日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

自然でやさしい化粧品を手作りで!安い材料で作れる化粧品

      2018/04/26

自然でやさしい化粧品を手作りで!安い材料で作れる化粧品

化粧品を使っていると肌に合わないということもありますね。そしてなにより市販の化粧品は値段が結構高いです。今回は自然の安い材料で作れる化粧品を調べましたので紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

化粧品でおこるトラブルとは

化粧品を付けた時にどんな肌トラブルが起きたか?

起こった「肌トラブル」がどのようなものだったかを考えましょう。化粧品を塗って【どのくらい後】に、【どんな症状が出たか】により、原因が異なります。
お客様からよくご相談いただく5つの症状をまとめてみました。

1.塗った直後に湿疹・赤み・かぶれが起き、何時間も症状が治まらない、もしくは悪化する場合
2.塗った直後に湿疹・赤み・かぶれが起き、時間がたてば治まる場合
3.塗った直後に染みる場合
4.使用し始めて数日後に湿疹・赤み・痒みなどができる場合
5.使用し始めて数日後にニキビや吹き出物ができた場合

新しい化粧品を使い始めて1週間以上問題がなければ、肌に合っている可能性が高いと思います。

もし1週間以上経って肌トラブルがでた場合はスキンケア以外の何らかの原因の可能性が高いです。食事や睡眠、月経(ホルモンバランス)、ストレスなど心当たりがないか振り返ってみてくださいね。

引用元-セラミド化粧品「DSR」オフィシャルブログ

こんなに安い!化粧品の原価

●化粧水の原価

化粧水は、いくらのものを使っていますか???
高いもの、安いもの、メーカー、ブランドによって、実にさまざまです。1万円以上するものもあるし、CMなどでバンバン出ている有名なメーカーものであれば、3000~5000円くらいのものが多いでしょうか。

が、化粧水の「原価」は、本来は・・・・・・・・・50円くらいだといいます。
・・・・・(゜゜)  50円です・・・>50円。 50円。。。。50円。。。。。。。 (;゜∇゜)
ということは、ぼったくり?

私も、まだ合成モノの化粧品に疑いを持たずに使っていた頃は、5,000円の化粧水を使っていました。有名な美白効果のある青いボトルの、某化粧水。

その2.(1)でも書きましたが、化粧水のボトルをシャカシャカ振ってみると、どれだけ合成界面活性剤が入っているかが実験できます。私も、早速その青いボトルの某美白化粧水で早速やってみたのでした。すると、ビールをついだ時のような層の厚い泡ができ、その泡は翌日になっても、消えなかったのです・・・。

引用元-モリモリ!美容ブログ ~お肌と財布と、地球にやさしく♪~

自然の材料で手作りする化粧品のメリット

■安くて自分の肌だけのための化粧水だからこそ、安心してたっぷり使える!

一度材料をそろえれば色んなパターンを複数作ることが出来て、買うよりも断然お得! 自分に最低限必要なベースだけを作っておくと、高い保湿力があるバージョン、にきび対策になるもの、など自分の肌のコンディションによって使い分けることが出来るのも魅力的です。

そして何よりも自分に合う成分を見つけることが出来るのも、手作り化粧水のポイント。自分で調合するからこそ、どの成分が合うのか、合わないのかを知ることで、市販品を選ぶときにも参考にすることが出来ます。

■まずはどのような材料が必要なのか知ろう!

化粧水のベースになる精製水。薬局などで簡単に購入出来ます。ではこの精製水に何を混ぜれば良いのでしょうか? 最初は沢山の材料を揃えるのも高くなってしまうので、まずはどのような効果を求めるのか確認し材料を選びましょう。

例えば、保湿力であれば“植物性グリセリン”。美白効果が欲しいなら“ビタミンC誘導体パウダー”、といったように必要なものは異なってきます。大きめのドラックストアや、バラエティショップには手作り化粧水用の材料やボトル、計量グッズなどが揃っています。

すごくシンプルな保湿化粧水であれば、“精製水”と“植物性グリセリン”だけで完成しちゃいますが、そこに何を足す必要があるのか、的を絞ってから選びにいきましょう。

■パッチテストをサボると危険!

