日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

車の燃費を向上!?グッズの効果はあるのか

      2018/03/29

車の燃費を向上!?グッズの効果はあるのか

最近燃費のいい車がどんどん発売されていますが実際はどうなのでしょうか?燃費は車の状態や走り方などでも変わってきますね。燃費を向上させるグッズなども出ていますが効果はあるのでしょうか?今回は車の燃費について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カブトムシの幼虫が土から出てくる…そのワケとは

本来カブトムシの幼虫は土(=飼育マット)の中で暮らしています...

大学生のカップルで旅行に行きたい!人へ

旅行に出かけると、大学生らしきカップルをよく見かけます。大手...

オリコで車のローンが組める!?審査は厳しいか

クレジット会社であるオリコで自動車のローンを組むことができる...

バカがひくわけじゃない!夏風邪のウイルスと感染する理由

昔から「夏風邪はバカがひく」なんて言われていますが、風邪の大...

憧れのティファニー☆結婚指輪1カラットの値段って?

女性にとってティファニーと聞けば婚約・結婚指輪を連想するため...

一度は考えた…「高校の先生、春休みは暇なの?」の真相

高校の先生って、春休みや夏休みなどの長期休暇は学校にあまり来...

あなたはLINEの既読無視を許せる!?友達や恋人は違うかも?

コミニュケーションツールとして、ここ数年で当たり前の存在とな...

銀行に就職するのは勝ち組!?銀行の実態とは

銀行は就活する学生にとって人気の職業です。銀行に就職すると安...

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

家の内装はどのようなものがお好みでしょうか?モダンな色合いの...

コンビニの商品はどうなる?地震の場合

記憶に新しい熊本地震では生活物資の不足が問題となりました。い...

みりんと砂糖の違いって?代用はできる?意外なカロリー

みりんは砂糖と同じ甘味調味料ですが、何で出来ていて、カロリー...

中小企業診断士の試験は難しい?試験の感想

中小企業診断士という職業を知っていますか?近年注目が集まって...

ブルーレイレコーダーでDVDディスクは見れるのか?

ブルーレイレコーダーが普及した現在、DVDレコーダーの家庭で...

会社を円満に退職するには?どんな理由がいい?

会社を何らかの事情で退職したいと思ったとき、その理由を正直に...

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

水のトラブルは、起こった時に素早く対処しなければ。回りが水浸...

申込まないと損してるかも?NHK受信料の家族割引に注目!

NHKの受信料、ただNHKから言われるがままに契約して支払っ...

病院に入院するには保証人が必要!代行業者も登場

部屋を借りる時、入学時、就職時、お金を借りる時etc、様々な...

Windows10へのアップデートが進まない問題

Windows7やVistaからWindows10への無償ア...

地球の磁場が減少しているって本当?

地球には磁場があります。方位磁石を使うと磁石が北を向くのはそ...

単位が千円、百万円の場合の読み方

会社の書類などで千円、百万円などの単位が書いてあることがあり...

スポンサーリンク

車の燃費とは

燃費ってなに

自動車の燃費とは「1リットルのガソリンでどれだけの距離を走れたか」を数値で表したもので、単位はkm/Lです。
だいたい普通の乗用車やミニバンなら7~10km/Lぐらい。
燃費のいい車や軽自動車なら10~15km/Lぐらい。低燃費を売りにした車やハイブリッドカーなら、何と20km/Lを超えることもあります。
そして重い荷物を運ぶ大型トラックでは2~3km/Lになります。
当然、同じ距離を走った時は、燃費がいい車のほうがガソリン代が安く済むというわけです。
自動車の燃費は、車体の重さ、エンジンの種類、空気抵抗、乗車人数、走る環境、運転方法・・などなど、色々な条件が複雑に組み合わさって決まります。

あなたの車の燃費は?

ところであなたは自分の車の燃費がどのくらいか知っていますか?
ここでは簡単に燃費が計算できる「満タン法」というのを紹介しますね。
まず、ガソリンスタンドでガソリンを満タンにします。
その時にトリップメーター(スピードメーターの所にある距離計で、リセットできるほう)をゼロに戻します。
そして、次回の給油の時にも満タンまで給油します。
その時のトリップメーターの走行距離を給油量で割ったものが、あなたの車の燃費です
例えば500km走って40リットル給油したとします。
するとその時の燃費は、500km÷40L=12.5km/L となります。

引用元-燃費入門

車の燃費を向上させるには

車の維持費の中でも厄介なものの一つにガソリン代があります。
リッター100円以下だった頃が懐かしくもありますが、それは遠い過去の話。高いガソリン代にお困りの方も多いでしょうし、様々な方法でガソリン代節約に励んでいる方も少なくないと思います。

①急発進を減らすなど運転方法の改善
②トランクの整理・給油タンクを満タンにしないことによる軽量化(燃費改善)
③必要以上に車に乗らない。利用機会の削減。
④ガソリンカードを利用して割引価格で給油する

あげればキリがありませんが、今回当サイト管理人がたまたま試すことになり、大きな成果をあげたのがいわゆる燃費改善グッズ
この手の商品は胡散臭いものが流通していることもあって敬遠される方も少なくないと思います。現に数年前には、科学的根拠がないにも関わらず、燃費改善効果を表示したとして公取から排除命令を出された商品がいくつかあります。

引用元-ガソリンカード比較

燃費を向上させるグッズは効果があるのか

燃費向上グッズは、使ってみなければ分からない!

