日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

LEDのルーメンって何?車のヘッドライトを変更する場合

      2018/04/05

LEDのルーメンって何?車のヘッドライトを変更する場合

車のヘッドライトにはHIDやLEDなどの種類があります。LEDのライトにはルーメンという表記がありますがこれはどういった意味なのでしょう?また車のヘッドライトをLEDに変更するときに気を付けることはあるのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

カブトムシの幼虫が土から出てくる…そのワケとは

本来カブトムシの幼虫は土(=飼育マット)の中で暮らしています...

大学生のカップルで旅行に行きたい!人へ

旅行に出かけると、大学生らしきカップルをよく見かけます。大手...

オリコで車のローンが組める!?審査は厳しいか

クレジット会社であるオリコで自動車のローンを組むことができる...

バカがひくわけじゃない!夏風邪のウイルスと感染する理由

昔から「夏風邪はバカがひく」なんて言われていますが、風邪の大...

憧れのティファニー☆結婚指輪1カラットの値段って?

女性にとってティファニーと聞けば婚約・結婚指輪を連想するため...

一度は考えた…「高校の先生、春休みは暇なの?」の真相

高校の先生って、春休みや夏休みなどの長期休暇は学校にあまり来...

あなたはLINEの既読無視を許せる!?友達や恋人は違うかも?

コミニュケーションツールとして、ここ数年で当たり前の存在とな...

銀行に就職するのは勝ち組!?銀行の実態とは

銀行は就活する学生にとって人気の職業です。銀行に就職すると安...

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

家の内装はどのようなものがお好みでしょうか?モダンな色合いの...

コンビニの商品はどうなる?地震の場合

記憶に新しい熊本地震では生活物資の不足が問題となりました。い...

みりんと砂糖の違いって?代用はできる?意外なカロリー

みりんは砂糖と同じ甘味調味料ですが、何で出来ていて、カロリー...

中小企業診断士の試験は難しい?試験の感想

中小企業診断士という職業を知っていますか?近年注目が集まって...

ブルーレイレコーダーでDVDディスクは見れるのか?

ブルーレイレコーダーが普及した現在、DVDレコーダーの家庭で...

会社を円満に退職するには?どんな理由がいい?

会社を何らかの事情で退職したいと思ったとき、その理由を正直に...

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

水のトラブルは、起こった時に素早く対処しなければ。回りが水浸...

申込まないと損してるかも?NHK受信料の家族割引に注目!

NHKの受信料、ただNHKから言われるがままに契約して支払っ...

病院に入院するには保証人が必要!代行業者も登場

部屋を借りる時、入学時、就職時、お金を借りる時etc、様々な...

Windows10へのアップデートが進まない問題

Windows7やVistaからWindows10への無償ア...

地球の磁場が減少しているって本当?

地球には磁場があります。方位磁石を使うと磁石が北を向くのはそ...

単位が千円、百万円の場合の読み方

会社の書類などで千円、百万円などの単位が書いてあることがあり...

スポンサーリンク

車のヘッドライトの種類は3種類

ヘッドライトの形状の変化と歩調を合わせるかのように、ヘッドライトに用いられる光源も、より明るく、電力消費の少ないものへと進化してきています。現在、ヘッドライトは使用される光源によって「ハロゲン」「HID(キセノン、ディスチャージとも呼ばれる)」「LED」の3種類に大きく分けられます。

下にそれぞれの特徴をまとめました。一口にヘッドライトと言っても、それぞれにメリット・デメリットがあることがわかるでしょう。

ハロゲン

ハロゲンヘッドライトは、電球の中にハロゲンガス(ヨウ素、フッ素、塩素、臭素など)を封入し、フィラメントを用いて発光させる仕組みです。価格が安いことから広く普及し、現在、世界的にはヘッドライトの約90%、国内でも約60%がハロゲンです。

HID

HIDライトは、フィラメントを使わず、狭い電極間のアーク放電を利用して発光します。ハロゲンと比べてみると、「光束(こうそく)」と呼ぶ光の総量が3倍以上にもなり、平均寿命も3倍近く伸びています。

LED

LEDは小さなチップが発光する仕組みです。複数のチップを並べて発光させるので、ヘッドライトを設計する際のデザインに自由度があること、また、消費電力が低いことが特長です。

引用元-ズバット

LEDのメリット・デメリット

LEDのメリット

・寿命が長く(蛍光灯の4倍の4万時間)取り替えの手間がかからない。
・消費電力が白熱電球の10分の1で電気代が安く省エネ(低コスト) かつ低発熱である。
・LED単体で様々な色の光が出せる。
・CO2(二酸化炭素)排出量が少なく、水銀も未使用なため環境に優しい。
・低温でも発光効率が変わらず、室温・気温に左右されずに安定して明るさが保たれる。
・トイレや洗面所などON/OFF切り替えの激しい用途でも寿命が縮まない。
・電圧に対する反応が速く、点灯した直後に最大の明るさが得られる。
・フィラメントやガラスが使用されていないので、振動や衝撃に強く壊れにくい。
・紫外線や赤外線の放射がほとんど無いため、美術品の損傷が心配ない。
・紫外線を出さないので虫を寄せ付けず街灯に向いてる。

LEDのデメリット

・蛍光灯に比べて値段(コスト)が高い。
・電球と本体が一体構造となっており、電球だけの交換ができない。
・光に指向性があるため均一に光を放射できない。
・白熱電球や蛍光灯に比べ、最大輝度は暗い部類に入る。
・LED電球には電源回路が入っているため、蛍光ランプなどと比較して重量が重い。
・熱に弱く、大電流を流すことによってLED素子が損傷を受ける可能性がある。

