日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

犬のリードに適した長さは?長いリードの使い方

      2018/06/03

犬のリードに適した長さは?長いリードの使い方

犬の散歩をするときに適したリードの長さはどのくらいなのでしょうか?ペットショップでは長いリードも売っていますが、このリードはどのように使えばいいのでしょうか。今回は犬のリードの長さについて調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

洗濯機の洗剤投入口の詰まり対策

液体洗剤をお使いの方は、洗濯機の洗剤投入口に入れている方が多...

診断書は病院で取ろう!労災認定されるには

労災認定とはどういってことなのでしょうか?仕事をしている人に...

家の玄関のタイルは何色がいい?

家を建てる時、またはリフォームなどで玄関タイルを張りかえる時...

コーヒーをおいしく入れるには!豆の挽き方について

コーヒー豆を買って自宅で入れる場合、豆の挽き方はどうしていま...

カーテンの遮光とは?1級と2級はどう違う?

カーテンには遮光というものがあり、そのレベルによって級数が決...

ディズニーランドには蚊がいない!?その秘密は水の成分?

ディズニーランドには蚊がほとんどいないと言われていますがなぜ...

コンビニの店員に恋をした!?恋人関係になるには?

コンビニで働く店員さんに思わず恋をしてしまった人もいるのでは...

犬が飼い主を噛むのは何故?噛まれた時はどうしたらいい?

飼い犬に噛まれた経験はありませんか?犬が飼い主を噛むのは何故...

DNAの親子鑑定はどうやったらできる?結果は正確なのか?

DNAでの親子鑑定が話題になった時期がありましたね。DNA鑑...

これってどういう意味?LINEで電話をして応答なしの場合

LINEのアプリでは無料で通話をすることもできます。しかし、...

50代男性が再就職するなら!おすすめの仕事とは

早期退職で50代から再就職をしようと思ってる男性もいるのでは...

前髪はストレートアイロンでセット!まっすぐも流すのも思いのまま!

前髪のセットにストレートアイロンが便利だと知っていますか?ス...

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

スポンサーリンク

犬用の長いリードとは

ロングリードは普通のリードが長さ1~2mなのに対し、全長5mから20mを超えるものまである長いリードです(本商品リフレクティブロングリードは10mと15mの2サイズ)。 ロングリードは並んで歩く様なお散歩には適していませんが、ロングリードを使えば広い場所で愛犬が好きに行動できるようになります。 愛犬に手軽にストレスフリーな運動をさせることができるため、ロングリードを1本持っていると本当に便利です!

自分で好きな方向へ自由に行くことができる、自由に臭いを嗅ぐことができる、ロングリードは愛犬に「外での自由時間」を提供する犬グッズです。

また、ノーリードとは違い、ロングリードを使えば愛犬と安全に距離を取ることができるようになりますので、呼び戻しのトレーニングやボールやフリスビーを使った遊びにも適しています。

引用元-HAU

長いリードの種類

①巻き取りタイプのロングリードの特徴

巻き取りタイプのロングリードは、伸縮リードやフレキシブルリードなどと呼ばれるもので、手元のストッパーを操作することでリードの長さを変えることの出来るものです。リードが犬の足元でもたついたり邪魔になることなく、自由に動きやすいので使っている人も多いのではないでしょうか?リード部分は、ロープ・ナイロン・ワイヤーなどがあり、長さは3~8m程度のものがあります。体重によって商品を選びますが、大型犬などでは思い切り引っ張られるとリード部分が切れてしまったり伸びきったまま壊れて巻き取らなくなってしまうという故障なども多く、どちらかというと力の弱い小型犬~中型犬向きのリードです。

②ロープタイプのロングリードの特徴

通常のリードを長くしたタイプのもので、最長15m程度のものもあります。細めのロープタイプの他にも、平らなナイロンタイプもありますが、長くなるほど重く、かさばるので持ち運びやすいロープタイプの方が人気があるようです。こちらのロングリードは、特にトレーニングや遠くまで走らせたいボール遊びなどの時に重宝します。片付けや収納はやや面倒ですが、故障やトラブルが起こりにくく安全性は高いと考えられています。

