日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

発達障害の子供について学ぼう!教育の仕方が大事

      2018/05/28

発達障害の子供について学ぼう!教育の仕方が大事

2000年以降、日本では発達障害の可能性がある子供が増えています。発達障害という言葉は広く知られていますが、症状は様々なため、周りの人が気づかないケースも多いようです。実際に自分の子供がそうであると気づくきっかけは何なのでしょうか?また、発達障害をもつ子供への教育方法はどうすればいいのでしょうか?これは、発達障害を知る入門編です。※表記の統一のため、この記事では障がいを「障害」と表記しています。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

就活の電話を無視したら不利になります

非通知電話に出たくない心理はわかります。しかし、企業から就活...

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

スポンサーリンク

発達障害を知ろう!

生まれつきの特性で、「病気」とは異なります

発達障害はいくつかのタイプに分類されており、自閉症、アスペルガー症候群、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害、チック障害などが含まれます。
これらは、生まれつき脳の一部の機能に障害があるという点が共通しています。同じ人に、いくつかのタイプの発達障害があることも珍しくなく、そのため、同じ障害がある人同士でもまったく似ていないように見えることがあります。個人差がとても大きいという点が、「発達障害」の特徴といえるかもしれません。

自閉症スペクトラム障害とは

現在の国際的診断基準の診断カテゴリーである広汎性発達障害(PDD)とほぼ同じ群を指しており、自閉症、アスペルガー症候群、そのほかの広汎性発達障害が含まれます。症状の強さに従って、いくつかの診断名に分類されますが、本質的には同じ1つの障害単位だと考えられています(スペクトラムとは「連続体」の意味です)。典型的には、相互的な対人関係の障害、コミュニケーションの障害、興味や行動の偏り(こだわり)の3つの特徴が現れます。

自閉症スペクトラム障害の人は、最近では約100人に1~2人存在すると報告されています。男性は女性より数倍多く、一家族に何人か存在することもあります。

注意欠如・多動性障害(ADHD)とは

発達年齢に見合わない多動‐衝動性、あるいは不注意、またはその両方の症状が、7歳までに現れます。学童期の子どもには3~7%存在し、男性は女性より数倍多いと報告されています。男性の有病率は青年期には低くなりますが、女性の有病率は年齢を重ねても変化しないと報告されています。

学習障害(LD)とは

全般的な知的発達には問題がないのに、読む、書く、計算するなど特定の事柄のみがとりわけ難しい状態をいいます。有病率は、確認の方法にもよりますが2~10%と見積もられており、読みの困難については、男性が女性より数倍多いと報告されています。

引用元-厚生労働省

注意欠如・多動性障害(ADHD)の特徴

■ 1.不注意(集中力が無い)

・忘れ物が多い
・何かやりかけでもそのままほったらかしにする
・集中しづらい、一方で自分がやりたいことや興味のあることに対しては、集中しすぎて切り替えができない
・片づけや整頓が苦手
・注意が長続きせず、気が散りやすい
・話を聞いていないように見える
・忘れっぽく、物をなくしやすい

■ 2.多動性(じっとしていられない)

・落ち着いてじっと座っていられない
・そわそわして体が動いてしまう
・過度なおしゃべり
・公共の場など、静かにすべき場所で静かにできない

■ 3.衝動性(考えずに行動してしまう)

・順番が待てない
・気に障ることがあったら乱暴になってしまうことがある
・会話の流れを気にせず、思いついたらすぐに発言する
・他の人の邪魔をしたり、さえぎって自分がやったりする

上記のような特徴のあらわれ方は人によって異なり、性別や年齢によっても大きく変わってきます。以下の通り、主に3種類の特徴の表れ方があります。
・不注意の特徴が強く表れる人(不注意優勢型)
・多動性と衝動性の特徴の2つが強く表れる人(多動性-衝動性優勢型)
・不注意、多動性・衝動性の3つの特徴が混ざり合って表れる人(混合型)


引用元-LITALICO 発達ナビ

アスペルガー症候群の特徴

一見しただけではその人がアスペルガー症候群かどうかは気づきにくく、本人も自覚していない場合もあります。アスペルガー症候群の人によく見られる10個の特徴を紹介します。

