日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

ウイルス性胃腸炎の原因と対策は?夏にかかりやすい胃腸炎

      2018/06/07

ウイルス性胃腸炎の原因と対策は?夏にかかりやすい胃腸炎

胃腸炎にはウイルス性と細菌性があります。ウイルス性の胃腸炎の中には夏にはやるものもあるようです。ウイルス性の胃腸炎は乳幼児がかかると重篤化する場合があるの注意が必要です。今回はウイルス性の胃腸炎の原因と対策を調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

なぜいつも友達止まり?彼女がいない理由とは

彼女が欲しくていつも友達で終わってしまうことってないですか?...

定年退職する父へのプレゼント!どんなものがいい?

お父さんが定年退職するときは長年働いてきた感謝をこめてプレゼ...

朝は水でシャワー!その効果とは?

ダイエットをしている人は朝に水でシャワーをするのがいいようで...

知っていました?車のカーテンは取り締まりの対象です

車の運転でとても嫌なのが差し込んでくる日光です。眩しくて運転...

小1の子供が学校に行きたくない!親はどう対応する?

小1になって学校に通い始めると慣れないうちは学校に行きたくな...

異性の友達とドライブ!ドライブで急接近するには?

異性の友達とドライブに行ったことはありますか?もしその相手が...

習い事は何がいい?今子供に人気の空手について

今の子供たちは習い事をたくさんしていますが、最近人気が出てき...

サンシェードはどんな色が効果的!?真夏の車内の温度を下げよう!

夏になると車内の温度はどんどん上がっていってしまいます。そん...

引っ越しの挨拶ってどこまですれば良いの?おすすめの品物は?

引っ越しの挨拶。現代ではしない方も増えていますが、したら好印...

スマホのGPS機能で追跡するには?ドコモの場合

最近はスマホのGPS機能で子供がどこにいるかなどの追跡ができ...

隣の芝生は青い!?友達の旦那が羨ましいのはなぜ?

友達の旦那を羨ましく思ったことがある人は結構いるようです。ど...

子供が布団をはいでしまう…夏の快眠のコツとは

近年真夏といえばほぼ毎日熱帯夜。朝起きてみたらお子さんが汗だ...

兄弟・姉妹が結婚!その場合のご祝儀の相場は?

兄や姉が結婚した時は弟や妹としてご祝儀はどうしたらいいのでし...

昼間にも月が見える!その名前は?

月は夜になると見えるイメージですが昼間にも見える時期がありま...

歯の色が白く!歯に塗るマニキュアとは?

歯の色が黄ばんだり着色すると特に前歯の場合は気になりますね。...

一人暮らしの冷蔵庫は小型で!音はうるさい?

一人暮らしの場合の冷蔵庫は小型のもので十分ですね。しかし小型...

いとこ同士は結婚できる!?いとこ同士の子供は?

直系血族同氏は結婚できないと法律で定められています。4親等以...

神社を参拝していたら雨が!雨の中の参拝の意味とは

神社を参拝しようと思ったら雨が降ってきて運がない…と思ったこ...

朝食前の運動はダイエットに効果アリ!?おすすめの運動

ダイエットをするならば朝食前の運動が効果的なようですがそれは...

勉強するとき音楽かける派?かけない派?BGMの長所と短所

勉強をするときに音楽をかけると気持ちが盛り上がって集中できた...

スポンサーリンク

胃腸炎の原因とは

急性胃腸炎の原因は主に3つ。

❶ ウィルスが原因

ノロウィルス、ロタウィルス、アデノウィルスなどが代表的です。冬場に流行し、体力のない乳幼児・高齢者が特にかかりやすい「お腹にくる風邪」です。

❷ 細菌が原因

O-157、サルモネラ、腸炎ビブリオなど夏場の食中毒と呼ばれるタイプです。生肉、生魚にはくれぐれもご注意を。

❸ ストレスが原因

仕事、家庭、学校でのストレスも溜め過ぎると胃腸炎を引き起こします。重症化すると腸からの出血が止まらなくなることも。

感染経路は、口の中に入れるもの、主に食べ物です。海外旅行中に現地の食材や飲み水から感染したり、ペットなどから感染することもあるようです。食べ過ぎや香辛料、アルコール類、ステロイド・抗がん剤などの薬物が影響していることもあります。また、人にうつるのはウィルス性の胃腸炎で、細菌性の胃腸炎は人にうつることは少ないとされています。

