日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

赤ちゃんの頭が大きいと言われたら?

      2018/05/22

赤ちゃんの頭が大きいと言われたら?

妊娠中に赤ちゃんの頭が大きいと普通分娩が出来ずに帝王切開になる事があります。また、乳児健診で頭が大きいと指摘されることがあります。赤ちゃんの頭の大きさは、両親の頭が大きいと似る可能性があります。むやみに心配する必要はありません。体の大きさとのバランスを比べて極端に大きい場合は検査をしてみましょう。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思いま...

働く日は週3日必要!?パートで保育園に預ける場合

保育園に子供を預けて働く場合、パートでも預けることはできるの...

子供の習い事の送迎で友達とトラブル

子供が習い事をする場合、欠かせないのが送迎です。中には一人で...

簿記の資格を取りたい!勉強はどんな場所でするのがおすすめ?

簿記の資格を取得するために、独学で勉強している人は多いのでは...

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時...

日本は税金をとりすぎ!?外国と比べらどう?

日本に住んでいる人は、国に定められた様々な税金を払っています...

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は...

大学院の試験に向けてどんな勉強をしたらいい?

大学院の試験はどのようなものかあまり知られていないようです。...

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下しま...

警察の番号はなぜ110番?かけるときの注意点

事件や事故などに遭遇した場合は、警察に連絡をしますね。警察の...

奨学金の返済が残っているけど結婚出来る?

大学時代に奨学金を借りて通っていた人は多いのではないでしょう...

マイナンバーを職場に出すときはどうする?通知カードのコピーは可?

勤務先で、社会保険や年末調整の手続きをするときはマイナンバー...

手術中に麻酔が切れる!?切れた場合の影響とは?

手術をする場合は、手術によっては局所麻酔か全身麻酔をかけます...

パソコンを廃棄する時は注意!HDDはどうしたらいい?

パソコンを廃棄するときは、パソコンの中のデータを消さないとい...

親が再婚したら子供の苗字はどうなる?変わる場合と変わらない場合

親が離婚した場合、子供の苗字はそのままでは変わることがありま...

ディズニーランドのチケットの種類とは?日にちの変更は可能?

ディズニーランドに入園するには当然チケットが必要になります。...

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

ドラムの練習は自宅ではなかなか難しいですね。しかし何事も練習...

神社を参拝するのに適した時間は?夕方はどう?

神社を参拝するときの参拝の作法を知っている人は多いと思います...

ディーゼルとガソリンを間違えて入れるとどうなる?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いを知っていますか?...

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこ...

スポンサーリンク

赤ちゃんの頭が大きいと帝王切開になる?

基本的に胎児の頭が大きい場合、分娩時は大丈夫なのかと心配になりますね。頭が大きいせいで、子宮口を通れないのではと考える方もいると思います。その場合に注意してほしいのが、赤ちゃんの頭の大きさだけではなく、ママの骨盤の大きさと形です。

古くから「お尻が大きい妊婦さんは安産型」などといわれますが、これはまんざら嘘でもなくママの骨盤の大きさによって分娩がスムーズに行くかどうかがわかります。いくら頭の小さい赤ちゃんでも、ママの骨盤の幅が狭いと赤ちゃんの頭や肩が引っかかって難産になるケースがあります。つまり、「頭が大きい=難産になる」というわけではありません。頭が大きくてもそれにあわせてママの骨盤が広ければ分娩もスムーズに進みます。ただ、他の赤ちゃん同様に分娩時にトラブルがあれば、鉗子分娩や吸引分娩、帝王切開になる可能性はあります。

胎児の頭が大きい場合も説明がなければ心配ない

赤ちゃんの体格とお母さんの骨盤の大きさがあわないかどうかは妊婦健診でわかります。もし難産が想定されるほどに赤ちゃんの頭が大きい場合は、事前に医師から説明があるものです。帝王切開の可能性を検討するなど、難産のリスクを回避するための準備が進められます。そのため、妊娠後期に入っても分娩について特別な説明がなされていないのであれば、過度に心配する必要はありませんよ。むしろ赤ちゃんがきちんと成長してくれているんだなとポジティブに考えて、安心して残り少ないマタニティライフを楽しんでください。

引用元-こそだてハック

赤ちゃんの頭が大きいと指摘されたら病気の疑いもあります

測り方は、おでこの一番出ている部分と後頭部の一番出ている部分を通るようメジャーで測ります。

下記のサイズ表記は、赤ちゃんの平均的な頭囲のサイズです。

生後0ヶ月:男児 33.5cm、女児 33.1㎝
生後1ヶ月:男児 37.7㎝、女児 36.7㎝
生後6ヶ月:男児 43.9㎝、女児 42.7㎝
   1歳:男児 46.5㎝、女児 45.5㎝

母子手帳にも記載されていますが、頭囲の平均サイズはあくまで目安ですので、これより多少大きかったり小さくても問題ない場合もあります。

頭が大きい原因

赤ちゃんの頭が大きい原因としては、両親のどちらかが大きかったりするなどの遺伝的なこともあります。また、健康な赤ちゃんでも生後1~2年は、脳の液が脳の表面に溜まりやすい時期があるため、頭が大きいからといって必ずしも病気の可能性が高まるという訳ではありません。

