日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

排卵誘発剤の注射の痛みはどのくらい?

      2018/05/21

排卵誘発剤の注射の痛みはどのくらい?

不妊治療を行う場合、はじめは自然周期のタイミング法を試します。その結果が出ないときは排卵誘発剤を用いたタイミング療法へうつっていくようです。排卵誘発剤の注射の痛みはどのくらいなのでしょうか。今回は排卵誘発剤について調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思いま...

働く日は週3日必要!?パートで保育園に預ける場合

保育園に子供を預けて働く場合、パートでも預けることはできるの...

子供の習い事の送迎で友達とトラブル

子供が習い事をする場合、欠かせないのが送迎です。中には一人で...

簿記の資格を取りたい!勉強はどんな場所でするのがおすすめ?

簿記の資格を取得するために、独学で勉強している人は多いのでは...

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時...

日本は税金をとりすぎ!?外国と比べらどう?

日本に住んでいる人は、国に定められた様々な税金を払っています...

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は...

大学院の試験に向けてどんな勉強をしたらいい?

大学院の試験はどのようなものかあまり知られていないようです。...

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下しま...

警察の番号はなぜ110番?かけるときの注意点

事件や事故などに遭遇した場合は、警察に連絡をしますね。警察の...

奨学金の返済が残っているけど結婚出来る?

大学時代に奨学金を借りて通っていた人は多いのではないでしょう...

マイナンバーを職場に出すときはどうする?通知カードのコピーは可?

勤務先で、社会保険や年末調整の手続きをするときはマイナンバー...

手術中に麻酔が切れる!?切れた場合の影響とは?

手術をする場合は、手術によっては局所麻酔か全身麻酔をかけます...

パソコンを廃棄する時は注意!HDDはどうしたらいい?

パソコンを廃棄するときは、パソコンの中のデータを消さないとい...

親が再婚したら子供の苗字はどうなる?変わる場合と変わらない場合

親が離婚した場合、子供の苗字はそのままでは変わることがありま...

ディズニーランドのチケットの種類とは?日にちの変更は可能?

ディズニーランドに入園するには当然チケットが必要になります。...

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

ドラムの練習は自宅ではなかなか難しいですね。しかし何事も練習...

神社を参拝するのに適した時間は?夕方はどう?

神社を参拝するときの参拝の作法を知っている人は多いと思います...

ディーゼルとガソリンを間違えて入れるとどうなる?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いを知っていますか?...

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこ...

スポンサーリンク

不妊治療について

不妊治療といえば、女性が我慢して痛い注射のために通院する・・・そんなイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?

不妊治療のはじめのステップ、タイミング法で使われる注射とは何のためにどのくらい打つ必要があるのか、あらかじめ知っておくことで不安を取りのぞいておきましょう。

タイミング法では必ずしも注射をうつ必要はない

不妊治療の入口にあたるタイミング法では、注射は必須ではありません。

もちろん、治療と並行して行わる採血検査では注射針を腕に刺す必要はありますが、これは健康診断での採血検査をイメージしておけばよいでしょう。

自然周期でのタイミング法

自然周期でのタイミング法は、医師が排卵日を予測してタイミングをアドバイスするという非常にシンプルなものです。

不妊治療といっても「治療」らしいことはほとんどなく感覚としてはからだのサイクルの「観察」に近いものかもしれません。

自宅でなかなか授かることができなくてもこの方法でうまくいくカップルも少なくありませんから、できるだけ自然な妊娠を希望するカップルには適した方法です。

排卵誘発剤を用いたタイミング法

それに対して下記の場合には注射を含む排卵誘発剤を用いたタイミング療法を試してみることになります。

1.基礎体温のグラフなどから無排卵や排卵障害が疑われる場合。

2.きちんと排卵がある人でも、低温期が長かったり、 高温期への移行に時間がかかったり、高温期が短いといった場合。

3.自然周期でのタイミング法を何度か試しても結果が出ない場合の次のステップとして。

排卵がある場合でも排卵誘発剤を使用すると統計的に妊娠率が上がると言われています。
理由としては通常左右どちらかでひとつの卵胞が大きく育って排卵するのに対し、排卵誘発剤を用いた場合は2つから3つ排卵する場合があってチャンスが増えること、時間をかけず適切な時期に排卵可能な大きさに育つため卵子の質も良くなること等が挙げられています。

引用元-妊活ラボ

排卵誘発剤の注射の種類①

HMG法とは?

HMG注射に使われている成分はhMG(ヒト閉経ゴナドトロピン)という閉経後の女性の尿から作られる「性腺刺激ホルモン」の一種です。
いくつかの製剤がありますが、服用する錠剤タイプのものはないので全て筋肉注射という形になります。

卵巣を刺激して卵胞を成熟させる効果があります。
HMG療法の排卵誘発率は約70%程と、比較的有効ですが、副作用があることが大きな課題点になっています。

HMG法の主な副作用としては?

OHSS(卵巣過剰刺激症候群)の発生の可能性があります。
OHSSは腹痛や、腰痛、急激な体重増加、吐き気、尿量減少、下痢、腹水・胸水などの症状を引き怒起こすケースが確認されています。
個人差はありますが、多胎妊娠の発生確率が10~20%程、高くなってしまう恐れがあります。

引用元-不妊治療パートナー

排卵誘発剤の注射の種類②

HCG法とは?

