日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

コロコロ変わる日本の首相の任期は

   

コロコロ変わる日本の首相の任期は

短い間に何人も首相が代わって名前も覚えられない。なんで日本の首相は短命なのか、その中でも長く勤めた首相は居るのか。そんな疑問から首相の任期に付いて調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

スポンサーリンク

●意外と知らない日本の首相の任期

憲法上、内閣総理大臣の任期について直接的に規定した条文はない。憲法では衆議院議員総選挙の後に初めて国会の召集があったときは、内閣は総辞職をしなければならないとされているので、このことから内閣総理大臣の一回の任期は次の衆議院議員総選挙の後に初めて国会の召集が行われる時までとなり最長でも4年を超えないことになる[注釈 3](憲法第70条)。もちろん、この規定は新たに召集された国会において再選されることを禁じるものではないので、制度上は国会議員として首班指名を受け続ける限り内閣総理大臣を続けることができる。
ただ、通常、内閣総理大臣は与党党首の地位を前提として与党議員からの信任を得ているが、その政党の内規で党首職に再選制限が設けられている場合、その年限が事実上の任期の上限となることがある。

引用元-内閣総理大臣 – Wikipedia

●任期の短かった首相・長かった首相

歴代内閣総理大臣の在任期間ランキング(短期間編)

第1位 : 54日 … 東久邇宮 稔彦王(ひがしくにのみや なるひこおう)
第2位 : 64日 … 羽田 孜(はた つとむ
第3位 : 65日 … 石橋 湛山(いしばし たんざん)
第4位 : 69日 … 宇野 宗佑(うの そうすけ)
第5位 : 220日 … 芦田 均(あしだ ひとし)
第6位 : 263日 … 細川 護煕(ほそかわ もりひろ)
第7位 : 266日 … 鳩山 由紀夫(はとやま ゆきお)
第8位 : 292日 … 片山 哲(かたやま てつ)
第9位 : 358日 … 麻生 太郎(あそう たろう)
第10位 : 365日 … 福田 康夫(ふくだ やすお)

歴代内閣総理大臣の在任期間ランキング(長期間編)

第1位 : 2,886日 … 桂 太郎(かつら たろう)
第2位 : 2,798日 … 佐藤 榮作(さとう えいさく)
第3位 : 2,720日 … 伊藤 博文(いとう ひろふみ)
第4位 : 2,716日 … 吉田 茂(よしだ しげる)
第5位 : 1,980日 … 小泉 純一郎(こいずみ じゅんいちろう)
第6位 : 1,806日 … 中曽根 康弘(なかそね やすひろ)
第7位 : 1,575日 … 池田 勇人(いけだ はやと)
第8位 : 1,400日 … 西園寺 公望(さいおんじ きんもち)
第9位 : 1,241日 … 岸 信介(きし のぶすけ)
第10位 : 1,210日 … 山縣 有朋(やまがた ありとも)

引用元-歴代内閣総理大臣の在任期間ランキング

●日本の首相を辞めさせるには

主に、内閣総理大臣(以下「首相」)・与党主流派に反対する勢力(与党非主流派や野党)が現在の内閣を否定し、積極的に内閣の交代を図る行動を指すことが多い。倒閣の標的となる対象の首相の名前をとって「○○おろし」と呼ばれることもある。
明治年間は、首相の指名は元老内部のたらい回しであったものの、藩閥間の対立に加えて重臣・枢密院・軍部・官僚・政党などを巻き込んだ倒閣運動は日本最初の第1次伊藤博文内閣を襲った「明治20年の危機」(条約改正を巡る倒閣運動、失敗)以来、しばしば発生していた。
特に、大日本帝国憲法下では内閣総理大臣の任免権は天皇にあるとされており、元老・議会といえども総理大臣を辞めさせる法的な権限を有していなかったために、総理大臣が自発的辞任をしない限りは倒閣運動によって総理大臣に圧迫を加えていくしかなかったのである。この傾向は、大正年間に入り、首相の座を巡ってこれら諸勢力による綱引きが始まるようになると一層激化するようになっていった。また軍部が、内閣が自分達の意に沿わないとして軍部大臣現役武官制を盾に取って軍部大臣を出さずに内閣を崩壊させることもあった。
太平洋戦争後は与党内における権力抗争などを念頭に倒閣が行われる。つねに与党内閣を否定している野党の行動に対してはあまり用いない。衆議院で内閣不信任決議の可決をすることが直接的な倒閣となるが、衆議院解散権があるため衆議院議員総選挙で首相支持派が衆議院議席の過半数を占めて再任されるというかたちで続投をすることはできる。また国会における政権基盤の安定によって衆議院から信任され続けて解散総選挙を拒否し続けても、任期切れの総選挙で首相支持派が衆議院議席の過半数を割り首相再任が見込めないという形で内閣退陣に追い込まれることがある。