頭の大きさからみる病気の可能性

頭囲が平均サイズよりも大きくなると何かの病気なのでは?と心配にもなりますよね。頭が大きいことから考えられる病気は、「大頭症」と呼ばれる病気があります。また、身長や月齢に対して極端に頭が大きい場合には「水頭症」が疑われます。これは、脳の内側に髄液が溜まる病気です。そのほか、ごく稀に脳腫瘍の可能性があります。頭囲が平均よりも大きく病気の可能性を疑う場合には、CTやMRIにて精密検査を要します。

引用元-mamari

赤ちゃんの頭が大きいことで疑われる病気

脳の病気の可能性もあります

月齢に対する成長曲線の最大値から大きく外れるような数値が出た場合、大頭症や水頭症、脳腫瘍などの可能性が疑われ、医師の判断によってはCTやMRIによる脳の検査を行うこともあります。

ただし、成長曲線内におさまっている中で「頭が大きいね」と言われた場合は、あまり不安がる必要はありません。その後の成長経過をしっかりと観察して、成長曲線から大きく逸脱しないようであれば、頭のサイズが大きい子供である、ということになります。

また、頭のサイズは遺伝的な要素もありますので、両親のどちらかの頭が大きければ、赤ちゃんの頭のサイズも大きくなる可能性もあります。頭のサイズが少々大きくても、成長曲線から大きくハズレておらず、成長曲線の目安ラインと変わらないような成長の仕方であれば、あまり問題視しなくてもいいでしょう。

注意したいのは、成長曲線の目安ラインよりも急激に大きくなっていたり、成長曲線の上限より大きく外れているようなときは、一度医師に相談してみるといいでしょう。

検査と治療法

もしも脳の病気を疑われた場合は、まずCTやMRIでの画像検査が行われます。

頭囲が大きい場合に疑われる脳の病気としては
・水頭症
・硬膜下水腫
・硬膜下血腫
・膜嚢胞
・脳腫瘍
・ソトス症候群

以上のような病気の疑いが持たれます。いずれにしてもCTやMRIなどの画像診断で、多くの場合は発見できるものです。治療法に関しては多くの症状が脳外科手術にて直接原因を取り除くこととなりますが、症状によっては経過観察などの場合もあります。

引用元-cuta

赤ちゃんの頭が大きい病気の一つに水頭症があります

乳児期の主な症状

▶頭囲が異常に大きいまたは急に拡大してくる
▶大泉門(額の上部にある骨と骨のつなぎ目)が膨らむ
▶こめかみ当たりの血管が脈をうつ
▶母乳やミルクがむせる、嘔吐
▶首がなかなか座らない
▶落陽現象(黒目が引っ張られるように下まぶたの中に入り込む)
▶不機嫌
▶ぼーっとしたり眠たそうにばかりする

このような症状が見られたら、水頭症の疑いがあります。

ところが頭は成長と共に大きくなり、頭の骨もだんだんと硬くなるため、幼児期~学童期の頭蓋骨も固まってきた頃に発症した場合は、頭蓋骨は赤ちゃんの時のように大きくならずに脳の圧は高くなってきます。

そのため水頭症の症状は年齢によって変わってきます。

幼児期以降の主な症状

▶頭痛
▶嘔吐
▶けいれん、手足の突っ張り、まひ
▶視力低下や物が二重に見れるなどの視力障害
▶イライラ、学力低下、知的障害
▶意識障害

などが見られ、乳児期とは違った症状や障害を伴うこともあります。

ところが症状に気が付かないことがあり、脳圧によって神経が圧迫されるための視力低下や身体の障害として発症し、はじめて水頭症と分かることがあります。

このように水頭症の症状は「年齢と共に変わって来る」ことを知っておく必要があります。

引用元-ミナカラ

赤ちゃんの頭が大きい病気の一つに硬膜下血腫があります

硬膜下血腫とは、脳の表面に血液が溜まる病気です。転んだりして頭をぶつけた時などに、しばらくたってから血腫(血が溜まって腫れあがる状態)ができます。

子供の場合は、視野が狭く転びやすかったり、お友達とぶつかったりと頭を打つケガをよくしますよね。特に2歳以下の幼児の場合、軽く頭をぶつけただけでも硬膜下血腫になりやすいので注意が必要です。乳幼児のケガは家の中で起こることが多いのですが、親も家の中ではついつい目を離してしまいがちですので気を付けましょう。

硬膜下血腫はケガをした直後にはわからず、しばらくして気づくことがあるため、頭を打った後24時間程度は子供の様子を注意深く観察してくださいね。心配な場合は病院を受診しましょう。また、頭のケガで以下のような症状がみられた場合は、すぐに病院を受診してください。

すぐに受診すべき頭のケガ症状

・嘔吐を繰り返す
・泣かずに意識障害がある
・意識障害・けいれんの症状がみられる
・鼻漏や耳漏がある
・呼吸をしていない
ぐったりして顔色が青白い

引用元-マミー

まとめ
赤ちゃんの頭の大きさは両親からの遺伝もあります。むやみに心配することはないでしょう。

twitterの反応


https://twitter.com/sasaka1008/status/737518126384844805
https://twitter.com/xxx_txxx/status/730923670869184512
https://twitter.com/ayumiyg/status/730698010582093825


https://twitter.com/lovechang718/status/728509001122471936
https://twitter.com/tokuyuki0516/status/727865335127252992
https://twitter.com/Balloon_kt/status/727111742849847296
https://twitter.com/a_ya_n_0/status/732156198087073792

 - 美容・健康

ページ
上部へ