基本的に、一般の化粧水は肌に悪影響がないものか検査されて販売されていますが、自分で作るとそうはいきません。だからこそ、まずは使用前に顔の肌以外の場所でパッチテストをすることが大切です。

二の腕や耳の裏などに、作った化粧水を塗って問題がないか確認してから使用開始することをオススメします。

引用元-美レンジャー

自然の材料で化粧品を手作りしてみよう!

■化粧水のつくり方

今まで市販の化粧水を買っていましたが手づくりした方が断然安くて、安心して使えることに気づきました。なのでたっぷり、惜しみなく使えます。しかも作り方はとっても簡単♪慣れてきたら自分に合う、オリジナルを作りましょう。

1、基本の材料  ●必需品 〇目的に合わせてプラス

 ~ 材 料 ~
●グリセリン
○アルコール
●精油
●精製水(かわりにフローラルウォーターを使ってもOK)

2、基本のつくりかた

Recipe
・グリセリン 5ml(小さじ1)
・精油 1滴
・精製水 45ml

How to make
1,グリセリン5mlに精油1滴加えよく混ぜます
2,精製水45ml加えてできあがり。
 ガラス瓶に移してふたを閉め、ビンを振ってよく混ぜます。
 瓶にはレシピや製造日を記載し、冷蔵庫保管。
 1~2週間以内に使い切りましょう。

3、応用レシピ~さっぱり化粧水~

Recipe
・グリセリン 5ml(小さじ1)
・アルコール 5ml(小さじ1)
・精油 1滴
・精製水 40ml

How to make
1,グリセリンにアルコールを入れ、精油を加えてよく混ぜます。
2,精製水を加えて、保存用のガラス瓶に移します。
 使用時にはよく振ってから使います。

引用元-*happy な じかん*

安いけれど…手作り化粧品のデメリット

手作り化粧水のデメリット

ここまで、メリットを中心にご紹介しましたが、もちろん少しのデメリットはあります。衛生面や手間の面などなど……。ここでは具体的にみていきましょう。

デメリット1、冷蔵保存が基本

手作りの化粧水は防腐剤などの添加物を入れない分、腐敗がしやすいのも事実です。ですので作った化粧水は基本的には冷蔵庫保存が基本となります。洗面所などの、よく使う場所に置けないのは少々面倒ではありますが、冷蔵庫のポケット部分など取り出しやすく汚れにくい場所に入れておくのがおすすめですよ。

逆説的なことを言うと、市販の化粧水は常温で何ヶ月も保存状態を維持するために、入れなければならない成分も多いということですね。お肌が弱いと感じている人にとっては、そのような成分がリスクになることも多いので、よくよく考えなおす必要のあるポイントかもしれません。

デメリット2、原則1週間使いきり

先ほどの腐敗がしやすい話にもつながりますが、手作りの化粧水は早めに使い切ることが原則となります。その目安が手作り後の1週間です。保存状況や何の原料を使ったかによって、多少の前後はしますが、原則的には1週間と覚えておきましょう。

冷蔵庫にしまい忘れるなどしても、状態が変わらなければ問題はないのですが、梅雨時や夏場は特に注意を。心配な場合は、使う前に化粧水の中身をよく見てみましょう。何かの浮遊物があったり、カビが生えていたらアウトです。迷わずに捨てるしかありません。

容器の方も、よく洗って煮沸消毒かエタノール消毒をしましょう。一度カビが生えてしまった容器を使うと、カビの再発もしやすいので注意が必要です。

デメリット3、手間がかかる

まず一つ目のデメリットとしてあげるべきかもしれませんが、こちらは言うまでもありませんよね。冷蔵庫保管と原則一週間使いきりと言うのは、慣れていないと手間に感じることでしょう。冷蔵庫に入れる必要がなく、買ってきてフタを開ければすぐに使える化粧水と、あなたならばどちらが良いでしょうか。またどちらを選びますか?
それぞれにメリット・デメリットがありますので、十分に考えた上で選びたいですね。

引用元-iemo

まとめ
化粧品の原価はかなり安いようですね。市販の化粧品が合わないと感じたら手作りしてみてはいかがでしょうか。

twitterの反応


https://twitter.com/Gin_shama/status/637243238177378304

 - 自然・科学・IT

ページ
上部へ