日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

株の初心者でも大丈夫!?ネット取引のやり方

      2018/04/09

株の初心者でも大丈夫!?ネット取引のやり方

株というと初心者には難しいというイメージですね。しかし今はネット取引きで情報などを手軽に得ることができるので以前よりはやりやすくなっているようです。今回は株のネット取引について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

スポンサーリンク

株をネット取引するメリット

 窓口に足を運ぶ必要がなく、オンラインで完結するネット証券の最大のメリットは、取引を行う上で「移動」という物理的な制約も、また時間的な制約も受けず、時間や場所を問わずに取引できることです。

 お近くに証券会社の窓口がない方も、お仕事が忙しくて、ちょっとしたスキマ時間や夜中しか取引ができないという方も安心ですし、スマートフォンやモバイルPCを使えば、外出先でも簡単に取引ができます。自分の都合に合わせて、ストレスなく取引できるのが大きいですね。

 また、店舗の窓口での取引と比較して、証券会社からしてもコストがかからないため、一般的に取引手数料が格安であることも、ネット証券を利用する大きなメリットです。小額の取引で手数料も安ければ初心者の方も安心ですし、一日に何度もトレードしたい方もコストを抑えることができる。一度の取引手数料の違いが、長い目で見ると大きな差になるものです。

証券会社が提供している情報ツールやトレードツールによって、リアルタイムで多くの情報が確認できるのも、ネット証券の強み。最新のニュース配信が受けてマーケットに対する知識を深め、株価の動きを示す複数のチャートを閲覧しながら取引の内容を考えることは、取引の成功率を高めることに役立ちます。

 また、株式に限らず、投資において大切なのは「長く続けること」です。一度に大きく儲からなくても、最終的にはコツコツ続けた人が、資産を増やすことができる。面倒になってしまったり、一度に大きく儲けようとして資金を失ったりすることで、マーケットから退出しなければならなくなってしまうのが、一番もったいないのです。そのため、時間や場所という制約についても、またコストの面でも、投資家にとってストレスや負担が少なく、長く続けやすいことも、ネット証券のメリットと言えるでしょう。

引用元-オリコンのネット証券オリコン日本顧客満足度ランキング

株のネット取引きをする前に

ネット株とは、ネット上で株券の売り買いを行い、その差益による利益を狙った投資の方法で、株式投資のメジャーな手段になっています。

ネット株の最大の特徴は、誰でも気軽に株式投資ができる点です。株価変動のチャートを見ながら、一日に何回でも、または長期保有でも、株の売買をすることができます。

以前は証券会社の窓口でしか売買できませんでしたが、その場合には手数料が高くなるので、今のネット株のように頻繁に売り買いするという風潮ではありませんでした。

ネット株には、株式売買は現金取引、現金を担保にし3倍程度の額で行う信用取引、ミニ株と呼ばれる少額の株数を売買する取引、外国為替、外国株式、先物取引など、多くの投資法が利用できます。その中から自分のスタイルにあった投資法を見つけましょう。

株の取引では、自分で相場変動をチェックし、タイミングを見極めて売買する必要があります。よく分からない、自信がないなどと言って専門家のアドバイスを受けると、一回で数万円という手数料がかかってしまうこともあります。

引用元-株初心者がネット株を始める前に知っておきたい入門情報・基礎知識

初心者にお勧めのネット証券口座

目的別初心者におすすめの証券口座

株式投資を始めて1年が経ちますが、やはり実際にトレードをしてみないとそれぞれのメリット・デメリットが分かりにくいですね。

トレードにも自分の性格やクセなどもあるし、また取り扱う金額も人それぞれ。証券口座は開設するだけだと費用もかからないのでメインの証券口座を決めてもサブ口座をもっておくのもおすすめです。

複数の証券口座を目的別に使い分けすることもできます。ここでは実際に私が使っている証券口座をご紹介したいと思います。証券会社ごとにツールやサービスも違うので色々もっててもいいと思います。

SBI証券

証券口座開設数No.1の人気のネット証券会社。私の日本株メインの証券口座でもあり決め手はやはり口座開設数の多さですね。私が主にトレードする金額は20万~100万以下の銘柄ばかり。

まだ初心者なので一階のトレードで100万を越えたことはありません。でも流石に10万以下の取引だと値動きの幅も少なくあまりプラスになりにくいので50万以下、100万以下の手数料の安さと口座開設数の多さで一番最初に開設しました。

