日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

肋骨を骨折!早く治すにはどうする?

   

肋骨を骨折!早く治すにはどうする?

肋骨は骨折しやすい骨でふとした衝撃でひびが入ってしまったりします。肋骨を骨折してしまったときに早く治すにはどうしたらいいのでしょうか。今回は肋骨の骨折を早く治す方法を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

煮物は冷蔵庫で保存できる?期間はどのくらい可能?

煮物は日持ちがする印象ですが、実際はどうなのでしょうか?常温...

髪のトリートメントは毎日する?トリートメントの効果について

髪のダメージが気になる場合はトリートメントでケアをしたくなり...

旦那にイライラしやすい?子なし夫婦のメリット・デメリットとは

夫婦の中には、2人で暮らしていくことを決めている人も多いです...

洗濯槽の掃除はキッチンハイターでできる?洗濯槽の掃除の仕方

洗濯槽は放っておくと裏側にカビが繁殖し、健康に影響が出る場合...

催促のメールには行き違いがあった場合のお詫びを添える

あなたはメールの返信はきちんとしていますか?出来れば24時間...

半月板損傷の手術とは?麻酔はどうなる?

半月板は膝にある軟骨でクッションのような役割をしています。こ...

熱帯魚の水槽から臭いがするのは何故?原因と対策について

熱帯魚を飼っていると意外と水槽から臭いがする場合があるようで...

ネットに写真を上げるのは危険!注意点と対策

今はスマホやSNSの普及で手軽に写真を友達とシェアすることが...

車検の期間と自賠責の期間は同じが良い

車検の有効期間は新車で3年、その後2年です。その期間は自賠責...

貧血の人は血圧が低い?貧血と血圧の関係

貧血の人は血圧も低いといったイメージですが実際はどうなのでし...

北海道を車で移動するときの注意点は?

旅行で北海道へ行った時はレンタカーが便利です。しかし、計画的...

目が小さいのが悩み!コンプレックスを解消するには!?

目が小さいのが悩みの人は多いのではないしょうか?この目が小さ...

卵は栄養満点!黄身と白身はどっちがたんぱく質が多い?

卵は栄養満点な食材ですね。特にたんぱく質が豊富で、トレーニン...

腕時計の自動巻き時計を保管するスタンドは必要?

機械式の腕時計には装着していれば自動的にゼンマイが巻きあがる...

肝臓の腫瘍で良性の物とは?悪性との違い

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、障害があっても自覚症状がない場合が...

シャネルの香水でおすすめは?人気の香水を紹介!

シャネルといえば香水も有名ですね。シャネルの「No5」はマリ...

健康や美容は食べ物の影響も無視出来ない

健康と美容には食べ物から摂取するものがおおいに影響を与えてい...

アパートの隣の部屋から異臭が! 対応の仕方

アパート住まい、何の臭いか分からないけど、でもなんか臭い…お...

口座の入金の確認する方法は?

銀行は土日祝日は営業をしていません。相手が金曜日に振り込んだ...

欲しいチケットはどうとる?コンビニとネットはどっちがいい?

ライブなどのチケットを取りたいときは、電話、コンビニ、ネット...

スポンサーリンク

肋骨の骨折とは

肋骨骨折の症状は、主に「胸部の痛み」と「背部の痛み」です。
肋骨というのは、当たり所によって簡単に折れてしまう骨といわれており、机のかどで胸を強打するなどの外的要因だけでなく、くしゃみをした拍子に折れてしまうこともあります。通勤時の満員電車で人に強く押されただけでも肋骨は折れてしまうことがあるほどなので、誰にでも肋骨を骨折する可能性はあるといえます。

肋骨を骨折してしまうと、咳をしたとき、笑ったとき、深呼吸をしたときには強い痛みをおぼえるようになります。日常生活で当たり前に行っていた動作をするだけで、肋骨周辺に強い痛みを感じてしまうわけですね。
このような症状を感じたときは、肋骨骨折の可能性があります。

なお、肋骨というのは、背部では背骨、胸部では胸骨にくっついており、胸部を覆うようにしてついています。胸部の肋骨は軟骨で構成されていて、この部分は「肋軟骨」と呼ばれています。肋軟骨はレントゲンでは映りにくい部位のひとつで、初期段階でのひびなどの発見は難しいといわれています。
しかし、折れている部位が肋軟骨ではなく、肋骨部であれば肋骨の骨折により骨に反応が見えます。また、ひびであっても2~3週間後には、肋骨の骨折がレントゲンで確認できるようになるでしょう。ですので、肋骨周辺に痛みを感じたら、まずはすぐに整形外科などの病院で診察してもらう。
そして、そのタイミングでは異常が発見されなくても、肋骨の痛みが続くようであれば、数週間後に再度整形外科などの病院で診断してもらうことをオススメします。

引用元-肋骨骨折:骨折治療ガイド

肋骨を骨折したらどうするか

肋骨は骨折しやすい骨として知られていますよね。
転んで胸を売ったときや、咳をした時などにもひびがはいったりする事もあります。
そんな肋骨のひびですが、放置するという噂の通り、完治するためのお薬や治療法がありません。安静が第一。動かないことが一番なんです。d(-ω・。)

