日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

車の塗装が剥がれる?劣化の原因と対処法

   

車の塗装が剥がれる?劣化の原因と対処法

車には塗装がしてありますが車のメンテナンスを怠ると剥がれてしまうことがあるようです。塗装が剥がれてしまうと自分で修復するのは難しくなってしまいます。今回は車の塗装の劣化の原因と対処法を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

部屋の片づけ、模様替えのコツ!

部屋のレイアウトも飽きてきたし、そろそろ模様替えをしようかな...

地震でマンションが倒壊!?日本は大丈夫?

大きな地震が起きたときにマンションは倒壊の危険はないのでしょ...

運動の効果はいつ実感できる?

ダイエットを始めても、体重は殆ど減りません。いつ効果が表れる...

CDの音質を向上させる方法

安価なCD。安価なCDプレーヤー。パソコンで。CDを聴く方法...

年末年始はお得?テレビの購入時期について

テレビの購入を考えている場合、どの時期に買えばいいか悩みます...

既婚者の男女の友情は有り得るのか?

既婚者の男女の友情は有り得るのでしょうか?これは永遠の課題で...

コンビニひきたてコーヒーの頼み方を教えてください

今や人気沸騰のコンビニコーヒー。ひき立ての香りとお値段の安さ...

前立線の肥大する病気の症状は?

男性の特有の病気に前立腺の肥大があります。よく話題になると思...

家の掃除はどうやっている?効率的な手順とは

家の掃除を毎日するのは大変ですね。しかし掃除をしないと汚れは...

新入社員の厳しい現実!証券会社の営業とは

証券会社の仕事は厳しく離職率は7割といわれています。そんな証...

全商の検定とは?正式名称はどう書く?

全商検定を知っていますか?全国商業高等学校主催の検定で現在は...

事務の仕事を効率化したい!そのポイントは?

事務の仕事は企業によってその内容は異なるようですが、単調な作...

LINEのタイムラインは公開する人を限定できる!?マークの意味とは

LINEとはトークや通話などができる無料のアプリですがタイム...

玄関の鍵を交換したい!おすすめの鍵は?

現在玄関の鍵には様々な種類があります。古い鍵は鍵をかけていて...

社会保険と雇用保険って何?二つの保険の違いとは

求人表などに書いてある社会保険完備とはどういった意味なのでし...

家のローンに後悔!?返済に苦労しないために

家を購入した場合は住宅ローンを組む必要があります。長い年月ロ...

英語の家庭教師をしたい!教え方のコツとは

家庭教師で英語を教える場合の教え方のコツはあるのでしょうか?...

イギリスの通貨はポンド!なぜユーロでないのか

イギリスはEU加盟時も通貨はユーロではなくポンドでした。なぜ...

小学校の担任はどう決まる?担任の決め方

子供が小学校に行っている場合、担任がどの先生になるかは親にと...

ヤクルトスワローズで人気の選手は?チームの人気の秘密

ヤクルトスワローズは2015年のプロ野球セリーグの優勝チーム...

スポンサーリンク

車の塗装の目的とは

1) 塗装の目的

塗装とは、物体の保護・美観・表示などのために、塗料によって物体の表面を被覆することを言います。 また、塗装を行なう目的としては、次の 4つが考えられます。

①物体の保護

自動車を構成している主材料は、そのほとんどが鋼板ですが、鋼板のままでは空気中の水分や 酸素と反応して錆が発生します。
塗装することにより、錆の発生が防止でき、このことにより物体を保護することが、塗装の最大の目的です。

②物体の美観向上

自動車の形状は、立面、平面、曲面および直線、曲線と多種の面や線を持っています。
このように複雑な形状の物体に塗装して、立体的な色彩感を与えることにより、自動車の美観を向上させることも、塗装の目的の一つです。
メタリック塗装・パール塗装も多く用いられます。

③ 商品価値の向上

同一形状、同一性能を持った自動車を比べたとき、美しく塗装されている方が良く見え、商品としての価値が向上します。塗装することにより、商品価値の向上を図ることも、塗装の目的の一つです。
ツートンカラー・ライン塗装・デザイン塗装も商品価値の向上になります。

④塗装による表示等

消防車やパトカーなどを、その車輌に適した色に表示して識別しやすくするのも、塗装の目的の一つです。

引用元-マルヤ通商株式会社

洗車は車の塗装の劣化を防ぐ

なぜ洗車をするのか?車をキレイに保ちたいから洗車をしていると思います。
もちろん洗車をすると車自体がキレイになるのですが、その他にもメリットがあり洗車をすると劣化しにくい車になります。

しっかり洗車しないとボディーが劣化?!