マネックス証券

この証券会社は米国株の取引をするためだけに開設しました。アメリカ株を取り扱っているのはSBI証券、楽天証券、マネックス証券の3つなのですがこの中でもマネックスが取り扱い銘柄が2800銘柄と業界最多。しかも手数料が前者2社は25ドルなのに対し、マネックスは最低手数料5ドルから、上限でも20ドルと少しずつ買い増ししていくなら1/5の手数料なので断然オトク。

またマネックス証券口座をもってると株初心者向けのオンラインセミナーなども行われているので情報収集の為に口座をもっておくのもいいかもです。 

楽天証券

3つある証券口座の中で一番最後に開いたのが楽天証券。ここは取引ツールのマーケットスピードが使いやすいと個人投資家さんから色々いい評価があったので開設してみました。
また平均足が見れたのもこのマーケットスピード。

さらに情報収集としてものすごいのが日経テレコン21!日本経済新聞や日経MJなどの閲覧が出来るので持ってて損はないですね。マーケットスピードは最初の3ヶ月は無料ですそれ以降は条件が揃えば無料でも使えるのでおすすめです。

引用元-SONETHING PLUS

株を買う流れ

ここでは、やさしい株のはじめ方の1つとして、「株を買うまでの流れ(購入方法)」をざっと紹介します。このあとを見ていただければわかりますが、株を買うことは決してむずかしいことではありません。それでは順を追ってみていきますね。

【1】 証券会社に口座を開く

株を買うには、まず証券会社に自分の証券口座が必要です。この口座は、銀行口座のようなもので、証券口座がないと株取引ができません(お金がなくても口座を開くことができます)。
最近は「ネット証券」が主流なので、株の売買手数料も大きく下がり、口座管理料も無料の証券会社が増えています。

【2】 自分の口座にお金を振り込む

これは、銀行間の一般的な振込みと全く同じです。銀行や郵便局から証券会社で開設したご自分の口座にお金を振り込んでください。証券会社や振り込む銀行によっては、手数料無料のところもあります。

【3】 買う株を選ぶ

自分が買いたい株を選びます。株を選ぶときは、今後値上がりする株を選ばなければなりません。株取引に慣れるまでは、よく知っているような身近な株がいいかもしれません

【4】 注文を出す(株の購入方法)

買う株が決まったら、証券会社に注文を出します。これは、レストランなどの注文と同じです。どの株(銘柄)を何株(株数)買うのかの注文を出します。注文方法は2種類あり、株価がいくらでもいいから買う(成り行き注文)と自分で買う価格を決める(指値注文)があります。

【5】 取引成立する(約定)

出した注文が取引成立することを約定(やくじょう)といいます。約定した場合、その株は晴れてあなたのものになります。ネット証券では株券は発行されませんが、パソコン上で確認することができます。もし取引が成立しなかった場合は、もちろんお金は戻ってきます。どうしても欲しい株の場合には、買い値を上げるか改めて成り行き注文を出してください。

引用元-やさしい株のはじめ方

初心者が株を始めるときの心得

いざ実践!

◆ルール1:少額投資で運用に少しずつ慣れる

ところで超初心者投資家の少額というのはどのくらいをいうのでしょうか。株式投資は単位株であっても数万円から可能で、初心者はその数万-30万円程度がよいでしょう。数万円で株って買えるの?と思うかもしれませんが、実際に買えるんです。30万円前後で買える株となると、選択幅が広がります。

◆ルール2:株式投資というものを理解する

今までの記事でも知らないものに投資をしてはダメ!と書いてきましたが、大切なことはまず投資したい企業について自分で調べること。難しいことは全くありません。投資をしたい会社のHP(ホームページ)をよく見て、企業情報やIR情報を確認すればよいのです。HPを見たとき、その会社を応援してもいいかなぁと思える企業を選んでください。IR情報では決算書を見ることができますが、超初心者には難しいと思います。そこでお勧めしたいサイトがユーレットです。初心者でもわかりやすいので、会社の健全性などをこのサイトで活用してみてください。

企業価値検索サービスUllet(ユーレット)

◆ルール3:少額投資向けの証券会社を選ぶ

超初心者の方は、まだ株式投資に慣れていませんし、頻繁にトレードもしないことでしょう。よってきるだけ費用負担を減らしたいものです。株式投資の費用負担とは、つまり手数料です。超初心者にとって手数料はばかになりません。取引に慣れるまでの当面の愛大は、毎日何度もトレード(取引)することは少ないと思います。であれば、1回の取引手数料が少額であることにこしたことはありません。証券会社によって手数料はだいぶ違います。

引用元-AllAbout

まとめ
いかがでしたか?ネット取引は割と手軽にできそうですが、慣れるまでは少額からはじめましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/zatugakuohde/status/733754174966398976

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