日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

会社の社長が交代したら会社はどうなる?

      2018/03/10

会社の社長が交代したら会社はどうなる?

会社の社長が急に交代となったら会社はどうなるのでしょうか。自分の会社の社長が変わったら社員の待遇がどうなるのか気になりますね。今回は会社の社長が交代した時について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

女性におすすめのマッサージ!オイルマッサージの効果とは

女性におすすめのマッサージにオイルマッサージがあります。オイ...

契約社員ってどんな働き方か知っていますか?退職は期間途中でもできる?

同じ会社の中でも、正社員、契約社員(準社員)、パート・アルバ...

就活の電話を無視したら不利になります

非通知電話に出たくない心理はわかります。しかし、企業から就活...

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

スポンサーリンク

会社の社長とは

代表取締役は、会社が経営して行く上での総責任者。会社を立ち上げたら、代表取締役が、「私がこの会社の総責任者です」という立場となり、役所へ提出する代表印も、代表取締役のものを押します。何か会社内で激しく売上が落ちたとか、盛大にポカをやらかした。という場合に、真っ先に責任を取らされるのが、この、代表取締役です。

対して、社長というのは、肩書というか、名称ですね。法律上の書類では、「社長」という肩書は何の意味もありません。実際に会社内で職責上会社を指揮するトップにいる人が、「社長」と呼ばれます。とはいえ、会社の現状をよく把握している人が、代表になった方が効率がいいですよね。なので通常、代表取締役 = 社長であることが多いのです。

ただし、法的な立場の代表である「代表取締役」と、会社の実務上のトップである「社長」は、使われる場所や、ニュアンスが違ってくるので注意しましょう(^-^)h

引用元-違いはねっと

代表取締役社長がいないと会社は何もできない

会社という組織は、それ自体、一個の法人格として取り引きの主体となります。その法人格の目となり口となるのは、代表取締役である社長です。会社の代表者である社長が取引先と話し合い、合意することによって、会社は様々な契約をして取り引きをすることができます。もちろん社長から任された従業員が担当者となって取引先と話し合い、社長の決済をもらって代表社印を契約書に捺印することはあります。しかし、それは、あくまでも代表者である社長から任されてやっているだけです。代表者である社長がいなくなってしまうと、会社は取引先と契約をすることができなくなってしまいます。

引用元-日経ビジネス

社長が交代!どうしたらいい?

最悪、人員整理に遭ってしまう可能性も?!

こういった状況では「新しい社長と社員の相性がどうか」という点に尽きます。新しい社長が望む会社の方向性、そして性格や人間的な側面、その両方の相性が働くみなさん(あなた)とマッチするかどうか、ということです。

組織のトップは自分が理想とする経営を実践するために、一緒に行動してくれる人材を求めています。自分についてきてくれる人材かどうかを知るために、1人1人と面談の時間を持つという社長もいますし、無条件でマネージャーレベル以上の人材を替えてしまうという社長もいます。

社長が変わったと思ったら、ある日突然の自分のポジションを奪われてしまう、なんてたまったもんではありませんね。

私は以前、大手外資系企業でスタッフ50名ほどの大型店の店長として勤めていた際、オペレーションディレクターから「あなたにこの店を任せているので、あなたが仕事のしやすいように人材を選んで、あなたの色で運営してください。その時に人を切リづらいようであれば、私が代わりに切ってあげます。」と言われた事があります。

外資系とは、職務に課された責任の所存が非常に明確です。会社やブランドに愛着があっても、社内の評判がいくら良くても、実績が伴わないと給与も下がります。前出のように、ある日突然解雇同然の通達を受けることだってあるのです。

「社長とあなたの相性があうかどうか?」は大切なポイント

私は転職を希望をされている方に、必ず「転職するにあたって、ブランドや職種、年俸も重要ですが、社長の方向性や情熱、意識があなたとフィットしているかが一番重要なポイントです」とお伝えしています。社長との相性が悪いと、メンタル面で苦しむ事になってしまったりすることも多いですし、それが原因で退職せざるを得なくなってしまうということも。

ただ、中にはその社長が交代するまで、じっと耐えて我慢される方もいますし、逆に情熱をもって社長の意識を変えてしまうというような方もいらっしゃいました。

引用元-FashionHR

会社が譲渡された場合、会社はどうなるか

1. 代表者の処遇

M&Aで会社を譲渡すると、経営権が買い手企業に移ります。

その際、譲渡企業の代表取締役は退任し、譲受け企業から新たな代表取締役や役員が派遣されてくるケースが多いようです。この場合、退任される代表取締役についてはそのままリタイアという場合もありますが、スムーズな引継ぎのために代表権のない会長や相談役、顧問といった役職で当面の間(期間は両者の協議による)会社にとどまり、引継ぎが完了した時に退職するというパターンが多いようです。

