日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

      2018/04/16

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

家の内装はどのようなものがお好みでしょうか?モダンな色合いのデザイナーズハウス的にしたいですか?それとも日本的な色調の和の空間を求めますか?色の使い方によって広く見えたり狭く見えたりもします。色だけでなく素材でも見た目が変わります。良く検討をしましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思いま...

働く日は週3日必要!?パートで保育園に預ける場合

保育園に子供を預けて働く場合、パートでも預けることはできるの...

子供の習い事の送迎で友達とトラブル

子供が習い事をする場合、欠かせないのが送迎です。中には一人で...

簿記の資格を取りたい!勉強はどんな場所でするのがおすすめ?

簿記の資格を取得するために、独学で勉強している人は多いのでは...

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時...

日本は税金をとりすぎ!?外国と比べらどう?

日本に住んでいる人は、国に定められた様々な税金を払っています...

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は...

大学院の試験に向けてどんな勉強をしたらいい?

大学院の試験はどのようなものかあまり知られていないようです。...

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下しま...

警察の番号はなぜ110番?かけるときの注意点

事件や事故などに遭遇した場合は、警察に連絡をしますね。警察の...

奨学金の返済が残っているけど結婚出来る?

大学時代に奨学金を借りて通っていた人は多いのではないでしょう...

マイナンバーを職場に出すときはどうする?通知カードのコピーは可?

勤務先で、社会保険や年末調整の手続きをするときはマイナンバー...

手術中に麻酔が切れる!?切れた場合の影響とは?

手術をする場合は、手術によっては局所麻酔か全身麻酔をかけます...

パソコンを廃棄する時は注意!HDDはどうしたらいい?

パソコンを廃棄するときは、パソコンの中のデータを消さないとい...

親が再婚したら子供の苗字はどうなる?変わる場合と変わらない場合

親が離婚した場合、子供の苗字はそのままでは変わることがありま...

ディズニーランドのチケットの種類とは?日にちの変更は可能?

ディズニーランドに入園するには当然チケットが必要になります。...

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

ドラムの練習は自宅ではなかなか難しいですね。しかし何事も練習...

神社を参拝するのに適した時間は?夕方はどう?

神社を参拝するときの参拝の作法を知っている人は多いと思います...

ディーゼルとガソリンを間違えて入れるとどうなる?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いを知っていますか?...

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこ...

スポンサーリンク

家の内装のデザインは色で変わる

開放的な空間にする?落ち着いた空間にする?

あなたはその空間に何を求めていますか?
「開放的で、少しでも広い空間にしたい。」
「落ち着いた、自分だけの空間にしたい。」
など、それは空間の用途やライフスタイルによって様々だと思います。

例えば「明るい部屋にしたい!」と、思ったときは白っぽい内装材を選ぶと思いますが、白は膨張色なので空間を広く見せてくれます。黒い洋服より白い服の方が太って見えてしまいますよね。これは内装をつくる際にも同じ効果をもつんです!部屋を少しでも広く見せたい場合は、白を基調にしてみましょう。

逆に、広さには問題がなく、「落ち着いた空間を演出したい」ときは黒や焦げ茶色等のダークトーンを基調にしましょう。空間が引き締まり、少し部屋が狭く見えることによって、あなただけのリラックススペースをつくることができます!

天井・壁・床の色で空間を変える

部屋を広く見せたくても、全部真っ白に統一するわけにはいきませんよね。そこで行わなくてはならないのが、天井・壁・床の色選び。要所要所の色使いを考えることで、空間の広さや効果をさらに変えてくれるのです!

引用元-リフォペディア

家の内装は色によって見え方が変わる

壁に色をつけるということは、ベースカラーの割合が減ってしまうので、選ぶ色によっては、狭く見えたり圧迫感を感じてしまうことがあるかもしれません。

暖かく見える色と冷たく見える色

これは、誰でも知ってる暖色と寒色ですね。特に、この2つを選ぶ場合は、日当たりの良さとの関係を考える必要があります。

日当たりの悪い北向きの部屋にブルー系の壁紙を張ると寒々しい雰囲気になりますし、日当たりの良い南向きのリビングにはっきりとしたオレンジの壁紙を張ると、真夏に暑苦しく感じるかもしれません。

どうしても、これらの色を使いたい場合は、ラグやクッションに別の色を使って、暑さ、寒さを緩和するという方法もあります。

狭く見える色と広く見える色

白は最も部屋を広く見せ、黒は最も狭く見せる色。これ以外の色を使う場合は、暖色系は「進出色」、寒色系は「後退色」と覚えておきましょう。

同じ壁でも、暖色の壁色は手前に迫って見え、寒色の壁色は後ろに下がって見えます。
つまり、狭い空間の場合は、暖色よりも寒色を選んだ方が、広く感じるということです。

重く見える色と軽く見える色

これも「狭い」「広い」と同じです。白は最も軽く、黒は最も重く感じる色。重厚感を出したい時は、同じ色でも黒を混ぜたような色を使い、開放感を出したい時は白を混ぜた色味を選ぶと効果的です。

