日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

離乳食のパンが初めての場合はミルク粥が良いでしょう

      2018/02/27

離乳食のパンが初めての場合はミルク粥が良いでしょう

お子さんの成長はとても嬉しいものですね。半面、離乳食の進め方に不安を持たれる方は多いでしょう。離乳食はお米のおかゆのあとはパンのおかゆも加わりますが、注意したい点がいろいろあります。市販のパンを利用する場合は塩分、油分、添加物に気を付けましょう。また、初めてのパンは食パンから初めてください。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

不登校の原因は学校の先生が怖いから!?そんな時はどうしたらいい?

子供が学校へ行きたくないという理由に先生が怖いという場合もあ...

クロネコヤマトのバイト。女性でも働ける?

クロネコヤマトのバイトと聞くと、重いものをたくさん運んで体力...

統合失調症の症状とは?独り言で病気を判断できる?

統合失調症とは脳がうまく機能できず幻覚や妄想などの症状が出る...

面白い小説を読みたい!ファンタジーならこれを読もう!

今は電子書籍などでも気軽に小説が読める時代ですね!しかし小説...

彼女の浮気が心配…浮気の兆候と対処法は?

付き合っていると彼女のちょっとした行動で浮気をしていないか心...

政令指定都市って人口が多ければなれるの?指定の条件とは

政令指定都市というと漠然と人口が多い大都市というイメージがあ...

親知らずが痛い!生えかけの場合の対処法

親知らずは上下の一番奥に生える歯で変な方向に生えてくることが...

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていま...

結婚式にぴったりの髪飾りは?バレッタで簡単アレンジ!

結婚式に出席するときは服装だけではなく、髪型もきちんとしてい...

ワインのコルクの開け方は?プラスチック栓の場合

最近のワインのコルクにはプラスチック製の物が使われている場合...

子どもが感情のコントロールができない…原因と対処法

最近は感情のコントロールができない子どもが増えていると言われ...

いつでもきれいに!携帯電動歯ブラシのおすすめは?

電動歯ブラシは歯にあてるだけで歯をピカピカに磨いてくれます。...

タオルの嫌な臭いはこれで解消!ワイドハイターの効果

タオルは長く使っていると嫌な臭いが洗濯しても取れなくなってし...

ダイエットするなら朝食はパンとご飯どっちがいい?

ダイエット中でも朝食はきちんととらないといけません。手軽にと...

ゴルフのシャフトを交換してナイスショット!交換のポイント

ゴルフのシャフトは交換をすることができます。自分に合ったシャ...

仕事を紹介してくださるメールの書き方や礼儀

電子メールで即座に連絡がしあえる時代になりました。そこで大切...

ししとうはピーマンの仲間?ししとうとピーマンの栄養

ししとうとピーマンはよく似ていますが、ししとうは辛く、ピーマ...

インコの卵の孵化~飼い主に求められることは?

鳥好きな人にとって、人気のあるインコ。飼っていたら、家族の一...

派遣の更新を断る・断られる

派遣を紹介する人、派遣される人、派遣を受け入れる人、それぞれ...

韓国はなぜ美容整形大国?芸能人は整形しているの?理想の顔はどんな顔?

韓国はなぜ美容整形大国になったのかとても不思議です。韓国の芸...

スポンサーリンク

離乳食で初めてパンを食べさせるのは6か月以降にしましょう

離乳食の初期といえば、5か月頃からを指しますが、パンはなるべく遅く6か月、7か月頃から始めるのがベターです。なぜかというと、パンに使われている食材は食物アレルギーの原因とされ食材が色々と使われているからです。

初めて食べる食材については、必ず食事をした後、30分、1時間と体の変化を気にするようにしましょう。口の周りが赤くなる、手や足の関節の後ろに湿疹が出るなど、汗疹や肌荒れ等と見分けが付かず、見逃すことが多い症状として現れることが多いようです。