一方で、大手企業の傘下に入った後も代表者の地位にとどまり、譲受け企業の経営資源を活用することにより成長を加速させている代表者の方も少なくありません。

2. 連帯保証・担保提供

中堅中小企業においては、オーナー社長が会社債務について個人保証していたり、個人資産を借入金の担保に提供していることが多く見受けられます。

第三者へのM&Aに伴って経営権が移動する場合には、オーナー社長の個人保証や個人資産の担保提供は解除されるのが一般的です。

3. 従業員の処遇

全員引き継がれ、処遇も当面の間は従来通りというケースが一般的です。

友好的なM&Aにおいては、従業員の士気を落とさないような形で会社を引き継ぐことが大事です。したがって、M&A後すぐに大幅な人員削減をしたり、給与水準を切り下げたりということはほとんどありません。

4. 会社名

譲渡企業の会社名もそのまま継続するケースが一般的です。

従業員や取引先が混乱しないために社名を継続する方が有効な場合が多いからです。ただし、譲受け企業のグループ企業であることを会社名の中に示した方が会社の成長に役立つケースもあります。M&A時の契約で社名を今後どのようにするのかについて取り決めておけば納得できる方法がとられるでしょう。

引用元-日本M&Aセンター

経営者が交代するともめやすい

もめる会社でいちばん多いのが、経営者が交代したばかりの会社です。

労働問題を扱い始めた当初は、経営者が若くて経験が少ないからもめるのかと思っていましたが、そうではありませんでした。2代目、3代目の社長として30代、40代で会社を継いだとき、トラブルが起きやすいのです。

先代社長の時代から我が物顔に振る舞ってきた古参社員が、居心地のいい会社を新社長に邪魔されたくないという理由で、トラブルを起こし始めるのでしょう。

「会社が社員に乗っ取られた」
事務所にやってきた社長は顔面蒼白でした。

社長は2代目。創業者であった父親が亡くなり、数ヶ月前に事業を継承したばかりでしたが、先代時代の大番頭的社員が外部の労働組合と手を結び、新社長に反旗を翻しました。それまで社員は組合活動などに興味のない人ばかりでしたが、「働きやすくなるから」と組合に誘われ、わずかな期間で全社員が組合に入りました。会社に余裕がないのはわかっているはずなのに、組合は賃金アップや諸制度の改善などを次々に要求してきます。

新社長は孤立無援の状態です。誰を信用していいのかわかりません。労務関係のトラブルに詳しい人も周囲にいないため、どう対応したらよいかもわかりません。
社長は「悔しい」と言いながらぽろぽろと涙を流しました。

ある会社では、創業者である先代社長が突然亡くなって息子さんが会社を引き継いだところ、労働組合の結成通知がきました。それだけなら問題はないのですが、漏れるはずのない会社側の情報が労働組合に漏れるなど、明らかに様子がおかしいのです。新社長は、役員の1人が労働組合をバックアップしていると確信していましたが、確証はありません。

結局、この役員が横領を行なっていたことが発覚し、証拠を突きつけたところ、自ら退職していきました。同時に労働組合も解散し、以前の会社に戻ったのです。

引用元-ダイヤモンド社 書籍オンライン

自分の子供に会社を譲るなら

事業承継は一般的に、少なくとも数年先を見据えて準備を進めていくことが必要です。そのための道標となるのが「事業承継計画」です。それでは、事業承継計画を作成するための「3つの項目」についてお話ししましょう。

①会社の現状把握と分析

先ほどお話しした「ヒト・モノ・カネ」の動きを知ることが、事業承継計画を作成する最初のポイントになります。会社のあらゆる数値・情報・ノウハウなどを明確化し、「何となく分かっていた…」という程度の会社の状況を客観的に見つめ直して、課題の発見や今後の経営方針や経営目標の設定を行います。

②引き継ぎ計画を立てる

息子に事業を引き継がせると言っても、決意した翌日に経営者が交代するといったことは、余程の非常事態でもない限り、まずあり得ないことです。取引先や従業員への周知も必要ですし、何より、後継者の教育や資産の譲渡などの重要な手続きを行わなければなりません。今後の経営方針や経営目標に沿って、どのタイミングで、何をする必要があるのかを検討し、周到に引き継ぎ計画を立てていきましょう。

③計画書を作成する

引き継ぎ計画のイメージを固めたら、事業承継計画書を作成しましょう。計画書の作成は経営者が一人で行うのではなく、後継者と一緒に行いましょう。計画書の作成を後継者と一緒に行うことで、経営者と後継者が、問題意識を共有できるようになるはずです。計画書には、いつ、どのタイミングで、何をするのかということと同時に、売上高や利益といった具体的な目標数値を挙げておくことも必要です。事業承継計画書の具体例は、中小企業庁のホームーページに掲載されていますので、参考にしてみると良いでしょう。

引用元-遺産相続の手続きナビ

まとめ
いかがでしたか?社長の交代は会社にとって重大なことです。トラブルは避けたいものですね。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