引用元-interior-Supple

色が持つ力を家の内装に活用しましょう

選び方次第で、部屋の雰囲気や居心地が変わってしまうので、色選びは設備を選ぶ時と同様、重要なポイントです。

カラーイメージコンサルタントで、住まいのインテリアの色選びにも詳しい花岡ふみよさんは、「色は、人の心と身体に影響を与えます。例えばレッド・オレンジ・イエローなどの暖色系は、体温も気持ちも高める作用があります。逆にブルーなどの寒色系は、心身を鎮静させます。レッドの補色のグリーン系とイエローの補色のパープル系は、どちらも中性色と言われ、血圧や体温を平常にしたり、気持ちをおだやかにしたりする作用があります」と話されます。

見ることで、自分の気持ちが高揚したり、落ち着いたりするという色の作用を知っていれば、住まいづくりの時にどんな色を選べばいいのか悩んだ時のヒントになりそうです。

好きな色で、短所をちょっとプラスに転換する

色の持つパワーを使うと、自分の短所をプラスに変えることができるそうです。花岡さんは、「自分の好きな色で性格がわかります。たとえばレッドが好きな人は、エネルギッシュだったり、情熱的だったりする反面、攻撃的で怒りっぽい部分があることも。そういったマイナス部分を補うのが、補色です。レッドの補色のグリーンを、カーテンやカーペット、観葉植物などでプラスすることで、イライラした気分を鎮めたり、おだやかな気分にすることができます。

引用元-Panasonic

家のリフォームは内装の色で高級感を出そう

ダーク色の床にリフォーム-安いラインのフローリングでも高級感が出せる

ダーク色のフローリングを選んでリフォームすれば、部屋全体が落ち着いた雰囲気になります。そして濃い色の床のメリットは、何と言っても、安いシリーズでも高級感が出せること!ただしホコリが目立ちやすいので、マメなお掃除を心がける必要があります。

【ダーク色のフローリング+ダーク色のドア】

ダーク色のフローリング+ダーク色のドアの組み合わせにリフォームすれば、クラシックなインテリアはもちろん、バリやシノワズリと言ったエスニックやアジアンなスタイルが似合う部屋になります。しっとりと落ち着いた雰囲気にしたい大人にお勧めのコーディネートです。

【ダーク色のフローリング+白色のドア】

ダーク色のフローリング+白色のドアの組み合わせにリフォームすれば、シックモダンの完成です。床の色を際立たせるよう、メリハリを効かせるのが上手にまとめるコツです。

引用元-AllAbout

家の内装は材質・色・柄を選択から始めます

内装で決める色は?

ちなみに内装で決める「モノ」は、一般的には次のモノがあります。

形状やデザイン、材質、そして色や柄の選択をしていかなければなりません。
・床(フローリングやクッションフロア、玄関タイル、畳など)
・建具(ドア、扉)
・建具関係の取っ手関係
・建具の枠
・巾木(壁と床の間の造作材)
・廻縁(壁と天井の間の造作材)
・サッシ本体のフレーム
・サッシ枠(サッシの周りにつく造作材)
・階段の踏板や蹴上板
・階段手すり
・カウンター材や棚板
・壁(クロス、塗り壁など)
ようは「室内で見えるモノすべて」ですね。

施工会社によっては「廻縁やサッシ枠などは付けない」とか、「無垢の材をそのまま使うから色の選択肢は無い」というモノもあるかと思います。それはそれとしても、決めなくてはいけないモノって意外と多いものです。

これらの形状やデザイン、そして色目って普段の生活の中ではあまり意識していないと思います。書いている私もそうです。ですが、いざ「決めてください!」と云われると、多くの人がその段階でそれぞれのモノを意識するようになります。

どうやって決めればいいのか?

床の色、建具のデザインや色、壁紙のデザインや色を‘‘全て同じ‘‘にしてしまえばあまり悩むことも少ないかとは思います。でも、せっかく新築・リフォームするのであれば、やっぱり「オシャレ」に「生活が楽しくなるような空間」にしたいという気持ちも出てくるのも人間。

引用元-Hatena Blog

まとめ
家の内装の色は自分のイメージを膨らませて決めると良いですね。材質やバランスの考慮に入れましょう。

twitterの反応

https://twitter.com/kohano_memo/status/739829379337846786


https://twitter.com/UNDERESALE/status/736141986126663680
https://twitter.com/cosmoblue1701/status/735380966269718528
https://twitter.com/mii_nyan_DQX/status/734528101284188161


https://twitter.com/6mu2um6/status/698436619460747264

 - 日常・生活

ページ
上部へ