日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

NHKのアナウンサーは民放とどう違う?女性アナウンサーについて

      2018/04/01

NHKのアナウンサーは民放とどう違う?女性アナウンサーについて

女性アナウンサーは華やかな職業というイメージがあります。その中でもNHKと民放の女性アナウンサーではイメージがそれぞれ異なる人もいるのではないでしょうか。今回はNHKの女性アナウンサーについて調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カブトムシの幼虫が土から出てくる…そのワケとは

本来カブトムシの幼虫は土(=飼育マット)の中で暮らしています...

大学生のカップルで旅行に行きたい!人へ

旅行に出かけると、大学生らしきカップルをよく見かけます。大手...

オリコで車のローンが組める!?審査は厳しいか

クレジット会社であるオリコで自動車のローンを組むことができる...

バカがひくわけじゃない!夏風邪のウイルスと感染する理由

昔から「夏風邪はバカがひく」なんて言われていますが、風邪の大...

憧れのティファニー☆結婚指輪1カラットの値段って?

女性にとってティファニーと聞けば婚約・結婚指輪を連想するため...

一度は考えた…「高校の先生、春休みは暇なの?」の真相

高校の先生って、春休みや夏休みなどの長期休暇は学校にあまり来...

あなたはLINEの既読無視を許せる!?友達や恋人は違うかも?

コミニュケーションツールとして、ここ数年で当たり前の存在とな...

銀行に就職するのは勝ち組!?銀行の実態とは

銀行は就活する学生にとって人気の職業です。銀行に就職すると安...

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

家の内装はどのようなものがお好みでしょうか?モダンな色合いの...

コンビニの商品はどうなる?地震の場合

記憶に新しい熊本地震では生活物資の不足が問題となりました。い...

みりんと砂糖の違いって?代用はできる?意外なカロリー

みりんは砂糖と同じ甘味調味料ですが、何で出来ていて、カロリー...

中小企業診断士の試験は難しい?試験の感想

中小企業診断士という職業を知っていますか?近年注目が集まって...

ブルーレイレコーダーでDVDディスクは見れるのか?

ブルーレイレコーダーが普及した現在、DVDレコーダーの家庭で...

会社を円満に退職するには?どんな理由がいい?

会社を何らかの事情で退職したいと思ったとき、その理由を正直に...

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

水のトラブルは、起こった時に素早く対処しなければ。回りが水浸...

申込まないと損してるかも?NHK受信料の家族割引に注目!

NHKの受信料、ただNHKから言われるがままに契約して支払っ...

病院に入院するには保証人が必要!代行業者も登場

部屋を借りる時、入学時、就職時、お金を借りる時etc、様々な...

Windows10へのアップデートが進まない問題

Windows7やVistaからWindows10への無償ア...

地球の磁場が減少しているって本当?

地球には磁場があります。方位磁石を使うと磁石が北を向くのはそ...

単位が千円、百万円の場合の読み方

会社の書類などで千円、百万円などの単位が書いてあることがあり...

スポンサーリンク

アナウンサーになるには

アナウンサーになるには、まず、4年制大学を卒業しなくてはなりません。
時々、短大卒業も受験資格はありますが、多くの放送局が「4年制大学卒業、もしくは卒業見込み」を条件としています。

大学3年生の夏に各キー局が「アナウンスセミナー」を実施します。
いわゆる、青田買いです。
各局は、ここで、目ぼしい人を見つけることが多いです。

そして、キー局は、早々と大学3年生の冬に本試験を実施します。
準キー局は、キー局の試験が終わった後、大学4年生の春頃から始まります。
それと並行して地方局の試験が始まります。
そして、NHKはというと、正社員と契約社員の採用試験があります。
正社員の採用試験は、春採用と秋採用の2種類です。
春採用は、キー局が終わった頃(大学4年生の春頃)に始まり、秋採用は大学4年生の夏頃に始まります。
契約社員は、各NHKが現地で試験(オーディション)を実施しますが、時期は大学4年生の冬です。
大学を卒業するまでを考えるとチャンスはたくさんあるのです。

そして、たとえ大学を卒業するまでに内定が出なかったとしても、今は、既卒者でも試験を受けることができます。民放でもNHKでも。
NHKの各地方局に関しては、毎年採用試験がありますので、本気でアナウンサーを目指す人は全国津々浦々の放送局を受けることができます。
また、年齢制限も、NHKの各地方局の場合は「30歳くらいまで」と幅広いのです。

引用元-アナウンススクール

民放とNHKの女性アナウンサーの違いとは

民放とNHKの女性アナの違いはどんなところかに、宮本隆治氏曰く、「まずNHKは女性男性ともにアナウンサーという」。
なるほどの言葉はこの先にあった。
「民放女子アナは一歩家を出るときから女子アナになっている。NHKの女性アナウンサーはスタジオに入り、メイク室で化粧をして行く中でアナウンサーになって行く」という。
NHKの女性は、街では「宮本さんッと声を掛けられて初めてうちのアナウンサーと判る」とまで言っていた。
民放女子アナをそんなに意識して街を歩くことより、アナウンス力、朗読力を高めて欲しいものだ。
NHKの女性アナウンサーの多くはニュースもいいが語りが巧い。
素地の違いも大きいだろうが、経験を重ね巧くなって行く + 歳を重ね声が落ち着く = アラフォーを超えて益々良くなるNHK。
尤もフジなどは女子アナ本人も会社も求めるものがNHKとは違うのだろうから、アナウンス力やらを求めたり比較をするなど野暮なことなのだろう。

