日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

病院が紹介状を書いてくれないときはどうしたらいい?

      2018/03/17

病院が紹介状を書いてくれないときはどうしたらいい?

大きな病院を受診したいときや、転院やセカンドオピニオンを希望するとき、病院に紹介状を依頼することがあると思います。しかし、書いてもらえない場合があるそうなんです。紹介状がないと困りますよね。そういう場合どうしたらいいのか?なぜ書いてもらえないのか?詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思いま...

働く日は週3日必要!?パートで保育園に預ける場合

保育園に子供を預けて働く場合、パートでも預けることはできるの...

子供の習い事の送迎で友達とトラブル

子供が習い事をする場合、欠かせないのが送迎です。中には一人で...

簿記の資格を取りたい!勉強はどんな場所でするのがおすすめ?

簿記の資格を取得するために、独学で勉強している人は多いのでは...

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時...

日本は税金をとりすぎ!?外国と比べらどう?

日本に住んでいる人は、国に定められた様々な税金を払っています...

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は...

大学院の試験に向けてどんな勉強をしたらいい?

大学院の試験はどのようなものかあまり知られていないようです。...

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下しま...

警察の番号はなぜ110番?かけるときの注意点

事件や事故などに遭遇した場合は、警察に連絡をしますね。警察の...

奨学金の返済が残っているけど結婚出来る?

大学時代に奨学金を借りて通っていた人は多いのではないでしょう...

マイナンバーを職場に出すときはどうする?通知カードのコピーは可?

勤務先で、社会保険や年末調整の手続きをするときはマイナンバー...

手術中に麻酔が切れる!?切れた場合の影響とは?

手術をする場合は、手術によっては局所麻酔か全身麻酔をかけます...

パソコンを廃棄する時は注意!HDDはどうしたらいい?

パソコンを廃棄するときは、パソコンの中のデータを消さないとい...

親が再婚したら子供の苗字はどうなる?変わる場合と変わらない場合

親が離婚した場合、子供の苗字はそのままでは変わることがありま...

ディズニーランドのチケットの種類とは?日にちの変更は可能?

ディズニーランドに入園するには当然チケットが必要になります。...

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

ドラムの練習は自宅ではなかなか難しいですね。しかし何事も練習...

神社を参拝するのに適した時間は?夕方はどう?

神社を参拝するときの参拝の作法を知っている人は多いと思います...

ディーゼルとガソリンを間違えて入れるとどうなる?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いを知っていますか?...

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこ...

スポンサーリンク

紹介状とは?

病院の紹介状に書かれていること

日常診療の中で、医師はたくさんの紹介状をやりとりします。紹介状は正式には「診療情報提供書」と呼ばれ、医師が患者さんを文字通り紹介するときに作成するものです。

診療情報提供書には、以下のような項目が含まれています。
1.患者さんの基本情報:氏名、生年月日、性別、住所など
2.紹介の目的:詳しい検査や入院、手術、退院後の経過観察など
3.現在の主症状や病名:腹痛や急性虫垂炎など
4.患者さんの病状や治療経過:症状の発生や検査・治療の経過など
5.現在の投薬内容:どのようなお薬を処方しているかなど
6.その他、備考:アレルギー歴や患者さんの背景など

また、必要に応じて、患者さんのレントゲン写真や血液検査など、各種検査のデータなどの資料を添付することがあります。

引用元-allabout

そもそもなぜ紹介状が必要なのか?

大病院の受診で紹介状を必要とする理由

大病院が初診時に紹介状を持ってこさせようとする理由はいろいろあります。 その一つとしてまず挙げられるのが、大きな病院に来る専門的な治療や検査が必要でない患者さんが多すぎる現状が挙げられます。とりあえず大きな病院ならば安心だからという考えで、なんでもかんでも総合病院や大学病院にかかる人が多いのはいまだに問題となっています。

本当に専門的な治療を必要とする患者さんのために、医療資源を確保しておかなくてはならず、適切な医療を適切な患者さんに配分するためのシステムが必要とされてきました。そこで、かかりつけ医やクリニックのレベルで専門的診療の必要性を選別するというのが、初診時に紹介状を義務づけることの目的の一つです。

紹介状があると診療がスムーズに行われる

初診時の紹介状のもう一つの意味としては、診療時にかかる時間や無駄な検査を減らすことが挙げられます。

医療機関側からすると、初診というのは二度目以降の再診に比べて非常に時間がかかります。 患者さんのこれまでの病状について詳しく聞き取りを行い、医学的に重要なポイントを抜き出して整理しなくてはいけません。今現在患者さんにとって何が問題なのか、何を調べなくてはいけないのか、をピックアップすることはとても大切なことです。そしてそれは同時に、診療の中で多くの時間をかけなくてはいけない重要なステップです。

かかりつけ医やクリニックのレベルで、患者さんの問題点をあらかじめ抽出し、紹介状に記載することで、引き続きの診療をスムーズに行うことができるのです。前医での検査結果があれば繰り返しの検査を避けられますし、細かい過去の情報が次の医師に伝達されることは、なにより診療を受ける患者さんの利益につながります。

引用元-病院受診マニュアル

紹介状が書いてもらえなかったときにできることは?

