日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

子供が友達と遊べない?その原因とは?

      2018/04/05

子供が友達と遊べない?その原因とは?

自分の子供が友達とうまく遊べないととても心配ですね。子供が友達と遊べない原因は何なのでしょうか。親としてはどのように子供に接すればいいのでしょうか。今回は子供が友達と遊べない場合について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

スポンサーリンク

友達と遊べない子供とは

友達が出来ない子の性格(タイプ)

友達ができない子、友達を作りにくい子のタイプは、以下の7つ。

1.ひとり遊びが好き
2.わがまま乱暴タイプ
3.自閉症、アスペルガー症候群タイプ
4.動きがゆっくり寡動タイプ
5.引っ込み思案
6.落ち着きが無いタイプ
7.発達に遅れがある

一人遊びが好きなマイペースのお子様の場合・・家庭では、手がかからない子供だったりします。一人で好きな事をして遊び、ひとり言を言いながらひとり遊びを極めています。ひとり遊びが好きな子でも促されることで集団と関わりが持てるなら大丈夫、マイペースですが友達を必要としていないわけではなく、ただひとりの方が楽しいと思っている場合小学校では、友達の輪の中に入っていくと遊びが広がって、もっと楽しめる・・そんな言葉かけをしておきましょう。

わがまま 乱暴な子供の場合・・運動の発達は、普通でも言葉が未発達だと言葉で解決できないから手が出たり足が出たりしやすいようです。性格的には、活発で仲の良い子とは仲良く遊んでいますが、気に入らない子やおとなしそうな子には、砂をかけたり、腹に乗ったり、蹴ったり、叩いたりするんですね。

逆に乱暴をふるわれる場合(いじめられる子)は、いじめられると子供が可哀想で神経質になるので気をつけます。乱暴なガキんちょに大人の側から声をかけるようにするんですね。私は、むかつきながらも 笑顔で「いつも一緒に遊んでくれてありがとう♪優しくしてくれてるんだよね?」と話しかけるようにしました。不思議なもので乱暴者の態度に変化が見られます。お試しあれ♪

乱暴なお子様は、気に入らないとすぐ行動を起こしてしまうので、家庭でも保育園でも 断固とした態度で制止するようにしましょう。

引用元-新1年生 入学準備

小学校入学前に友達の基盤を

一人遊びが好きで 友達と遊べない子供

保育園 幼稚園に入園するときも、泣いて 登園するときも泣いて・・というお子さんでも登園拒否をしていない限り、少数でも 気の合う子を見つけ保育園、幼稚園生活を楽しんでると解釈した方が良いですね。子供の仲間意識は、まだスタートしたばかり・・友達が 増えることで 子供の社会が広がっていきます。

同じ年齢の年中さん年長さん無邪気に積極的に走り回りエネルギッシュに外で遊ぶ子、大勢で騒ぐのが好きな子がいる一方で粘土遊びやお絵かきが好きな子・・外では 砂団子ばかりもくもくと作っている子もいます。

想像力をふくらませて考えて遊ぶのが好きなタイプと体でエネルギーを発散させるタイプがおりこれまでの家庭環境や前年度に習った先生の影響も考えられます。

一人で遊ぶのが気になるから…と言って親が神経質に「一人で遊ばずにいろいろな子供と遊びなさい」[元気に遊びなさい」と強制するのもおかしなもの。子供の性別性格生まれ月(早生まれ)よっても仲間を作りやすい子、仲間を作りにくい子がいます。保育園 幼稚園では子供が自然と作っていく「小さな社会」をあたたかい気持ちで見守るのが良いでしょう。

保育園、幼稚園で少数ながらもしっかりとした仲間や友達の基盤を作っておかないと小学校に入学してから友達が出来にくい子、仲間を見つけにくい子が出てきます。学級の5%ぐらいは仲間とケンカばかりしているトラブルを起こす子か孤立して仲間の出来ない子がいると言われています。

