日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

受験生のストレスとは!?その症状と対処法

      2018/04/10

受験生のストレスとは!?その症状と対処法

中学、高校、大学と受験をした人の中にはストレスを感じた人もいたのではないでしょうか。受験生のストレスの症状はどのようなものなのでしょうか。今回は受験生のストレスの症状とその対処法について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

犬のリードが伸縮するタイプのメリットとデメリット

ペット大国日本では、今や犬は家族の一員として暮らしています。...

『縮んだセーターの解決法』と『洗濯して縮ませる方法』まとめ

分かってはいるんです!セーターは優しく洗濯をしてあげないと縮...

子犬が吠える原因としつけの仕方

空前のペットブームで、動物を飼う人が増えています。ペットショ...

過呼吸になる原因は?子供に多いって知ってた?

子供の過呼吸が急増していることをご存じでしょうか?大人や友達...

スマホのタッチパネル操作の仕組み/指以外でもできるのか?

スマホの世帯普及率は、今や6割を超えるらしい。電車の中でもス...

中国への輸出は個人でもできます

中国では一部の富裕層は中国国内の粗悪品を買わないようです。日...

携帯スマホの本体のみを購入!白ロムのメリットとは

携帯電話の通話料を安くするための格安スマホが今は人気が出てい...

ポケモンの キャラの年齢が気になります

幼児から小学生まで人気のポケモン。原作者によると年齢を設定し...

車のブレーキの踏み方は何が正しい?

車のアクセルとブレーキの踏み方はすべて統一ではないのです。両...

火の色は温度によってどう違う?

火の色は身の回りで利用しているものを見てもいろいろと違います...

Wordで挿入した図形の微調整を行う方法

Microsoftのソフトウェアの中にはWordという文書な...

シャンプーはいつから?縮毛矯正後の注意点

くせ毛の人にとって、綺麗なストレートヘアは憧れの的。やっとの...

『長い。。』更新プログラムのインストールが終わらない!

『さて、大学の宿題でもしようかな』とPCを立ち上げると「更新...

デスクトップのアイコンの画像を変更する方法

デスクトップにはショートカットアイコンが並んでいますね。この...

車の故障!?ブレーキでハンドルがガクガクする原因は?

車に乗っていてブレーキをかけるとハンドルなどがガクガクと揺れ...

テレビが映らない!?新築一戸建てを購入した場合のアンテナ設置

新築の一戸建てを購入した場合はテレビはそのままでは見ることは...

うつは仕事が怖い病気?

うつは仕事が怖いとよく聞きます。でもそれ以前に何かサインがあ...

地球の内部は未知。中心には何があるのか

科学が進歩した今、様々な情報を知る事が出来ますが、実は地球の...

病院にお見舞いに行くマナーは?夜の場合

病院にお見舞いに行くときは病院で定められている面会時間内でい...

バスケットのルールのタイムアウトをもっと知ろう

バスケットをプレーする人はどのくらいいるのでしょう?自分でプ...

スポンサーリンク

受験生のストレスの症状とは

受験病を甘くみてはいけません!!

受験生の親も教師も塾講師も学力ばかりに着目しがちで受験病対策を軽くみているのが現状ですね、この受験病が合否に影響しないとも限りませんよ。よって、早め早めの対策を心掛けたいものです。

【受験病の一般的な症状】

頭痛、腹痛、不眠症、疲労感、集中力低下、食欲減退、肩痛、腰痛、うつ病、生理痛、下痢、物忘れ、微熱などがあります。

【受験病の一般的な原因】

受験生特有の病気、誰でも一度は経験する受験病は、秋口から受験当日まで発生します。一般的な病気のことではなく不安や焦り、ストレスなどからくる症状のことです。ストレスと不安感からくる受験病というのは、心のバランスが崩れていることが主な原因のようです。また、受験病がきっかけで体の免疫力が低下して流行性感冒等にかかりやくすなる場合もあります。

引用元-しあわせ教育 受験・資格試験・子育て

なぜ受験生はストレスがたまるのか

勉強でストレスがたまるのはなぜ?