車を放っておいてどんどんボディーの劣化を進行させると塗装剥離(塗装が剥がれてしまう)やクラック(塗装の割れ)を起こしてしまい、取り返しがつかなくなってしまいます。
劣化が進み過ぎると、塗装剥離やクラックを起こし再塗装しか手がなくなってしまいます。
再塗装と言っても、古くなって劣化した塗装を一旦剥がしてから再塗装を行わないと、またすぐに劣化したり、塗料が密着せずに剥がれたりします。

引用元-cacaca

車の塗装が劣化する原因とは

車のボディの塗装が剥がれる原因

紫外線

紫外線は塗装の劣化を早めて、色褪せや色ボケがしやすくなり、クリア塗装を失くしてボディに汚れがつきやすくなります。
特に、赤や黒などのカラーは色褪せが目立ちやすくなるため、UVカット機能のある保護膜が有効です。

汚れ

鉄粉(車輪の摩擦やブレーキダストなど、道路や線路沿いの空気中に漂っています)は、ボディに付着したまま放置すると、塗装を酸化させて塗装の下まで錆が進行してしまいます。
鳥糞は、消化液なので強烈な酸が含まれています。付着したまま放置すると、塗装が変色したり凹凸が発生してしまいます。
有機成分(虫の死骸・木の樹液など)は、放置したままにすると、塗装を変色させたり変質させてしまいます。

イオンデポジット

雨や水道水に含まれるミネラル成分が、白い水玉状になって、塗装面に付着してしまう状態のものです。
真夏の洗車や雨上がりなど、ボディの水分が自然に蒸発したときに起こります。

ウォータースポット

塗装の表面の水分がレンズとなり、日光を集光してシミを作ります。
そのシミは徐々に進行して、クレーターのように陥没してしまいます。

チンピング

走行中の飛び石等による、塗装の剥がれのことです。
傷が塗装の下の鉄板まで達してしまうと、錆となって塗装が浮いてきてしまいます。

スクラッチ

チリやホコリなどにより塗装についた細かい傷のことです。
洗車時に付くことが多く、艶が消えてしまうため塗装の保護が必要です。

酸化

塗装の原子が酸素とイオン結合してしまう現象です。
塗装の保護膜(ワックスなど)に酸化しやすい物質を使うと、塗装の酸化を促進させてしまうため、早く劣化してしまいます。

引用元-Goonet

色によって劣化の進み方が違う

自動車には様々な塗装が施され、最近では特別色をオプションとして追加の費用を支払えば選択できる新車も多くなっています。
しかしこのクルマの塗装というのは何色でも同じ寿命かというと、実は色によってかなり違うものになるそうなのです。
もちろん、屋根付、シャッター付の車庫に保管しているのと青空駐車で5年放置したのとでは異なるというのは当たり前の話ですが、ここでお話しようとしているのはボディーカラー自体による寿命の違いということです。

まず一番長持ちするのは白です。これは紫外線も赤外線も集めない色なので塗装の中では各社どこのメーカーでも最も長持ちするようです。
まあ塗料はメーカーごとに違うわけではなく特定の塗装メーカーの製品を利用しているので当たり前といってしまえばそれまでですが。
逆に厳しいのはメタリックのブラックや紺色などの塗装色で、熱を集めやすいというのは塗装にとっても我慢比べになるわけです。

このメタリック塗装というのはメタリック色を塗ったあとにクリアラッカーを吹いているので、このクリアラッカーがはげると結構情けないボディになったクルマを見つけることがきますが、薄ら剥げたような状態に陥ってしまうのです。
当然直射日光や雨にあたることを避ければこうした状況には陥りにくくなります。

引用元-クルマは塗装色によって塗装が長持ちする期間が違うって知ってました?

塗装が剥がれた場合は

車の塗装の剥がれを見つけた場合の修理方法

塗装は、放っておいても経年劣化します。
そこに、塗装の剥がれを放置しておいたら、尚更劣化しやすい状況になってしまいます。
いくら、最近の車が、塗装技術が進んで劣化しにくく、塗装が剥げても錆びにくくなっているとはいえ、早いうちに対処するに越したことはありません。
塗装の小さな傷や剥がれを放置しておけば、そこに雨風やホコリなどが付着して、錆が発生してしまいます。
そうなると、まわりの塗装にまで浸食し、白っぽく膜を張った状態になって、最悪はぽろぽろと塗装が剥がれてきてしまいます。
そこまでになってしまうと、素人では手に負えませんから、プロの板金塗装業者に依頼するしかなくなってしまいます。
劣化した部分をそのままにしておくと、塗りなおしてもそのうち内側から劣化してしまうので、劣化部分を削って磨いてから、その上に塗装する必要があるからです。
塗装の軽い劣化程度ならば、表面を磨く程度で修復できますが、劣化の度合いによっては、板金の後に再塗装が必要になってしまい、修理費用も高くなってしまいます。
車の所有者が自分で修理する場合は、ホームセンターやカーショップで、タッチペンを購入して塗るという方法があります。

引用元-Goonet

塗装の劣化を早めないように

保護膜を過信しすぎないとこが大切

未然に防ぐ一番の秘訣は日頃のメンテナンスです。 
保護する膜として塗装を守るコーティングやWAXを施工するのも大切ですが、これらを施工しておけば完璧というコーティング剤やWAXは現存しません。
過信しすぎないようにお手入れしてあげる事が大切です。
保護膜となるコーティング剤やWAXも物によっては劣化するのが早く、保護被膜の劣化と同時に塗装を傷めてしまうこともあるようです。
よく吟味して液剤を選ぶ必要があるのと同時に、適度な掛け直しが何よりのメンテナンスとなります。

引用元-EverGrace

まとめ
いかがでしたか?日々のメンテナンスをきちんとして塗装の劣化を防ぎましょう。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