日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

コンビニの商品の入荷のタイミングはいつ?

      2018/03/23

コンビニの商品の入荷のタイミングはいつ?

コンビニは24時間利用ができて便利ですが、商品の入荷はいつしているのでしょうか?コンビニでは商品が売り切れているのはあまり見たことがありません。今回はコンビニの商品の入荷のタイミングについて調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

玄関からの侵入を防ぐ!蚊の対策には何が効果的!?

夏になると蚊が大量に発生して対策に悩まされますね。特に玄関な...

ゆうちょ銀行で通帳は何冊まで?2冊目を作ることは可能か

ほとんどの人がゆうちょ銀行の通帳を1人1冊は持っているのでは...

電話の着信拒否は相手を特定して設定できます

今は携帯電話を持っていない人を探すのは大変なくらい1人で複数...

昭和64年の硬貨とは!?価値があるって本当?

昭和64年が存在したことを知っていますか?昭和64年はわずか...

小学校のプールは雨でもやる?プールの実施基準とは

小学校のプールの授業は少々雨が降ろうが寒かろうがしていたイメ...

公務員の年金の受給額は最高レベル

年金額が減ったり、受給年齢が上がり、年金生活者の生活にしわ寄...

異性の友達と2人で旅行をしますか?

異性の友達と友情旅行はありえますか?アンケートをとっても意見...

GEOでレンタルしたDVDやCDの返却日が過ぎてしまったらどうする!?

GEOではDVDやCDなどをレンタルすることができるので利用...

結婚式のお車代は会費制の場合は必要ですか?北海道のしきたりとは?

北海道の結婚式のしきたりは、他地域とはかなり違うようです。先...

イソジンの消毒はらんちゅうの病気予防に最適です

概要文らんちゅうなどの金魚を仕入れるときに、病気予防に有効な...

ATMで硬貨の引き出しは可能?通帳を0円にするには?

通帳に1000円以下しか残高がない場合はどうやって引き出せば...

彼女がかわいいから心配と思う人の対処法

かわいい彼女をもつと心配でたまらないと言う方もいらっしゃるの...

同居のストレスは義父や義母が原因なのです

嫁姑問題は後を絶ちません。嫁を家政婦代わりに使ったり、自分流...

あなたはアルコールを分解する酵素を持っている?

お酒が強くなりたいと思ったことはありますか?実は、お酒が弱い...

新婚で離婚する理由は性格の不一致が一番多い

結婚をして1年以内の離婚は10%あるという統計があります。そ...

生徒と教師の恋愛ってあり?

年上の高校教師が好きになる男子生徒や女子生徒は結構います。統...

学校のトイレの掃除は教育的な意義がある

学校のトイレの掃除をした記憶はありますか?トイレはなくてはな...

冷蔵庫が冷えない原因は何?

冷蔵庫が何か変という時、どうなさいますか?すぐに電気屋さんを...

猫のトイレ 臭い対策は何が良い?

見出し1 臭わない猫のトイレの組み合わせはこれ1.1 システ...

腰痛の治療はマッケンジ法で改善させましょう

マッケンジ法はニュージーランドの理学療法士 ロビンA.マッケ...

スポンサーリンク

コンビニの商品で人気のものは

コンビニで最初に足を運ぶのはドリンク、雑誌、お弁当

今調査は2013年5月22日から27日にかけて携帯電話を用いたインターネット経由で行われたもので、事前調査の対象から「週一以上でコンビニを利用する20歳-59歳の男女」を選び、そこから有効回答数1000件を抽出している。男女比は1対1、世代構成比は20代・30代・40代・50代で均等割り当て。調査実施機関はネットエイジア。
なお事前調査におけるコンビニの利用頻度は次の通りとなっている。

男性の方が全般的に利用頻度は高いようだ。
今調査対象母集団に対し、「コンビニに来店した際に、最初に行くことが多いコーナー」を1つ挙げてもらったところ、最上位についたのは「ドリンクコーナー(缶、ペットボトル)」だった。23.3%の人が同意を示している。
コンビニのドリンクコーナーは概して店の奥に配されている。そこに足を運ぶまでには、複数個所のコーナーを行き来する必要があることを考えると、良くできた配置といえる。
またほぼ同率なのは「本・雑誌」。こちらは23.0%。ただし詳しくは別記事で解説するが、コンビニで雑誌を買う人は、ドリンク系の商品の半分以下でしかない。
多分に様子見、立ち読みのために足を運んでいるものと考えられる。もっとも「客の誘引」という観点では雑誌が役立っていることには違いない。

次いで多いのは「おにぎり・お弁当」。これは主に朝食・昼食などで食事を買い求めに来た人が、真っ先に必要となる商品に向かうパターン。さらに言えば、自分の欲しいものが売り切れないよう、まず最初に確保する意味合いもある。

引用元-ガベージニュース

コンビニ弁当の入荷のタイミングは

コンビニ会社10社が加盟する日本フランチャイズチェーン協会の調査によると、コンビニの扱う商品の63%は食品とのこと。そして、その売り上げを大きく支えているのは、お昼時のコンビニ弁当です。
パスタからお寿司まで品数豊富なのがコンビニ弁当の魅力ですが、時間帯によっては、棚が空っぽになっていることもしばしば。お店からすれば、入荷した分が完売するのはロスがなく、メリットが大きいでしょうが、ユーザーにしてみればがっかりです。
そこで、コンビニ弁当を豊富なラインアップから作りたてを選ぶ方法としては、商品の納入時間を把握しておけばよいわけです。もちろんチェーンや店舗によって違いますし、配送順によって差があります。