勉強は、どうしてもストレスがたまりがちです。それは、ある意味、仕方のないことと言えます。ダイエットが楽に達成できないことと同じですね。何事でも目標を完遂しようと思えば、大なり小なりストレスを受けたり、思ったように進まないものです。

資格試験や受験勉強でストレスがかかるという場合、どのような原因が考えられるでしょうか?完全にストレスをなくすことはできないにしても、「過度な」ストレスを、「適度な」ストレスにする方法はあるはずです。そこで、なぜ「過度に」感じてしまうのか?を考えてみたいと思います。

・目的が明確になっていない
・勉強自体に面白みを感じていない
・得意科目が一つもない
・1回の勉強時間が長すぎる
・効果的に休憩をとっていない
・運動不足、睡眠不足になっている

探せばもっとあるかもしれません。しかし勉強にストレスを感じるという場合、だいだい上記のような理由によるのではないでしょうか?そのほか、何か気になることがあり、それが原因で、どうしても受験勉強が手につかないというケースもあります。その場合は、その悩みの解決に努力するのは当然ですが、どうしてもすぐには打開できないことがあります。

そういったときは、たとえば10分間だけ、その悩みのことを考え抜くと決めます。そして10分が経過したら、スパっとそのことを頭から追い出して、勉強の方に集中すればよいのです。そして、また頭をよぎってきたら、10分だけ考え抜き・・・というように時間を決めて考えてみてはいかがでしょうか?

引用元-勉強のストレスを解消・発散するには、どうしたらいいの?

勉強でストレスを感じたら

・得意教科を伸ばす

勉強を頑張れる子は「自分がこうあるべき」という理想が高いことが多くあります。しかしその中でストレスから勉強がうまくいかないと、その自尊心が深く傷つけられ悪循環になってしまいます。

その場合には自分の得意教科をとことん伸ばしてあげて、苦手強化がかすむくらい強化してあげましょう。それによって自尊心が保たれ、気持ちを上に向けることができます。

・勉強をしたくても休養させる

上記のような症状が急性的に見られた場合には、急性のうつ病の可能性があります。
その他にも症状が重いと感じる場合には、勉強を全てやめ、休養をとることが必要です。

受験期に勉強をしないということは、本人も親御さんも不安でいっぱいになると思います。ですが、こうした場合にはこの方法が合格するための一番の近道であると理解しましょう。

・単純勉強から、創造性を必要とする勉強へ

脳をどれくらい休めたら勉強をしてよいかは症状の程度によります。また脳の機能が回復してきたときに、最初に始める勉強は英単語などの単純な勉強に留めましょう。というのも脳機能の回復は、全ての分野が一様に回復してくるわけではなく、順々に各部分が回復してきます。

その中で記憶などの分野が先行して回復するケースが多く、次いで創造性を必要とする脳の機能が回復してきます。

そのため、脳の休養から回復する時期には、記憶系の勉強から始め、次第により高度な勉強に進んでいくのが効率的です。

“急がば回れ”!効率を大事にしよう

タイムリミットのある受験勉強と、受験ストレスからくるうつ状態からの回復は、子どもさんや親御さんの気持ちの面で相性が悪いとも言えます。

ですが普通に勉強をしていても、「効率」は非常に大切です。3時間勉強しても、集中していれば30分で終わる内容だったりしますし、逆に30分の勉強の中身が濃ければ3時間の勉強の意味を持つこともあります。

こうした経験は親御さん自身にもあるのではないでしょうか?そうするとうつ状態のまま、いくらたくさんの時間勉強しても中身がないのは、納得できると思います。

勉強は「時間」ではなく「中身」です。それを踏まえて受験ストレスに対処していきましょう。

引用元-カラダノート

注意!受験うつの症状

初めて人生の岐路を経験する「受験」というイベント

●原因

中高生にとって、受験や進学はうつ病の原因となりやすい要素の一つです。心身ともに成長過程にあるため、ほんの些細なことでも本人にとっては大きなショックになり得ます。特に、受験を控えている場合は「落ちたら、人生が大きく変わってしまうかもしれない」という不安を感じながら毎日勉強しなければなりません。そのため、親や教師からの過度な期待や劣等感、受験期間に起こるさまざまなストレスが原因となり、うつ病を発症すると考えられています。

●症状

受験生活のストレスから、さまざまな心身症状が現れます。次のような症状に心当たりがあれば注意が必要です。
・睡眠不足になる
・食欲不振または過食になる
・虚脱感がある
・記憶力や集中力が低下する
・死にたいと思う
・絶望感が強くなる
・イライラする
・すぐに怒りを爆発させる
・自分には価値がないと思う
・自分が生きていることに罪悪感を覚える
・勉強しているのに成績が落ちる
・家族や友人と距離を置くようになる

引用元-うつ病サプリ

受験うつを回避するには

受験生に「睡眠」はとても大切!

