日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

市役所の部署の異動はどのくらいあるのか

      2018/03/16

市役所の部署の異動はどのくらいあるのか

市役所に勤務していると部署の異動は何年に一度あるのでしょうか。長年勤務している人の中には様々な部署を経験している人もいるようです。今回は市役所の部署の異動について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

市役所の部署の異動は何年たったらあるのか

仕事の幅広さが負担に

通常、市役所職員の内、事務系職員(一般行政職)は、大体3年〜4年ごとに人事異動があり、幅広い分野の仕事を経験することになります。

産業振興、環境整備・保全、福祉、教育、観光・国際交流、まちづくりなどの部署間を異動し、それぞれの業務を経験するのです。

それまでの仕事と畑違いの部署にうつった場合、異動当初は知識や経験不足から上手く仕事をこなせなかったり、自宅で勉強しなければならなったりするなどの苦労があります。
一方、技術系職員(技術職)は各自の専門に関連した部署に配属され、部署内で多様な業務を経験します。

たとえば、建築系の技術職は、建築部の中で、許認可業務などを行う建築指導課から、公共施設の増改築・修繕などを担当する営繕課への異動などが考えられます。

この場合、これまでの事務から増築工事の現場監督などに仕事が大きく変わるため、戸惑うことも多いようです。

引用元-CareerGarden

長年勤務すると様々な部署に異動になることも

議会の合間を縫って、退職される方の送別会が開かれているんですが、この前出席した送別会では退職される方が挨拶で「私は市役所在籍38年間で16の所属に在籍しました」と言ってました。38年間で16というと平均在籍期間は2.3年ですから短いほうです。
 それじゃ私は…と思って指を折って数えたら、平均在籍期間が3.4年だとわかってビックリしました。思ってたより短かったんです。

 ウチの市役所では平均在籍期間は4年と言われていますが、私は6~7年在籍していた課があるので平均よりは長いと思ったんです。
 でも、考えてみれば2~3年で異動になったこともあるので平均値としてはそれくらいになっちゃうんでしょうね。

 さて、異動といえば来週は異動の内示があります。
 何日に内示が発表されるかはまだわかりませんが、日程的には27日の水曜日あたりじゃないでしょうか。

 自分が異動になるかならないか、ソワソワしている人はいますよ。
 一年前にウチの課に来たばかりの私は、異動なんか自分に関係ないと思っているので落ち着いたものですが、どこの課でも在籍して4年以上になる人は内心落ち着かないでしょうね。

引用元-市役所職員の生活と意見

市役所の職員の異動の希望はなかなか通らない

市の職員も事前に異動を知ることはない

市の人事異動を決めるのは人事課など人事担当の部署ですが市の職員も内示が出るまでは人事異動の情報は全く入ってきません。人事異動は人事担当の管理職が各部署の部長の意見を聞きながら最終的に判断しますが部長から個々の職員に事前に情報が入るということもまずないため、人事異動の内示が出て初めて自分が異動することを知る職員がほとんどです。

市役所では人事異動先の希望が通るとは限らない

市の仕事は多岐にわたっており、部署が変わっただけで転職と同じくらい仕事が変わります。そのため突然仕事のきつい部署に人事異動で配属されることもありますが、大変な仕事や自分には合わない仕事だと思って人事異動の希望を出しても必ずしも希望が通るわけではありません。早く異動したいと毎年希望を出しても何年も同じ部署の人もいれば希望を出していないのに1年で異動する人もいます。

引用元-キャリアパーク!

希望が通らない自己申告書を出す意味

だいたい4月にだな。特別、優秀な人か、いや出来ない人か知らないが、何年も同じ部署にいることがある。私の勤務する市役所でも、ある先輩は数十年という長きに渡って、同じ部署勤めだった。言っておくが、その人は、出来る人のようだったが。

普通、4~5年もいると、もうウンザリしてくると思う。世間でいう関係者との親密さといっていいのか分からないが、そんな関係やマンネリ化が起きてくるんだ。

そこで異動時期前になると、自己申告書というものが配られて、一応、職種や希望部署などを提出することになっている。もちろん、出すのが当たり前だが、それを時々、出さないことがある。

もう何故だか分かるだろう!!! 自分が希望する部署に思い通りに行けるはずがな~~~い!!!

そんなことで異動できるのなら、なんの苦労もいらないわけだ。相当の職員がいるわけで、いちいちまともに聞いていたら、そりゃ、大変なことになる。

でもね、その自己申告書どおりに異動する奴はたまにいる。いったいどんな手を使っているのか教えて欲しいものだ。

だいたい、今の部署が厭で、楽な所に行きたいとか、耐えられないとかを書く奴もいるが、私から言わせれば、なにをバカなことを言っているのか、あほちゃうか??? って思う。

しか~し、本当にそんな嘆きを書く奴も多くいるんだな。まったく情けなく思ったものだ。私は、唯の一度もそんな嘆きを書いたり、異動させてくれとか書いたことがない。
今の職場で頑張る???っていつも書いたつもりでも、5~6年で違う部署に異動させられてきたんだ。

これは、本当の事実。

だから、自己申告書が効果があるとは・・・。でも、その職員の現在の心理状態は把握できるメリットはある。

引用元-本当に公務員でよかったのか?

楽な部署はあるのか

図書館、郷土資料館、まち整備課、水道課、管財課などです。

これらは定時退庁で仕事内容も楽。まち整備課は公共事業激減で町役場の建設課と都市計画課をくっ付けた物ですけど。職員定数がそのままなので楽。あまりに仕事が無いので環境問題を扱うまち整備環境課にしている町役場もありますね。

税務課の収税係。社会福祉課や女性子供課などの福祉関係はそれなりに忙しい。

市民課。戸籍や住民票を扱う課は市内に工業団地があって南米系の出稼ぎ外国人が多数いるところでは意外に大変です。

引用元-YAHOO!知恵袋

まとめ
市役所の異動は個人の希望はなかなか通らないようですね。いきなり慣れない部署に異動になると大変なようです。

twitterの反応

https://twitter.com/beigeooo/status/735403721660628993
https://twitter.com/romsenyotei/status/718279213229436928


https://twitter.com/ichisuke8310/status/590332757978386433

 - 進学・就職

ページ
上部へ