日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

手首の捻挫~応急処置から治療法まで

   

手首の捻挫~応急処置から治療法まで

手首は、足首、手指などと同様、捻挫の多い部位ですね。病院へは行かず、家で様子を見ることが多いと思いますが、応急処置をせずに放っておいたら、治癒するまでに時間がかかってしまったり、捻挫だと思っていたら、実は骨折していたりと、思わぬ結果になってしまうこともあり、注意が必要です。そんな捻挫の症状から、しておくと治りが早くなるという応急処置、そして病院での治療法まで調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防接種の料金はいくら?

冬になるとインフルエンザの予防接種を受ける人は多いかと思いま...

働く日は週3日必要!?パートで保育園に預ける場合

保育園に子供を預けて働く場合、パートでも預けることはできるの...

子供の習い事の送迎で友達とトラブル

子供が習い事をする場合、欠かせないのが送迎です。中には一人で...

簿記の資格を取りたい!勉強はどんな場所でするのがおすすめ?

簿記の資格を取得するために、独学で勉強している人は多いのでは...

彼氏との記念日のプレゼントに手作りアルバムを作ってみよう!

彼氏との記念日には特別なプレゼントを贈りたいですね!そんな時...

日本は税金をとりすぎ!?外国と比べらどう?

日本に住んでいる人は、国に定められた様々な税金を払っています...

介護の仕事は大変!男性の場合いつまで働ける?

介護の仕事には昔は女性が就くことが多かったようですが、最近は...

大学院の試験に向けてどんな勉強をしたらいい?

大学院の試験はどのようなものかあまり知られていないようです。...

白内障の手術は怖い?どんな手術をする?

白内障は高齢の方に現れやすい現象で、進行すると視力が低下しま...

警察の番号はなぜ110番?かけるときの注意点

事件や事故などに遭遇した場合は、警察に連絡をしますね。警察の...

奨学金の返済が残っているけど結婚出来る?

大学時代に奨学金を借りて通っていた人は多いのではないでしょう...

マイナンバーを職場に出すときはどうする?通知カードのコピーは可?

勤務先で、社会保険や年末調整の手続きをするときはマイナンバー...

手術中に麻酔が切れる!?切れた場合の影響とは?

手術をする場合は、手術によっては局所麻酔か全身麻酔をかけます...

パソコンを廃棄する時は注意!HDDはどうしたらいい?

パソコンを廃棄するときは、パソコンの中のデータを消さないとい...

親が再婚したら子供の苗字はどうなる?変わる場合と変わらない場合

親が離婚した場合、子供の苗字はそのままでは変わることがありま...

ディズニーランドのチケットの種類とは?日にちの変更は可能?

ディズニーランドに入園するには当然チケットが必要になります。...

ドラムの練習はどうやったらいい?初心者におすすめの方法

ドラムの練習は自宅ではなかなか難しいですね。しかし何事も練習...

神社を参拝するのに適した時間は?夕方はどう?

神社を参拝するときの参拝の作法を知っている人は多いと思います...

ディーゼルとガソリンを間違えて入れるとどうなる?

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの違いを知っていますか?...

甲状腺に異常が起きるとでる症状とは?咳がある場合は?

甲状腺は、身体のホルモンの調整を行う、重要な器官です。もしこ...

スポンサーリンク

手首を捻挫した時の症状

腫れ

捻挫した箇所が腫れる事は良く見られる症状です。左右の手首を見比べて、明らかに痛めた方が腫れている場合は注意が必要です。腫れの原因としては、手首の関節の部分にある靭帯が損傷してしまい、内面にある滑膜層が炎症を起こしてしまうからです。

炎症を起こした際に処置が不適切なものだった場合、腫れが悪化したり、慢性化する事によって関節の変形を引き起こしたりしますので注意が必要です。

熱を持つ

炎症があると患部が熱を持ちますので、この場合は熱を取る為に患部を冷やしてあげる事が大切です。あまり冷たすぎるのも良くありませんので、氷水の温度(0度程)がベストです。

痛み

応急処置をしても痛みが引かない場合、または痛みが増してくる場合は要注意です。患部をなるべく動かさないようにして、すぐに医療機関を受診するようにしましょう。

内出血

手首の靭帯が損傷してしまい、靭帯が切れてしまった場合には内出血が起こる場合があります。内出血をしている場合には明らかに捻挫した箇所が青黒くなったりして、皮下出血が広がっていることが目で確認出来ます。

