日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

住宅の建築期間ってどのくらいかかるのでしょうか?

      2018/04/22

住宅の建築期間ってどのくらいかかるのでしょうか?

夢のマイホーム。みんなの憧れですよね。買うからには大きい買い物なので慎重に選びたい!でも家族や仕事の予定もあるので入居できる日がいつ頃になるかははっきりしておきたい。ところで住宅の建築期間って頼んでからどの位で建つのでしょうか?住宅を建築していく上で、すべての計画はその建築期間によって変わっていきます。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

血液型と性格って本当のところ関係あるの?ないの?

あなたは、何型ですか?ん?A型?几帳面な性格ですか?ところで...

コバエの駆除に蚊取り線香は使える?

夏になるとコバエが台所に飛んでいるのを見かけることがあります...

高校を卒業ができないかも?という不安があったら検討しましょう

高校を卒業ができないかも?と懸念するには、いろいろな事情があ...

ホテルのトイレが詰まったら、どうしたら良い?

外国のトイレットペーパーは、水に溶けにくいようです。日本にい...

都市ガスVSプロパンガス・ 風呂派VSシャワー派、料金の違いは?

あなたは夏でも風呂派?ガスは都市ガス?お湯は毎日変える?その...

離婚をした場合子供の親権はどうなる?父親が親権を取るには

近年離婚をする夫婦の割合は増加しています。子供がいる場合はど...

慣れればカンタン☆メダカの卵を孵化させるコツとは

メダカは絶滅危惧種に指定されたこともあり、小さくてか弱そうに...

ベンツやBMWなどの外車の維持費はどのくらいかかる?

ベンツやBMWなどの輸入車は車好きならば一度は所有してみたい...

いつまでOK?父親と娘が一緒にお風呂に入る年齢

子どもが小さいころは父親がお風呂に入れてくれると母親としては...

不登校の原因は学校の先生が怖いから!?そんな時はどうしたらいい?

子供が学校へ行きたくないという理由に先生が怖いという場合もあ...

クロネコヤマトのバイト。女性でも働ける?

クロネコヤマトのバイトと聞くと、重いものをたくさん運んで体力...

統合失調症の症状とは?独り言で病気を判断できる?

統合失調症とは脳がうまく機能できず幻覚や妄想などの症状が出る...

面白い小説を読みたい!ファンタジーならこれを読もう!

今は電子書籍などでも気軽に小説が読める時代ですね!しかし小説...

彼女の浮気が心配…浮気の兆候と対処法は?

付き合っていると彼女のちょっとした行動で浮気をしていないか心...

政令指定都市って人口が多ければなれるの?指定の条件とは

政令指定都市というと漠然と人口が多い大都市というイメージがあ...

親知らずが痛い!生えかけの場合の対処法

親知らずは上下の一番奥に生える歯で変な方向に生えてくることが...

重曹で歯磨きをすると歯石を予防できる?!重曹の効果とは

重曹で歯磨きをすると歯石や着色汚れを除去できると言われていま...

結婚式にぴったりの髪飾りは?バレッタで簡単アレンジ!

結婚式に出席するときは服装だけではなく、髪型もきちんとしてい...

ワインのコルクの開け方は?プラスチック栓の場合

最近のワインのコルクにはプラスチック製の物が使われている場合...

子どもが感情のコントロールができない…原因と対処法

最近は感情のコントロールができない子どもが増えていると言われ...

スポンサーリンク

住宅建築ってすぐにできるの?

住まいを新築するときは、まず設計を行います。敷地条件や予算などを踏まえて、お客様の理想をカタチにしていく作業です。一度ですんなりと思い通りの設計ができるとは限りませんし、ケースバイケースですが、およそ2~3ヶ月で設計がほぼ完成します。

ただし、設計が完了してもすぐに工事が始まるわけではありません。
住宅の設計が完了して間取りや予算がほぼ確定したら、建築工事の請負契約を行います。その後、建築確認申請を行いますが、この手続きや審査にはおよそ1ヶ月~1ヶ月半程度の期間が必要になると考えておきましょう。フラット35や財形融資などの手続きもこの間に一緒に行っておくと効率的です。
また、工事を始める前に壁や床、扉の色、家具やコンセントの位置などもこの時期に決めておく必要があります。

引用元-ヤマダエスバイエルホーム

住宅着工前の準備ってなにをするの?

