日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

      2018/04/13

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

水のトラブルは、起こった時に素早く対処しなければ。回りが水浸しになったり、水道代がかかってしまうので困りますよね。トイレのウォシュレットは家電製品なので、操作にも注意が必要です。水漏れが起こったらどうすればいいのかまとめました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

部屋の片づけ、模様替えのコツ!

部屋のレイアウトも飽きてきたし、そろそろ模様替えをしようかな...

地震でマンションが倒壊!?日本は大丈夫?

大きな地震が起きたときにマンションは倒壊の危険はないのでしょ...

運動の効果はいつ実感できる?

ダイエットを始めても、体重は殆ど減りません。いつ効果が表れる...

CDの音質を向上させる方法

安価なCD。安価なCDプレーヤー。パソコンで。CDを聴く方法...

年末年始はお得?テレビの購入時期について

テレビの購入を考えている場合、どの時期に買えばいいか悩みます...

既婚者の男女の友情は有り得るのか?

既婚者の男女の友情は有り得るのでしょうか?これは永遠の課題で...

コンビニひきたてコーヒーの頼み方を教えてください

今や人気沸騰のコンビニコーヒー。ひき立ての香りとお値段の安さ...

前立線の肥大する病気の症状は?

男性の特有の病気に前立腺の肥大があります。よく話題になると思...

家の掃除はどうやっている?効率的な手順とは

家の掃除を毎日するのは大変ですね。しかし掃除をしないと汚れは...

新入社員の厳しい現実!証券会社の営業とは

証券会社の仕事は厳しく離職率は7割といわれています。そんな証...

全商の検定とは?正式名称はどう書く?

全商検定を知っていますか?全国商業高等学校主催の検定で現在は...

事務の仕事を効率化したい!そのポイントは?

事務の仕事は企業によってその内容は異なるようですが、単調な作...

LINEのタイムラインは公開する人を限定できる!?マークの意味とは

LINEとはトークや通話などができる無料のアプリですがタイム...

玄関の鍵を交換したい!おすすめの鍵は?

現在玄関の鍵には様々な種類があります。古い鍵は鍵をかけていて...

社会保険と雇用保険って何?二つの保険の違いとは

求人表などに書いてある社会保険完備とはどういった意味なのでし...

家のローンに後悔!?返済に苦労しないために

家を購入した場合は住宅ローンを組む必要があります。長い年月ロ...

英語の家庭教師をしたい!教え方のコツとは

家庭教師で英語を教える場合の教え方のコツはあるのでしょうか?...

イギリスの通貨はポンド!なぜユーロでないのか

イギリスはEU加盟時も通貨はユーロではなくポンドでした。なぜ...

小学校の担任はどう決まる?担任の決め方

子供が小学校に行っている場合、担任がどの先生になるかは親にと...

ヤクルトスワローズで人気の選手は?チームの人気の秘密

ヤクルトスワローズは2015年のプロ野球セリーグの優勝チーム...

スポンサーリンク

トイレの水漏れの原因

いまや、日本における普及率は、なんと7割を超える温水洗浄便座。
多くの家庭で使われているだけでなく、オフィスやショッピングセンター、ホテルなどでも利用されています。
その人気は日本だけにとどまらず、海外セレブもお気に入り!なんて話題もありました。
賃貸マンションなどで温水洗浄便座がついていなくてもガッカリすることはありません!
家電量販店に行けば、値段も機能もさまざま、たくさんの種類のなかから選ぶことができます。
すっかり生活の中に浸透した温水洗浄便座ですが、当然ながらトラブルの原因になることもあります。
細かいパーツが多い温水洗浄便座。設置してから年数が経っていることも多く、部品が劣化して継ぎ目などから水漏れを起こすケースもあるようです。
さらに温水が出るノズル部分からポタポタと水漏れすることもあるとか。
しっかりチェックしていきましょう。

水漏れの原因は??

普段使っているとつい忘れてしまいがちですが、温水洗浄便座は、れっきとした家電製品です。
ですが、便器と同じような感覚で拭き掃除はしても、ノズルやボタンなどの細かいパーツのお掃除を怠ってはいませんか?
気がついたら汚れがたまってしまい、動作が悪くなったり劣化するなど、水漏れの原因を作りかねません。また、パッキンの劣化によるポタポタ水漏れもよくある原因です。
大量に水漏れしている場合は本体の損傷が考えられます。
万が一、温水洗浄便座からの大量の水漏れを発見したら、まずは水道栓を止めましょう。
原因が分かりにくい場合は、可能ならば本体をはずしてチェックしてみるのもいいでしょう。

慌てずチェック!経年劣化なら自力で対処できる場合も

温水洗浄便座を劣化させないためにも、日ごろのお手入れは大事です。
特にノズル部分はついおろそかにしてしまいがちですが、最近では簡単にお手入れできるように、「ノズル洗浄ボタン」がついています。
水が出ない状態でノズルを引き出してお掃除できるので、こまめにお手入れしてトラブルを防ぎましょう。
温水洗浄便座の水漏れは、このほかに接続部分からのもの、タンクからのものが主に考えられますが、接続部分の場合はパッキンやボルトを一度チェックしてみましょう。
パッキンは経年によって劣化しやすいパーツです。パッキンが原因だと、どんなにしっかりと締めても水漏れは止まりませんよね。ホームセンターなどで売られている汎用パッキンで交換すると解決されることがあるので確認してみましょう。
また、年月とともにボルトがゆるんでしまった、というケースもあります。
それならしっかり締めるだけで解決!意外とあっさり止まることもあるのです。

引用元-生活水道センター

トイレから水漏れしたらどうすればいい?

