日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

ブルーレイレコーダーでDVDディスクは見れるのか?

      2018/04/14

ブルーレイレコーダーでDVDディスクは見れるのか?

ブルーレイレコーダーが普及した現在、DVDレコーダーの家庭では色々不具合も発生しています。友人から借りたディスクが見れると思ったのに見られなかったり、ダビングしたと思ったら別のレコーダーで再生できなかったり。ブルーレイにすれば殆どのディスクは見れます。では今までのDVDはもう見れなくなってしまうのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

ブルーレイとDVDの違いは?

画質の違い(良さ)

まず、ブルーレイディスクとDVDとの大きな違いとしてあげられるのは”画質”です。DVDの画素数は約35万画素。それに対して、ブルーレイの画素数は207万画素。 映像を見たときの立体感が明確に違います。また、詳しくは後述しますが、ブルーレイディスクはDVDと比べて容量が大きく、よりたくさんの情報を入れることができます。このため、映像や音声などのデータもDVDより多く記録することが可能になります。

つまり、映像はより鮮明に、音声はよりクリアに収録することができ、DVDでは表現し切れなかった高品質の映像や音を楽しむことができるのです。使用するテレビモニターのサイズやスペックにもよりますが、ブルーレイディスクだと映画や音楽ライブ映像などで、より迫力のある映像や音声を楽しめるでしょう。

容量の違い

ディスクの見た目はそれほど変わらない両者ですが、DVDに比べてブルーレイディスクの方が圧倒的に容量が大きいのが特徴。

DVDの容量が片面1層4.7GB、片面2層8.5GBなのに対して、ブルーレイディスクは片面1層で25GB、片面2層のものでは50GB。2層式のブルーレイディスク1枚には、DVD10枚分の容量が入る計算となります。つまり、記録できるデータ量や録画時間もその分多いということ。

容量50GBのブルーレイディスクなら、地上波デジタル放送のハイビジョン映像が約4時間記録することができます。片面2層のDVDは一番高画質のモードで3.5時間の録画ができますが、それより長く録画したい場合は画質が大幅に落ちてしまいます。

さらに、ブルーレイディスクには100GBの大容量のディスクも登場しており、これを利用すればより多くのデータを記録することが可能です。

対応レコーダーの違い

次に、地上デジタルの番組などを録画するためのレコーダーについて。ブルーレイディスクレコーダーはDVDにも互換性があるものが多く、ブルーレイディスク・DVDの両方を再生・録画することが可能です。

価格は、3万円程度から10万円を超えるものまで幅広い機種が出回っています。一方で、DVDレコーダーは価格は安くはなりますが、ブルーレイディスクの再生・録画はできませんので注意してください。

引用元-ブルーレイ(Blu-ray)ディスクとDVD、結局何が違うの?|エンジョイ!マガジン

ブルーレイとDVDの利点と欠点①

DVDのメリット→記録・再生機器が安くて多い。安いので失敗しても苦にならない。

DVDのデメリット→データ量が少ない。地デジ録画に向かない。デジタル放送の互換性が低いので再生はBDより制限が多い。映像ソフトはBDより低音質・低画質。

BDのメリット→記憶容量が多い。3Dソフトが見れる。デジタル放送録画に向いている。記録した物は互換性が高い。映像ソフトはDVDより高音質・高画質。録画・再生機器が高性能。

BDのデメリット→録画・再生機器が高額。記録メディアが高いので纏め買いしにくい。再生専用機器が少ない。ソフトによっては表示再生機器を選ぶ傾向がある。

個人的には安い再生機器で手軽に見る分にはDVDが手頃ですが、自宅に大画面TV(42型以上)がある場合は逆にBDの方が良いと思います。特にデジタル放送を録画する場合、BDが事実上選択肢にしかならないので、少なくとも再生or録画機器はBD専用機を買うべきだと思います。

引用元-YAHOO!知恵袋

ブルーレイとDVDの利点と欠点②

私はブルーレイもDVDも使い分けて両方使用しています。

それぞれのメリット・デメリットですが・・・
DVD→ブルーレイより対応している機器が多い(特にカーナビやパソコンなど)
 値段も安く、最近では百均で手に入ったりする。
 ただ、ブルーレイに比べ画質が悪く容量も少ない。最新のテレビであるほど画質の悪さが目立つ。
ブルーレイ→とにかく画質が綺麗で容量もある。
 DVDより強度がある(あくまで個人的な感覚ですが・・・)
 ただ、DVDより対応している機器が少ない、対応していないパソコンはまだまだたくさんある。
 値段も登場当初よりは安くなったがまだ少し高く感じる。

一般的なことや個人的な使用経験もありますがこのようなことがあげられます。そして、私は今DVDをメインに使っています。パソコンがブルーレイ非対応なので画質が多少悪くてもテレビ以外で見れるを優先したからです。ですが、特に好きなアニメなどに関してはDVDとブルーレイ両方を使ったりします。やはり綺麗に残しておきたいですし、依然DVDに少しの傷が入っただけで見れなくなったことがあるので、丈夫に感じるブルーレイを保険として・・・

