日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

      2018/04/16

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

家の内装はどのようなものがお好みでしょうか?モダンな色合いのデザイナーズハウス的にしたいですか?それとも日本的な色調の和の空間を求めますか?色の使い方によって広く見えたり狭く見えたりもします。色だけでなく素材でも見た目が変わります。良く検討をしましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

自転車に子供を乗せられるのは何歳から?

子供が赤ちゃんのうちはベビーカーか便利です。だんだんと子供が...

精神障害2級ってどんな人が対象?精神障害者手帳を貰うには

精神障害の対象になる人は何らかの精神疾患で日常生活において長...

2016年は台風の年!?台風の進路がおかしいワケ

2016年は台風の当たり年と言われるくらい次々に台風が発生し...

犬のトイレトレーニングには「囲い」を使おう!

犬を飼う上で避けて通れないのが、トイレのしつけ。外飼い予定の...

大学の准教授ってどんな職業?年齢や年収はどのくらい?

大学の役職には准教授というものがあります。この准教授とはどの...

顔パック、安いものでも効果はある?!

数多くの顔パックがドラッグストアや化粧品売り場に並んでいます...

男性が思う結婚の条件とは?どんな女性が理想?

結婚の条件は男女ではそれぞれ少し違うところがあるようです。女...

告白の返事がかわいいと抱きしめられちゃうかも

あなたには大好きな人がいますか?告白されたい方ですか?したい...

車でデートはまだ早い!?上手な断り方とは?

車デートに誘われたとき、女性は何とも思っていない人とはあまり...

車のナンバーで所有者が分かる!?現在は難しいプライバシーの問題とは

昔は車のナンバーで所有者を知ることが簡単にできたって知ってい...

元カノが気になる?!彼氏の元カノに嫉妬しないために

彼氏の元カノは彼女としては気になってしまいますね。ついつい元...

職場で人間関係を円滑にするには?少人数の職場の場合

就職したら職場では人間関係を円滑にしたいですね。特に少人数の...

子持ち主婦には深夜の仕事がおすすめ!?パートに出る場合

子供を持つ主婦は仕事をしようとしても保育園に預けるなどしない...

子供の勉強を教えるには!?上手な教え方について

親としては子供には勉強ができてほしいと思うのは当たり前です。...

犬の散歩、雨の日はどうしてますか?

愛犬の雨の日のお散歩、みなさんはどうしていますか?日本にはど...

自転車の子供へのヘルメット着用が義務化!?ヘルメットの選び方とは

自転車に子供が乗るときはヘルメットを着用することに努めないと...

高校では成績のつけ方違うって知ってた?

成績のつけ方にはいろいろあります。相対評価、絶対評価。試験の...

蛍光灯とLED電球を比較!どっちがお得?

蛍光灯とLED電球はどちらがより電気などを節約できるのでしょ...

淡水魚を水槽で飼育するにはどうする?淡水魚の育て方

川などに生息する魚を淡水魚と言います。主な淡水魚にはコイやフ...

蚊のメスとオスの違いとは?血を吸うのはメスだけ?

夏の野外は蚊に刺されないように気を付けないといけませんね。と...

スポンサーリンク

家の内装のデザインは色で変わる

開放的な空間にする?落ち着いた空間にする?

あなたはその空間に何を求めていますか?
「開放的で、少しでも広い空間にしたい。」
「落ち着いた、自分だけの空間にしたい。」
など、それは空間の用途やライフスタイルによって様々だと思います。

例えば「明るい部屋にしたい!」と、思ったときは白っぽい内装材を選ぶと思いますが、白は膨張色なので空間を広く見せてくれます。黒い洋服より白い服の方が太って見えてしまいますよね。これは内装をつくる際にも同じ効果をもつんです!部屋を少しでも広く見せたい場合は、白を基調にしてみましょう。

逆に、広さには問題がなく、「落ち着いた空間を演出したい」ときは黒や焦げ茶色等のダークトーンを基調にしましょう。空間が引き締まり、少し部屋が狭く見えることによって、あなただけのリラックススペースをつくることができます!

天井・壁・床の色で空間を変える

部屋を広く見せたくても、全部真っ白に統一するわけにはいきませんよね。そこで行わなくてはならないのが、天井・壁・床の色選び。要所要所の色使いを考えることで、空間の広さや効果をさらに変えてくれるのです!

引用元-リフォペディア

家の内装は色によって見え方が変わる

壁に色をつけるということは、ベースカラーの割合が減ってしまうので、選ぶ色によっては、狭く見えたり圧迫感を感じてしまうことがあるかもしれません。

暖かく見える色と冷たく見える色

これは、誰でも知ってる暖色と寒色ですね。特に、この2つを選ぶ場合は、日当たりの良さとの関係を考える必要があります。

日当たりの悪い北向きの部屋にブルー系の壁紙を張ると寒々しい雰囲気になりますし、日当たりの良い南向きのリビングにはっきりとしたオレンジの壁紙を張ると、真夏に暑苦しく感じるかもしれません。

