日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

雇用保険の加入をさかのぼることができる

      2015/12/14

雇用保険の加入をさかのぼることができる

雇用保険の加入はとても大切になってきます。しかし、すっかり加入し忘れていたという方もいるのではないでしょうか。そこで今回は雇用保険をさかのぼって加入する方法などについて調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

車の年式で査定額は変わる!?古い車は高く売れるのか

車を買い替えるときには今まで乗っていた車を下取りに出しますね...

式典のBGMに!お勧めのクラシック

卒業式や、結婚式などの厳かな式典にはよくクラシック音楽がBG...

ピアスをニードルであけたい!自分で購入してやるには?

あなたはピアスをあけていますか?ピアスをセルフであけるにはピ...

笑顔が一番!魅力的な表情の作り方

第一印象で大事なのはやはり表情ではないでしょうか?こちらが笑...

借入金の利息額を計算してみよう

銀行や消費者金融からお金を借りると当然利息が付きますね。とこ...

妊娠中の仕事がつらい!休みがちになる前にしておくこと

妊娠すると仕事をどうすべきか悩むところですね。妊娠中の体調の...

裁判で判決がでるまでの時間はどのくらい?

もしあなたが裁判をすることになったらどうしますか?裁判と聞く...

台湾へ旅行してみよう!航空券やホテルの相場は?

海外旅行に行きたいと思っている方、行先に台湾はいかがでしょう...

東京で地震が発生!津波は来るのか?

近年東京では南海トラフ地震の発生により甚大な被害を被るとの想...

社会保険加入で手取りはどうなる?そのメリットは

2016年10月より、条件が拡大されてパートの方で社会保険に...

ゆうちょでクレジットカードを作ろう!年会費や引き落としはいつ?

ゆうちょ銀行が発行しているクレジットカードを知っていますか?...

彼氏に会えないストレスでイライラ!そんな時の対処法

社会人になって、お互い仕事をしだすと彼氏に会えなくてイライラ...

ホテルで掃除のアルバイト!その仕事内容は?

ホテルの掃除のアルバイトやパートの求人をよく見かけますね。ホ...

新幹線をキャンセル!乗車券の払い戻し

新幹線を予約していて、急に乗ることができなくなることあります...

気になる人を女性から誘う場合、どんな店を予約したらいい?!

気になる人ができたら、一緒に食事に行ったりしたいと思いますよ...

子供が発熱!手足冷たい時の対処法

小さい子供が突然発熱することはよくあります。熱があるのに手足...

バレンタインの義理チョコへのお返しは?いらないと言われたらどうする?

バレンタインのお返しで悩むのは義理チョコへのお返しですね。最...

体育教師になるにはどの大学へいけばいい?

どうすれば体育教師になれるか知っていますか?どんな大学に行け...

司法書士と弁護士、統合は必要か?

弁護士と司法書士、どちらも法律に関係した仕事ですが、できる仕...

小学校の卒業式は何を着る?男子の場合

6年間通った自分の子供の小学校の卒業式は親としては感動もひと...

スポンサーリンク

●雇用保険をさかのぼって加入することについて

雇用保険の加入手続きを忘れていたんですが。。。。どうしたらいいのでしょうか?と質問を受けることがあります。
もし失念した資格取得届を提出するならば、資格取得日をいつにするかは大事なことです。

例えば、倒産・解雇によって離職した人(特定受給資格者)の場合、被保険者期間が5年未満か5年以上かによって給付が変わってくるのです。
30歳以上45歳未満ならば90日⇒180日に増加。
45歳以上60歳未満ならば180日⇒240日に増加します。
事業主が、雇用している途中で気がついて、そのときすぐに届け出をしただけでは正しい手続きではないときもあるわけです。

本来加入する日に届けていれば退職者が受けられた日数に不足する日数があったとき、社員からその金銭を請求されることがないわけではありません。気がついた時点でできるだけさかのぼれる日まで遡及して加入するようにします。

手続きは2とおりありますが、社員が受け取る給付などで不利益にならないように、よく検討して手続きを進めるとよいでしょう。

引用元-One’s Life Compass

●過去にさかのぼって雇用保険に加入できる?

・兼務役員も雇用保険に加入できることを知らず、手続きしていなかったけど、過去にさかのぼって加入させることはできますか?
・社員が退職することになり「失業手当が欲しい」と言われたが、これまで会社は労働保険(雇用保険・労災保険)に加入していなかったのですが、さかのぼって加入することはできますか?
・雇用保険の資格喪失手続きをしようと思ったら、加入手続きを忘れていたことが発覚、これから手続きできますか?