コンビニ弁当は1日3回納品が基本

しかし、弁当やサンドイッチなどのコンビニ弁当は、大手チェーンはどこも1日3回納品というのが基本。朝食用、昼食用、夜食用に合わせているのです。

引用元-ラジオライフ.com

コンビニ別の商品の入荷時間

①日配食品の納入時期

弁当やサンドイッチなどの主食類は、大手チェーンはどこも一日3回納品というのが基本。朝食、昼食、夕食ないし夜食に合わせているのです。

ファミリーマート

弁当・パン類:5時、11時、18時
乳製品:1~2時

$ローソン

弁当:6~11時、13~16時、21~3時
乳製品:0~1時

セブン-イレブン

弁当・おにぎり:9~10時、16~17時、21~23時
オリジナルパン:午後、1~2時
それ以外の菓子パン:早朝、午後

②雑誌・朝刊の納入時期

雑誌は、発売日前日の23時頃、朝刊は、4時頃が、目安。
例えば…
週刊少年ジャンプは、毎週月曜日に発売されますが、前日の日曜日に納品されることが知られています。ですが、最近は販売する時間が厳しく定められており、0時にならないと売らないコンビニが増えてきています。
お店側からすれば、フライング販売すると、ポス(Point Of Sales、POS、販売時点情報管理)に記録されたデータから販売した時刻が分かるので、早く売った事がバレてしまいます。融通のきく店長さんなら、早く販売してくれるかもしれませんが(笑)
いずれにしても、0時になると普通に買えますので、書店よりも早く買うことができます。

引用元-情報屋

近所のコンビニにほしい商品が入荷されない場合

同じチェーンなのに、家の近くのコンビニエンスストアでお目当ての商品を買おうとするも、会社近くのコンビニとは品揃えが違って、やむなくあきらめた、なんていうケースは多いはず。
セブン-イレブンで「嫌な気分」になり、ローソンが「マチの“ほっと”ステーション」ならぬ「“イラッと”ステーション」に変わるこのような事態。
たとえフランチャイズであっても、チェーンなんだから同じ物を置いてくれてもいいじゃないか、と思うのは筆者だけだろうか?
このように思ったきっかけは、セブン-イレブンの「竜田揚げ棒」というホットスナックを愛好する筆者だが、まれに「竜田揚げ棒」ではなく「からあげ棒」しか置いていない店舗が存在する。しかも、それが自宅最寄りのセブン-イレブンなのだ。
「からあげと竜田揚げなんて、どこに違いがあるんだ?」と鼻で笑う読者諸兄は何もわかっていない。竜田揚げ棒のカリカリとした衣と肉汁のハーモニーは、からあげ棒とは雲泥の差があるのだ。
そんなわけで、各大手コンビニチェーンのお客様相談センターに、商品のラインナップはどうやって決まるのかを問い合わせてみた。 
セブン-イレブン、ファミリーマート、ミニストップの3社に問い合わせたところ、各チェーンとも「商品仕入れの基準は各店の経営者の判断なので、店舗に直接お問い合わせください」という回答。商品が生産中止になっていなければ、仕入れることは可能だそうだ。「確実に入荷するとは言えませんが、店舗の従業員にリクエストをすれば声が届くはずです」とミニストップ。
また、セブン-イレブンでは「店舗の従業員に言えば、予約・取り置きなどもできる」というから、「どうしても、コレが食べたい」という場合は、店員に交渉するのが一番手っ取り早いだろう(ただし、顔を覚えられて気まずくなるなどのリスクはあるかもしれない)。

引用元-Business Journal

コンビニの商品を管理するPOSとは?〓

POSシステムとは、Point of Sales Systemの略、日本語では「販売時点管理」と訳します。物品販売の売り上げ実績を商品ごとなどに集計できるシステムで、
「誰が、何月何日何時に、どんな商品を、何個購入した」
という詳細なデータを残しておくことができます。
バーコードの中に商品情報が入力されているので、購入時にバーコードを通してレジのスキャナに読み取ることでデータに反映されます。小売店では広く活用されているPOSシステム。コンビニにおけるその有用性について、ご紹介します。

POSによる商品管理

世界で最も進んだ情報システムを持っているともいわれるコンビニエンスストア。
その生命線となっているのがPOS情報です。1チェーンの情報システムにかかる設備投資額は約200億円ともいわれ、多額の投資をしてでも情報を収集することがコンビニにとっていかに重要かということを物語っています。
POSによって得られた販売データを検証し、次の仕入れに生かすことにより、機会ロス、つまり商品在庫がないことによる「儲け損」を極力減らし、より効率的に売り上げを上げることができるのです。
POSデータでは、単純に商品の販売数、売れ筋を見るだけではなく、時間帯別に確認することができるのも強みです。
例えば、同じ5個の売れ残りであっても、お昼のピーク時間に売り切れて欠品になっていたのか、夕方の天候の変化によって客足が減ったことが原因なのか。POSデータを用いて様々な要因を検証することにより、機会ロス、廃棄ロスを減らすことができます。

POSレジの役割

POSレジでは「誰がこの商品を購入した」というような、特定の個人情報を収集しているわけではありません。
レジを担当する従業員は、購入の傾向を残すために、レジの操作時に客層キーを押しています。主な種類としては「男or女」、10歳未満、10代、20代、30代…などの「年齢層」です。POSによる商品情報と共に、客層情報を入力しておくことで売れ筋商品の主なターゲット、例えば10代男性に人気、18時台には30代の女性が多く来店しているなどの様々な傾向をつかむことができます。
これらの総合的な情報は新商品の開発や販売促進にも大いに役立てられています。

引用元-ホームメイトリサーチ

まとめ
コンビニの商品の入荷は弁当などは一日三回あるようです。入荷時間に行けば人気の商品が手に入るかもしれませんね。

twitterの反応


https://twitter.com/nyan_tamu/status/734834966543011840

 - 雑学

ページ
上部へ