日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

車の塗装が剥がれる?劣化の原因と対処法

   

車の塗装が剥がれる?劣化の原因と対処法

車には塗装がしてありますが車のメンテナンスを怠ると剥がれてしまうことがあるようです。塗装が剥がれてしまうと自分で修復するのは難しくなってしまいます。今回は車の塗装の劣化の原因と対処法を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

自転車に子供を乗せられるのは何歳から?

子供が赤ちゃんのうちはベビーカーか便利です。だんだんと子供が...

精神障害2級ってどんな人が対象?精神障害者手帳を貰うには

精神障害の対象になる人は何らかの精神疾患で日常生活において長...

2016年は台風の年!?台風の進路がおかしいワケ

2016年は台風の当たり年と言われるくらい次々に台風が発生し...

犬のトイレトレーニングには「囲い」を使おう!

犬を飼う上で避けて通れないのが、トイレのしつけ。外飼い予定の...

大学の准教授ってどんな職業?年齢や年収はどのくらい?

大学の役職には准教授というものがあります。この准教授とはどの...

顔パック、安いものでも効果はある?!

数多くの顔パックがドラッグストアや化粧品売り場に並んでいます...

男性が思う結婚の条件とは?どんな女性が理想?

結婚の条件は男女ではそれぞれ少し違うところがあるようです。女...

告白の返事がかわいいと抱きしめられちゃうかも

あなたには大好きな人がいますか?告白されたい方ですか?したい...

車でデートはまだ早い!?上手な断り方とは?

車デートに誘われたとき、女性は何とも思っていない人とはあまり...

車のナンバーで所有者が分かる!?現在は難しいプライバシーの問題とは

昔は車のナンバーで所有者を知ることが簡単にできたって知ってい...

元カノが気になる?!彼氏の元カノに嫉妬しないために

彼氏の元カノは彼女としては気になってしまいますね。ついつい元...

職場で人間関係を円滑にするには?少人数の職場の場合

就職したら職場では人間関係を円滑にしたいですね。特に少人数の...

子持ち主婦には深夜の仕事がおすすめ!?パートに出る場合

子供を持つ主婦は仕事をしようとしても保育園に預けるなどしない...

子供の勉強を教えるには!?上手な教え方について

親としては子供には勉強ができてほしいと思うのは当たり前です。...

犬の散歩、雨の日はどうしてますか?

愛犬の雨の日のお散歩、みなさんはどうしていますか?日本にはど...

自転車の子供へのヘルメット着用が義務化!?ヘルメットの選び方とは

自転車に子供が乗るときはヘルメットを着用することに努めないと...

高校では成績のつけ方違うって知ってた?

成績のつけ方にはいろいろあります。相対評価、絶対評価。試験の...

蛍光灯とLED電球を比較!どっちがお得?

蛍光灯とLED電球はどちらがより電気などを節約できるのでしょ...

淡水魚を水槽で飼育するにはどうする?淡水魚の育て方

川などに生息する魚を淡水魚と言います。主な淡水魚にはコイやフ...

蚊のメスとオスの違いとは?血を吸うのはメスだけ?

夏の野外は蚊に刺されないように気を付けないといけませんね。と...

スポンサーリンク

車の塗装の目的とは

1) 塗装の目的

塗装とは、物体の保護・美観・表示などのために、塗料によって物体の表面を被覆することを言います。 また、塗装を行なう目的としては、次の 4つが考えられます。

①物体の保護

自動車を構成している主材料は、そのほとんどが鋼板ですが、鋼板のままでは空気中の水分や 酸素と反応して錆が発生します。
塗装することにより、錆の発生が防止でき、このことにより物体を保護することが、塗装の最大の目的です。

②物体の美観向上

自動車の形状は、立面、平面、曲面および直線、曲線と多種の面や線を持っています。
このように複雑な形状の物体に塗装して、立体的な色彩感を与えることにより、自動車の美観を向上させることも、塗装の目的の一つです。
メタリック塗装・パール塗装も多く用いられます。

③ 商品価値の向上

同一形状、同一性能を持った自動車を比べたとき、美しく塗装されている方が良く見え、商品としての価値が向上します。塗装することにより、商品価値の向上を図ることも、塗装の目的の一つです。
ツートンカラー・ライン塗装・デザイン塗装も商品価値の向上になります。

④塗装による表示等

消防車やパトカーなどを、その車輌に適した色に表示して識別しやすくするのも、塗装の目的の一つです。

引用元-マルヤ通商株式会社

洗車は車の塗装の劣化を防ぐ

なぜ洗車をするのか?車をキレイに保ちたいから洗車をしていると思います。
もちろん洗車をすると車自体がキレイになるのですが、その他にもメリットがあり洗車をすると劣化しにくい車になります。

しっかり洗車しないとボディーが劣化?!

