日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

新築のキッチンはどのタイプ?使いやすい背面収納とは

      2018/05/11

新築のキッチンはどのタイプ?使いやすい背面収納とは

新築でキッチンのデザインを考えるときは何に重点を置きますか?毎日料理をする場所ですから使いやすく収納もたくさんあった方がいいですね。今回は対面キッチンの場合の背面収納を選ぶポイントについて調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

血圧と脈拍の関係は?そのメカニズムについて

脈拍は心臓の心拍数とほぼ同じ数値です。では血圧と脈拍はどのよ...

自分で抵当権設定登記する方法について

住宅ローンを組む時、必ず抵当権の設定登記がありますが、大体金...

仕事中に資格の勉強はアリ?

社会人になって仕事をしながら資格の勉強をしている人も多いので...

犬への抗生物質の服用が必要な時とは?服用後の副作用について

犬も病気の種類によっては抗生物質を服用する場合があります。し...

アイロンのスチームが目詰まり?

アイロンはスチームアイロンが主流となりましたね。毎日使ってい...

煮物は冷蔵庫で保存できる?期間はどのくらい可能?

煮物は日持ちがする印象ですが、実際はどうなのでしょうか?常温...

髪のトリートメントは毎日する?トリートメントの効果について

髪のダメージが気になる場合はトリートメントでケアをしたくなり...

旦那にイライラしやすい?子なし夫婦のメリット・デメリットとは

夫婦の中には、2人で暮らしていくことを決めている人も多いです...

洗濯槽の掃除はキッチンハイターでできる?洗濯槽の掃除の仕方

洗濯槽は放っておくと裏側にカビが繁殖し、健康に影響が出る場合...

催促のメールには行き違いがあった場合のお詫びを添える

あなたはメールの返信はきちんとしていますか?出来れば24時間...

半月板損傷の手術とは?麻酔はどうなる?

半月板は膝にある軟骨でクッションのような役割をしています。こ...

熱帯魚の水槽から臭いがするのは何故?原因と対策について

熱帯魚を飼っていると意外と水槽から臭いがする場合があるようで...

ネットに写真を上げるのは危険!注意点と対策

今はスマホやSNSの普及で手軽に写真を友達とシェアすることが...

車検の期間と自賠責の期間は同じが良い

車検の有効期間は新車で3年、その後2年です。その期間は自賠責...

貧血の人は血圧が低い?貧血と血圧の関係

貧血の人は血圧も低いといったイメージですが実際はどうなのでし...

北海道を車で移動するときの注意点は?

旅行で北海道へ行った時はレンタカーが便利です。しかし、計画的...

目が小さいのが悩み!コンプレックスを解消するには!?

目が小さいのが悩みの人は多いのではないしょうか?この目が小さ...

卵は栄養満点!黄身と白身はどっちがたんぱく質が多い?

卵は栄養満点な食材ですね。特にたんぱく質が豊富で、トレーニン...

腕時計の自動巻き時計を保管するスタンドは必要?

機械式の腕時計には装着していれば自動的にゼンマイが巻きあがる...

肝臓の腫瘍で良性の物とは?悪性との違い

肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、障害があっても自覚症状がない場合が...

スポンサーリンク

新築のキッチンは図面を描いてみよう

キッチンを描く

ショールームを見学したり、インターネットで調べたり。
また、雑誌の特集や専門誌を眺めたりと、新しいキッチンを計画するのは楽しいものです。

しかしその前に、まず、現在のキッチンを図面にしてみることをおすすめします。
そして、使い勝手が悪いのはどこか、新しいキッチンではどうしたいかを明確にしていきましょう。
問題点を書き出しておくことで、キッチンの機能性をしっかりおさえた計画を立てることができます。
キッチン作りの失敗は、デザインを優先し、機能性を忘れてしまうことが原因である場合が多いのです。

さて次に新しいキッチンの計画です。
大切なのはキッチン内の動線の把握です。
ここでも図面を描いて考えましょう。
実際に自分が料理することを考えながら動線を引いていきます。
こうすると新しいキッチンの全体的な姿、また、コンセントの位置など細かな部分まで具体的につかむことができます。