トイレタンクから水漏れしている場合

トイレで水漏れが起こった場合、応急処置としてまず一番最初にしてもらいたい事は、水のもと線である「止水栓」を閉めることだ。
とりあえず便器への給水を止めて、それ以上水漏れがしないようにしてから水漏れ箇所を確認しよう!トイレで一番水漏れを起こす箇所は、トイレタンクということだ。
まずはタンクから水漏れをしていないか、外側やタンク内をよくチェックしよう。
原因が、タンク内のパーツのずれやパッキンの緩みであれば、自分で対処することも可能!ホームセンターで汎用パッキンを買って取り替えるなどすれば解決できるぞ。
原因が本体の破損であったり、対処法がよくわからない場合は、無理せずプロに修理をお願いしよう!

ウォシュレットから水漏れしている場合

水漏れの原因がウォシュレットにある場合は、あまり自分で解決しようと思わない方がいいぞ!まずはタンクの時と同様、「止水栓」を閉めて水の供給を止めてから、水漏れ箇所を確認しよう。
パーツから水がしみ出ている場合、タンク同様に市販の汎用パッキンとの交換で対処できるケースもあるが、電化製品だからプロに修理をお願いすることをおすすめしたい。
感電の危険性もあるし、電気のコードに水がかかってしまったために、火事になってしまった…なんて最悪のことが起こる可能性もあるからだ。
なるべくコードやコンセントに水がかからない処置をして、すぐさま業者に修理を依頼しよう!

引用元-水漏れ修理水道屋さん比較隊

ウォシュレットの利用度は女性4割、男性6割弱

温水洗浄便座の利用度を聞いたところ、「利用出来るときは毎回利用」が49.2%、「たまに利用」が25.2%で、利用率は全体の4分の3。「利用しない」は17.3%、「利用したことが無い」は8.2%だった。
男女別に見ると、全体の利用率はさほど変わらないものの、「利用出来るときは毎回利用」する割合は、女性は4割だが、男性は6割弱にのぼった。

また、温水洗浄便座を利用しない人にその理由を聞いたところ、最も多いのは「不要なので」39.3%で、「衛生面が気になるので」28.6%がそれに続く。
こちらも男女別に見ると、男性は「不要なので」が54.0%で最も多いのに対し、女性は「衛生面が気になるので」という、あえて使わない派が非使用者の42.0%と多く、同機器への意識やその利用状況には男女差があることがわかる。

引用元-rTYPE

ちなみに…ウォシュレット=TOTOの商標

温水洗浄便座利用者にその呼び方を答えてもらったところ、TOTOの商標である「ウォシュレット」と答えた人は95.1%にのぼる。
しかし、自宅のトイレ機器のブランド名を認知しているのは、同機器利用者の67.8%に過ぎず、「ウォシュレット」を「TOTOの商標」としてではなく「温水洗浄便座全般の呼称」として認識している人が多いことがうかがえる。
年代別にみても、「温水洗浄便座=ウォシュレット」と認識している人の割合は、20代100.0%、30代98.6%、40代89.2%と若い世代ほど大きくなっており、「ウォシュレット」の普通名詞化が進んでいることがわかる。
一企業の商標が広く浸透して、その類の商品・サービス全般を指して人々に使われるようになった例としては、「ウォークマン(SONYの商標)」「宅急便(ヤマト運輸)」などがよくあげられるが、この「ウォシュレット」も着実にその地位を築いているようだ。

引用元-rTYPE

新規取り付けより交換の方が高い!?

ウォシュレットが水漏れを起こし、日々その水漏れがひどくなってきたので、妻といっしょに家電量販店へ行ってみた。
ウォシュレットをはじめとする温水洗浄便座にはまったく興味もなかったので、これまで家電量販店へきても温水洗浄便座の売り場には足を踏み入れたことがなかったのだが、今回、最新のシャワートイレを見て技術の進歩に驚かされた。
売り場にはTOTOのウォシュレットをはじめとしてパナソニックや東芝の製品がずらりと口を開けて並んでいた。
昨今のシャワートイレは全般的にスッキリした作りになっている。
その最大の要因は、貯湯タンクがないことだ。
我が家で水漏れを起こしたウォシュレットはその内部にお湯をためるタンクがあるわけですが、最近の機種は、洗浄に使う水量だけを使うその瞬間に水からお湯にする方式になっているのです。
これによって、お湯の温度は一定になるし、お湯切れの心配もなく、しかも保温のエネルギーが要らないので電気代も従来品よりも安くなり、デザインもすっきりするとゆー「いいことづくめ」。
もちろん、貯湯タンクが付いた貯湯式のものは現在でも販売されています。
しかも、貯湯式であれば、1万円台で入手することができます。
また、本体の操作も壁に取り付ける赤外線リモコンで行う方式が主流です。
んで、値段の高いモデルは、自動的に便器のフタを開ける仕組みがついていたり、人が来たときだけ瞬間的に便座を温めることができたり、「きれい除菌水」を自ら作ってノズルを除菌する機能が付いていたりする。
「きれい除菌水」ってゆーのは、水道水に含まれている塩化物イオンを電気分解して作られる次亜塩素酸を含む水ってゆー話だ。この十数年で進歩しているものだ。
んで、壁の方に目をむけると
新規取り付け料金 4000円
交換料金     9000円
と書いてある。新規よりも交換する方が高くて、しかも9000円もするのである。

引用元-ウォシュレットが水漏れ。自分で交換してみた。

まとめ
水漏れはそう何度も経験することではないので、いざという時のために少し知識を得ておけば安心です。

twitterの反応


https://twitter.com/gokuhin0826/status/739908377061384192

 - 雑学

ページ
上部へ