日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

パートで扶養内で働いている場合、交通費は含まれる?

   

パートで扶養内で働いている場合、交通費は含まれる?

パートで扶養内で働いている場合、交通費は収入に含まれるのでしょうか?扶養控除の適用は年間収入がが103万以下であればいいとされていますが、交通費はその中に入れて計算するのでしょうか。今回はパートの交通費について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

台湾で命を懸けた日本人 今も尊敬される水利技師

台湾では多くの人が知っている、学校の教科書にも登場する日本人...

スポンサーリンク

パートで働いでいる場合の扶養内の収入は?

扶養内に入るワケとは

そもそも、扶養内に入る事がなぜポイントになるかと言うと、11月末~12月にかけて行われる“年末調整”をご存知でしょうか?その時に扶養する者が居ると、住民税などの税金を払う額が安くなるのです。

ということは、税金が安くなると必然的にその後の手取り金額に反映される…つまり結果的には受け取る金額に直接関係してきます。

税務上の扶養参入の要件

所得税法では「1年間(1月~12月迄)の収入額が103万まで」であると、税務上の扶養内として認めてもらうことが出来ます。1ヶ月で割ると85,833円程度ですね。その条件を超えて収入を得てしまうと、扶養内から外れてしまうこととなります。

引用元-パートの花道

パートを扶養内でしている場合の交通費はどうなる?

年末調整において税額控除対象の103万円のなかに交通費は含まれるのでしょうか?

ほとんどの人が、職場に通うために何らかしらの交通手段を利用していると思いますが、会社からは一般的に通勤するために必要な交通費が支払われます。

交通費が年収に含まれるかどうかは気になるところですが、実際のところ交通費(非課税分のみ)は含まれないとされています。

電車やバスなどの交通機関、または、有料道路を使って自動車で通勤する人に対して支給される通勤手当については、月10万円までであれば、課税対象とはなりません。

また、一般道路を利用した車通勤の人や、自転車通勤の人に対して支給される通勤手当については、非課税限度額がやや低めですので、超過するかしないかきわどい金額の交通費支給を受けている人は注意してください。

通勤手当の非課税限度額として設定されている金額を上回る交通費の支給を受けている場合は、超過分は課税対象となりますので、年末調整で103万円の年収を計算する際、課税対象分の交通費を含めて計算する必要があります。

引用元-MFクラウド給与

年収が交通費込みの場合は注意

①パートの年収が交通費込の場合

パート給与が交通費込で支払われている場合、もしくははっきりと区別がされていない場合には、全額が所得として課税の対象になってしまいます。そうです、年収に含まれてしまいますので要注意!

②パートの年収が交通費別途の場合

パート給与とは別に交通費が給与明細に表示され、明確に給与と区別されている場合には、年収に含まれないので安心ですね。ただし、交通費が非課税限度額を超えていないことが条件となり、それを超えた分については含まれることになります。しかし、パートタイマーで非課税限度額を超える交通費を支給されることはほとんどないと思われるのであまり心配の必要はないかもしれません。

引用元-興味津々!

2キロ以下のマイカー通勤は注意

見落としがちなのが、自転車・マイカー通勤利用時の交通費です。

パートで働く場合に一番ありそうな状況ですが、自転車・マイカーで通勤手当が支給される場合、【片道の通勤距離限度額】を超える場合には、その【片道の通勤距離限度額】を超える金額に対しては課税されるので要注意です。

ちなみに国税庁の[平成26年4月1日現在法令等]によると、
【片道の通勤距離限度額】は以下のようになります。

片道の通勤距離 1か月当たりの限度額
2キロメートル未満: (全額課税)
2キロメートル以上10キロメートル未満:4,100円
10キロメートル以上15キロメートル未満:6,500円
15キロメートル以上25キロメートル未満:11,300円
25キロメートル以上35キロメートル未満:16,100円
35キロメートル以上45キロメートル未満:20,900円
45キロメートル以上:24,500円

こうしてみると電車などの交通機関を利用した場合に比べて何となくですが損な気がします。

パート勤務で注意が必要なのは「2キロメートル未満→(全額課税)」というところでしょうか。公共交通機関を利用した方が良さそうですね。

引用元-興味津々!

130万円の壁とは

年金や健康保険のことを社会保険と言います。社会保険にも「扶養」のシステムがあり、1年間のお給料が130万円以下である場合は、被扶養者という扱いになります。しかし、130万円を超えると、扶養からはずれてしまい、自分で健康保険や年金を負担しなくてはならなくなるので、注意が必要です。

引用元-UpIn

収入が130万円以下の場合の交通費は収入に含む

実は一口に扶養といっても、この2つの壁は全く別のジャンルのお話。一つ目の”103万円の壁”ついては、”所得税”という税金のお話。二つ目の”130万円の壁”については、”健康保険や年金という社会保険のお話なのです。

103万円の”税金”の壁に関しては、交通費は含まない、純粋なお給料の部分だけの判定になります。対して130万円の”社会保険”の壁に関しては、交通費など毎月のお給料と一緒に入ってくる収入の全てで判定されます。ですから、130万円の壁については”交通費も含んだ金額で調整する必要があります。

”103万円の壁”と”130万円の壁”数字だけで見れば同一線上の話かと思いきや、実は全く違うお話しというオチ。

”税金”と”社会保険”それぞれ違う話だから、基準も違います。

というわけで、扶養の範囲ギリギリを攻める方はご注意を。万が一にも一線を越えてしまった場合は、ブレーキから足を離し、アクセル全開で稼ぎまくる事をオススメします。

引用元-家計自衛隊

まとめ
いかがでしたか?基本的にパートを扶養内でしているならば交通費は収入に含まなくていいようですね。

twitterの反応

 - 未分類, 社会・政治・経済

ページ
上部へ