1.土地探し 土地の準備

まずは、土地を1箇所に決めます。これは非常に重要です。
土地を決めないまま、または、2つ以上の土地を候補にしたまま、プラン(間取り等)を検討した場合、意味がありません。土地の条件によって、土地に指定されている用途地域、地盤調査の有無、道路の位置による間取りの変更など、土地が変われば、大きな金額変更が入り、予算に影響する可能性が高いからです。また、土地選びにも様々な判断基準や観点があります。「はじめての方へ」の「土地は選ぶための基準を持つ」のページも参考にしてください。

【プロによるポイント整理】
まず「土地を1箇所に決める」のが重要。これによって「費用が大きく変わった!」となるリスクがなくなります。土地は探すのではなく「選ぶ」そのために、土地に求める条件を明確にしておく。「文句なしの土地」は、誰もがほしい土地。なかなかないし、価格も高い。メリットよりもデメリットを確認、施工の観点からアドバイスをもらうこと。

2.資金計画

毎月、いくら払える(月々の支払い額)と、返済期間(例:35年)から、全体の予算を出しておく事が重要です。
全体の予算が見えたら、その中で「土地予算と建物予算の配分をどうするか」考えましょう。既に土地がある「建て替え」のケースを除いて、1.土地の準備で、土地を決めておくことで「土地予算」が分かります。そこで、残りの「建物予算」が分かるようになります。こうして進めていく事で、主に建物について考えるプランニングの段階で「ご要望の中で優先順位の高いもの」をハッキリしていきやすくなります。この時点でメインバンクや、自己資金の有無など、借入先の検討や、借入に必要な情報をお伺いします。また、各住宅ローンの特性や、保証金などについて、記載事項を正確に把握できるのもご相談のメリットです。

【プロによるポイント整理】
「家を建てた後の生活」を第一に考える。生活が苦しくならないように「月々の支払いをいくら」と決めると進めやすい。土地を決めておくと、全体予算のうちの建物予算がわかる。

引用元-家づくりの流れ1:土地の準備~着工前(設計完了) | アズマハウス株式会社

実際に住宅を建築する工程と期間は?

木造の家ができるまでの工事の流れ

<1ヶ月〜1.5ヶ月目>

・現況確認、地盤調査、地盤改良・地盤補強工事など
敷地の法的な規制、道路、境界などをチェックして現況を把握します。そして、建築する住宅をしっかり支えられる地盤かどうかの調査、地盤調査の結果によっては、地盤改良工事などを行なうことがあります。

・地縄張り、遣り方
ビニール紐や縄を使って設計図を確認しながら敷地内に建物の配置を示していく地縄張りを行います。そして続いて、遣り方(やりかた)です。地縄張りの50cm〜100cm外側に杭や板を張り巡らせる作業です。この遣り方を基準にして基礎工事が行なわれるので、図面通りか確認しましょう。

・堀り方、捨てコンクリート
遣り方を終えると、通常は地鎮祭を行ないます。それから基礎を作るために地盤を掘削し、砕いた石などを敷きつめ、地盤を固めます。その後、防湿シートを敷きつめ、地面から上がってくる湿気を予防します。その後、捨てコンクリートといって、基礎底面を平にならし、基礎を作るための基準線などを引いていきます。

・基礎工事
捨てコンクリートに書いた基準線にそって、床下となる重要な基礎部分鉄筋を組み立てていきます。それから型枠を設置していき、底盤部分にコンクリートを打設していきます。空気や水分をしっかり抜き、固めるために1週間前後置いたあと、型枠を取り外していきます。

・木材搬入
基礎工事が完了すると、木材を搬入し、いよいよ土台敷きという住宅の骨組みとなる工程に進みます。この時に防シロアリ処理がなされます。

<2〜3ヶ月目>

・建て方、上棟式
柱、梁、母屋などの構造材を組み立てます。そして、最後に地鎮祭のときにもらったお札と一緒に、屋根の頂上に棟木を上げてお祝いします。(上棟式)

・躯体工事
棟上げが終わったら、柱や梁などの構造材を金物、ボルトなどを使って固定していきます。

・屋根工事
それからすぐに屋根工事に移り、工事中の構造材を早い段階で雨から防ぎます。屋根部分の断熱材などもこのときに入れていきますので、きちんと入っているか不安な人はチェックしましょう。

