日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

金を購入するのにお得な時期はありますか?

      2018/03/22

金を購入するのにお得な時期はありますか?

金の買い方は純金積み立てでコツコツと行う方法があります。たまったお金で純金や、金の製品を買います。若しくは、まとまったお金がある場合は、金の延べ棒を現金で買います。いづれにしても、金は相場の変動が少ないので、値段が2倍になることはないようです。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

お盆が休みなのはなぜ?その理由と由来

お盆になると多くの会社では休みになり、お墓参りや家族旅行に出...

幼稚園の教育に対する家庭からの希望はどのように伝える?

入園前に願書の提出を書かなくてはなりません。記入事項がたくさ...

すね毛の処理でベストはどれ?おすすめの道具とは

女性にとってすね毛の処理は悩みの種ですね。ムダ毛の処理はやり...

イタリアへ旅行に行きたい!服装はどうしたらいい?

海外旅行に行くときに悩むのが服装ですね。行く国と日本の気候が...

憧れの理想の体型-女性のサイズを教えて

日本人の体型はグーンと西欧に近づきました。小顔で手足が長く、...

学校の先生が「移動」!?うっかり誤字にはご注意を

「私の学校の先生が4月から他の学校へ移動することになりました...

お子様の歯磨きに朗報!しまじろうの電動の歯ブラシがあるらしい☆

お子様がなかなか歯を磨かせてくれずに困っているお父さんお母さ...

郵便局の保険は貯蓄型だから無理なく貯まる

郵便局には養老保険や学資保険といった貯蓄型の保険があります。...

登記簿謄本って何?取得に必要なものとは

登記簿謄本とはその土地の所在、建物の詳細などが記載されていて...

よく聞く「公職選挙法違反」とは?事例も紹介

選挙の後、「○○が公職選挙法違反の疑いで送検されました」とい...

子宮の位置が左に傾いていると妊娠しない?

不妊治療は大変ですね。いろんな要素が絡んでいます。子宮の位置...

理想のテレビは何インチ?6畳部屋の場合

テレビのサイズはどのように選んでいますか?部屋の大きさによっ...

何が違う!?農協と銀行の違いとは

お金を預ける機関には銀行の他に農協などがあります。この銀行と...

胆石の治療で手術に!術後の食事はどうなる?

胆石は胆汁の成分が固まってでき、手術となる場合は胆嚢の摘出手...

水が沸騰すると泡ができるけれど、その正体は?

水が沸騰すると、鍋肌に泡ができますね。ぐらぐら沸騰した時に底...

女性におすすめのマッサージ!オイルマッサージの効果とは

女性におすすめのマッサージにオイルマッサージがあります。オイ...

契約社員ってどんな働き方か知っていますか?退職は期間途中でもできる?

同じ会社の中でも、正社員、契約社員(準社員)、パート・アルバ...

就活の電話を無視したら不利になります

非通知電話に出たくない心理はわかります。しかし、企業から就活...

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

スポンサーリンク

金の現物の購入は株のように購入すると良い時期というのは特にない

1カ月単位で純金を積み立てるのではなく、直接純金を購入する方法も金投資の1つです。その中で最もポピュラーな投資が金地金(きんじがね)の購入です。この金地金はゴールドバーや純金の延べ棒とも呼ばれています。

盗難リスクはあるものの自宅で厳重に保管すれば、年会費や保管料を支払う必要がないために、コストダウンを図れます。

また、純金自体が装飾品としての価値が高いために、単純に紙幣を金庫に入れておくよりも、人を魅了する楽しみもあります。

そのために今では純金の延べ棒だけではなく、純金でできたジュエリーや仏具、恵比寿様の置物まで種類も豊富です。

もし「まとまった資金で一括で金投資をしたい」と考えるのであれば、金地金以外の金投資も金地金はハイリターン投資で紹介していますが、基本的には500g~1kg単位で金地金を買うほうがお得です。

金地金は大手地金商の田中貴金属工業、貴金属総合メーカーの石福金属興業、製錬会社の三菱マテリアル、大手鉱山会社の住友金属鉱山などが、自社で製造した地金を販売しており、ロゴもオリジナルです。

純金とプラチナ積立で比較に掲載している通り、純金積立会社の多くが金地金の製造販売や販売業務をしています。

同じ重量と品質であれば、基本的にはどこで購入しても価値は一緒ですが、実は販売価格が異なるので、各社のサイトに掲載されている価格情報を必ずチェックしてから購入しましょう。

引用元-純金積み立てコツコツ入門

金の購入は純金積立でリスクを分散

1,000円から始められ、リスク分散もできる。
毎月の最小投資額が1,000円から1000円単位と金投資でも最小額となっています。金の投資の中では最も少額からはじめることができ、まとまった金額がなくても小遣い程度の金額でコツコツ貯めることができます。ドルコスト平均法という方法により、リスクを分散して効率良く金を購入することができます。

自動で積み立てることができる。
購入代金は、事前に指定した銀行口座から毎月自動引き落としされるシステムなので、毎回口座に入金したり、店舗に行ったりといった手間がかからず大変便利です。スポット購入で、買付金額を増やして金を追加購入できます。金価格が安くなったときや、ボーナスが入って投資額が増えた時に、多く金を購入することができます。