肋骨は胸部内臓を覆う骨で、あばら骨とも呼ばれていますね。
人間の肋骨は全部で24本あり、一本一本が細く衝撃に対して弱いので、ちょっとした衝撃でひびが入ったり折れたりするだけではなく、咳やくしゃみなどによる疲労骨折と呼ばれる骨折もあったりします。
一方で肋骨は、折れやすくはあるのですが、ひびが入ったりしてもダメージは大きくない部分だとも言われています。
ですが、自己判断で放置していると悪化してしまうこともあるんです。

引用元-ALL You NeeD is InformaTion Blog

肋骨の骨折はどのくらいで治るか

2~3週間程度が目安

肋骨の疲労骨折の場合の完治までの治療期間の目安についてチェックしていきましょう。
症状の程度によっても当然治療期間は異なってきますが、小さなヒビ程度の疲労骨折の場合は、通常2~3週間程度安静にしていると症状は緩和してきます。
骨は毎日のように新陳代謝され造成されておりますが、小さな傷口やひびであっても、やはり数週間単位の治療期間が必要となるのです。
但し骨の新陳代謝は「骨芽細胞」と「破骨細胞」の働きによって毎日作り変えられてはいるものの、加齢と共にこの割合は変化し、徐々に骨の生成能力が減少していくことが確認されております。
その為、子供の回復期間と大人、そして高齢者の回復期間は個人差はありますが異なるのが通常で、加齢と共に治療期間が長くなる傾向にあることは覚えておく必要があるでしょう。

引用元-入門者向き 肋骨疲労骨折の症状の特徴・診断の解説

骨折を早く治す食べ物とは

タンパク質をはじめとした栄養分の摂取

骨や周辺組織の修復を早めるために必要な栄養分がいくつかあります。
効率よく摂取し、回復力を高めることで早い治癒が期待できます!

・タンパク質

体が骨を修復する際に役立つのがタンパク質です。骨や結合組織を形成するのに必要不可欠ですので、良質なタンパク質を効果的に取り入れることが、骨折の早い回復につながります。
その中でも重要なのがコラーゲンです。骨密度の上昇や骨折の治りを早くするのに最適な成分と言えるでしょう。成人に必要なコラーゲン摂取量は1日あたり5gですが、骨折時にはその倍必要とされています。多くのコラーゲンを摂取することで、完治までの速さがなんと2倍から3倍になると言われています!
大豆などの植物性タンパク質より肉などの動物性タンパク質の方がより効果が高いのですが、動物性のものには脂質が含まれているため、カロリーの過剰摂取になってしまわないよう注意が必要です。
また、悪玉と呼ばれる飽和脂質酸を多く含む食べ物に頼ると、コラーゲンの劣化や老化を進めてしまいその働きが失われてしまうこともあります。タンパク質を食事だけで大量に摂ることは避け、サプリメントなどで摂取するようにしましょう。
食事の中に適度に取り入れる場合は、ヘルシーな鳥むね肉や魚がおすすめです。
また、タンパク質はビタミンCと結合しコラーゲンを生成するため、柑橘類などからあわせて摂取するといいでしょう。

・コンドロイチン

コンドロイチンはカルシウムの代謝と深く関係しています。骨折時の骨の修復や傷ついた組織の修復に高い効果を発揮すると言えるでしょう。
納豆やオクラ、山芋などネバネバした食品に含まれています。補助的にサプリメントなどを使い摂取するとより効果的です。

・カルシウム

骨と言えばカルシウムが思い浮かびますよね。カルシウムが不足すると修復に時間がかかってしまいます。またカルシウムといえば牛乳のイメージが強いですが、実は効率よくカルシウムを摂取するためには小魚類を食べる方が良いとされています。桜海老やしらすをはじめ、モロヘイヤやチーズなどにも多く含まれているため積極的に取り入れましょう。

・ビタミンD

ビタミンDにはカルシウムの吸収を高める効果があります。2つを同時に摂ることが望ましいでしょう。こちらは魚やキノコ類に多く含まれています。

・ビタミンK

カルシウムの吸収に役立ち、骨に効率的に取り込んでくれます。納豆やパセリ、ホウレンソウに含まれています。

・マグネシウム

骨の構成成分であり、カルシウムが骨に行きわたるのを助けてくれます。
ゴマ、ナッツ類、ヒジキなどに含まれている成分です。

引用元-Hapila

早く治すためにはコラーゲンの摂取を

骨折を早く治す食品とは?

早く治すには、コラーゲンの摂取が大切になります。食事でとりたいところですが、食事からでは問題もあるのです。食べ過ぎると逆効果で治りを悪くすることもあります。
コラーゲンを多く含む食品は、牛スジ、豚足、鶏皮、手羽先などがありますが、共通することとして悪玉といわれる飽和脂質酸を多く含んでいるのです。
飽和脂肪酸はコラーゲンの糖化(劣化&老化)を促進させる性質があります。劣化&老化したコラーゲンは硬く脆くなり、その働きを失ってしまいます。
また治療中は運動量が極端に減るため、悪玉である中性脂肪やコレステロール値が高くなりがちです。骨折を早く治すには、コラーゲンを脂質ゼロのサプリメントでとることがおすすめです。

引用元-ケガの予防と治し方!

まとめ
肋骨の骨折は安静にしておくしかないので、コラーゲンなどの摂取で早く治すようにしましょう。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