1. 睡眠時間を確保し、早寝早起きを守る
受験うつを回避するには、十分な睡眠時間の確保、早寝早起き、太陽を浴びる生活が欠かせません。必要な睡眠時間は、個人、年齢によって異なりますが、小学校高学年なら9時間、中学生なら8時間、高校生では7時間くらいは必要だと言われます。

ただし、その睡眠を「早寝早起き」によってとることが肝心。小学生・中学生なら夜10時まで、高校生でも11時までには就寝したいものです。人間の脳内では、夜10時頃から2時頃の睡眠中に、成長ホルモンが盛んに分泌されます。これは、身体の成長を促す大切なホルモンであり、疲労回復や意欲の向上、心の安定のためにも欠かせないものです。10時、11時といった早い時間に就寝すれば、成長ホルモンの恩恵を受けられつつ、朝は夜明けとともに自然に目が覚め、朝から積極的に勉強に取り組む態勢が整います。

外に出て日の光を浴びよう!

2. 太陽をしっかり浴びる生活習慣を
3. 気分転換には歩く、自転車をこぐなどのリズム運動を
精神の安定をもたらすセロトニンの分泌は、太陽光を浴びることで高まります。短時間でも外に出て、太陽光の刺激を受けることが大切です。

セロトニンの活性に必要な照度は2,500ルクス以上とされていますが、室内の蛍光灯程度の照度では、明るい部屋でもせいぜい500ルクス程度です。曇りでも日陰でも2,500ルクス以上は十分にあるので、外に出て太陽光をしっかり浴びることが効果的。屋外で太陽光を浴びる時間は、30分程度で十分。外出をしない日でも、カーテンをしっかり開けて、部屋の中に太陽の光を取り込むようにしましょう。

気分転換に「ゲーム」や「パソコン」を挙げる人は多いですが、薄暗い部屋で同じ姿勢で画面を見続けるだけでは、気分はなかなか変わりません。セロトニン分泌には、歩いたり自転車をこいだり、といったリズム運動が効果的だとされています。気分転換も兼ねて1日に一度は屋外に出て、散歩をしたり自転車で図書館に出かけるなどして、体を動かすことが大切です。自宅浪人の学生は、図書館に「通学」して勉強しましょう。

ファーストフード、麺類だけで済ませない!

4. 1日3食、バランスのよい食生活を送る
忙しくて食欲旺盛な受験生は、手軽なおにぎりやファーストフード、麺類などで済ませがちですが、こうした簡単に済ませられる食生活では、どうしても栄養バランスが炭水化物の摂取に偏りがちです。炭水化物をたくさんとると「満腹感」が得られるのですが、1回の食事の中でたくさんの栄養素をバランスよく取り込まないと、「栄養不良」になってしまいます。

特に、セロトニンのもととなる必須アミノ酸「トリプトファン」の摂取は非常に大切。トリプトファンは、牛乳、卵、肉、バナナなどのたんぱく質の多い食材に豊富に含まれます。こうした食材を食事の中でしっかりとり、セロトニンの合成に必要になるビタミンB群、ミネラルなども、バランスよく食べること。つまり、1日3食、バランスのよい食生活をコツコツ続けることが、安定した精神状態を保つために必要なのです。

「おしゃべり」は最高の気分転換法!

5. ときには勉強を忘れて、無駄話をする
受験勉強に挑んでいると、無駄なおしゃべりで時間を潰すのがもったいなく思えてしまうことも。しかし、何気ない雑談をきっかけにして思いを語っていくと、自分でも気付かなかった苦しさなど表出して解放され、ふっと気持ちが浄化されることがあるものです。

身近にいる人と、どんなことでもいいのでおしゃべりをしてみましょう。無駄に思える時間が、気持ちを落ち着かせるための大切な作用をもたらすことがあります。「親が分かってくれなくて」「テストの結果に、自信なくしちゃってさぁ」――こうした愚痴や弱音と思えるようなことでも、誰かに受け止めてもらえるだけで、気持ちが楽になり、「やっぱり頑張ろう」という勇気が湧いてくることも多いものです。

引用元-AllAbout

まとめ
受験のストレスはうまく発散しないと受験うつになってしまうかもしれません。気分転換を上手にしましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/Metronome_24_7/status/691824877251248129
https://twitter.com/dotachin_riko/status/684653127602053122


https://twitter.com/zuuumin8823/status/392962765729435648

 - 美容・健康, 進学・就職

ページ
上部へ