日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

めまいや吐き気の原因と病気

      2018/03/08

めまいや吐き気の原因と病気

めまいや吐き気を訴える患者さんは多いようです。その原因は耳や脳など様々です。どんな時にめまいや吐き気が現れるのでしょうか?寝ている時ですか?起き上がった時ですか?起きている時ですか?いつ何をした時かが病気を特定するポイントになるようです。受診をする前によく思い出しておきましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

女性におすすめのマッサージ!オイルマッサージの効果とは

女性におすすめのマッサージにオイルマッサージがあります。オイ...

契約社員ってどんな働き方か知っていますか?退職は期間途中でもできる?

同じ会社の中でも、正社員、契約社員(準社員)、パート・アルバ...

就活の電話を無視したら不利になります

非通知電話に出たくない心理はわかります。しかし、企業から就活...

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

スポンサーリンク

めまいの種類は3種類ですが原因は何なのでしょう?

めまいとは

私たちは普段、安定した足取りで日常生活を送ることができます。これは耳の内耳にある前庭という部分が体のバランスをとる働きをしているからです。
しかし、内耳や前庭神経、あるいは中枢側にある脳幹や小脳などに異常があると、ふらついてバランスを保てなくなってしまいます。これを前庭性のめまいと呼びます。
そのほか、頸椎や循環器系の異常でもめまいが起こることがあり、こちらは非前庭性のめまいと呼ばれます。

3種類のめまい

めまいには大きく分けて、回転性のめまい不動性あるいは動揺性のめまい失神や眼前暗黒感を伴うめまいの3つの種類があります。

<回転性のめまい>

天井がぐるぐる回るような感覚に陥るめまいです。
吐き気嘔吐などの症状を伴います。片側の内耳や前庭神経の病気が原因になっていることが多く、脳幹や小脳などの中枢神経の病気の症状としても見られることがあります。

<浮動性あるいは動揺性のめまい>

自分がふわふわと宙に浮いているような感覚に陥ります。
前庭神経の障害が両側に起こった場合片側のみの障害でも比較的症状が軽い場合、あるいは回転性のめまいの回復期に見られます。

<立ちくらみ等を伴うめまい>

目の前が急に暗くなったり気が遠くなったりするようなめまいで、ひどい場合には失神したり意識を失ったりすることもあります。立ちくらみや脳貧血もこのめまいの1つです。
不整脈低血圧などの心臓や血管系の病気や貧血・心因反応などが原因となっていることが多いです。

引用元-いしゃまち

めまいと同時に起きる吐き気の原因と対処法

めまいと同時に起きる吐き気嘔吐症状に対する対処法

吐き気(嘔吐)の原因

吐き気(嘔吐)の原因は色々と考えられます。主な原因として以下のような事が考えられます。
・お薬
・便秘や下痢
・胃潰瘍など、胃や十二指腸に異常がある
・腎臓や肝臓の異常
・高カルシウム血症(血液中のカルシウム値が高くなる
・がんの治療による(抗がん剤、放射線治療)
・めまいや耳鳴りがある
・不安や恐怖、精神的な原因など…

吐き気(嘔吐)の対処方法

吐き気止め薬を使う

急に吐き気などが起こった時は「乗り物酔い」用の吐き気止めでも効果が得られます。
吐き気止めは常備しているけど水は常備していない…という人が多いと思いますが、
今は水なしで飲める「エアミットサット」や「センパア」などの吐き気止め薬が発売されています。

重曹水・炭酸水を飲む

・重曹水:重曹は胃に良いらしくて、よく吐き気には重曹が良いと言われています。
コップ1杯に小さじ1杯くらいの重曹とレモン汁をたらして飲むと効果が期待できます。
・炭酸水:炭酸水も効果的だと言われています。ただ、一気に飲むと逆に吐き気が増すことがありますので少しずつ飲むように心がけて下さい。

フリスクなどのタブレットを口に入れる

吐き気を抑えるときにミントタブレットのフリスク等を口に入れる人が多いです。
その理由としては、ミントに吐き気を抑える効果があるからだと言われています。

引用元-めまい ふらつき 原因と対処法 カウンセラー律子のメンタルゼミ

めまいや吐き気がおこる一つにメヌエール病があります。

メニエール病は、めまいのときに難聴(耳の聞こえが悪くなる)、耳鳴り、耳がつまった感じなどの聞こえの症状を伴い、このようなめまい発作を反復する病気です。
発作時のめまいは高度で、吐き気、嘔吐を伴う場合が多数ですが、意識の障害や言葉のもつれ、運動の障害を伴うことはありません。