・可能な限りかかりつけ医に紹介状作成を依頼する。

すごく大事です。最近の医師は、それだけで怒るとか拒否するというケースは少ないと思いますよ。

・紹介状がない場合でも、薬の名称と容量・用法がわかるような資料を持っていく。

お薬手帳がベターです(すべての医療機関からの処方内容がまとまってればベスト)。お薬の実物も、何もないよりはマシですが、ジェネリックだらけで小さな医療機関に持ち込むと内容調べるための負担がものすごいので注意しましょう。過去1年くらいに処方内容の変更があれば、その変遷がわかるようにまとめておくのも重要です。

・検査結果も、分かる範囲で持って行きましょう。

普通は検査結果のコピーをもらえるはずなので、それを普段から取っておいて、他院受診時に持参しましょう。基本的に患者のデータは患者のものなので、黙ってたらくれない病院でも「ください」といって拒否されることは無いはずです。何もなくても、検診の結果通知書が2-3年分あれば少しは助かります。

・経過や症状を的確に説明できるようにまとめておく。

他の病院にかかっていてからよそに受診する場合、大抵は長く複雑な経過があります。いつ何が起きて、どんなことをしたらどうなったのかという経過を、簡単なメモ程度でいいから整理しておきましょう。よく、診察室に入って医師に質問されてからじっくり思い出してたどたどしく説明される方がほとんどですが、その時間の分だけ時間がおして貴方がきちんと説明をしてもらえる時間を圧迫してしまうのでお互いに損をします。

・受診予定の医療機関に、予め電話問い合わせをする。

セカンドオピニオンや新患、紹介状持参患者専用の予約枠がある病院もあります。当院は時間帯によっては常勤医が出ていない時があったりしますし、混んでいる日の午前外来だと2-3時間待ちになることもありますので、事前に「この時間帯にこういう手順で受診したら良い」というアドバイスを受けたほうが賢明です。事前に受診することがわかっていれば、担当医師が事前に情報を読み込むことでよりスムースな対応ができるようにもなります。

引用元-病院家庭医を目指して

紹介状を書いてもらえなかった患者の体験談 その①

私の父は去年の秋に心筋梗塞で倒れて近所の病院に運ばれ、カテーテル治療にて一命をとりとめました。その後定期的な検診が何度かあり、春先に入院してのカテーテル検査がありました。その検査の結果カテーテル治療した血管は無事だったものの、いずれ詰まるであろう細くなってしまった血管が4箇所見つかったとの結果。

しかしその近所の病院の話だと、その細くなった血管はどうにもできないとのことで、心筋梗塞になる度にカテーテル治療しましょうとのことでした。でも心筋梗塞はとても致死率の高い病気で、本人も家族も不安です。そんな中カテーテル治療の名医と言われている先生とコンタクトをとることができ、相談したところ、紹介状又はCTのカルテを持って来院して診ていただけるとのお返事をいただきました。

で、すぐにその近所の病院に依頼したのですが、1週間ほどたって主治医の先生から呼び出しが。てっきり紹介状を書いてくれたのかと父が病院に行くと、先生が怒っていたそうです。しかも紹介状は書かない!CTはテープになっていてコピーしなければいけないから借さない!お金だってかかるんだからと凄い権幕で一人で喋っていたそうです。

引用元-大手小町

紹介状を書いてもらえなかった患者の体験談 その②

先日、母親が胸部に異常を感じ個人病院に受診したところ乳癌が見つかりました。初診で、マンモグラフィー、生検をしたあとに診察中に癌の可能が強いとこを告げられショックと頭が真っ白な状態の中で、医師に他の病院にしますか?と聞かれたそうです。母は、ショックで何も考えられない状態だったためつい大丈夫ですと伝えて、診察を終え自宅で事の経緯を家族に打ち明けられました。私はその時に胸に異常があったこと、病院にかかった事を初めて知りました。

次回の診察で生検の結果を説明するとの事だったので、それまでに家族で話し合いやはり個人病院ではなく大きな総合病院での治療を受けてほしいと望んだため、次回の診察で私と一緒に説明を聞いて医師に伝えようということになりました。

診察当日、診察室で上記の件を伝えると、とたんに物凄い剣幕で『前回なぜ言わなかった?他の病院にいくならこんな検査はしなかった、他に待ってる癌患者はいるのにドタキャンとはどういうことだ、紹介状は書かない。』と大激怒ど罵られました。母は自分が悪かったと謝っていましたが、全く悪くはない、治療方針はこれからだし、まだ必要な検査はあるので、早めに病院を患者の意思で変わることは問題ない、正当な意思表示だと私から医師に訴えるとカルテを投げ捨てて診察室を出て行きました。

あまりにも急な豹変で、医療者としてどうなのかと思いましたが、私たち家族が行った行動は間違っていたのでしょう?

引用元-教えて!goo

まとめ
紹介状を書いてもらえず困っている人はたくさんいるようです。必要な紹介状を書いてもらえない場合、とても困りますね。どうすればいいのか、できることをしていくしかないようです。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