金地金だけでなく、金貨や宝飾品とも交換できる。
積み立てた純金は、世界の金市場公認の金地金に交換できます。長く積み立てれば、それだけ大きな金地金を手に入れることが可能となるわけです。金地金だけでなく、金貨、金のジュエリーとも等価交換ができます。現金が必要な時には、希望の分だけ純金を売却して現金にすることもできます。積み立てた分がしっかり形に残るというのは嬉しいものです。

消費寄託なら運用益が顧客に還元される。
金の保管方法が消費寄託の場合、運用益が顧客に還元され、各種手数料が安かったり無料となったりします。

引用元-金投資の基礎知識

金を購入する時期は金価格の変動をチェックしましょう

株式投資等と異なって金投資では、金という現物が存在します。現物のある金は紙屑になることはありませんから、株式投資等に比べて安心感を感じる人も多いことでしょう。

しかし、現物があるからと言って、金投資にリスクがまったくないわけではありません。投資を始めるなら、どのようなリスクが考えられるのかをあらかじめ把握しておくことが大切です。

金投資で考えられる主なリスクとしては、次の4つが考えられます。順番に見ていきましょう。

1.金価格の変動リスク
2.為替変動リスク
3.金利上昇リスク
4.盗難リスク

金投資のリスク1:金価格の変動

金の価格は、日々変動しています。中長期的に価格は上昇傾向にありますが(詳しくは高値更新が続く金価格の推移と動向)、短期的に見ると、上昇と下落を繰り返しています。

金価格がどのくらいまで値上がりするのかは誰にもわかりません。今後更に価格が上昇するのであれば、いつ買っても儲かる確率が高いでしよう。しかし、すでに天井をつけてしまったのだと考えると、購入したタイミング次第では、損失を被る恐れがあります。

金という現物があるから損をしないと思い込むことは危険です。価格がどのように変動しているのかを日々注目して、購入時期を考えることが大切です。

引用元-AllAbout マネー

金の購入は資産の10~15%が目安です

なぜ、今、金が注目されているのですか?

金は、株式や債券などとは違い、そのもの自体に価値がある「実物資産」として認められつづけてきた長い歴史があり、その歴史において、金は一度も「紙くず」になったことがありません。 一方、預貯金、株式、債券などの「紙の資産」は、そのもの自体に価値があるのではなく、発行企業や発行国の信用あるいは業績によって価値が決まります。そのため、世の中が安定し経済が好調なときには「紙の資産」の価値は上がりやすく、世の中が不安定で経済が不調なときには「実物資産」の価値が上がりやすい、ということが言えます。したがって「紙の資産」の価格と「実物資産」の価格は反対の値動きをすることが多いのです。 こうしたことから金は中長期的に見て「紙の資産」の目減りをカバーしてくれたり、極端な例では発行体の破綻で株券や債券が紙くずになるような厳しい環境下で価値を維持してくれるため、注目されているのです。

金の保有になにか目安はありますか?

一般的には保有資産の10~15%が目安と言われています。通貨の番人といわれる各国政府の金準備比率(準備資産に占める金保有の割合)が、世界平均で12~13%ですから、この目安はかなりいい処を突いているのではないかと思います。 ただし一口に資産とはいっても、資産が持つ意味や資産に対する意識は、年代によっても、保有資産の大きさによっても、またリスクに対する意識によっても異なります。これから資産を形成しようという方と、これから守ろうという方とでは、保有資産の内容に違いが出て来るのは当然です。若い時から「守りの資産」である金を沢山保有する必要はないけれど、高齢の方やそろそろ老後のことをお考えの方は資産保全が大きなテーマでしょうから、金の保有比率は15%~20%程度まで高めて良いかも知れません。 いずれにしても、金は無価値にならない実物資産で信用不安に強く、インフレにも強いという特質もありますが、日々価格が変動し、金利を生むこともありません。こうしたメリットとデメリットをしっかりと踏まえ、なおかつ人生設計にマッチする範囲で、ご自分なりの目安を考えることも楽しみのひとつではないでしょうか。

引用元-GOLDPARK

金を購入する時期は自分でラインを決める

昨年末に株を購入しました。10%下がったら同額を購入する予定でしたが、8%まで下がりましたが、それ以降値上がりして、現在15%前後のプラスで推移しています。一応100%ぐらいまでは上がるとは予想していますが、上がってゆくのを追いかけるとロクなことはないので、予定したラインまで下がらなければ縁が無かったのだと思って追加はあきらめ、他のものを探します。

金は値動きもわからないし、それほど儲かると思わないので、今は視野に入っていませんが、自分で買うとしたら1年ぐらい様子見をして、3500円とかにラインを決めて、そこまで下がらなかったら自分とは無縁のものと思うようにするとおもいます・・・・・でも底がわからないし、上がっても1年で2倍にはなりそうもないし・・・・・やっぱり自分が購入することは考えられません。

もちろん全てのものをそういう考えで購入しているわけではありませんが、リスクの高いポジションのものは、それぐらい利益を見込めなければ割に合いません。出来ることなら、上がり代が下がり代の数倍ある銘柄を選びたいですね。

金は一部の信者が上がる、上がると言っているだけでそれが検証されたわけではありませんから。

何処を選ぶかは、HPで買値、売値、手数料、買い易さなどは調べられると思います。

引用元-YAHOO!知恵袋

まとめ
金は株のように大きく価格が変動することはありません。財産として飾って眺めるのが良いですね。

twitterの反応


https://twitter.com/greedbike/status/735088343239663618


https://twitter.com/nika2k/status/732932584435388416

 - 雑学

ページ
上部へ