日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

初心者でもイルミネーションを一眼レフで綺麗に撮影

      2015/12/13

初心者でもイルミネーションを一眼レフで綺麗に撮影

一眼レフで、イルミネーションを撮影すると見た目のイメージと撮影結果に大きなギャップがあったりしませんか。ブレブレの手ぶれだったり、なんかショボくてイメージが全然違ったり。イルミネーションを綺麗に撮影する方法を調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

京都の修学旅行で団体行動の時のおすすめランチ

京都は修学旅行のメッカです。学習の一環としてグループに分かれ...

LINEバイトのCMに出ている女の子は誰?

LINEバイトというサービスを知っていますか?LINEバイト...

家賃の滞納とブラックリストの関係

家賃の滞納は大家さんにとても迷惑が掛かります。また、不動産会...

100均の観葉植物を植え替えておしゃれなインテリアに!

100均にはいろいろなものが売っていますが、観葉植物も売って...

高校の入学式は何を着る?母親におススメの服装

子供の成長は早いもので、あっという間に高校生になってしまいま...

源泉徴収票を就職先に提出!?アルバイトの源泉徴収票はどうしたらいい?

就職をすると就職前にしていたアルバイトなどの源泉徴収票の提出...

横浜観光を子供連れで楽しもう!

子供と一緒に旅行へ行くのは思い出作りにもとっても楽しみなこと...

正月は旦那の実家へ帰省する?正月の過ごし方

年末や正月には実家へ帰省する人が多いですね。結婚している場合...

住民税の普通徴収って何?納付書はいつ届く?

住民税の支払い方法は二種類あり、特別徴収と普通徴収があります...

ユーキャンの資格を取得するおすすめの講座は?

ユーキャンでは趣味の分野の資格から本格的な就職に有利なものま...

寄せ鍋がおいしくなる!野菜を入れる順番とは!?

冬の寒い時期には暖かい鍋が食べたくなりますね。その中でも寄せ...

公務員の病気による休職は急激に増えています

公務員は病気で休職している期間は身分が守られています。給料や...

ドラムがうまくなりたい!練習を自宅でするには?

バンドのメンバーで最も自宅練習が難しいのはドラムではないでし...

住宅ローンの返済が苦しい人はどうしたらいい?

夢のマイホームはみんな憧れますよね。住宅ローンの審査を通って...

夜行バスで大阪に着いたら!梅田で朝入れるお風呂屋さん

夜行バスを利用すると目的地に早朝到着することがありますね。そ...

スタッドレスタイヤで高速道路を利用するときの速度と注意点

冬になると雪や路面凍結の影響で高速道路では冬用タイヤ規制にな...

地震と火山の噴火は関係ある?地震と噴火の予知について

今現在地震は正確な予知ができないといわれていますが、火山の噴...

肩が重いのは霊のせい!?原因と対策

日常生活で肩が凝ったり重いなと感じることは多いですね。いつま...

アマゾンのギフトのカードをコンビニで購入して便利に決済

ネットで買い物は時間の短縮、商品量が多い、配達してくれるなど...

成田空港のターミナルの違いとは?

もともと成田空港にターミナルは一つしかありませんでした。19...

スポンサーリンク

●イルミネーションの撮影に有ると便利グッズ

三脚

光と言っても普通に撮影すると、シャッタースピードが遅くなりますので、手ブレしやすくなります。
三脚を持っておく事で、シャープな写真を撮影する事が出来ます。

カメラやレンズにVR(手ブレ補正)機能が付いている機種で三脚を使用する場合は、手ブレ補正が誤作動する事がありますので、OFFにしておきましょう。

レリーズケーブル

三脚を使っても、シャッターを押す時に微妙なブレが発生します。
よりシャープに写す為には、カメラ本体や三脚に触れずに撮影するのが良いので、レリーズケーブルがあると役立ちます。
(花火などのバルブ撮影にも役立ちます)

クロスフィルター

レンズの前玉部分に装着するフィルターで、クロスフィルターを付けて撮影すると、光がキラキラと輝いて見えます。
より幻想的なイルミネーション撮影をしたい方におすすめです。
(フィルターはレンズの経に合わせる必要がありますので、購入時には確認しましょう。)

防寒具

街を歩く程度なら我慢出来ますが、腰を据えて撮影をする場合、この季節の夜は非常に冷えます。
人が通りすぎる瞬間を待ったり、ある時間の点灯を待ったりと、何もしない時間が想定出来ますので、温かい格好で出かけましょう。

引用元-イルミネーション&夜景を綺麗に撮影するテクニック

●一眼レフならDORを調整してみよう

イルミネーションは夜景よりもさらに明るい部分と暗い部分の差が大きいため、コントラストが高くなりやすく、露出補正だけでは見たままの印象で写らない場合もあります。その場合は、Dレンジオプティマイザー(DRO)の調整を試してみましょう。DROは画像を分析し、領域ごとに明るさを最適化してくれる機能です。全体の明るさを一様に上げたり下げたりする露出補正とは異なり、黒く潰れそうな部分や白く飛びそうな部分だけに明るさの補正をかけてくれるので、明暗の差が大きいときに特に効果があります。
イルミネーションの撮影では、レベルをやや強め(Lv3~5)に設定をすると効果が分かりやすくなります。しかし、場合によっては補正がかかり過ぎて不自然な仕上がりになったり、ノイズが目立つ場合があるので、撮影後の画像を確認しながら最適なレベルを選びましょう。

引用元-イルミネーションを華やかに写す | デジタル一眼カメラ α™(アルファ)で写真撮影を楽しむ | 活用ガイド | デジタル一眼カメラ“α”(アルファ) | サポート・お問い合わせ | ソニー

●一眼レフでイルミネーションを撮影しよう

レンズ選び

イルミネーションは光がたくさんまとまっているから魅力的に感じます。
電球の数が少ないイルミネーションはどこか寂しい印象ですよね?