この場合には患部を固定する事が大切です。固定する事で内部の傷口の出血を抑える事ができます。これを怠った場合には靭帯の再生を妨げて、関節の修復にも時間がかかってしまいます。

引用元-ヘルスケアPOCHET

捻挫と骨折の見分け方

骨折の場合でもこれらと似たような症状が出ますが、骨折との見分け方としては、
①明らかに変な方向で骨が曲がっている
②骨折した場所で骨同士が振動しているような感覚がある
③骨折箇所がずれたり曲がっているように見える
④動かすと痛むが安静にしていると、痛みがない
などが挙げられます。

引用元-ヘルスケアPOCHET

手首を捻挫したときの応急処置

熱をもっているのは、患部が炎症を引き起こしている証拠ですので、放置せずに応急処置を施す必要があります。『応急処置が適切で、早かったので、怪我が軽く済んだ』というケースは数多く見られるので、適切な応急処置で、捻挫が悪化するを防止しましょう。

応急処置の原則は、手首だけではなく、捻挫全てについて同じです。R(安静)・I(冷却)・C(圧迫)・E(拳上)の4原則が基本になってきます。 手首に特化した情報を加えながら、説明したいと思います。

■R(安静)

机のように腕の体重を預けられる所で、安静にできる姿勢を取りましょう。この時に氷水を入れた袋を準備しておきます、氷嚢があるとベストです。

■I(冷却)

捻挫は炎症なので、アイシングをすることです。良く間違えていることは、、コールドスプレーだけで対処してしまうことです。コールドスプレーは一瞬しか表面しか冷やせないので、必ず氷水の入った袋でしっかりと冷やしましょう。「氷」ではなく、必ず、氷の入った「氷水」であることを間違得ないでください。0℃であることが絶対条件で、冷たくし過ぎは、良くないからです。

■C(圧迫)

最低でも20分以上は「氷水」で冷やしながら、病院に向かうと良いでしょう。その際は、ハンカチなどの柔らかい布をあてて、その上からきつく巻き過ぎないように包帯を巻くとベストです。

■E(拳上)

患部は、心臓より上に保ち、血液が患部にいかないようすることが大切です。手は普段、下におろしていることは多いので、ついつい下ろしたくなってしまいますが、内出血を防ぐためにも心臓より上に保って置く様に注意しましょう。

引用元-病人目線の病気解説

病院で治療をしてもらう目安

「病院に行くほどではない」「それほど腫れていないし、痛みもないから骨折しているわけではなさそう。セルフケアで十分」と思う方もいるかもしれません。

そこで、整形外科にかかるべき判断基準をチェックしてみましょう。少しでも該当する方は、受診をおすすめします。

・痛み、腫れがひどい
・足首が変形している
・足首がぐらぐらして不安定 (受傷直後は痛みと腫れがひどいため、わかりにくい
 こともある)
・痛み・腫れ・内出血がひどい、足を動かせない、体重をかけられない、足がしび
 れる(骨折の疑いあり)
・24時間以上経過しても足首に体重がまったくかけられない
・72時間以上経過しても体重があまりかけられない
・早期に本格的なスポーツへの復帰を望んでいる場合

引用元-治療院ギルド

捻挫が完治するにはどれくらいの期間が必要?

治療期間の目安としては、次のように言われていますが、これはあくまで目安であり、個人差がありますので、医師の指示を仰ぐことが大切です。。

・1度(軽度・押すと痛む)  ・・・・~14日間
・2度(中度・動かすと痛む)・・・14~1ヶ月間
・3度(重度・動かせない程痛む) ・・・1ヶ月間

捻挫は、癖になりやすいので、早めの確りした応急処置を施して専門医に罹り、癖にならないように、完治するまで確り治療することが需要です

引用元-病人目線の病気解説

病院ではどんな治療をする?

捻挫で整形外科を受診すると、程度に応じて、次のような方法で治療が行われます。
・応急処置(RICE処置法など)
・手術による治療
・手術以外の保存的治療(運動療法・物理療法・薬物療法)
・必要に応じて、テーピング、松葉杖などの補助具の貸し出し

引用元-治療院ギルド

まとめ
今まで、捻挫は何度かしてきましたが、セルフケアではなく、病院へ行かなければならない事例もようですね。また、応急処置の仕方があいまいだったので、勉強になりました。

twitterの反応


https://twitter.com/y512730m/status/738687362507513856


https://twitter.com/ginko0330/status/714537139204071426

 - 美容・健康

ページ
上部へ