車を放っておいてどんどんボディーの劣化を進行させると塗装剥離(塗装が剥がれてしまう)やクラック(塗装の割れ)を起こしてしまい、取り返しがつかなくなってしまいます。
劣化が進み過ぎると、塗装剥離やクラックを起こし再塗装しか手がなくなってしまいます。
再塗装と言っても、古くなって劣化した塗装を一旦剥がしてから再塗装を行わないと、またすぐに劣化したり、塗料が密着せずに剥がれたりします。

引用元-cacaca

車の塗装が劣化する原因とは

車のボディの塗装が剥がれる原因

紫外線

紫外線は塗装の劣化を早めて、色褪せや色ボケがしやすくなり、クリア塗装を失くしてボディに汚れがつきやすくなります。
特に、赤や黒などのカラーは色褪せが目立ちやすくなるため、UVカット機能のある保護膜が有効です。

汚れ

鉄粉(車輪の摩擦やブレーキダストなど、道路や線路沿いの空気中に漂っています)は、ボディに付着したまま放置すると、塗装を酸化させて塗装の下まで錆が進行してしまいます。
鳥糞は、消化液なので強烈な酸が含まれています。付着したまま放置すると、塗装が変色したり凹凸が発生してしまいます。
有機成分(虫の死骸・木の樹液など)は、放置したままにすると、塗装を変色させたり変質させてしまいます。

イオンデポジット

雨や水道水に含まれるミネラル成分が、白い水玉状になって、塗装面に付着してしまう状態のものです。
真夏の洗車や雨上がりなど、ボディの水分が自然に蒸発したときに起こります。

ウォータースポット

塗装の表面の水分がレンズとなり、日光を集光してシミを作ります。
そのシミは徐々に進行して、クレーターのように陥没してしまいます。

チンピング

走行中の飛び石等による、塗装の剥がれのことです。
傷が塗装の下の鉄板まで達してしまうと、錆となって塗装が浮いてきてしまいます。

スクラッチ

チリやホコリなどにより塗装についた細かい傷のことです。
洗車時に付くことが多く、艶が消えてしまうため塗装の保護が必要です。

酸化

塗装の原子が酸素とイオン結合してしまう現象です。
塗装の保護膜(ワックスなど)に酸化しやすい物質を使うと、塗装の酸化を促進させてしまうため、早く劣化してしまいます。

引用元-Goonet

色によって劣化の進み方が違う

自動車には様々な塗装が施され、最近では特別色をオプションとして追加の費用を支払えば選択できる新車も多くなっています。
しかしこのクルマの塗装というのは何色でも同じ寿命かというと、実は色によってかなり違うものになるそうなのです。
もちろん、屋根付、シャッター付の車庫に保管しているのと青空駐車で5年放置したのとでは異なるというのは当たり前の話ですが、ここでお話しようとしているのはボディーカラー自体による寿命の違いということです。

まず一番長持ちするのは白です。これは紫外線も赤外線も集めない色なので塗装の中では各社どこのメーカーでも最も長持ちするようです。
まあ塗料はメーカーごとに違うわけではなく特定の塗装メーカーの製品を利用しているので当たり前といってしまえばそれまでですが。
逆に厳しいのはメタリックのブラックや紺色などの塗装色で、熱を集めやすいというのは塗装にとっても我慢比べになるわけです。

このメタリック塗装というのはメタリック色を塗ったあとにクリアラッカーを吹いているので、このクリアラッカーがはげると結構情けないボディになったクルマを見つけることがきますが、薄ら剥げたような状態に陥ってしまうのです。
当然直射日光や雨にあたることを避ければこうした状況には陥りにくくなります。

引用元-クルマは塗装色によって塗装が長持ちする期間が違うって知ってました?

塗装が剥がれた場合は

車の塗装の剥がれを見つけた場合の修理方法

塗装は、放っておいても経年劣化します。
そこに、塗装の剥がれを放置しておいたら、尚更劣化しやすい状況になってしまいます。
いくら、最近の車が、塗装技術が進んで劣化しにくく、塗装が剥げても錆びにくくなっているとはいえ、早いうちに対処するに越したことはありません。
塗装の小さな傷や剥がれを放置しておけば、そこに雨風やホコリなどが付着して、錆が発生してしまいます。
そうなると、まわりの塗装にまで浸食し、白っぽく膜を張った状態になって、最悪はぽろぽろと塗装が剥がれてきてしまいます。
そこまでになってしまうと、素人では手に負えませんから、プロの板金塗装業者に依頼するしかなくなってしまいます。
劣化した部分をそのままにしておくと、塗りなおしてもそのうち内側から劣化してしまうので、劣化部分を削って磨いてから、その上に塗装する必要があるからです。
塗装の軽い劣化程度ならば、表面を磨く程度で修復できますが、劣化の度合いによっては、板金の後に再塗装が必要になってしまい、修理費用も高くなってしまいます。
車の所有者が自分で修理する場合は、ホームセンターやカーショップで、タッチペンを購入して塗るという方法があります。

引用元-Goonet

塗装の劣化を早めないように

保護膜を過信しすぎないとこが大切

未然に防ぐ一番の秘訣は日頃のメンテナンスです。 
保護する膜として塗装を守るコーティングやWAXを施工するのも大切ですが、これらを施工しておけば完璧というコーティング剤やWAXは現存しません。
過信しすぎないようにお手入れしてあげる事が大切です。
保護膜となるコーティング剤やWAXも物によっては劣化するのが早く、保護被膜の劣化と同時に塗装を傷めてしまうこともあるようです。
よく吟味して液剤を選ぶ必要があるのと同時に、適度な掛け直しが何よりのメンテナンスとなります。

引用元-EverGrace

まとめ
いかがでしたか?日々のメンテナンスをきちんとして塗装の劣化を防ぎましょう。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