日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

雇用保険の加入をさかのぼることができる

      2015/12/14

雇用保険の加入をさかのぼることができる

雇用保険の加入はとても大切になってきます。しかし、すっかり加入し忘れていたという方もいるのではないでしょうか。そこで今回は雇用保険をさかのぼって加入する方法などについて調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

外国人が日本で生活したい理由とは?日本のココが好き!

外国人の中には日本で生活をしている人が大勢います。そんな外国...

免許の写真うつりをよくしたい!撮る時のコツとは?

免許証の写真は自分のタイミングで撮ることができないので、写真...

就職活動の面接で履歴書と違うことを言ってもOK!?

就職の面接では履歴書を見ながら面接官が質問をします。質問の内...

流産で手術する場合とは?失敗することはある?

子供を妊娠してもお腹の中で子供が育たず流産の経験をしたことが...

現代の日本が抱える健康問題とは?

日本は世界でも平均寿命が長い国としても有名です。しかしそんな...

彼氏の身長はどのくらいが理想?背が低い男性の魅力とは?

理想の彼氏の条件として、自分より身長が高い人を上げる人は多い...

皮膚に湿疹ができてかゆい!原因と対処法は?

皮膚に湿疹ができる原因には様々ものがあります。湿疹ができると...

中学校の部活は生徒も先生も大変!?土日は休みにするべき!?

中学校に入ると部活に入った人は放課後に部活動に参加して、試合...

高齢者の病院への入院期間は最大で3ヶ月?その理由とは?


病状次第では病院へ長期の入院を余儀なくされる場合...

舌に口内炎ができて痛い!対処法はどうしたらいい?

食べ物を食べたりしたときに舌が痛い時は口内炎ができている場合...

神社に参拝する意味とは?作法の意味を解説!

神社へは初詣などで一年に一回は参拝に行くのではないでしょうか...

口座を解約するには?残金はどうなる?

知らない間に何年も使っていない口座はありませんか?この休眠口...

月、太陽、地球の大きさはどのくらい?大きさを比べてみよう!

地球から見える月や太陽の大きさはとても小さく見えますが実際は...

家のキッチンをタイルでオシャレに!自分でタイルを貼ってみよう!

家の中でこだわりたい場所の1つといえばキッチンですね。タイル...

ニキビの原因はできる場所によって違う!?顔まわりのニキビの原因と対処法を紹介!

顔にニキビができると気になるので早く治したいですね。ニキビは...

アプリが有料の場合は毎月料金を払う?

スマホを利用している人は必要なアプリをダウンロードして使って...

高校で友達ができなくて楽しくない場合はどうしたらいい?

中学から高校へ進学すると環境がガラッと変わります。中学まで一...

まぶたの一重、二重は遺伝する?遺伝の法則とは?

まぶたには一重の人と二重の人がいますね。日本人は一重が多いよ...

インフルエンザを予防するには湿度が大事!?適度な湿度とは?

冬になるとインフルエンザにかからないように注意しないといけま...

携帯を解約したい!必要なものは何?

最近は格安ケータイなどの登場で携帯解約したいと考えている人も...

スポンサーリンク

●雇用保険をさかのぼって加入することについて

雇用保険の加入手続きを忘れていたんですが。。。。どうしたらいいのでしょうか?と質問を受けることがあります。
もし失念した資格取得届を提出するならば、資格取得日をいつにするかは大事なことです。

例えば、倒産・解雇によって離職した人(特定受給資格者)の場合、被保険者期間が5年未満か5年以上かによって給付が変わってくるのです。
30歳以上45歳未満ならば90日⇒180日に増加。
45歳以上60歳未満ならば180日⇒240日に増加します。
事業主が、雇用している途中で気がついて、そのときすぐに届け出をしただけでは正しい手続きではないときもあるわけです。

本来加入する日に届けていれば退職者が受けられた日数に不足する日数があったとき、社員からその金銭を請求されることがないわけではありません。気がついた時点でできるだけさかのぼれる日まで遡及して加入するようにします。

手続きは2とおりありますが、社員が受け取る給付などで不利益にならないように、よく検討して手続きを進めるとよいでしょう。

引用元-One’s Life Compass

●過去にさかのぼって雇用保険に加入できる?

・兼務役員も雇用保険に加入できることを知らず、手続きしていなかったけど、過去にさかのぼって加入させることはできますか?
・社員が退職することになり「失業手当が欲しい」と言われたが、これまで会社は労働保険(雇用保険・労災保険)に加入していなかったのですが、さかのぼって加入することはできますか?
・雇用保険の資格喪失手続きをしようと思ったら、加入手続きを忘れていたことが発覚、これから手続きできますか?

