日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

夫は、嫁の実家には行きたくないもの?

   

夫は、嫁の実家には行きたくないもの?

結婚後、夫婦の実家もそれぞれ家族になりますよね。夫が、嫁の実家に行きたくない、行きにくいと感じている人も少なくないようです。あなたの家庭はどうですか?もちろん、一生関わらずに生きていくなんて難しいですよね。夫が嫁の実家にいきたくない場合、原因は何なのか、どうしたらいいのか、調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

洗濯機の洗剤投入口の詰まり対策

液体洗剤をお使いの方は、洗濯機の洗剤投入口に入れている方が多...

診断書は病院で取ろう!労災認定されるには

労災認定とはどういってことなのでしょうか?仕事をしている人に...

家の玄関のタイルは何色がいい?

家を建てる時、またはリフォームなどで玄関タイルを張りかえる時...

コーヒーをおいしく入れるには!豆の挽き方について

コーヒー豆を買って自宅で入れる場合、豆の挽き方はどうしていま...

カーテンの遮光とは?1級と2級はどう違う?

カーテンには遮光というものがあり、そのレベルによって級数が決...

ディズニーランドには蚊がいない!?その秘密は水の成分?

ディズニーランドには蚊がほとんどいないと言われていますがなぜ...

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

スポンサーリンク

母娘関係が良すぎるのが問題?

過度の仲良し母娘関係がトラブルの元に

嫁姑問題というのは、語りつくされることのない永遠のテーマですが、最近は「婿姑問題」でお悩みの旦那様も増えています。その原因として挙げられるのが、最近の母娘仲良し親子関係の増加。「一度嫁に行ったら、どんなつらいことがあっても、実家の敷居をまたぐな」と娘を嫁に出したのは昔の話。

今は「何かあったらいつでも戻っておいで」という妻と実家の関係が多く、実母と一緒に出かける、子どもの面倒を見てもらう、洋服やアクセサリーの貸し借りをするなど、結婚後も独身時代と変わりなく、母娘の密着度合いの高い親子が増えています。

女性にとっては特に違和感のないこの仲良し母娘。でも男性の場合は、あまり母と息子はふたりきりで出かけたり、物の貸し借りをしたりはしません。同性同士である父と息子も、母娘ほどまで密着度は高くありません。

したがって妻の実家への密着は、多くの夫にとっては理解を超える世界。時には「親離れができていない」「自分の実家ばかり大事にして、夫の実家には冷たい」など妻への非難にもつながります。もちろん、親孝行の一環として、母娘が仲良くするのはいいことですが、過度の実家依存は、旦那様の反発や非難を招く元。何でも実家に頼るのではなく、適度な距離をおくようにしましょう。

そんな母娘密着が最も悪い形で現れる危険性があるのが、妻の実家への帰省。本当ならただひとり、血のつながらない人間である旦那様が孤立してしまわないよう、たとえ夫の方が100%間違っていたとしても、自分の親ではなく夫の味方をするのが、妻の役目です。

ところが母娘の密着度が高いため、妻は実母の応援にまわり、旦那様ひとりが孤立してしまうことになりがちです。妻が夫の実家に行った時に「旦那様が自分の味方になってくれない」と不満を持つ奥様も多いですが、全く同じことを自分が実家で行っているケースがあります。ですから妻の実家で夫が居心地よく過ごすには、まずは妻自身の心構えがとても大事です。

引用元-ALL about 暮らし

夫が義実家で注意しなければならないこと

KY夫は要注意

一方、旦那様の方も、お客様という立場に甘えるのではなく、妻の実家で気持ちよく過ごすための気配りが必要です。まずは自分がちやほやされているのはあくまでも「婿」という立場で、お客様として特別扱いされているからだ、ということを忘れずに、常に謙虚でいましょう。くれぐれも自分の実家の自慢などは避け、妻の良いところをなるべくたくさん褒めてあげましょう。

そして、あまり自分で話しすぎないこともポイント。熟年女性は聞くより話すことが得意ですから、できるだけ義母に話をさせてあげて、自分は聞き役に回ることが、上手に場を盛り上げるコツです。

また、妻が夫の実家に行った場合は、座りっぱなしでなく、台所の手伝いなど「働く」ことが必要なのは言うまでもありません。しかし、夫の場合は、気をきかせたつもりで妻の実家で過度に動き回ると、かえって義母の拒絶反応を招き、逆効果になります。

特にシニア世代は「台所は女性の城」という意識が高く、男性、ましてや客である婿がそこに入ってくることなどは想定していない場合が多いです。そのような場合、旦那様としては気をきかせて、台所までお皿を運んだつもりでも、義母にとっては「台所を見られるのが不愉快」と感じる可能性が大きいです。このあたりの家事への参加度は、義父の行動をよく見ることがポイント。

義父が積極的に料理をするような家庭の場合は、さっきとは逆で、旦那様も居間にどっかりと座り続けるのではなく「お義父さん、私もお手伝いします。今日は女性たちにゆっくりしていただきましょうか」などと積極的に立ち働き、フットワークのよさを見せるようにしましょう。場の空気を適切に読むことを心がけてくださいね。

引用元-allabout 暮らし

嫁の実家に行きたくない夫の話。何が嫌なのか?