引用元-移住を考える。沖縄を考える

NHKでは女性アナウンサーはほんわかしたイメージに

民放の女子アナとNHKの女子アナはどこが違うのか

いろいろ話題に上がる女子アナ。
NHKの女子アナが民放の女子アナと大きく異なる点はどこなのか。
堀は「奥さま方が見ていて“自分の息子の嫁にしたい”と思うような女性」だという。
美人だから選ばれるわけじゃなく、どことなく気立てがよくて気がきく。“日本のお嫁さん像”そのものだという。
ときどき“ミス○○”みたいな人を採用するときもあるそうだが、そういう人も4~5年、NHKにいるとホンワカした雰囲気に変わってしまうのだという。

引用元-こくまろトレンディ

民放とNHKでは待遇も違う

民放を経て、現在はNHKの現役女子アナとなったXさん(30代)は、NHKと民放との違いを次のように証言する。
「基本的にNHKはゆとりがあり、地方局でも人材に余裕があるという印象は強いですね。民放時代は、それこそ毎日、報道番組のキャスターをやりながら記者業を兼務。さらに、営業案件の司会もたくさんやっていた」
一方でNHKの場合は職務範囲が民放より狭く、それを超えて働くことは、まずありえないという。
「特に地方に多い契約キャスターの場合、自分が担当する番組以外は何もしなくてもいいし、たとえほかで手が回っていなくても関わろうとすらしない。
手伝ってしまうと『あいつは間違った女子アナの仕事をしている』ということで、局長から注意を受けた人もいる」

給与や待遇面でも、差は出てくる。
「民放の場合は千差万別ですが、NHKの場合は正社員の女子アナだと、1年目の年収は500万円前後。契約キャスターの場合は、だいたい1カ月で40万円くらい。ヘアメイクやスタイリストはロケ番組でもつくことが多いので、自腹で買う衣装は月数万円程度ですみます。民放のころは、自腹で毎月10万円買っていましたから」
エースの有働由美子アナで年収1千500万円、杉浦友紀アナで800万円程度。とはいえ、NHKでいいことばかりが続くかというと、そうでもないようだ。
「上司からは、とにかく『正社員と契約キャスター・契約社員が一緒に飲みに行くのは控えるように』とお達しがきています。理由はズバリ、金銭面での待遇の差が大きいから。実情を知って、現場の士気に影響が出ないように、という配慮があるようですが、局内では『あれ、人権侵害だよね!』と笑っています(苦笑)」

また、正社員のアナウンサーの場合、数年おきに地方局を回り、うまくいけば入社5~6年目で、東京アナウンス室に行けるが、それを逃すと一生、地方局回りが続くこともあるという。
「さらに、地方局の場合は“エリア待機日”といって、災害などの有事に備えて、行動範囲に制限が出ることが多いんです。段階は2つあり、ひとつは自宅周辺しかいられないパターン。もうひとつは県内に留まる場合。その日も、休日なので本来はしっかり休みたいのですが……」

引用元-女性自身

NHKのアナウンサーは異動が当たり前

「民放局とは異なり、NHKでは異動するのが当たり前。全47都道府県に放送局があるので、異動では文字通り全国を回ります。井上アナも鳥取を皮切りに広島、東京を経て、京都に異動しています。女性でも転勤が多いことに変わりはありません」(テレビ誌ライター)
外野から見ると100名以上のアナウンサーが在籍する東京のNHK放送センターが花形部署に見えるが、実は地方局勤務もなかなか悪くないらしい。民放局の元テレビ局員がこんなエピソードを教えてくれた。

「NHK地方局のアナウンサーは、その地域では最大級の有名人です。飲みに行くと“お代はいらない”と厚遇されたり、どこに行っても大歓迎されるので、アナウンサーが特別視されない大都市には戻りたくない人もいるようですね」
とはいえ、とくに女子アナだとやはり東京は特別だろう。そんな東京勤務の女子アナで注目を集めているのが、「ブラタモリ」のアシスタントとして人気急上昇中の桑子真帆アナである。前出のテレビ誌ライターが解説する。

「この3月までは子供向け番組『ワラッチャオ!』のお姉さん役として、AKB48の振りマネも披露していました。3月から東京に異動して『ブラタモリ』の担当となり、タモリを相手に出過ぎず引き過ぎずのちょうどいい存在感を見せています。
万人受けする親しみやすい笑顔が魅力で、すでに『NHKニュース7』にも出演するなど、今後は看板番組に登場する可能性も高そうです」
そんな桑子アナもまだ5年目ながら、長野と広島を経て東京に移ってきた転勤族だ。
どうやらNHKの地方局には未来の逸材が大勢、待機しているのかもしれない。

引用元-Asagei plus

まとめ
NHKのアナウンサーは地方を含めると結構な人数のようでね。NHKと民放では仕事の仕方がいろいろ異なるようです。

twitterの反応


https://twitter.com/mahalooo12/status/589818440753381377

 - 進学・就職

ページ
上部へ