引用元-マイベストプロ

キッチンの形状について

I型

【特徴】
もっともスタンダードなレイアウトです。
スタンダードということは、選べるシステムキッチンも多くなるということでもあります。
段取り良く調理を進めれば、家事の動線が短くてすみますし、キッチンをあまり大きくできないような間取りにも対応しやすいレイアウトとなります。
ただ、2人で調理をするとなると、動線が重なっていますので、動きづらかったりします。
また、キッチンの幅を広くしてしまうと、動線がグッと伸びてしまい、右に行ったり左に行ったりが大変になります。
冷蔵庫とシンク、ガスコンロ(IHクッキングヒーター)の3つの移動距離が3.5m以内であればそれほど使いにくさを感じないと思います。
もしI型で動線が横に伸びそうな場合は、冷蔵庫をシステムキッチンの背面に置くなどすると動線を
短くでき、使いやすくなります。

II型

【特徴】
洗いや下ごしらえ、カットをする場所と、煮炊きする場所が分離されたレイアウトです。
このタイプは、キッチンスペースを広くできる場合や、家族が多く広い調理スペースが必要な場合、料理が好きでこだわった料理をするための作業スペースが欲しい方などに向いています。
また、豪邸で専属のコックなどを雇っている家もII型が多いでしょう。
(日本では少ないのでしょうが。。。)
ただ、広いキッチンを確保できる間取りでないと採用しづらいレイアウトであることは確かです。
また、キッチンが独立した間取りが多くなりますので、さびしがり屋の方は工夫が必要です。
冷蔵庫、シンク、ガスレンジ(IHクッキングヒーター)を結ぶ動線の距離は、5.5m程度までにしておいた方がいいようです。

L型

【特徴】
I型に次いで多いキッチンのレイアウトでしょう。
ガスレンジ(IHクッキングヒーター)部分が直角に折れているレイアウトが主流です。
お鍋を火にかけながら、違う料理の下準備をしたりする場合には体を回転させればいいので、非常に便利です。
ただ、コーナー部分のスペースの利用方法を考えていないと、デッドスペースとなってしまいます。
また、冷蔵庫や食器棚などのレイアウトの自由度も低いため、個性的なキッチンを作るのは難しいレイアウトのようです。
冷蔵庫、シンク、ガスレンジ(IHクッキングヒーター)を結ぶ動線の距離は、4.8m程度までにしておいた方がいいようです。

U型

【特徴】
キッチンに立つ人をカウンター、冷蔵庫、シンク、ガスレンジ(IHクッキングヒーター)が囲むように配置されたキッチンのレイアウトです。
料理するスペースが広くなりますので、大人数の家庭でも窮屈に感じることなく調理ができるでしょう。
II型同様、キッチンが独立した状態になるため、手の込んだ調理を頻繁に行う方や、料理を趣味とする方にとっては、調理に集中できるため満足される方が多いようです。
ただ、何も考えずU型を選ぶと、キッチンスペースを持て余してしまい、動線が長くなるデメリットなどに対して不満が溜まってしまうようです。
また、II型と同様基本的に食器棚はキッチンには置かず、ダイニングもしくは、システムキッチンに付属する収納に片付けてしまうようになります。
冷蔵庫、シンク、ガスレンジ(IHクッキングヒーター)を結ぶ動線の距離は、5.5mまでにしておいた方がいいようです。

引用元-住宅みちしるべ

新築のキッチンには対面スタイルがおススメ!?

