日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

幼児向けの数字をつかったゲームや遊び

      2015/12/13

幼児向けの数字をつかったゲームや遊び

子供は様々なものに興味を持ちます。数字をつかった遊びやゲームが大好きな子供も多いと思います。そこで、幼児向けのこのようなゲームなどはどのようなものがあるのでしょうか。詳しく調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

●幼児に、初めてひらがなや数字を読み方を教える際どうやって教える?

四歳の娘がいます。

最初はゲーム感覚、遊び感覚で始まりましたね。

あいうえお表やかるたなどで読みから入りました。
覚えやすいのは同じクラスのお友達の名前です。
カードを見せて例えばあゆみちゃんなら「あゆみちゃんの『あ』」というように進めていきます。

ひらがなが読めるようになったら、次は書く事に興味を示すと思います。
うちは、くもんの「ひらかなおけいこ」を書店で購入しました。
始めはいっしょに書いて教えたり、書き方をゆっくり教えましたが、そのうち何も言わなくても進んで書いて覚えてました。

今はカタカナおけいこをやっています。

うちは、やりなさいとは一切言わず、本人がやりたい時に好きなようにやらせています。
お勉強もまだ四歳なので、学ぶというより楽しく覚えるという感覚でしょうか?

本人も「『い』『り』は似てる」とか小さな発見があって面白いようです。

引用元-Yahoo知恵袋

●数字好きな子供にピッタリな独特の数字を使ったゲーム

その1 「数字カード」を作る

まずは、道具として数字カードを作ります。

厚紙やダンボールなどちょっと硬くて、子どもが口に入れても破れにくい紙に数字を1から順に書いていきましょう。

初心者は9、中級者は20、上級者は99まであってもいいかもしれません。

子どもは4・5歳ぐらいから文字に興味を持ち始めますので、比較的わかりやすい数字であれば読めなくもないと思います。

逆に数字に触れさせるという意味で、数字カードを「オモシロおもちゃ」として活用してもいいかもしれません。

その2 「数字ゲーム」をしよう

さて道具ができたら、早速遊びましょう。いくつかの遊び方を紹介します。

「すうじ読めるかな?ゲーム」
「すうじ順番にならべてみよう!ゲーム」
「いちばん大きい・小さい数字はどれかな?ゲーム」
「裏返しにして、数字が大きい方をめくったら勝ち!ゲーム」
「2枚のカードをたしてみよう!ひいてみよう!ゲーム」
ざっと思いつく限りでこんな感じなので、やりながら適当に考えていくのがいいかと思います。

その3 「数字カード」を片付けよう

うちでは、2リットルのペットボトルの下半分に切ったものを、切り口にビニールテープでコーティングした入れ物へ入れさせています。

できるだけ子どもに片付けをさせましょう。

数字カードのいいところは。。。カードが何枚か無くなったときに「4が足りない!」「8はどこだ?」といったようにちょっとしたゲーム感覚で片付けができるところです。

もちろんカードを重ねる順番も、大きい順、小さい順などこだわっていきたいポイントです。

引用元-napipi

●数字を使ったカード知育ゲーム 幼児用

★数字をおぼえよう!あそび
 数に対するお勉強あそびです。

<用意するもの>
数字カードA 数字カードB 数カードリンゴ1~5まで 数カードリンゴ6~10まで 

(1)「これが数字の1だよ」という風に、まずは数字を覚えさせてあげましょう。

(2)次ぎに「このカードにはりんごが1個あるね」「りんごが1・2・・・5個あるよ」とイラストを指さして数えながら教えてあげましょう。

(3)慣れてきたら「この数字はいくつだっけ?」「ここにリンゴは何個あるかな?」などと色んな質問をして遊びましょう。10までが難しいようなら、最初は3つか5つくらいから始めるといいと思います。

(4)慣れてきたら、色んなものがミックスされているカード、かずカードミックス1~5 かずカードミックス6~10 を使って遊びましょう。

◎数カードくるま1~5まで 数カードくるま6~10まで のカードを使っても、同様のあそびが出来ます。
◎数字カードC・数字カードDは、教科書体を使用した数字カードです。
 幼児の場合6と9が間違えやすいので、こちらも作ってみました。

引用元-知育カード・絵カード知育あそび

●幼児用、数字であそぼう!

1 数字に慣れよう!

 まずは英語で数字を言うことに慣れます。日本語にない音(th や r など)の発音や口の形に気をつけて練習します。

■ 指を使いながらいっしょに数字を言ったり、教室にあるものを指さして数えたりします。
■ 数字を逆から言う練習をします。 
表現例:”Let’s count backwards (from 20 to 1).”
■ 絵カードやチャートを使い、見えたものの数を即座に言う練習をします。
■ 奇数:odd numbers だけ(one, three, five…)、偶数:even numbers だけ(two, four, six…)を言う練習をします。
■ 先生が言う数字をノートに書いていきます。ランダムでもいいですし、電話番号など、意味のある数字でも楽しいでしょう。慣れてきたら生徒に数字を言わせ、ほかの生徒はそれを書きます。
■ そのほか、車のナンバープレートの数字を即座に言うなど、ひとりでできて効果的な練習法を教えてあげましょう。

2 Number Card Game(幼児~低学年)

1.子どもたちは裏返した数字のカードの山から、順番にカードを引きます。
※ほかの子には見せないようにします。
2.ペアをつくり、同時にカードを見せあいます。数字の大きかった子が相手のカードをもらえることとします。
※勝ち残った子どうしで再びカードを見せあい、最後のひとりが決まるまで続けてもいいでしょう。

引用元-アルク

●英語の学習、数字のカードでできる超簡単ゲーム

参加人数
2人~8人程度

≪基本≫
One, two, three!の掛声で、選んだ一枚を threeのタイミングで
一斉に表にかえす one twoの間に手を置くようにさせるといい。
一番大きい数字をめくった人が1ポイント
その数字を一番早く言った人も1ポイント(自分のめくった数字ではなく
場に出た最高数字を言う)

≪応用≫
掛声を One two threeだけでなく、練習させたい数字に替える
Ten, twenty, thirty 10飛び
One hundred, two hundred, three hundredなど 100飛び

<ポイント>
カードさえあれば、すぐできる。
偶然大きい数字が出た人が勝つだけでなく、
その数字をさっと見つけて、英語で一番早く言えた人も勝ちにすることで
一生懸命さが増す。

引用元-英語カード.com

まとめ
いろんな遊び方があります。子どもが飽きないように、パターンを変えて遊んでみるのもいいかもしれません。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