アレルギー反応が出てから原因を突き止めようとすると、何かに混ざっている場合、分らないことが多いものです。離乳食を始める時に、一つ一つの食材を確認しておくことが大切です。

小麦粉

近年、増えているのが小麦粉アレルギーです。身近に小麦を使った食材は沢山あります。パンを食べ始める前に、まずは、うどん等、小麦粉と水が主成分の食品で確認してみましょう。

卵・乳製品

卵、乳製品もパンに含まれていることが多い食材です。近年、卵、乳製品のアレルギーを持った赤ちゃんはびっくりするほど増加しています。自分の子どもは大丈夫と、過信は禁物です。必ず、少量から食べ始め、食べた後の状態を確認し、アレルギーがないかどうか観察しましょう。 

卵は特に気を付けたい食材です。子どもの発育の状態、アレルギー体質かどうかなどをよく観察、確認をしてから離乳食に取り入れましょう。卵アレルギーがないことを確認できてから、卵入りのパンを離乳食に取り入れましょう。

また、乳製品についても、いきなり牛乳ではなく、まずは呑んでいた粉ミルクを牛乳の代用品として使用するのも手です。牛乳そのものが飲めることを確認してから、牛乳入りのパンを取り入れましょう。脱脂粉乳、バター等、パンには乳製品がよく使われています。

引用元-ココロとカラダの教科書 | welq [ウェルク]

離乳食でパンを初めて使う時の選び方

パンと言ってもたくさんの種類があります。パンには小麦粉はもちろん、乳製品や卵などのアレルギー症状が多く見られるものが使われています。離乳食が始まって、小麦粉や乳製品、卵などを試してみて心配ない場合から食べ始めましょう。
ここでは主なパンの種類の中から離乳食に使う中での選び方をいくつかご紹介します。

食パン

パンの代表格の食パン。塩分や油脂、糖分が少ない食パンは離乳食初期から食べることができます。ただし、耳の部分は油脂が多く集まっているので中の白い部分を使いましょう。お母さんたちに人気の食パンです。この「超熟」にはイーストフードや乳化剤が使われていないので安心して離乳食に使われています。

フランスパン

フランスパンは後期から、食パンと同様にくりぬいて中の部分をつかいましょう。フランスパンは食パンと比べて塩分が多いので、1度茹でた後に茹で汁を捨てて再度調理しましょう。良い点はバターなどの乳製品が使われていないので、乳製品が食べられない赤ちゃんも食べることができます。

胚芽パン

胚芽パンも後期から食べることができます。どの食材も同じですが、胚芽にもアレルギーの可能性があるので、初めて食べる場合は注意しましょう。

ロールパンや惣菜パン

ロールパンは脂分や塩分が多く使われているので1歳頃から食べるようにしましょう。

引用元-いくしぇあ

離乳食の主食はパンのミルク粥

パンは、お米と同じ炭水化物で、主食と呼ばれる分類に入ります。炭水化物に含まれる糖質は、身体を元気に動かすためのエネルギー源!離乳食にも毎食必ず取り入れましょう♪

また、他にもパンには、糖質、たんぱく質、ビタミン類、カルシウム・ミネラルなど多くの栄養素が含まれていて、作る時にバターや砂糖、乳製品が含まれることが多いため、お米と比べるとカロリーや脂質は高めですが、野菜やたんぱく質と組み合わせて食べることで、バランスが良くなります◎  

手づかみでも食べやすいので離乳食にピッタリの食材♪ただし、小麦はアレルギーが出る場合があるので、初めてあげる時は十分に注意しましょう!

主食として大活躍☆パンを使った離乳食

離乳食にパンを取り入れると、主食のバリエーションがグッと増えます☆市販の食パンを使って、簡単に出来る離乳食をご紹介します♪

離乳食初期☆ミルクパン粥

まずはシンプルに!離乳食初期から食べれる、ミルクで煮たパン粥。
とろとろになるまで煮れば、お粥のようにすり潰したりしなくも大丈夫♪ミルクの味で赤ちゃんも食べやすいです☆

<材 料>4.5回分
食パン  1枚
粉ミルク  100ml

<作り方>
1.食パンは耳を取り、8等分くらいに細かく切る
2.粉ミルク100mlと1を鍋に入れて火にかける
3.トロトロになるまで煮る
4.完成!