HCG(ヒト絨毛性ゴナドトロピン)とは妊娠が成功すると急速に分泌される糖タンパク質のことで、ヒト絨毛性ゴナドトロピンたんぱく質を構成するアミノ酸分子は237このアミノ酸分子であるとされています。

妊娠時に、子宮に生成される胎盤から抽出された「性腺刺激ホルモン」と呼ばれるホルモンのことを指します。

HCGは卵胞ホルモンや黄体ホルモンの分泌を促すため、HCG療法ではこれらの作用を利用して治療に使います。

HCG注射の治療目的は、大きく「排卵の誘発」と「黄体ホルモンの補充」目的の2つで使用されるケースがほとんどです。

※HCGの投与後、24~36時間ほどで排卵が起きるので、その期間中にタイミングを合わせることで妊娠の確率を上げます。
※高温期中(排卵後)にHCGを投与することで、妊娠の継続を維持できるようにします。

HCG法の副作用

卵胞に直接作用するため、女性特有の体調不良やOHSS症候群を発症する場合があります。
※10代20代の女性はホルモン分泌が活発なため、HCG注射によって排卵誘発作用が強く働くため、OHSSが多く発症する傾向があると言われています。
※体系的には“痩せ型”の人に発症傾向が高く、“多嚢胞性卵巣症候群”を患っている人の場合は更に発症リスクが高くなる傾向にあります。

引用元-不妊治療パートナー

排卵誘発剤の注射の痛みとは

排卵誘発剤の注射は痛いと感じる人が多い

排卵誘発剤であるhMG製剤は、尿からホルモンを抽出して精製されています。
タンパク質が含まれているため、アレルギー反応を起こすこともあるといわれているため注意が必要です。
また、注射した部分に腫れや発赤がみられることや、注射時に痛いと感じる人が多いといわれています。
では、なぜ痛いと感じる人が多いのでしょうか。

製剤の粘度が高いため注射が痛いことが多い

排卵誘発剤の注射は直接的に卵巣に作用して、卵胞の発育を促進する効果があります。
また、排卵が正常にある人でも、妊娠率を高めるために使用される場合もあります。
排卵誘発剤として使用されるhMG製剤には、卵胞刺激ホルモン(FSH)と黄体化ホルモン(LH)の両方が含まれているもの、LHをほとんど含んでいないものがあり、排卵の状態によって使い分けられています。
月経開始3~5日後から注射を開始し、7~10日間、毎日投与します。
筋肉注射で製剤の粘度が高いため注射時に痛いことが多く、注射後も痛い状態がしばらく続くことがあります。

hCG注射も痛いことが多い

一方、hCGは黄体化ホルモン(LH)の作用をもち、直接卵巣を刺激して黄体ホルモンの分泌を促進する働きがあります。
そのため、hMG注射によって卵胞が発育したところで、hCGの注射を行います。
これによって卵胞が破裂して排卵を起こすのですが、筋肉注射によって投与するため、痛い状態がしばらく続くことがあります。

引用元-メディシル

注射の痛みの程度は日によって違うことも

私の場合、黄体機能不全で、タイミング法での治療を行い、黄体ホルモンの補充は経口薬でしたが、それでも排卵日を確実にするために毎月HCGを注射していました。

注射される部位はお尻で、痛みの程度は正直、その時によって違いがありました。
痛くない時は、針が刺さったのはわかったという程度です。
痛いときは、思わず「うっ!」という声が出てしまい、薬剤を注入されている間ずっと痛みました。
また、痛いと感じた時は、患部に若干熱いという感覚もあったように思います。

しかし、転げまわるほどの痛みではなく、痛みは注射を打ち終われば治まりますので、それほど恐れる事はありません。
痛いのか痛くないのかは、注射してくれる看護師さんの腕もあるでしょうし、注射する場所にもよると思います。
ですからある意味運任せという事になってしまいます。

しかし1点だけ、お尻に力が入ってしまうと痛いと看護師さんがおっしゃっていたので、注射を受けるときは緊張せず、リラックスするのが一番でしょう。

また、注射中にしびれが起こるような場合は、針が神経に触ってしまっている可能性などがあるので、その場で看護師さんに言ってください。

引用元-不妊治療ブログ ~私が妊娠できた方法0から教えます

痛みを乗り越える方法は

とにかく痛い(痛がりなんですー!)そして液が硬いのでしっかり揉まないと、硬くなってしばらくしこりになります。

会社の合間に行っている自分にはそんな時間ありませんでしたが、時間のある人は可能な限り揉んで下さい!
しかも、何日も通うので、右肩、左肩、右のお尻、左のお尻と、場所を変えてしていても、痛みは残ります。
まだしこりの残った痛みのある所に更に筋肉注射をブスリ・・・。
余計にしこりができて、熱まで持ってしまうけどそれしかないのでしょうがなく受けていると
その4箇所がボッコボコになってしまいまるでDVを受けた人のよう・・・(笑)

さらに、卵子の成長が悪いとその液が増える、恐怖のオプションつきです。
ただね、これ、出産の痛みや赤ちゃんに会える事を考えると我慢できるのが女の強いところ。

「終わりはある!」と信じて頑張って下さい。
治療は辛い事ばかりですが、きっと赤ちゃんが来てくれるという思いが、この辛さの支えになってくれますよ♪

引用元-35歳からの妊活ラボ

まとめ
排卵誘発剤は痛いと感じる人が多いようです。なるべくリラックスをして受けた方が痛みが軽減されるようです。

twitterの反応

 - 美容・健康

ページ
上部へ