日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

マイホームを購入!貯金はいくらしておけばいい?

      2018/04/24

マイホームを購入!貯金はいくらしておけばいい?

マイホームは人生で最大の買い物ですね。マイホームを購入する場合、いくらくらい貯金をしておく必要があるのでしょうか?今回はマイホームを購入する際に必要なお金について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

折り返し電話の意味とは?覚えておきたいマナーとは

会社などの電話の対応で「折り返し電話をします」という言葉をよ...

結婚式に招待する友達のことで悩んでいませんか?

結婚式は二人が良ければそれで良い・・・と言いたいところですが...

野球のマジックとは?その意味と仕組み

プロ野球もシーズン終盤になるとマジック点灯といった言葉が出て...

目が痛い時はどうする?!目の奥が痛いときの原因とは

目の奥が痛いときは何が原因なのでしょうか?スマホやパソコンを...

野球のピッチャーとキャッチャーの距離はどのくらい?

野球のピッチャーは花形のポジションですね。ピッチャーをやりた...

土地の名義を夫婦共同にした場合のメリット・デメリット

結婚して夫婦になったら、次は念願のマイホーム!嬉しいこともた...

一人暮らしの男性におすすめの食事とは?節約と栄養を考えよう!

一人暮らしだとついつい外食ばかりになっていませんか?外食ばか...

会社の役員の退職金はどう決まる?

会社の役員は一般の社員とは違う契約を会社としています。そのた...

銀行と信用金庫の違いとは?どちらのサービスがお得?

金融サービスを利用しようとしたときに銀行と信用金庫があります...

指が痛い!痛みと内出血がある場合の原因とは

突き指や骨折などをすると痛みや内出血などの症状があります。し...

北海道で釣りがしたい!鮭を釣るときの注意点

北海道で釣りたい魚といえばやはり鮭ですね!北海道で鮭を釣るに...

朝にヨーグルトだけでダイエットできるの?

飽食の現代においてダイエットは永遠の話題です。様々なダイエッ...

除湿はどっちがいい?エアコンと除湿器の違いとは

洗濯ものを室内干しにするときにエアコンの除湿機能を利用する人...

あの「名門」慶應幼稚舎。一般家庭でも入学は可能?

慶應幼稚舎を知っている方、受験を考えたことがある方は、一度は...

小学校の授業についていけない!その原因と対処法とは

小学校に入学すると今までとは環境がガラッと変わるために授業に...

今、女性に人気!?トラック運転手の魅力とは

トラック運転手は男性の仕事、そんな思い込みはありませんか?私...

吉野家の牛丼の裏メニュー!?ご飯の量が少なめのアタマの特盛りとは

吉野家の牛丼には自分の好みでいろいろな注文の仕方があるようで...

ヤフーメールとは?メールの添付の容量はどのくらいまで?

ヤフーメールはYahoo!JAPANが提供している無料のメー...

なぜいつも友達止まり?彼女がいない理由とは

彼女が欲しくていつも友達で終わってしまうことってないですか?...

定年退職する父へのプレゼント!どんなものがいい?

お父さんが定年退職するときは長年働いてきた感謝をこめてプレゼ...

スポンサーリンク

頭金のための貯金は必要か

ほんとお金にド素人で救いようのない人生でして、20代で2,800万円の新築一戸建てを買いましたが、頭金はゼロで買いました。

頭金はゼロですが、諸費用と手付金100万円はきちんと用意しましたので、実際はその手付金をそのまま頭金に充てることになりました。

それでも諸費用だけは現金で用意しました。

ローン事務手数料、保証料、登記関係、内装のオプション代などを含めると、170万円近くはかかりました。

3,000万円の家を買うにしても200万円ぐらいは最低かかりますから、まったく現金ゼロだとのちのち大変なことになりますので、失敗した私からするとまったくおすすめできません。

頭金ゼロで買う恐ろしさは、買ってから身にしみてわかったのでした。

引用元-ももねいろ

マイホーム購入のための貯金はいくらくらいすればいい?

マイホームを購入するまでに、できれば物件価格の2割の頭金を貯めましょう。それとは別に諸費用として1割程度を貯められると理想的。購入時期がはっきりしているのであれば、それに向けてコツコツと積み立てるのがオススメです。

マネー相談を受けにくるお客さんの中にも、澄子さんのように「マイホームを購入するなら子どもが小学校に入学する前に……」と考えている人はとても多くいらっしゃいます。子どもには転校せずにずっと同じ小学校に通わせてあげたいという親心の表れといえるかもしれませんね。

マイホームを購入するとなると気になるのが「頭金」です。一般的に、頭金は物件価格の2割準備するのが理想と言われています。仮に3,000万円の物件とすると、3,000万円×2割で600万円。5,000万円とすると1,000万円。「思ったよりもたくさん必要なのね」という印象かもしれませんね。

さらに欲を言えば、頭金とは別に諸費用分として物件価格の1割程度を貯めておきたいところ。なぜなら、住宅ローンの事務手数料、登記費用、印紙代、不動産取得税、火災保険料など、マイホームの購入には実に様々な費用がかかるからです。もちろん、これ以外に引越し代や家具の購入代なども必要に。一軒家であれば、購入しなければならないものも多岐に及ぶ可能性があります。しっかりと余裕を持って見積もっておくことが必要です。

引用元-@nifty

マイホームに必要な頭金はいくら貯金した?