景気の悪化を反映してか、このような質問が最近増えています。
給与から雇用保険料を徴収していたにも関わらす、加入手続きを忘れていた場合は、徴収していた時から遡って加入することができます。
給与から保険料を控除することも忘れていた(気がつかなかった)場合は、最大で2年間のみ遡ることができます。

引用元-社会保険加入手続き代行センター

● 雇用保険の加入はどの辺までさかのぼるのでしょうか?(Q&A)

雇用保険の適用漏れですね。
現行の雇用保険法では、雇用保険法第14条第3項第2号や同第22条第4項により、被保険者期間の遡及は2年までしか認められない事になっています。
この遡及につき、雇用保険料を納めていなかった場合には、当然、その2年分を追加して納めなければなりません。
但し、会社側に非がある訳ですから、社員は、雇用保険料の本人負担分を遡って支払う義務は必ずしも無く会社側に負担させるべきである、と判例等で言われています。

ここで、2年よりも前に遡る分については、労働保険料等徴収法第41条により、時効になります。
すると、本来の被保険者期間が2年を超える場合ですと、失業給付の所定給付日数に不利益が生じる場合があります。本来の被保険者期間が多ければ多いほど、本来の所定給付日数との間に開きが生じる可能性が大きくなる訳です。
そうなりますと、社員にとって不利益であり、明らかな不法行為である以上、会社は賠償を行う責任も生じ、本来の失業給付との差額を補填しなければならない事態も生じます。
この為、そのような事態に備えて、文面で賠償責任の所在を必ず明確にした上で、公共職業安定所にて遡及適用を受ける事となりますので、安定所に御相談の上、指示を仰いで戴きたいと思います。

引用元-OKWave

●会社が雇用保険に加入してなかったら遡って加入してもらおう

雇用保険は退職後でも入社時にさか のぼって加入することもできます。

雇用保険は、アルバイトでも週20時間以上でなおか つ6ヵ月以上続けて勤務していたら、自動的に加入義務が生じます。にもかかわらず、会社が加入手続きを怠っていたときは、労働者が不利益を被ることを防ぐため、過去にさかのぼって保険料を納めることができ るようになっています。

具体的な対処法としては、会社の住所を管轄するハロワへ出かけて「会社が加入してくれないんです」と相談してみてください。すると、ハロワから会社に対して「加入するように」と指導してくれるはずです。

ただし、このときに会社と労働条件について取り決めた雇入通知書(または雇用契約書)などの文書が必要になってきますので、それを持参しましょう。

もし、その文書さえも出してくれなかったら、退職する前に、これまたハロワに相談するのが先決です。 そうすれば、何の問題もなく加入できるでしょう。

なお、過去にさかのぼって加入する場合は、当然その期間中の保険料の半額を自己負担しなければなりませんが、それはたいした額ではない(給料の0.4%) ので心配はいりません。

引用元-公共職業訓練校就職面接ナビ

●雇用保険加入日のさかのぼりは得か損か?(Q&A)

他の方も言っておられますが、失業給付金は6ヶ月以上雇用保険をかけないといけません。ということで今のあなたは失業給付金をもらえないということです。当然職安にて失業給付金の手続きはできません。
しかし、職安にいって仕事を探したりすることは可能です。

雇用保険をさかのぼって払った場合、特か損かですが、あなたの給料明細の雇用保険料を確認してみてください。1ヶ月1万円もないと思います・・・仮に1万円だったとしても×2ヶ月=2万の支出です。
それに対し、90日の支給日数と過程します。
あなたの直近の6か月分の給料の支給額÷30日か31日で一日辺りの単価が出ます。それの約ですが、50~60%ぐらいが一日辺りの支給額となり、その金額×90日分が給付金額となるのです。
例)月給20万円として×6ヶ月=120万円
120万円÷180日(30日で一応計算)=6666円
6666円×50~60%ぐらい(これは職安が決めるのでわかりませんがここでは55%として計算)=3666円
3666円×90日=329940円が給付金となります。

これはあくまでも目安ですので詳しくは職安で聞いてもらえばよいと思いますが、雇用保険をさかのぼって支払わなければ、この給付金額がもらえないので支払ったほうが得といえば得ですね。

引用元-教えて!goo

まとめ
加入しているかどうかを確認して、もししていない場合などは、インターネットなどで対策を調べてみてください。

twitterの反応

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