日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

パソコンの資格は何を取る?初心者の場合

      2018/03/13

パソコンの資格は何を取る?初心者の場合

パソコンの資格は就職活動中の人は持っていて当たり前の時代になりました。しかしパソコン初心者でどの資格を取るべきなのかわからない人もいるのではないでしょうか。今回はもっておいた方がいいパソコンの資格について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

就活の電話を無視したら不利になります

非通知電話に出たくない心理はわかります。しかし、企業から就活...

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

スポンサーリンク

パソコンの資格を取るメリット

1.就職・転職・仕事

資格というのは多少 社会性があります。

就職や転職あるいは仕事などで影響する可能性があるということです。

会社によっては その人が持っているスキルを資格で判断することもあります。また資格の取得を奨励している会社というもあるでしょう。

社会は 「分業」により進んできています。

何かの分野・カテゴリーにおいて社会に参加していくことになります。

資格は、その分野の見識を深めていくことができ、社会において「あなたは何ができるのか?」というの示すこともできます。

2.テクノロジーの進化

最近ではどのような仕事・会社でも IT化が進んでいます。

テクノロジーの進化は非常に速く、その可能性は広がりをみせているのですが、人が追い付いていないということもあります。

特にビジネス分野では ITとの結びつきが強く 何かを学んでいないと 時間が経った時に「活用できない」「何もできない」「理解ができない」ということも起きてしまいます。

3.PDCAサイクル

資格を目指すというのは、PDCAサイクルに適っている、当てはめやすいといえます。

PDCAサイクルというのは、

P→目標を立て、D→実行し、C→振り返り、A→改善するというようなサイクルを繰り返すことで 「物事を合理的・円滑に進めていく」手法です。

ビジネス用語やIT用語としても出てくることがありますが、物事全般にわたって当てはまるものです。

資格を持っているということは、「何か目標に向かって 自助努力していくことができる」と前向きな評価につながることもあります。

引用元-パソコンの資格

初心者が目指すべきパソコンの資格とは

パソコン検定(P検)

非常に知名度が高く、パソコンの検定といえばP検というほどの人気。ただし、そこまで専門の知識は必要なく気軽に受けれる資格。パソコン初心者には難しい問題も多数。

MOS

マイクロソフト公認の資格。文書作成ソフトや表作成ソフトの代表である、Word・Excel等の資格では一番の知名度を誇る資格。試験内容は実技試験なので、本に付属してあるCDやDVDで仮想試験をしておくと非常に合格率が高くなる。

日商PC検定

2006年から実施されている比較的新しい資格。
WordやExcelの操作からビジネス文書の作成まで幅広く出題される。3級はやや易しめの難易度だが、1級になってくるとかなり難しいので注意が必要。

引用元-パソコンアニマルレスキュー

初心者からスキルアップ!資格で基礎を身につけよう

断片的なスキルを一定水準レベルにまで上げよう

 ワード、エクセルは、一般的には大学や専門学校のレポート作成などで少しずつ機能を覚えていくことになると思うが、人によって得意不得意が出てくる。

そのような方々のワード・エクセルなどの技術のばらつきを一定水準まで上げてくれる資格が、マイクロソフトの認定資格である。

 実際にこの資格を取ることができたといっても、ワード、エクセルなんでもできます!とは言えないレベルの資格なのだが、基礎的なスキルは確実に身につく。

 ただ、試験範囲には普段の仕事や業務では使わないような機能も出てくるで、資格を取得したあとも、定期的にスキルチェックをしてせっかく覚えたスキルを忘れないようにしておいた方がよい。

引用元-パソコン資格・IT資格徹底攻略ガイド

短期間で資格を取得するなら

一気に短期間で取得したいと思っているあなたへ

人には得意不得意が必ずあります。
そういう場合は、無理せずパソコン教室に通うのがオススメです。

パソコン得意じゃない人が、FOMの付いてるCDやればできるの?って思ったらそうではないです。
あまりパソコン使ったことない人が解説もなくやっても、おそらく理解できないでしょう。
ある程度得意と言っていた人でも、落ちた人は今までにたくさん見てきました。

例えば、料理が苦手な人でもDVDみながらやったら絶対できるのかといったら、厳しいでしょう。
なんで「みりん」ここで入れるの?っとか、そもそも「みりん」って何なの!?って所から始まると考えると大変なのは間違いないです。

引用元-パソコン講師あきゆきのブログ

就職に有利なパソコンの資格

就職をめざすにあたっては(SEなどのコンピュータ業務を仕事を希望する場合は別ですが),利用する側にとって必要な使える「Office関連資格」を取得することをおススメします.システムやプログラミングなどについては知っておくに越したことはないのですが,大変難しい上,ほとんどの人は関係ないと思います.

むしろ,マイクロソフトWindows,Officeにある

「ワード」「エクセル」「パワーポイント」
(余力のある人は「アクセス」
を十分に使いこなせることの方が役立つだろうと思います.

これらの資格をマスターした上で,ホームページ作成やブログを作成できれば,社会人として十分ではないかと思います.私のおススメパターンですが,

●ワード系

 ・日本語ワープロ技能標準試験3級(1)
 ・日本語ワープロ技能標準試験2級(2)
 ・日商PC検定3級文書作成(5)
 ・Microsoft Office Specialist ワード スペシャリストレベル(6)

●エクセル系

 ・表計算技能標準試験3級(3)
 ・表計算技能標準試験2級(4)
 ・日商PC検定3級データ活用(7)
 ・Microsoft Office Specialist エクセル スペシャリストレベル(8)

●その他

 ・情報検索基礎能力試験

※カッコ内の数字は取得する順番

これで十分だと思います.また,大学生ならこれぐらいはやって欲しいですし,
これ以上はいらないのではないかと思います.

引用元-これで必要十分!! パソコン資格

まとめ
いかがでしたか?まずは比較的取りやすいものから目指したいですね。参考にしてみてください。

twitterの反応


https://twitter.com/amlove74/status/514223983957258240

 - 自然・科学・IT

ページ
上部へ