「燃費向上グッズって、本当に効果があるの?」と思っているあなた!
・・・・それは分かりません。しかし、やってみなければ何も変わらないんです!
車種や年式(新車にはあまり効果が表れないことも)、燃費向上グッズとクルマの相性みたいなものもあるかもしれません。どんなクルマでも”必ず”効果が出るグッズは存在しないと思います。
このサイトと同じように「燃費の向上」を試しているサイトはたくさんありますが、同じグッズを使って”劇的に燃費が良くなった”人(自動車)もあれば、”変化なし”の検証結果を出しているサイトもあります。
何万円もするものは避けましょう。もし効果があったとしても元をとるのに1年も2年もかかってしまいます。まさに本末転倒ですね。それが趣味だという方は話は別ですが・・・。
ホームセンターなどでは、安いものでは¥1,980くらいで売っているものもあるので、そのあたりから始めてみるのも良いかもしれません。
安いからといって全く効果が無いとは言い切れませんし、逆に数万円するものなら100%効果があるとも言い切れないないと思います。
2~3千円のものであれば、もしも効果が無かったとしても、そんなにフトコロに影響は無いですし、少しでも効果があれば”めっけもん”です。
まずは、楽しんでやってみると良いと思います。

引用元-燃費向上NET

燃費を向上させるグッズで効果があったもの

自分が取り付けして効果があったものをいくつか紹介します。
この手の質問をするとお決まりで「そんなものがあるならメーカーがとっくに採用している」という回答が出ますが、考えがとても浅はかです。

■例えば10年前に発売した車両に対して、専用の燃費チューニンググッズが出たとします。
10年前は最新だった純正の技術でも、10年後には社外メーカーでも更に新しい技術が開発されている可能性があります。
(プラグコード車を跡付けダイレクトイグニッションにするなど)

■効果はあってもコストの面で採用できない場合もあります。
中にはオカルトグッズもありますが、きちんとした改善の理論が説明されていて、きちんと研究をしているメーカーもあります。
燃費において、燃費グッズの値段が高く対費用効果が悪かったり、元が取れない場合ももちろんありますが、トルク・レスポンスが上がると病み付きになる人もいます。

■「VAD」…スロットル信号のノイズ除去装置。トルク、レスポンスにおいて最も効果がありました。更にオーディオの音がビックリするほど良くなりました。

■「B-Pass Line」…磁気ノイズ除去装置です。加速が良くなり、低速のモタつきがかなり軽減しました。これもオーディオの音に効果ありです。

■「ミニコン」…エアフロセンサーにつなげるサブコンです 。燃費を犠牲にするものではありません。トルクが上がります。値段が安いのも利点です。

■「ECONプラス」…放電時の逆起電力を回収して、プラスの起電力に変える装置です。これもトルクが上がり、オーディオの音にも効果があります。

■「ダイレクトパワーハーネス」…ダイレクトコイルに流すプラス電流をバッ直化するハーネスです。これも体感できますし、値段も安いです。

■「イリジウムプラグ」…トルクが少し上がり、回転がスムーズになります。
値段が一番安いのでお手軽です。

以上が効果を体感できた物です。

引用元-YAHOO!知恵袋

メンテナンスで燃費も変わってくる

車の調子でも燃費は変わってきます

あなたが自分でボンネットを開けたのはいつでしょうか?
もう忘れてしまうほどなら要注意。普段からのメンテナンスを怠っていると、燃費が悪くなるだけでなく、ある日突然思わぬトラブルが起きるかもしれません。

・タイヤの空気圧が規定値より低い
・エンジンオイルが汚れている
・点火プラグの寿命がきている
・ATF(オートマオイル)が劣化している
・エアフィルターが汚れている
・マフラーに穴が開いている
これらは燃費が悪くなる原因として、よく言われているものです。
こまめなメンテナンスを行って車をいつも健康な状態に保っていれば、いつまでも新車のように調子良く走ってくれるでしょう。

引用元-燃費入門

まとめ
いかがでしたか?燃費はいいにこしたことはないですね!グッズは怪しいものもあるので注意しましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/tairan_snksms/status/647416685306187776

 - 雑学

ページ
上部へ