引用元-mamari

離乳食で初めてパンを食べたあとはどんな食材がいい?

パン

初めのうちはひたすら10倍粥をあげましたが、友人に「赤ちゃんはパンが好きだよ」と聞き試したところ、確かに大好評でした。離乳食初期ではミルクパンがゆにしてあげるのが一般的なようです。ただパンはしょっぱいし、いろんな成分も入っているので、あげ過ぎないように注意していました。放っておくとひたすら食べるので・・・

バナナ

我が家では伝説の食材です、バナナ。どんなに激しく泣いていてもバナナをあげればぴたりと泣き止み、バナナがなくなると「もっと寄越せ」それまで以上に激しく泣きました。レンジでチンすれば簡単に柔らかくなるし栄養満点だし、離乳食初期にあげる果物としてはバナナはとてもいいと思います。ただ、あまり甘い物の味を覚えさせるとそれ以外を嫌うようになるので注意が必要です。うちはこれでお粥を嫌うようになりました。。

しらす

離乳食初期でもっともお世話になった白身魚です。白身魚と言っていいのかわかりませんが。Jrはしらすが好きで、お野菜やお粥と和えたりして使いました。準備も簡単で、熱湯をかけて塩抜きして、ひたすらごりごり裏ごししました。いやほんとピジョンの調理セット様々でした。

キャベツ

キャベツもゆでて裏ごししましたが、裏ごしには不向きな食材でした。途中から柔らかくゆでた物を包丁で細かく刻んであげるようになりました。が、柔らかくゆでている間に味が抜けてしまい、結果的にあまりおいしくなかったような、、、。

引用元-パパラボ

離乳食で初めての食材はアレルギー反応に注意して下さい

・卵
・小麦
・乳製品

アレルギーの原因となるものを「アレルゲン」と言います。とくに0~3歳時にアレルギー反応が出やすい「3大アレルゲン」と定義されている食材がこの3つ。なんとアレルギー反応が出た子どもの半数以上が、この3つの食材が原因になっているそうです。

離乳食時に注意!卵・小麦・乳製品が含まれている主な加工食品

・パン(小麦、または小麦と卵)
・うどん(小麦)
・パスタ(小麦)
・クッキー類(小麦、卵)
・ケーキ類(小麦、卵、乳製品)
・アイスクリーム(卵、乳製品)
・ヨーグルト(乳製品)
・プリン(卵)
・牛乳(乳製品)

これらの加工食品は離乳食初期でも与えやすく、料理の食材として使用される機会も多いと思います。うどんやヨーグルトなどは、10倍がゆの次のステップとして用意されるご家庭も多いのでは?でも離乳食としてあげやすいこの食材には、アレルギー反応が出る可能性が含まれています。ママの頭の片隅に置きながら、注意して与えるようにしましょう。

「7大アレルゲン」にも注意!

・エビ
・カニ
・落花生
・そば

上記の「3大アレルゲン」に加え、この4食材をあわせたものが「7大アレルゲン」です。とくにエビやカニは練り製品の中に含まれていることも多く、またシラスの中に混じってしまっている可能性もあるため注意が必要!初めてあげる食品は食品表示をよく見て、確認してからあげるようにしましょう。

引用元-cuta

まとめ
離乳食が始まると、いろいろなものを食べさせたくなります。アレルギー反応の様子を確認しながら進めましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/x_xsoss/status/720428755039100929
https://twitter.com/sakittiyoo/status/719549299139301378


https://twitter.com/asupoooou/status/712225639978258432


https://twitter.com/naogood0909/status/732437092702228480


https://twitter.com/hmng__9y/status/709691610666110976

 - 日常・生活

ページ
上部へ