1. 明確な指示がないと動けない
2. 場の空気を読んだり、その場の空気に沿った対応が苦手
3. 冗談が通じず、会話の行間や間を読むことが苦手
4. 曖昧なことを理解するのが難しい
5. 好きなことには集中してやり続ける、話し続ける
6. スケジュール管理が苦手
7. 自分が興味のないことは頑なに手を出そうとしない
8. 急な変更にうまく対応できず、だまされやすい
9. 名前を呼ばれないと自分だと気が付かない
10. 相手の気持ちを慮れない、人を傷つけることを平気で言う

上記に付随した細かな症状が他にいくつもありますが、基本的には自分以外の何か(人や物事)にうまく共感できない、言い回しが不適切などのコミュニケーションにおける困難さが主な症状となります。一方で、一度興味を持った物事に対しては、異常なほどのこだわりや集中力、記憶力を発揮する場合もあります。さらに、アスペルガー症候群だけではなく、ADHDなど、他の障害の症状を持ちあわせている場合もあります。

引用元-LITALICO 発達ナビ

現在の発達障害の子供への支援・治療・教育

自閉症スペクトラム障害

幼児期に診断された場合には、個別や小さな集団での療育を受けることによって、コミュニケーションの発達を促し、適応力を伸ばすことが期待できます。また、療育を経験することによって、新しい場面に対する不安が減り、集団活動に参加する意欲が高まります。言葉によるコミュニケーションに頼りすぎず、視覚的な手がかりを増やすなどの環境面の工夫をすれば、子どもの不安が減り、気持ちが安定し、パニックが少なくなることが期待できます。

早期に診断することは、親が子どもをありのままに理解し、その成長を専門家のサポートとともに見守っていくことに役立ちます。自閉症を治す薬はありませんが、睡眠や行動の問題が著しい場合には、薬の服用について医師と相談してみるのもよいかもしれません。

思春期以降になって不安症状やうつ症状が現れた場合には、抗不安薬や抗うつ薬を服用すると改善することがありますが、その場合にも、症状が現れる前に過度なストレスがなかったか、生活上の変化がなかったか等、まず環境調整を試みることが大事です。
また、幼児期から成人期を通して、身近にいる親や配偶者が本人の特性を理解していることがとても重要です。それによって本人が安心するだけでなく、親から教師、上司などに対し特性を伝えることによって、本人にふさわしい学校や職場環境が整い、支援の輪が広がっていきます。

成人を対象とした対人技能訓練や認知リハビリテーションを行っている施設は少ないですが、対人関係上の問題への対処方法を身につけるには有効です。地域の発達障害者支援センターが、自閉症スペクトラム障害者を対象にしたグループ活動を行っていることがあります。

注意欠如・多動性障害(ADHD)

幼児期や児童期に診断された場合には、薬物療法と行動変容、そして生活環境の調整が行われることが多いです。薬物療法としては、脳を刺激する治療薬であるアトモキセチンや塩酸メチルフェニデートという薬がおもに用いられます。どちらも脳内の神経伝達物質であるノルアドレナリンやドーパミンの不足を改善する働きがあります。現在のところ、日本では成人のADHDの人が服用できる治療薬はありませんが、将来は成人への処方も認められる可能性があります。

生活環境の調整としては、勉強などに集中しないといけないときには本人の好きな遊び道具を片づけ、テレビを消すなど、集中を妨げる刺激をできるだけ周囲からなくすことが重要です。また、集中しないといけない時間は短めに、一度にこなさなければいけない量は少なめに設定し、休憩をとるタイミングをあらかじめ決めておくことも効果的です。

自閉症スペクトラム障害と同様、親をはじめとする家族がADHDに対する知識や理解を深め、本人の特性を理解することが、本人の自尊心を低下させることを防ぎ、自分を信じ、勉強や作業、社会生活への意欲を高めることにつながります。

学習障害(LD)

学習障害の子どもに対しては、教育的な支援が重要になります。読むことが困難な場合は大きな文字で書かれた文章を指でなぞりながら読んだり、書くことが困難な場合は大きなマス目のノートを使ったり、計算が困難な場合は絵を使って視覚化するなどのそれぞれに応じた工夫が必要です。親と学校とが、子どもにある困難さを正しく理解し、決して子どもの怠慢さのせいにしないで、適切な支援の方法について情報を共有することが大事です。

引用元-厚生労働省

【学習例】ひらがな文字の読み書き

「読み」が苦手な場合(読みまちがいが多い、読むのに時間がかかるなど)、聞いたことを覚える力が弱いことがあります。

イメージと結びつけて覚えましょう。

聞いて覚えることが苦手なお子さまは、「い・い・い・・・」と文字をくり返す練習ではなく、「犬の『い』」のように、イメージと結びつけてひらがなを覚えることが有効です。絵本などのイラストを使って覚えると、イメージが定着しやすく、さらに効果的です。

