日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

親が離婚した場合の相続はどうなる?

      2018/05/20

親が離婚した場合の相続はどうなる?

親が離婚した場合の相続はどうなるのでしょう。離婚した配偶者が亡くなったらその相続人は誰になるのでしょうか。今回は親が離婚した場合の財産の相続について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

子宮の位置が左に傾いていると妊娠しない?

不妊治療は大変ですね。いろんな要素が絡んでいます。子宮の位置...

理想のテレビは何インチ?6畳部屋の場合

テレビのサイズはどのように選んでいますか?部屋の大きさによっ...

何が違う!?農協と銀行の違いとは

お金を預ける機関には銀行の他に農協などがあります。この銀行と...

胆石の治療で手術に!術後の食事はどうなる?

胆石は胆汁の成分が固まってでき、手術となる場合は胆嚢の摘出手...

水が沸騰すると泡ができるけれど、その正体は?

水が沸騰すると、鍋肌に泡ができますね。ぐらぐら沸騰した時に底...

女性におすすめのマッサージ!オイルマッサージの効果とは

女性におすすめのマッサージにオイルマッサージがあります。オイ...

契約社員ってどんな働き方か知っていますか?退職は期間途中でもできる?

同じ会社の中でも、正社員、契約社員(準社員)、パート・アルバ...

就活の電話を無視したら不利になります

非通知電話に出たくない心理はわかります。しかし、企業から就活...

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

スポンサーリンク

親が離婚した場合、子供への財産の相続はどうなる?

相続については,「被相続人の子は,相続人となる。」と定められています。
法律上,単に子どもであれば,親権がどちらにあるかにかかわらず,親の相続人となるのです。
離婚をしても,離縁をしない限り,親子であることには変わりませんので,子どもは親権者でない親の財産を相続することができます。

親権というのは,未成年者の財産を管理する権利(財産管理権)と,未成年者を監護・養育する権利(身上監護権)から成っています。
親権は,あくまで未成年者の心身の未熟さを保護し,未成年者の健全な発育を促すための権利です。

いっぽう,民法の定める相続制度は,被相続人が築いた財産は,血縁者になるべく受け継がせようという趣旨に基づくものです。
このように,親権と相続制度はそれぞれ異なる考え方を背景にしているので,互いに関連する関係にはないのです。

引用元-弁護士が教えるパーフェクト離婚ガイド

離婚した配偶者が再婚して子供ができた場合の相続

それでは離婚した配偶者が再婚し、子どもができた場合はどうでしょうか?

■再婚した者がいなくなっている場合

子どもも相続できる権利があります。再婚した者との間の子どもと自分の子どもだけで相続します。
割合は均等ですから、再婚後に2人、自分との間に2人子どもがいる場合、それぞれ25パーセントずつ相続する権利があるのです。

■再婚した者が生きている場合

再婚した者が現在の配偶者ですから、その者が相続財産の半分を相続する権利があります。
子どもは残りの半分をその人数によって均等に相続する権利があります。

このように、再婚しても再婚後に子どもが生まれても子どもの相続する権利はそのまま残っているのです。
再婚した場合、元配偶者の財産を把握することは困難でしょうが、子どもは正当な相続人ですからしっかり主張していくことになるのです。

引用元-UpIn

再婚相手の連れ子は相続人とはならない

養子縁組と相続

離婚しその後再婚する際に子供がいた場合(いわゆる連れ子さん)はどうなるのでしょうか?

もしお互い再婚の場合、再婚する男性に先妻との間にお子さんがおられたり、その男性との間にお子さんが生まれれば、男性(夫)が亡くなった時の相続人は、妻とこれらの子供達ですが、奥さんの連れ子さんはあくまでも「妻の子」であって、夫と養子縁組(普通養子)していないと相続人となりません。
もし、夫と連れ子さんが養子縁組していていれば、その養子の法定相続分は実子と同じです。
また、養子は養親の相続人にもなりますが、一方で実親(妻からみれば別れた前の夫)の相続人にもなります。※1
なお、養子縁組による親子関係は、離縁することで解消され、相続関係もなくなります。

※1 特別養子縁組の場合は、実親との間に親子関係は無くなりますので、実親に対する相続権も無くなります。

引用元-相続のお勉強

離婚後、親と交流がなくても相続の権利はある

相談者は26歳
相談者の父と母は10年前に離婚しています。父の子供は私と弟の二人だけです。
離婚して私と弟は母に引き取られて暮らしてきました。
父と母の離婚後、私達子供は父との交流はありませんでした。

叔父から、「父が亡くなった。葬儀もすべて終わっている」と連絡があった。
その叔父から「今はバタバタしているから、1ヶ月くらいは来るな!」といわれた。

法律と現実の狭間でゆれる遺産相続トラブルですね。

この場合、法律上の法定相続人は子供たちだけになります。
※離婚していますから、元妻は法定相続人にはなれません。
ですから、父方の親族は関係ない!といえば関係ないのですが・・・・

しかし、親の離婚後は一切の交流の無かった子供

10年もの間、実の子供であっても顔を合わすこともなかった親子これが、特殊なケースといえるでしょうか?
これだけ離婚や再婚が増えている今の日本ではもう珍しくありません。

ただ、心情的にはたとえ血の繋がった親子といえども10年以上もの間一切交流がなければ関係性は薄れてしまうのも事実!
その間、お父さんがどんな暮らしをしてきたか?子供達も知らないでしょう・・・・
父方の親族としても、子供の存在は知っていても、もはや他人同然の存在になっていたかもしれません。

ただ、法律上は相続人は子供達だけです

いくら父方の親族といえども、明らかに越権行為であり子供達はそれに異議を唱えることもできます。

土地や建物など不動産や銀行預金などは相続手続きが必要ですから、もし万一父方の親族が勝手に処分や手続きをしようとしても、それはできません。
また、後からそのことを調査することも可能です。
銀行に行けば、今までのお金の流れを確認することもできます。

まあ、そんなに大きな金額を家に置いておくなんて非現実的ですから心配しなくてもよいかもわかりません。
しかし、骨董品や美術品などの動産は勝手に父方の親族が隠してしまえばわからなくなります。
また、遺言書も自筆遺言書なら隠すことも可能ですよね。
また、先に述べた銀行預金もその支店などがわからなければ調査にも骨が折れます。
やはり、こうなると弁護士などの専門家の力を借りざるおえないと思います。

引用元-実家相続介護問題相談所

トラブルを避けるために遺言書を

遺言書を必ず作成しましょう

「離婚して縁が切れた」ことによって、その子供の相続権は無くなったと勘違いされている方もいらっしゃるのかもしれません。
しかし、両親が離婚しても、親子の縁が切れることはありません。

遺産相続でもめる可能性が少しでもあると考えられる場合には、遺言書の作成をすることで相続人の負担を軽減しようと努めるのが最低限の義務だといえます。

誰が遺産相続をするかを遺言により指定しておけば、遺産分割協議書を作成すること無しに、銀行預金の解約(名義変更)手続きや、不動産の相続登記をすることも可能です。

この場合でも、実子には遺留分がありますから、遺留分減殺請求を受ける可能性はあります。
それでも、遺言書を作成しておかないのに比べれば大きな違いがあります。

引用元-司法書士高島一寛のブログ

まとめ
離婚したとしても血のつながりのある子供には財産を相続する権利があります。権利はきちんと主張した方がいいでしょう。

twitterの反応


https://twitter.com/monmom1122/status/730996277081608192


https://twitter.com/MysteriousNang/status/650649770101374977

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