長、ブロック本部長などですが、社内での位置付けを理解したい時は、会社の売上規模や業種、社員数などで判断していくことが重要です。役職を把握して、相手に対する接し方を変えていくこともビジネスマナーでは非常に大切です。

引用元-アンドプラス

まとめ
いかがでしたか?企業によって役職は変わってくるので取引き先の役職は把握しておくのがビジネスマナーのようです。

twitterの反応


https://twitter.com/jiribow/status/733283753208905728

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