「書き」が苦手な場合(書きまちがいが多い、文字が反転するなど)、文字の形を正しくとらえる力に弱さがあると考えられます。この力は5~7歳で育つといわれています。この力が弱いと、生活場面で空間を把握することもあまり得意ではないようです。

「ひらがなカルタ」でまちがえやすい文字を練習しましょう。

「ぬ」と「め」など、特にお子さまがまちがえやすいカードを2枚並べ、「『ぬ』はどっちかな?」とおうちのかたが聞きます。正しいカードを選ぶカルタ遊びのように取り組みましょう。

2枚ができるようになったら3枚、4枚と徐々に枚数を増やしていくとよいでしょう。特にまちがえやすい文字のまちがえやすい部分には色をつけておくことも効果的です。

引用元-発達障害支援サイト

子供をほめよう!

発達障害児へのかかわりは、その特性を踏まえた工夫が必要です。発達障害児は日々の生活で不得手な面が目につきやすく、叱られることも多いため、できたことを上手にほめて、子どもの良い面を引き出すことが有効です。

引用元-彩の国 埼玉県

まわりに発達障害の子供がいる可能性が

軽度発達障害とは

軽度発達障害という言葉は発達障害とは違い、医学的に定義されたものではありません。教育的な用語として特別支援教育のなかで新たに取り入れられた通常学級に在籍している比較的軽度の発達障害に相当するものだと考えられています。

文部科学省による2012年の発達障害に関する全国実態調査で通常学級に通う児童・生徒の6.5%に発達障害を持つ可能性があるという結果が発表されました。1クラスに1~2人は軽度発達障害の子どもががいるということになります。その中には怠けていると誤解されたり、クラスメイトと上手に関わることができずにいじめの対象になったり、学校生活の中で苦労している子どもも少なくありません。

家庭と学校の連携

軽度発達障害の子どもの教育には学校と家庭が連携することが非常に大切です。各家庭の方針を大切にしたうえで、学校での取り組み、関わりについても理解を求めましょう。学校と家庭とが共通の理念を持って進めていくことができれば、その教育的効果はより大きなものとなります。

引用元-教員station

抱え込まないで相談してください

発達障害がある場合、早めに障害に気づき、適切な療育につなぐことで、社会に適応する能力を身につけ、さまざまな能力を伸ばしていくことができます。もし、「うちの子は発達障害なのだろうか」など、気になることがあるときは、お住まいの市町村の窓口や「発達障害者支援センター」にご相談ください。発達障害者支援センターでは、発達障害者の日常生活についての相談支援などを行っているほか、医療、保健、福祉、教育、労働等の各関係機関と連携を図りながら、障害の特性とライフステージに合わせた支援を提供しています。

そのほか、「発達障害情報・支援センター」「発達障害教育情報センター」でも、発達障害のある人やその家族、支援者のための、さまざまな情報を提供しています。

発達障害者支援センター

発達障害がある子ども(人)への支援を総合的に行うことを目的とした専門的機関です。都道府県・指定都市(または、都道府県知事等が指定した社会福祉法人、特定非営利活動法人など)が運営しています。発達障害のある子ども(人)とその家族が豊かな地域生活を送れるように、保健、医療、福祉、教育、労働などの関係機関と連携し、地域における総合的な支援ネットワークを構築しながら、さまざまな相談に応じています。

発達障害情報・支援センター

発達障害情報・支援センターは、発達障害に関する調査・研究、国内外の研究成果等の情報収集・分析、本人や家族、全国の発達障害者の支援機関及び一般国民に対して、発達障害に関する正確で信頼できる情報を発信・啓発を行う機関です。また、国立特別支援教育総合研究所・発達障害教育情報センターと情報共有・情報交換することで、各ライフステージに対応した情報を提供しています。

発達障害教育情報センター

発達障害教育情報センターは、発達障害にかかわる教員および保護者をはじめとする関係者への支援を図り、広く国民の理解を得るために情報提供や理解啓発、調査研究活動を行う機関です。発達障害のある子どもの特性に応じた、教育的支援に関する研究や、文献、研究会など、発達障害に関する教育についてさまざまな情報を提供しています。

引用元-政府広報オンライン

まとめ
この記事では、学習例としてひらがな文字の読み書きをあげましたが、サイトには他にも色んなヒントがあるので、覗いてみるといいですよ♪

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