・床下地工事
床組を行い、足元を固め、天井や壁の作業をしやすくします。

・外装工事
工事中は雨が大敵です。外部サッシを取り付けたら防水シートや外装材、断熱材を取り付ける外部工事を素早く進めていきます。ここでも断熱材のチェックをすると安心ですね。な

・内部下地工事
ここでは、壁、天井、床の内装仕上げ材を張る前に、断熱材とボード材で下地をつくっていきます。

<4〜6ヶ月目>

・内部仕上げ工事(床)
内部の下地が終わったら、内装仕上げに移ります。床にフローリング材、タイル材、コルク材などを張っていきます。壁にはクロスを張ります。

・塗装工事
配管の接続、駐車場が終われば、塗装を行い、外部工事もほぼ完成です。

・足場外し
組んでいた足場を外します。

・内装工事(建具、家具)
内装の作り付けの棚などの細々した部分を作っていきます。

・畳敷込み
和室があれば畳を敷き込んでいきます。

・照明、設備器具の設置
照明器具、キッチンなど設備を搬入、設置していきます。

・竣工検査
工事が終了したら、施工会社によって外構も含め、建物に不具合がないかをチェックが行なわれます。仕様書、設計図通りに仕上がっているか、傷やミスがないか、設備が正常に動作するかを確認していきます。

・完成
竣工検査後、不具合があれば直され、問題がなければ施主(依頼主)に引き渡されます。

引用元-ズバリ解説!家ができるまでの工事の流れー木造編 | 家を建てる前に知っておきたい知識

住宅検査の必要性

家を建築中の場合、その住宅に不具合や欠陥がないか、建築基準法に違反していないかなどの判断は素人である施主(依頼主)にはなかなか難しいですね。

また、家が出来るまでの間、長期にわたって工事を請け負ってくれていた施工主(施工会社)には、不具合が見つかったとしても言いづらいものがあります。

しかも、引き渡しが完了し、住んでしまってからでは、工事が悪かったのか、使い方が悪かったのか原因が曖昧になり、トラブルの元になります。

そこで利用したいのが、第三者による住宅検査です。費用はかかりますが、施工会社と全く関係ない一級建築士の人に依頼し、調査をしてもらう方法です。

なにか不具合が見つかった時に、施主では言いづらい修繕なども円滑に話し合いを進めてくれるという大きなメリットもありますので検討してみるのも良いですね。

引用元-ズバリ解説!家ができるまでの工事の流れー木造編 | 家を建てる前に知っておきたい知識

住宅建築の期間について

この問題が設計事務所にとって一番難しい質問ですね。工期についてはある程度、想像はつきますが、設計事務所における設計期間がどこで基本設計が終わりなのかが問題です。私の持論は竣工が設計図完了であると今までは考えておりましたが今は行政との問題がありむずかしくなってきております。時間をかけることによっていい建物をできるのはたしかでしょうね。一生棲む住まいを時間をかけ心地よい空間で心豊かに生活をことを想像してみてください。どのくらい必要かわかってきます。

期間について
基本設計から竣工完成まで10ヶ月~12ヶ月が必要ではないでしょうか。ハウスメーカーのように早くすることも可能ですよ。
(1)基本設計は2ヶ月~3ヶ月
(2)実施設計ならびに確認業務を含んで2ヶ月ぐらい
  設計業務期間:計4ヶ月~5ヶ月ですね。
(3)見積もりならびに工務店を決めるの調整を含めて最低1ヶ月が必要ですね。
(3)木造2階建て=5ヶ月 3階建て=6ヶ月(鉄骨造は木造に+1ヶ月・コンクリート造で更に1ヶ月+です。)

引用元-SuMiKa

まとめ
土地の広さや建物の種類にもよるので一概には言えませんが、早くて半年ほどで建ってしまう所もありますね。欲を言えばキリがありませんが耐震等絶対に譲れない条件をランク付けにでもして、じっくり決めたほうがいいですね。

twitterの反応

https://twitter.com/Keko_kawa/status/738897172410732544


https://twitter.com/hajinana/status/679230837536112642
https://twitter.com/hitogata0226/status/628503535986946049

 - 雑学

ページ
上部へ