引用元-新1年生 入学準備

子供が友達と遊べなくても親は悩まないように

子供にとって、苦しいのは親の期待に添えないことです。自分は友達をたくさん作るようなタイプではないのに、親から友達はたくさんいるべきだと、親のモノサシを押し付けられたときに軋轢が生じるのは当然です。

自身の小学生の頃、友達がたくさんいて楽しかったという思い出を持つ親は、あまり活発でなく少数の友達としか遊ぼうとしないわが子に不安になるかもしれません。

または、自分もわが子と同様友達がいなくて辛かったがためにわが子の友達がいない状況を見ることがコンプレックスが刺激されて、ただただ辛いということかもあるかもしれません。

しかし、「友達100人できるかな」という考え方は、はあくまでステレオタイプな子供についての大人側の憧れのようなものにすぎないことを理解しておくべきです。

つまりは、子供に友達がいないと親が勝手に思い込んで悩むということは、子供にとっては大きなお世話だということです。

友達が少ないのは、その子の個性です。自分だけのモノサシで子供をはかり続けると、親子の関係が親にとっても子にとっても息苦しいものになるということをふまえましょう。

親からの期待に添おうとして、子供が必死で必要性を感じない友達を作ろうとするのはいかにも悲しいことではないでしょうか。

引用元-そっか~

子供が友達と遊べないときは

○まずは、子供の性格を理解すること!

子供によって性格も様々ですから、こうあるべきという思い込みで見るのは、あまりよくありません。まずは、その子なりの気持ちや理由をしっかりと聞くことが大切です。そして、その子にとってベストな環境とはいったい何なのか、同じ目線で考えてあげてあげるところがスタートですよ。

○そして、ママが余裕を持って見守ることも大事!

友達ができないと思っているのは子供でしょうか?ママでしょうか? 家に帰ってきて特定の友達の名前が出てこないからと言って焦りは禁物です。「今日は幼稚園で何をしたの?」「どんなことが楽しかった?」などと子供が答えやすい質問を用意して、楽しそうに話をしてくれていたらそれで十分です。幼稚園は友達を作るためだけの場所ではありませんから、まずは本人が楽しんで幼稚園に通っていればOKと余裕を持って子供を見守りましょう。

引用元-いざ!安心家族

子供への否定的ないい方はやめよう

■子は親を映す鏡!子どもは親の話し方を真似る

上記のような否定的な言い方が親の口癖になっていると、子どもにどのような影響が及ぶのでしょうか?言われた子ども自身がイヤな気分になるのはもちろんですが、子どもは自然と親の話し方を真似してしまうものだと親野さんは主張します。さらに、話し方が親に似てくると、考え方まで同時に似てくるのだそうです。つまり、親が“ダメ”とか“ない”などの否定的な言葉を子どもに浴びせていると、子どもはどんどんネガティブ思考になり、友達に対してもダメ出しばかりするなど、感じの悪い話し方をしてしまい、友達が寄り付かなくなるということになりかねません。

以上、子どもに友達ができなくなる親のNGな話し方をお届けしましたがいかがでしたか?お子さんが学校で良好な人間関係を築けるように、「~しちゃダメ」「~しないといけない」などの否定的な言い方は、慎むようにしましょう。できるだけ「~するほうがいいよ」「~してくれると嬉しい」など、肯定的な表現に言いかえるように心がけてくださいね。

引用元-excite.ニュース

まとめ
親が過剰に悩むと子供にも影響が出る可能性があります。子供が友達と遊べなくても親はあまり悩まないようにしましょう。

twitterの反応

https://twitter.com/urasan_wt/status/738417663161040896


https://twitter.com/ritsnPC/status/731609630183301121


https://twitter.com/YoshinoriArai2/status/729078641305354240


https://twitter.com/kcgQnkmRRLDqMQe/status/707848990616739840

 - 恋愛・人間関係

ページ
上部へ