引用元-とはサーチ

LEDのルーメンとは

これまで照明器具を選ぶ時に目安にしていたのは、Wで表記されている「ワット」ではなかったでしょうか。例えば「40Wより60Wのほうが明るい」というように、ワット数が大きいほど明るいとして、白熱灯や蛍光灯を選んでいたと思います。

もちろんこれは間違いではないのですが、実はこのワット(W)は「消費電力」のこと。LEDはもともと消費電力が少ないので、ワット数でLED照明器具を選ぼうとすると、数ワットから十数ワットという小さな数字で表記されているため、どれを選べばいいのか迷うかもしれません。そこで、ルーメン(lm)で選ぶことになります。これまと同等の明るさをLED照明器具で得るには、以前の照明器具のワット数が何ルーメン(lm)になるかを確認する必要があるのです。

例えば、リビングの照明をLEDランプに交換しようとする場合、既存のランプのワット数を調べて、それに相当するルーメンの値をもつLEDランプを選ばなければ、交換前と同等の明るさは得られません。ちなみに、一般電球の60W形は810ルーメン(lm)といわれています。

引用元-AllAbout

車のヘッドライトはルーメンの値だけでは選べない

車検では、「実際にしっかりした明るさで路面を照らせているか」を調べる。ヘッドライトとテスターの位置関係なども決まりがあるし、測定されるポイントも決まっている。

LEDヘッドライトの製品のスペックは「あくまでもバルブが発する光の量」なので、当然だが、路面の明るさは分からない。

「LEDヘッドライトバルブのルーメンが大きくても、車検測定部分の明るさでは純正を下回るということもあり得ます」。(IPF・市川研究員)

そして車検は測光ポイントに実際に届いている明るさを測る。これはカンデラで示されるものであって、ルーメンではない。

ただし、「それならLEDヘッドライトバルブのパッケージには、カンデラ表記してくれればいいのに!」というのは難しい話だ。

カンデラは測定距離などによっても数値が変わってしまうので、メーカーが自主的に表記したものでは比較検討の役には立ちにくい。 (車検では「測定距離」も「測定位置」も明確に定めてあるので問題ない)

理由はもうひとつある。 バルブメーカーは、バルブ単体を作っているのであって、「ヘッドライトに収めた状態の性能」を明確にするのは不可能。車種・灯具の違いによってもカンデラは変化するので、「このバルブを付けたヘッドライトの明るさ」は言うことができないのだ。 だからメーカーはバルブ自体の明るさを示すルーメン表記をするしかない。

というわけで、べつにルーメン表記自体が悪いわけではない。 たとえば「同等レベルの配光性能を持つバルブ同士の比較」というのであれば、ルーメンによる比較も有効と言える。

ただ今回〈問題提起〉したいのは、 ヘッドライトはルーメンだけでは選べない、ということだ。

引用元-DIY Labo

3000ルーメンはどのくらいの明るさか

3000lmの目安としては、35WのHIDライトより少し暗い程度だと思ってもらえればいいでしょう。ただ、最近のLED製品の傾向として、ワット表記と同じく、ルーメン表記も誇大したものが多く、信憑性はないと感じています。「信頼のCREE製チップ」ももはや陳腐な宣伝文句に成り下がっているのが現状です。

本当にLEDで3000lmの明るさを出力し、長時間使うのであれば、大きな放熱フィンと、それを冷やすファンが必須になるはずです。でないと自己の発熱によりチップが焼けてしまうからです。それほどにLEDはデリケートなのです。

よって、市販されているLEDヘッドライトは、技術力のある大手メーカーの物でもない限り、表記スペックは真っ赤な嘘でしょう。信頼できるメーカー製で、3000lmの物があるかは分かりませんが、熱に強いHIDには敵いません。

そもそも、指向性が売りのLEDの光を、わざわざリフレクターで反射させるメリットが分かりません。専用設計の純正LEDならまだしも、後付けの社外品は無意味と思います。

引用元-YAHOO!知恵袋

LEDに変更するならライトユニット全体の変更を

愛車のヘッドライトで気になるのは、なんといっても明るさでしょう。特に夜の運転では、疲れはもちろん安全面でも明るさが大きく影響します。LEDとHIDを比較すると、現在のところ明るさではHIDに軍配が上がります。LEDの進歩も目を見張るものがありますが、まだまだHIDにはかないません。

ただメーカー純正のLEDについては、かなり良い物が出てきてますね。明るくて優秀なLEDヘッドライトのほとんどが、自動車メーカー純正です(初めからLED搭載のもの)。なぜ、メーカー純正だったらいいのか?それは、ライトユニット全部がLED専用設計だからです。

自動車メーカーは、LED光源のクセを研究し尽くして、レンズ・反射板を含めたヘッドライト全体を独自に作りあげています。それに対して、バルブだけを交換する社外品LEDでは、純正品と同じ性能を出すのはかなり難しいでしょう。

だって、元々LEDではないヘッドライト全体の設計は、ハロゲンに合わせて作られていますからね。その点HIDは技術も蓄積されていますから、ハロゲンに近い特製の製品が(今のところ)多くなっている様に思えます。

もしLEDで「純正と同等の性能」を求める場合は、ヘッドライト全体をメーカー純正のものに、まるごと交換することをおすすめします(合うものがあればですが)。それでもLEDバルブだけを交換するとしたら、自分の愛車に適合している製品を選ぶと「車検に通らない!」なんて事が避けられます。

引用元-HmmmLog

まとめ
いかがでしたか?LEDに変更するにはヘッドライト全体を変たほうがいいようですね。

twitterの反応


https://twitter.com/inazuma006/status/644844891873243136
https://twitter.com/CONTAX_N/status/633965287767830529


https://twitter.com/haselemon/status/561480523348848640

 - 雑学

ページ
上部へ