引用元-TSUNAYOSHI

犬の散歩中の長いリードは条例違反

犬がリードを付けるよう規制されている理由

言うまでも無いことですが、
◯犬が人に危害を与えないように
◯犬自身が危険な目にあわないように
という目的からです。

したがって、リードを付けているだけでは法律を守ったことにはなりません。犬と人の安全を守れるよう、「綱、鎖(リード)等で確実に保持」しないといけません。条例に書いてありましたよね。

長いリードでは条例違反

リードを5mとか8mとか、中には10mから20mくらいまで伸ばして散歩させている飼い主さんがいますよね。私はジョギング中にチョコチョコ遭遇するのですがとても怖いです。私が近づいたときに、飼い主がすぐに気付いて、犬が私に襲い掛かろうとしても絶対に私まで届かないくらいにリードの長さを短く調節してくれるなら問題はありません。でも、中には、私が近づいても、リードを全く短くしないでたるませたままの人がいます。私が近づくのに気がついても何もしません。こういう状態では飼い主が犬を制御しているとは言えません。また、「綱、鎖(リード)等で確実に保持」することも全く出来ていません。つまりリードをつないでいても条例違反です。

引用元-FPウェブシュフ

長いリードを安全に使うには

ロングリードは、犬と一緒に歩くときに使うものではありません。犬と遊ぶとき、走らせるとき、「おいで」や「まて」のトレーニングをするときに犬をコントロールしながら、主に犬を動かすときに使う道具として重宝します。

ただその名のとおりとても長いため、リードがからんで犬も人も転ぶことがあります。またいきなり犬が走り出したら、リードによって手がすれたり、摩擦でやけどをしたり、人が転倒する危険があります。また犬の首に思わぬ衝撃を与えて骨を損傷する危険などもあります。

フレキシブル・リードとちがい、長さを調節するには手で直接リードを手繰り寄せたり伸ばしたりしながら使うため、飼い主のリードさばきの技が必要です。でもだからこそ、ロングリードの扱いに慣れたら、むしろフレキシブル・リードより安全で、使いやすい道具となります。

このほかボール遊びを愛犬とするときに、ロングリードで愛犬を係留して、遠くまで走ってボールを持ってこさせるときにも重宝します。ただし、リードの長さ分以上の距離までボールを投げると、犬の首に深刻なダメージを与える危険がありますから、その点を注意しながら使ってください。

引用元-日本社会福祉愛犬協会

トレーニングに適したリードの長さ

3メートルのロングリード

最初のトレーニングにもっとも適した長さです。マテ、スワレ、フセ、オイデ(コイ)などを練習するときに使うと便利です。スワレの合図で愛犬を座らせ、その犬の周りを飼い主がぐるりと一周するのにもピッタリな長さです。3メートルとロングリードのなかではもっとも短いので、ご自宅や室内でのトレーニングにもピッタリです。

5メートルのロングリード

基本的な用途は3メートルと変わりませんが、もっと広々とお外でトレーニングしたい場合には5メートルのロングリードがおすすめです。使い勝手が良いと思います。オイデをするときの距離も長くなるので、飼い主さんと愛犬の信頼度がより重要になってくるかも??

10メートルのロングリード

愛犬を広い広場で遊ばせたい。初めてのキャンプ場などでいきなり愛犬をノーリードにするのはちょっと怖い..なんてときにピッタリな長さです。トレーニングでは長さがあるので、愛犬と追いかけっこしたりとよりアクティブなトレーニングに適しています。かなり長いので招呼の練習には声をはりあげる必要があるかも??

15メートルのロングリード

10メートルのロングリードよりさらに5メートル長いので、フリスビーやボール投げ、遠くからの招呼(オイデ)ができます。木立の多いところでは愛犬とかくれんぼしたりと遊びながらトレーニングするのにピッタリです。<10Mと15Mのロングリードは非常に長いため、愛犬の足や人の足に絡まったりしないよう、注意してお使いください。>

引用元-Lo Dog

まとめ
長いリードは主にトレーニングに使うためにあるようですね。散歩には使わないようにしましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/kituneudon0111/status/739085552243216386
https://twitter.com/Reon_rob/status/736446409579192322

 - 動物・ペット

ページ
上部へ