景気の悪化を反映してか、このような質問が最近増えています。
給与から雇用保険料を徴収していたにも関わらす、加入手続きを忘れていた場合は、徴収していた時から遡って加入することができます。
給与から保険料を控除することも忘れていた(気がつかなかった)場合は、最大で2年間のみ遡ることができます。

引用元-社会保険加入手続き代行センター

● 雇用保険の加入はどの辺までさかのぼるのでしょうか?(Q&A)

雇用保険の適用漏れですね。
現行の雇用保険法では、雇用保険法第14条第3項第2号や同第22条第4項により、被保険者期間の遡及は2年までしか認められない事になっています。
この遡及につき、雇用保険料を納めていなかった場合には、当然、その2年分を追加して納めなければなりません。
但し、会社側に非がある訳ですから、社員は、雇用保険料の本人負担分を遡って支払う義務は必ずしも無く会社側に負担させるべきである、と判例等で言われています。

ここで、2年よりも前に遡る分については、労働保険料等徴収法第41条により、時効になります。
すると、本来の被保険者期間が2年を超える場合ですと、失業給付の所定給付日数に不利益が生じる場合があります。本来の被保険者期間が多ければ多いほど、本来の所定給付日数との間に開きが生じる可能性が大きくなる訳です。
そうなりますと、社員にとって不利益であり、明らかな不法行為である以上、会社は賠償を行う責任も生じ、本来の失業給付との差額を補填しなければならない事態も生じます。
この為、そのような事態に備えて、文面で賠償責任の所在を必ず明確にした上で、公共職業安定所にて遡及適用を受ける事となりますので、安定所に御相談の上、指示を仰いで戴きたいと思います。

引用元-OKWave

●会社が雇用保険に加入してなかったら遡って加入してもらおう

雇用保険は退職後でも入社時にさか のぼって加入することもできます。

雇用保険は、アルバイトでも週20時間以上でなおか つ6ヵ月以上続けて勤務していたら、自動的に加入義務が生じます。にもかかわらず、会社が加入手続きを怠っていたときは、労働者が不利益を被ることを防ぐため、過去にさかのぼって保険料を納めることができ るようになっています。

具体的な対処法としては、会社の住所を管轄するハロワへ出かけて「会社が加入してくれないんです」と相談してみてください。すると、ハロワから会社に対して「加入するように」と指導してくれるはずです。

ただし、このときに会社と労働条件について取り決めた雇入通知書(または雇用契約書)などの文書が必要になってきますので、それを持参しましょう。

もし、その文書さえも出してくれなかったら、退職する前に、これまたハロワに相談するのが先決です。 そうすれば、何の問題もなく加入できるでしょう。

なお、過去にさかのぼって加入する場合は、当然その期間中の保険料の半額を自己負担しなければなりませんが、それはたいした額ではない(給料の0.4%) ので心配はいりません。

引用元-公共職業訓練校就職面接ナビ

●雇用保険加入日のさかのぼりは得か損か?(Q&A)

他の方も言っておられますが、失業給付金は6ヶ月以上雇用保険をかけないといけません。ということで今のあなたは失業給付金をもらえないということです。当然職安にて失業給付金の手続きはできません。
しかし、職安にいって仕事を探したりすることは可能です。

雇用保険をさかのぼって払った場合、特か損かですが、あなたの給料明細の雇用保険料を確認してみてください。1ヶ月1万円もないと思います・・・仮に1万円だったとしても×2ヶ月=2万の支出です。
それに対し、90日の支給日数と過程します。
あなたの直近の6か月分の給料の支給額÷30日か31日で一日辺りの単価が出ます。それの約ですが、50~60%ぐらいが一日辺りの支給額となり、その金額×90日分が給付金額となるのです。
例)月給20万円として×6ヶ月=120万円
120万円÷180日(30日で一応計算)=6666円
6666円×50~60%ぐらい(これは職安が決めるのでわかりませんがここでは55%として計算)=3666円
3666円×90日=329940円が給付金となります。

これはあくまでも目安ですので詳しくは職安で聞いてもらえばよいと思いますが、雇用保険をさかのぼって支払わなければ、この給付金額がもらえないので支払ったほうが得といえば得ですね。

引用元-教えて!goo

まとめ
加入しているかどうかを確認して、もししていない場合などは、インターネットなどで対策を調べてみてください。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