今後、住宅購入を検討されている方の大きな関心の1つが、頭金の額です。もちろん収入によって貯金できる金額も変わってきますので、人それぞれということになるとは思いますが、しかしみんながどれくらいの頭金を用意しているのかというのは気になるところであります。また日本の場合、一般的には「高齢者ほどお金持ち」ですし少子化も進んでいますから、親からの援助も無視できません。とは言いながら、やはり「お金」のことですので、いくら仲がよい知り合いにも面と向かって聞きづらいものであります。そんななかなか知ることのできない頭金について調査したのが上記記事ですね。回答者は関東エリア一都三県に在住している人、ということですので、全国平均より若干高いかもしれませんが、しかし大いに参考になると思います。まず頭金の金額ですが、上記グラフにあるとおり概ねこのような分布になっております。

・100万円未満 : 12.6%
・100万円以上500万円未満 : 24.4%
・500万円以上1,000万円未満 : 20.0%
・1,000万円以上 : 37.2%

引用元-住宅ローン比較/住宅ローン人気ランキング

マイホーム購入に必要な金額

手順1:ほしい土地や建物の金額を知る

まず初めに、欲しい土地や建物の金額を知ることが必要です。これは自分で調べることができるので、それほど時間はかからずに知ることができると思います。

自分たちが住みたいと思っている地域の土地の相場がどれぐらいなのか、その周辺で欲しい広さの土地を買えばどれぐらいの金額になるのかということはある程度わかると思いますので、不動産情報誌やインターネットなどで調べたり、その地域の不動産屋さんなどに聞いてみたりして調べてみてください。

それから、欲しい建物の金額を調べましょう。これは展示場に行ってみたり、工務店さんなどと話をしたりして、自分たちが建てたい建物、間取りや広さ、希望するな設備などを選ぶとどれぐらいの金額になるのかということ教えてもらってください。必要な項目を計算して、一度見積もりを出してもらうということです。

この2つを調べることで、自分たちが住みたい場所に欲しいマイホームを建てた場合、いくらぐらいの金額になるのかということがわかります。これがまず1番目にしていただきたいことです。

手順2:諸費用の金額を概算する

2番目は諸費用の金額の計算です。マイホームを建てるにあたっては、土地と建物の金額以外にも諸費用としてさまざまなお金がかかります。諸費用は10万円20万円という額ではなく高額です。欲しい土地や建物の金額がわかれば、おおよその諸費用の金額を計算することができます。

諸費用の金額は注文住宅を買うかマンションを買うか、建て売りを買うか中古を買かなどによっても変わってきます。例えば注文住宅の場合、土地と建物を合わせた金額の15%程度が目安です。ですから、1番目の手順で計算した土地と建物を合わせた金額の15%を諸費用として見積もってください。土地と建物の金額が合わせて2,500万円なら、諸費用は

・2,500万円×15%=375万円位かかると思っていたほうがいいでしょう。

引用元-年収300万、頭金なしでもマイホームを買って楽々住宅ローン返済

貯金はすべて使わず一部を頭金に

買える額は、準備できる「頭金+住宅ローン借入額」で決まる

買える金額の計算方法

買える金額は、下図のように、準備できる「頭金+住宅ローン借入可能額」で決まる。頭金に回せる金額はいくらか、また金額、住宅ローンはいくらくらい借りられそうか、それぞれチェックしてみよう。

頭金として使えるお金を把握しよう

「貯金を全額頭金に」はNG! 諸費用や生活予備費を考えて

頭金は少しでも多いほうが、住宅ローン返済がラクになる。しかし、だからと言って、今ある貯金をすべて頭金にしてしまうのはNG。病気による休職など、いざというときに必要な「生活予備費」と、車の買い替えなど近い将来必要な「将来への貯蓄」を手元に残しておきたい。つまり、貯蓄から購入諸費用、生活予備費、将来への貯蓄などを引いた金額が、頭金として使えることになる。

引用元-suumo

まとめ
多くの人がマイホーム購入のための頭金に、結構な額の貯金をしているみたいですね。マイホーム購入を考えている人は参考にしてみてください。

twitterの反応


https://twitter.com/killy_pon/status/579898045829128192
https://twitter.com/mirasukechan/status/574298604631818240

 - 雑学

ページ
上部へ