難聴などの聞こえの症状は、発作後に軽快しますが、めまい発作を繰り返すたびに次第に増悪することがあります。発作の間隔は、週1回程度から年数回程度まで様々です。
メニエール病のめまい発作は発症後1~2年位の間に軽快する症例が多数ですが、症例によっては数年以上にわたる例もあります。また、発作を繰り返すうちに難聴が回復せず、次第に高度となる症例があります。

メニエール病の治療は、発作時と発作後で異なります。発作時では、めまいと難聴への治療が主体となります。また、発作後ではめまい発作を予防し、発作の間隔ができるだけ長くなるように、色々な対策を講じます。

メニエール病の発作は、ストレス、過労、睡眠不足などがきっかけで起こる場合が多いので、これらをできるだけ避け規則正しい生活を送るようライフスタイルの見直しも重要です。発作の予防対策は薬物治療が主体ですが、発作が頻発する場合には種々の手術治療の対象となります。
なお、メニエール病の名称はフランス人医師メニエール(1799―1862)に由来します。

引用元-めまいのQ and A

めまいを伴い吐き気は起らない病気に良性発作性頭位めまい症があります

良性発作性頭位めまい症

最も多い病気は良性発作性頭位めまい症です。寝たり起きたり、寝返りを打つなど頭を急に動かしたときにぐるぐる回るような回転性のめまいが数十秒の短時間だけ起こります。吐き気を伴うこともありますが嘔吐を伴うことはほとんどありません。
めまいの起こり方を聞き、聴力に異常が無いことを確認した上で、頭位変換眼振検査という頭を様々な方向に動かし、わざとめまいを起こさせてその際の眼の揺れ(眼振)が確認できればほぼ診断が可能です。
原因は耳の内耳にある三半規管の耳石の一部が何らかの理由で剥がれてしまい、頭を動かした際に三半器官の中を耳石の破片が動きまわることによって三半器官が刺激されて起こるとされています。
治療は他のめまいの場合はできるだけ頭を動かさず安静にするのが一番の治療なのですが、良性発作性めまいの場合は積極的に頭を動かして剥がれた耳石の破片を排泄することが効果的です。薬は良性発作性めまい自体にはあまり効果的ではありませんが、めまいによる吐き気などの不快感に効果があります。

引用元-「みみ・はな・のど」富沢クリニック

原因が様々なめまいが起きる病気

突発性難聴でもめまいが起きることがあります。突発性難聴では、急にさまざまな程度の難聴が起こってきますが、耳鳴り、耳がつまるような感じなどの症状のこともあります。
このような聴力に関係した症状とともに、ぐるぐる回るめまいが起こることがあります。しかし起きあがれなくなるほど強いめまいではありません。突発性難聴の治療の開始は早ければ早いほど、聴力の回復が期待できるため、できるだけ早く耳鼻科を受診する必要があります。
フワフワとした動揺性めまいは、雲の上を歩くような感じや船酔いの感じに似ためまいです。中年の女性に更年期に関係して起こることが多い印象がありますが、高齢者にも同様のめまいが起きることがあります。
肩こりが強くなると、首筋や頭の筋肉のこりが強くなり、頭を重く感じたり、フワフワとしためまい感を生じやすくなります。また、更年期に起こりやすいフワフワとしためまい感も、肩こりに関係して起こることもありますが、自律神経失調症として考えた良い場合もあります。このようなフワフワしためまいは何日も続きやすいために、血圧や脳の病気を心配して来院されることが多いようです。

引用元-町医者の「家庭の医学」

まとめ
めまいや吐き気の原因はオーバーラップしていることが多く、なかなか特定ができません。医者と相談しながら根気よく様子を見ましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/samushiku93/status/734218449199628288


https://twitter.com/hitaso__266/status/732617896887607296
https://twitter.com/mwam_1357/status/732538632561561601

 - 美容・健康

ページ
上部へ