引用元-倒閣 – Wikipedia

●諸外国に比べて日本の首相は短命

まず、総理大臣の在任期間について考えてみます。片山哲が首相に就任してから鳩山由紀夫が退任するまでの日数を数えると23381日、およそ64年です。その間、29人の首相が退任しました。一人あたりの在任期間は、平均806日、2年と2ヶ月くらいに過ぎません。

在任期間が3年を超えたのはわずかに5人です。戦後復興期の吉田茂、高度経済成長期の岸信介、池田勇人、佐藤栄作、バブル期の中曽根康弘、そして小泉純一郎です。

比較のため他の国のことも書いておきましょう。アメリカは大統領制の国ですが、ほぼ同じ期間に就任した大統領は12人、在任期間は平均で5年5ヶ月くらいです。イギリスは就任したばかりのキャメロン首相を除くと13人、平均在任期間は5年ほどです。フランスの大統領は8人、平均在任期間は8年を超えます。他にも大国と呼ばれる国は、基本的に政権は長期間安定しています。

先進国ではイタリアは政権がとても不安定な国として有名です。戦後38回政権交代しており、首相の平均在任期間は1年8ヶ月程度です。ただ、近年はベルルスコーニが長期政権を維持しており、安定しています。

引用元-日本の内閣総理大臣はなぜ短命なのか – Galileo(ガリレオ)のブログ

●首相の任期が短命な理由

考えてみると「首相がコロコロ変わる」という批判は「変わるべきでは無いのに変わってしまった」という意味が言外に含まれているということに気付きます。

つまり、一定層の理解を国民から得ているのに退任に至ったケースに注目すべきではないかと考えます。

よって注目すべきは座標軸で言うところの左上、すなわち「自分のみに起因する形で自らの意思による退任」と「議会の意思に起因する退任」に絞られます。

「任期満了」グループ、「体調不良」グループ、「不信任」および「法案キッカケ」グループこそ、日本の総理が諸外国と比べて短命である原因だと考えてよさそうです。

所属する政党の代表としての任期満了を受けて退任した佐藤首相、中曽根首相、小泉首相の去り方は適切だったのか?という疑問が浮かびます。もっと長く務めてもよかったのではないでしょうか。

議会から不信任案を提出された(されそうになった)吉田首相や羽田首相は本当に不信任に値する内閣だったのか?という疑問が浮かびます。議会の都合と国民の期待に乖離があったのではないでしょうか。

重要法案と引き換えに退陣に追い込まれた岸首相や海部首相には退陣という選択肢しかなかったのか?という疑問が浮かびます。小泉首相は郵政法案を否決されて解散という選択肢を取りました。

首相就任時の平均年齢が60歳代と言われていますから、病気とお友達にならないといけないのに無理をさせて悪化させてしまった鳩山首相、石橋首相、池田首相、大平首相、小渕首相の体調管理は適切だったのか?という疑問が浮かびます。

これらの疑問に対するアンサーこそ、日本の首相がコロコロ変わらない対策になるのではないか、と考えます。

引用元-日本の総理大臣がコロコロ変わる原因を統計学で分析すると大きく4つに分類できました | マーケティングメトリックス研究所/MARKETING METRICS Lab.

まとめ
任期は色々と理由があるでしょうが、短かろうと長かろうと国のため国民のためにしっかりと働いて貰いたいものです。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