どうしても、これらの色を使いたい場合は、ラグやクッションに別の色を使って、暑さ、寒さを緩和するという方法もあります。

狭く見える色と広く見える色

白は最も部屋を広く見せ、黒は最も狭く見せる色。これ以外の色を使う場合は、暖色系は「進出色」、寒色系は「後退色」と覚えておきましょう。

同じ壁でも、暖色の壁色は手前に迫って見え、寒色の壁色は後ろに下がって見えます。
つまり、狭い空間の場合は、暖色よりも寒色を選んだ方が、広く感じるということです。

重く見える色と軽く見える色

これも「狭い」「広い」と同じです。白は最も軽く、黒は最も重く感じる色。重厚感を出したい時は、同じ色でも黒を混ぜたような色を使い、開放感を出したい時は白を混ぜた色味を選ぶと効果的です。

引用元-interior-Supple

色が持つ力を家の内装に活用しましょう

選び方次第で、部屋の雰囲気や居心地が変わってしまうので、色選びは設備を選ぶ時と同様、重要なポイントです。

カラーイメージコンサルタントで、住まいのインテリアの色選びにも詳しい花岡ふみよさんは、「色は、人の心と身体に影響を与えます。例えばレッド・オレンジ・イエローなどの暖色系は、体温も気持ちも高める作用があります。逆にブルーなどの寒色系は、心身を鎮静させます。レッドの補色のグリーン系とイエローの補色のパープル系は、どちらも中性色と言われ、血圧や体温を平常にしたり、気持ちをおだやかにしたりする作用があります」と話されます。

見ることで、自分の気持ちが高揚したり、落ち着いたりするという色の作用を知っていれば、住まいづくりの時にどんな色を選べばいいのか悩んだ時のヒントになりそうです。

好きな色で、短所をちょっとプラスに転換する

色の持つパワーを使うと、自分の短所をプラスに変えることができるそうです。花岡さんは、「自分の好きな色で性格がわかります。たとえばレッドが好きな人は、エネルギッシュだったり、情熱的だったりする反面、攻撃的で怒りっぽい部分があることも。そういったマイナス部分を補うのが、補色です。レッドの補色のグリーンを、カーテンやカーペット、観葉植物などでプラスすることで、イライラした気分を鎮めたり、おだやかな気分にすることができます。

引用元-Panasonic

家のリフォームは内装の色で高級感を出そう

ダーク色の床にリフォーム-安いラインのフローリングでも高級感が出せる

ダーク色のフローリングを選んでリフォームすれば、部屋全体が落ち着いた雰囲気になります。そして濃い色の床のメリットは、何と言っても、安いシリーズでも高級感が出せること!ただしホコリが目立ちやすいので、マメなお掃除を心がける必要があります。

【ダーク色のフローリング+ダーク色のドア】

ダーク色のフローリング+ダーク色のドアの組み合わせにリフォームすれば、クラシックなインテリアはもちろん、バリやシノワズリと言ったエスニックやアジアンなスタイルが似合う部屋になります。しっとりと落ち着いた雰囲気にしたい大人にお勧めのコーディネートです。

【ダーク色のフローリング+白色のドア】

ダーク色のフローリング+白色のドアの組み合わせにリフォームすれば、シックモダンの完成です。床の色を際立たせるよう、メリハリを効かせるのが上手にまとめるコツです。

引用元-AllAbout

家の内装は材質・色・柄を選択から始めます

内装で決める色は?

ちなみに内装で決める「モノ」は、一般的には次のモノがあります。

形状やデザイン、材質、そして色や柄の選択をしていかなければなりません。
・床(フローリングやクッションフロア、玄関タイル、畳など)
・建具(ドア、扉)
・建具関係の取っ手関係
・建具の枠
・巾木(壁と床の間の造作材)
・廻縁(壁と天井の間の造作材)
・サッシ本体のフレーム
・サッシ枠(サッシの周りにつく造作材)
・階段の踏板や蹴上板
・階段手すり
・カウンター材や棚板
・壁(クロス、塗り壁など)
ようは「室内で見えるモノすべて」ですね。

施工会社によっては「廻縁やサッシ枠などは付けない」とか、「無垢の材をそのまま使うから色の選択肢は無い」というモノもあるかと思います。それはそれとしても、決めなくてはいけないモノって意外と多いものです。

これらの形状やデザイン、そして色目って普段の生活の中ではあまり意識していないと思います。書いている私もそうです。ですが、いざ「決めてください!」と云われると、多くの人がその段階でそれぞれのモノを意識するようになります。

どうやって決めればいいのか?

床の色、建具のデザインや色、壁紙のデザインや色を‘‘全て同じ‘‘にしてしまえばあまり悩むことも少ないかとは思います。でも、せっかく新築・リフォームするのであれば、やっぱり「オシャレ」に「生活が楽しくなるような空間」にしたいという気持ちも出てくるのも人間。

引用元-Hatena Blog

まとめ
家の内装の色は自分のイメージを膨らませて決めると良いですね。材質やバランスの考慮に入れましょう。

twitterの反応

https://twitter.com/kohano_memo/status/739829379337846786


https://twitter.com/UNDERESALE/status/736141986126663680
https://twitter.com/cosmoblue1701/status/735380966269718528
https://twitter.com/mii_nyan_DQX/status/734528101284188161


https://twitter.com/6mu2um6/status/698436619460747264

 - 日常・生活

ページ
上部へ