またアニメによっては話が多すぎて(NARUTOやワンピースなど)、できるだけ少ない枚数にまとめて収めるためにブルーレイを使用することもあります。

引用元-COSPLAYERS ARCHIVE

ブルーレイとDVD 書き換え可能回数と寿命と注意

書き換え可能回数と寿命

ブルーレイディスクとDVDにはデータの書き換え(記録したものを消去して新しくデータを記録できる)が可能なメディアがあり、ブルーレイの「BD-RE」ディスク、DVDの「DVD-RW」ディスクでは、どちらも約1000回の書き換えが可能だとされています。

寿命については、ブルーレイディスクとDVDともに金属窒化物を使っていることもあり、経年劣化の差はそれほどなく、10年~20年程度と言われています。

ただし保存環境により、劣化が早まる可能性は高いです。大切なデータは定期的に書き換え、バックアップを取っておくことをおすすめします。

ブルーレイディスクは不織布ケースに注意!?

CDやDVDを保護するのに使われる不織布(ふしょくふ)ケースにブルーレイディスクを入れて保管しない方がいい、というのはユーザーの間では有名な話。

理由として言われているのは「ブルーレイディスクはDVDと比べ耐圧強度が弱く、不織布ケースでの保存に適さない」「不織布のケースは湿気がこもりやすく、ディスクにくもりやカビが発生する恐れがある」などさまざまです。

また、ブルーレイディスクは保護層が0.1mmと薄いため、DVDディスクよりもキズや汚れ、指紋などの影響を受けやすいので、取り扱いには注意が必要です。ブルーレイディスクの保管に対応した不織布ケースも販売されています。

引用元-エンジョイ!マガジン

ブルーレイレコーダーでDVDディスクは見れるの?

ご質問の件ですがブルーレイプレーヤーでDVDも再生可能ですしまたCDもOKです。ただブルーレイの良さを引き出すにはまず、使っているテレビのことが重要です。ブルーレイのすばらしさを十分満喫するには映し出される画面(TV)がそれに適応しているかどうかです。ハイビジョンTV以上で尚且つ倍速TVであれば問題なく満足できると思いますが従来型ですとその魅力は出し切れませんのでDVD再生機でDVDを見るほうが経済的にもいいと思います。

引用元-教えて!goo

パソコンでブルーレイは見れるの?

パソコンがブルーレイディスクに対応しているか確認する方法

最後に、パソコンがブルーレイディスクに対応しているかを確認する方法を紹介します。
※「Windows7」での操作方法です。
1.画面左下にある「Windows」のマークをクリック[コンピューター]を選択
2.「リムーバブル記憶域があるデバイス」の部分をみて「BD」から始まるドライブが表示があるかをチェック
3.下記の表示があれば、ブルーレイに対応していることになります
・「BD-ROMドライブ」:読み込みのみ対応
・「BD-Rドライブ」:読み込み、書き込みに対応
・「BD-REドライブ」:読み込み、書き込みに対応
対応しているようでしたら、ブルーレイディスクとDVDで映像や音を比べてみるのも面白いですよ。

引用元-エンジョイ!マガジン

でも安いからDVDレコーダーでもいいかな?

競争激化やBDレコーダーの台頭により、多くのメーカーが光ディスクレコーダーからの撤退(自社開発から他社OEMへの変更も含む)やBDレコーダーへの完全移行を進めており、2012年現在、従来型DVDレコーダーを生産するメーカーはなくなった(但し、BDレコーダーの大半はDVDレコーダーとしても使用できる)。

引用元-ウィキペディアフリー百科事典

ブルーレイもDVDも両方見れるために~ブルーレイレコーダーの選び方~

選び方のポイントは以下の2つ。
■チューナー数(多いほど同時録画可能の数が増えます)
■HDDの容量(多いほど録画保存容量が増えます)

以上の点を念頭に置きながら、自分の生活に合ったブルーレイレコーダーを選びましょう。人気のブルーレイレコーダーはダブルチューナーかトリプルチューナーで、容量は1TB~2TBです。ですがいまだに500GBのブルーレイレコーダーも人気です。

※1000MB=1GB(ギガバイト)、1000GB=1TB(テラバイト)です。

引用元-Seesaa BLOG

まとめ
いかがだったでしょうか?もうブルーレイのほうが主流になっているしDVDディスクにも対応してくれているので、買い替えるならブルーレイレコーダーのほうが断然良いですね。メーカー製造もなくなってしまっているDVDレコーダーでは修理やメンテナンスも期待できないので、安く買ったとしても壊れたらまた買い替えるようになってしまいますからね。

twitterの反応


https://twitter.com/eda_mameko/status/739846475488722944


https://twitter.com/kagine5g/status/737300486936629248

 - 自然・科学・IT

ページ
上部へ