豪華な写真にする為には、望遠レンズを使うのが良いです。
望遠レンズには圧縮効果があり、密度の高い写りになります。

また、イルミネーションはあえてボカして撮影すると、幻想的なイメージになりますが、同じ絞りのレンズでも望遠レンズの方がボケやすい特徴があります。
(詳細:絞りだけでは無い!焦点距離によるボケの違いを知ってレンズ購入の目安に)

もし複数のレンズを持っている場合は、焦点距離の長いもの(60mm?100mm程度)を持って行きましょう。

ホワイトバランス

RAWで撮影をしていない場合は、ホワイトバランスにも気を使って撮影を行います。
ホワイトバランスをオートで撮影してみて、見た目の色と写った色に違いがあれば、手動で調整を行います。

調整の目安として、オレンジやゴールド系の光の場合、ホワイトバランスを「日陰」や「晴れ(晴天)」にする事で、温かみのある色になります。
また、ブルー系の光源の場合は、「電球」や「蛍光灯」に設定するのが良いでしょう。
(詳細:ホワイトバランスの設定で自分好みの色・写真を目指す)

露出補正

露出もRAW撮って現像する場合にはオートで問題ありませんが、jpgデータのみでの撮影時には1段程度プラスに設定してあげると、光が表現できると思います。
(詳細:露出を理解して一眼レフを極める)

背景をぼかす

寒々しいイルミネーションにしない為には、写っている光の面積が多い方が良いですね。
背景をおもいっきりボカしてあげると、被写体が浮かび上がってイルミネーションの雰囲気がよく出ます。

大きくボカす為には、

1.できるだけ被写体に近づいて撮影をする
2.明るいレンズを使う
3.焦点距離の長いレンズを使う

があります。
2、3は持っているレンズによりますが、1はその場でできる事なので、できるだけ近寄って撮影をしてみてください。

絞りを意識する為には、撮影モードを「絞り優先AE」に設定する必要があります。
いつもオートで撮影をしている方は、この機会に試してみましょう。

前ボケ

背景をボカすのと同様に、被写体の手前をボカす「前ボケ」も試してみましょう。
光をカメラと被写体の間において、被写体にピントを合わせると簡単にボカす事が出来ます。

引用元-イルミネーション&夜景を綺麗に撮影するテクニック

●三脚無しで手ぶれを抑えるイルミネーション撮影

イルミネーションの輝く夕方から夜にかけての撮影では、どうしてもシャッタースピードが遅くなり、手ブレを起こしてしまう心配があります。かといって、人の多いイルミネーションスポットなどで三脚を持ち歩きながら撮影をするのはなかなかに大変です。そこで、手持ちの撮影でも手ブレを抑えることができる構え方、コツをご紹介します。たくさんの光が輝くイルミネーションは、通常の夜景撮影より光源を多く確保することができるので、構え方に少し注意するだけで、だいぶ手ブレを軽減することができます。
それでも、シャッタースピードが1/30秒以下になるようであれば、手ブレしてしまうことも多くなりますので、ISO感度を400~800程度まで上げながら、シャッタースピードが速くなるよう調整しましょう。

壁面に肩から腕を押し付けるようにし、腕を固定して撮ります。ファインダーをのぞきながら撮ると安定します

ストラップを少し短めに結び、首からピンとストラップを張るように手を前に出してカメラを固定します。ライブビューで撮影します

引用元-ファミリーフォト – ファンタジックにイルミネーションを撮る | Enjoyニコン | ニコンイメージング

●速ければ良いってわけじゃないイルミネーション撮影

イルミネーションや夜景を手持ちで撮影する場合の最適なシャッタースピードはいくつでしょうか。遅すぎれば手振れになるし、早すぎればムラが出来るし。。
ズームの度合い(焦点距離)にもよりますが普通のズームレンズを使うなら、手振れ補正をONにした状態で、だいたい1/25~1/80秒くらいが良いかと思います。
手振れ補正ONで1/25秒程度なら初心者の方でもきちんと構えて撮ればそれほど手振れはしないはず。ただし、望遠にすればするほど手振れしやすくなるのでほどほどに。。標準のズームレンズを使う限りは大丈夫かと思います。
一方、高速側は1/100を下回らないように設定すれば大丈夫ですが、シャッタースピードにも少々ムラがあったりするので、余裕を見て1/80秒くらい。欲を言えば2周期分の1/50秒程度なら点滅によるムラが出ることはないはずです。
同じものを撮っているはずなのに、撮るたびに毎回結果が違う。。という場合はシャッタースピードを気にしてみましょう。
Av(A)モードでシャッタースピードが安定しないときはシャッタースピード優先オートTv(S)モードで撮るのも良いかもしれません。

引用元-夜景、イルミネーション撮影で気を付けたいシャッタースピードの関係 | studio9

まとめ
少しぼかすだけでかなり違って来るんですね。思い出に残る素敵なワンカットを取りましょう。

twitterの反応

 - 雑学

ページ
上部へ