対面キッチンは生活スタイルに合わせて使い勝手をコントロールできる

対面キッチンとは、ダイニング側を向いて炊事をするレイアウトのこと。
家族とコミュニケーションをとりながら料理や後片付けができるので、キッチンに居る間も楽しく過ごしたい人にピッタリのプランです。

特に子育て世代に人気のスタイルで、炊事をしながら子どもの様子を見ることができるので、ちょうど小さな子どもがいる30代~40代がメイン層の新築のプランでは、多くが対面キッチンを採用しています。

対面キッチンのメリットはそれだけではありません。
キッチンの背面に作る壁の高さや形状によって、オープンキッチンに近付けたり、独立キッチンに近付けたり、暮らし方に合わせて使い勝手をコントロールできる可変性に富んだスタイルです。

例えば、オープンキッチンのデメリットとして、生活感が出やすい手元が丸見えになりやすいことがありますが、対面スタイルなら背面に「サービスカウンター付きの腰壁」を取り付けることで、開放的でありながら手元を隠せる便利なプランになります。

より開放的なキッチンにしたい場合は、この壁を無くし、フラットな対面カウンタースタイルにすれば、ひろびろとした空間になります。

対面キッチンづくりの肝は、この背面の壁の高さにこだわるところにあります。
雑多な手元を隠したいなら壁を高く、オープンにしたいなら低く、高さは自由自在です。我が家の暮らし方に合わせたリフォームプランを立てていきましょう。

引用元-AllAbout

対面キッチンの場合、背面収納とのスペースは?

レイアウトを決めていく中で、よくお話しするのが通路の幅についてです。
家事導線ですごく大切なポイントなのですが、建築会社様やオーダーキッチン屋との意見が違うことが多いようなので、私の考えを書かせていただきます。

設計士さんや新築のハウスメーカーさんの図面を見ると、キッチンの通路が1メートル空いている事は良くあります。
やはり広々としていた方が良いというご提案で、お施主様も特に問題視することなく納得されていますが、私の考える最適な通路幅は80cmから85cmです。(レイアウトによっては75cmでも良いくらいです)

80cmなんて言うと、『えっ!それでは狭いのでは?建築会社からは最低でも90cm以上と言われました。』と驚かれますが、理由は簡単で、振り返って調理する時の歩く歩数を出来るだけ減らした方が楽だからです。

Ⅱ型にしても、アイランドキッチンにしても、調理中は双方のカウンターを同時並行で使いながら進めていくと思います。
1メートルの通路の場合、振り返ってから1歩必要になりますが、80cmであれば、振り返ってそのまま用を足す事が出来ます。
たかが1歩といっても、長い年月で積み重なれば、相当の負担ですよね。

もちろん、キッチン付近の空間の広がり(オープンかセミクローズか)、同時に料理をする人数によって、微妙に変えていかなければなりませんが、皆さんが思っているよりも狭い方が良いと私は考えています。
皆さんはいかがでしょうか?

引用元-オーダーキッチンを格安価格で実現するためのブログ

使いやすい背面収納のポイント

1.家事動線を考えた幅の収納を選ぶ

使いやすい収納をポイントごとに考えみましょう。まず収納の幅。
使うものがすぐに取り出せて作業動線がちゃんと確保できてるなら時短と効率アップにつながります。そのためには収納の幅を考えることが不可欠です。
収納があまりにも大きいと動線が確保できません。
収納棚は大皿が一枚入るくらいの幅のものが使いやすいです。

2.高さを調整できる棚で上手に収納

そして2つ目のポイントとしては棚の高さを自由に調整できることです。
お皿にしても調理器具にしても収納するものはすべて同じ高さではないので高さが調整できるなら無駄なスペースを作ることなくたくさん収納できます。
せっかくの棚をスペースが空いてるともったいないですしきれいに収納されていると見た目にもおしゃれに見えますね。

3.使い勝手のいいカウンターで置き場を確保

そして3つ目にカウンターの活用。
背面にカウンターがあるとそこにオーブンレンジやコーヒーメーカーなど毎日使うものを収納できるので全面のカウンタートップはきれいを保てるというメリットがあります。
また調理器具をしまうときや調理中などのチョイ置きにも重宝します。
そして今特に必要でなくても将来調理器具を増やすことになったときには大活躍してくれますよ。

引用元-iemo

まとめ
いかがでしたか?キッチンをデザインする際は作業動線と収納が重要なポイントのようですね。

twitterの反応


https://twitter.com/nadeshikojapan8/status/741612168638955520


https://twitter.com/iamsuzyyyy/status/736837165707976705

 - 日常・生活

ページ
上部へ