離婚する2年前くらいから旦那は私の実家へ寄り付かなくなった。妻の実家なんてうっとおしいと思っていたのかもしれないが最低限正月の挨拶くらいには行くのが普通なのではないだろうか?しかし、旦那はそれすらも拒否するようになった。

「なんで?」
「なんか色々言われそうでうっとおしい。それにお前のおかん、色々料理作りすぎ。腹いっぱいになっても無理して食うのが辛い」

えーっと…突っ込んで良いかな?確かに私の母は、旦那の一連の行為に腹立たしさを感じてはいたようだがそれを旦那に言うことは一度もなかった。むしろ、旦那が気を悪くしないように気を使ってさえいた。母が旦那に何か言うことで機嫌を損ねるようなことがあったら家でまた私が嫌な思いをするだろう。それは避けたいと言う親心であった。また、料理に関しても「?」である。確かに母はいつも料理をたくさん作る。でもそれは旦那をもてなしたいからであって無理やり食べさせるためではない。

食べられないのなら残せばいいのである。それなのにわざわざおかわりまでして食べているのは誰でもない旦那である。なんでわざわざおかわりするかなぁ?食べられないならおかわりなんかしなければいいのに。旦那は「おかわりしないと悪いから」と言っていたが後で文句を言われるくらいならおかわりしてまで食べて欲しいと思わない。

引用元-ameba

実際に、嫁の実家に行きたくない夫の声

この時期になると夫の実家に帰省したくないという女性たちのトピックを見るようになりますが、妻の実家に帰省したくない旦那さんだっていますよね。かくいう私も妻の実家に帰省したくない一人です。

私の実家と妻の実家は車で30分ほどの距離しかないので、正月などの長期休暇時は平等に半分の日数をそれぞれの実家で過ごすようにしています。昨年は私の実家で三泊、妻の実家で三泊という具合です。今度の年末年始も長い連休ですので、前回同様に三泊ずつの滞在が計画されているのですが、正直、妻の実家には行きたくありません。年末の妻の実家には妻の妹一家も来ます。ここには小学校低学年の子供が三人います。我が家には娘が一人なので、合計4人の子供が集まるのです。賑やか過ぎて心身共に疲れ果てます。妻の両親は、気を使わずにゆっくりして、なんて言ってくれますが他人の家で気を使わずに過ごすことなんて無理です。私の実家に行けば妻も同じことを感じるでしょう。

そこで、今度の年末は妻の実家に妻と娘を送り届け、私はそのまま退散。四日目に娘を迎えに行って私と娘だけで私の実家で過ごす、というプランを考えています。妻の実家で二人が過ごしている間は、私は一人で温泉にでも行って、日ごろの疲れを癒そうかと思っています。

でも、このプランを妻に言うと反対されることは必至と思います。うまく妻を納得させる方法をご教示頂けませんでしょうか。

引用元-大手小町

嫁の実家に行きたくない理由と、夫にしてあげられること

<妻の実家に行きたがらない夫への対処法>

1、両親がほめていたと伝える
夫にとって、妻の両親から「仕事は大丈夫なのか」と心配されることはかなりの屈辱。男のプライドが傷つくような場所にわざわざ出かけたくないと思うのが夫の本音でしょう。その不安を払しょくするために、事前に「うちの両親があなたのことすごくほめていたのよ。いい旦那さんで本当に良かったって喜んでたわ」と、両親が夫に好意的であることを伝えましょう。実家に着いたら「本当に頼りがいのある人なの」と両親の前でほめることも忘れずに。決して親の前で夫をけなしてはダメですよ。一回でもあるとたちまち夫は妻の家に寄り付かなくなります。

2、夫より先に行って、実家を掃除する
自分の実家は汚くても平気だけど、妻の実家が汚いと気になる、という男性は意外といます。先に行って夫を通す部屋だけでもささっと片づけておきましょう。

3、カニを食べさせる
会話が持たないときのお助けメニュー、それは「カニ」です。黙々と身をつついていれば、会話がなくても何とか持ちます。カニが苦手なら、しゃぶしゃぶや焼き肉など、食べる時にアクションが多いものがおすすめです。

4、共通の話題になりそうな写真を持っていく
最近はスマホでいろんな写真を撮っていますよね。家族で旅行に行った際の写真とか、結婚記念日に食べた夕食の写真とか、飼っているペットの写真とか、最近買った家具の写真とか、幸せをアピールできる写真をプリントアウトして親に持っていってあげると喜ばれます。その写真を見ながら食事をすれば、会話ももつので一石二鳥です。

5、夫の好物で釣る
誰でも好物が用意されているとうれしいものです。霜降り肉や限定の日本酒など、普段食べられないような贅沢なもので夫をおびき寄せちゃいましょう。お母さんに用意してもらうのは難しいでしょうから、夫には内緒で奥さんが事前に注文して実家に送っておいてあげたらいいと思います。

そこまでしなくてもいいんじゃないの?という声が聞こえてきそうですが、夫婦そろって顔を見せてあげることはとってもいい親孝行になりますから、少々時間とお金がかかってもやってあげる価値大です。

クイズの答え、わかりますか? スミセイが2012年に行った男女2000人アンケートの結果です。「あなたにとっての一番の親孝行とは何ですか?」という問いに対して、1位は「心配させないこと」でした。離婚する夫婦が多い中、夫婦そろった顔を見られることは親にとって最大の安心です。手間がかかっても、やってよかったと思えますよ。大丈夫、大丈夫。

引用元-リビング お仕事ネット

まとめ
夫が嫁の実家に行きたくない理由はざまざまなようですね。そんな夫に嫁ができることもあるみたいなので、是非してみるといかもしれませんね!

twitterの反応

https://twitter.com/masaki_siesta/status/734585312152834049


https://twitter.com/yueyoshi/status/709009498111762433

 - 恋愛・人間関係

ページ
上部へ