引用元-くらし辞典

夏にかかるウイルス性胃腸炎とは

夏場に襲ってくるというウイルス性胃腸炎は胃腸風邪とも言われており。医学的な名称は「感染性胃腸炎」と呼ばれるみたいで。

原因とされるウイルスの種類いくつかありますが代表的なのは…
・アデノウイルス
・ノロウイルス
などがウイルス性胃腸炎を引き起こすとされ。

また、なぜ夏場にウイルス性胃腸炎に感染しやすいかは?細菌などのウイルスは、まず夏場に集中する傾向があるみたいで。秋~冬の季節に流行し梅雨などに入り始める頃から活発に動き出す準備をすると言われておりました。

この胃腸風邪とも言われる感染性胃腸炎を引き起こしやすいとされる原因にはウイルスの種類が根本の原因とされており。先程、述べさせてもらったノロウイルスとは別の「アデノウイルス」が。風邪の原因ともなる主要病原ウイルスとされている為。

夏場に夏風邪をひいてしまった場合は!?ウイルス性胃腸炎等の感染性胃腸炎のケースもあるので普通の風邪と認識せずに夏風邪かな?と感じた際は。早急に病院へ行きウイルス性胃腸炎、感染性胃腸炎を患ってないか診てもらう事が大事かと言えます。

しかし例外があり!病院で「夏風邪」ですね。と言われて安心していたら次の日から胃痛と下痢が続き苦しめられ。再び検査をしてもうと感染性胃腸炎だったという体験談もあるみたいです。夏風邪はお腹にくるという言葉もある通り。病院で夏風邪と言われても気を抜かず様子を見る事が病気を見極める為にも大切かと思います。

引用元-トレンド一番星

夏に多いウイルス性胃腸炎の潜伏期間

腸管アデノウイルスこれは、ウイルス性ですが、夏に多い感染性胃腸炎です。発症は、3歳以下の乳幼児で、中でも、新生児や乳児は重篤化する恐れのある感染性胃腸炎です。

アデノウイルスには、51型もの種類があり、感染部位によって、症状が変わりますが、扁桃炎を起こす事が一番多くみられます。51型のうち40型、41型を、腸管アデノウイルスと言い、胃腸炎を起こします。

・潜伏期間=3~10日
・発症~回復=1~2週間
・症状=下痢の症状が長く続くことが特徴です。まれに、嘔吐や吐き気もあり
 ますが、発熱などはほとんどありません。
・感染経路=感染者の便からの経口感染。使用済みのオムツからも感染します。
 ドアノブ、玩具からの接触感染。咳やくしゃみからの飛沫感染。
・注意点=下痢が止まっても、30日間くらいは、便からウイルスが排出し続け
 るため、二次感染を広げないように注意しましょう。

引用元-下痢・便秘・腹痛のお悩み解決所

もしも胃腸炎にかかったら

夏に大人が胃腸炎になったら、すぐに病院に行ってください。そうすれば、薬を処方してもらえると思います。細菌性の胃腸炎は下痢やおう吐など出てきた症状に対処する対処療法が中心で、抗生物質が処方されないことが多いですが、場合によっては処方されます。ウイルス性の場合、ウイルスを退治する薬はありませんので、対処療法だけになります。

それで、胃腸炎の対処法は医者の指示が最優先ですが、ここでは注意点をいくつか挙げておきます。細菌性の場合もウイルス性の場合も同じです。

まず、安静にしていることが大切です。

そして、水分補給をしっかりすることが大切です。下痢や嘔吐が続くと、水分不足になりがちです。ですから、水分補給をしっかりとすることが大切です。ただ、冷たいものを飲むと、胃腸に負担がかかりますので、できるだけ体温以上のものを飲んだほうがいいですよ。冷たい水を飲んだら、ひょっとしたら胃腸炎が治るのが遅くなるかもしれません。

また、下痢止めは必要最低限にとどめておいたほうがいいです。下痢になるのは菌を早く外に出すためです。それで、下痢止めを飲んで止めたら、細菌を外に出すことができなくなります。ですから、治るのが遅くなるので下痢止めを飲まないほうがいい、という人もいます。ただ、下痢が続いて安静でいられないくらいなら、下痢止めを飲んで安静になったほうがいい、という考えが一般的です。ですから、飲まないほうがいいとまでは言いませんが、必要最低限にとどめておいたほうがいいです。病院に行けば下痢止めが処方されると思いますが、どれくらいの間隔で飲むべきなのか指示があると思います。その指示に従ってください。

そして、家族など周りに移さないように注意が必要です。特にトイレや嘔吐したところはきれいに掃除してもらうことが大切ですよ。そして、周りの人に手洗いを徹底してもらうことも大切です。

引用元-病気知らずの体になる健康法

胃腸炎の予防策とは

* 食中毒の一般的な予防方法を励行しましょう。

* ウイルスによる感染性胃腸炎では,次のことにも注意しましょう。

o ・手洗いとうがいを励行しましょう
  排便後,患者の看病や介護後,調理の前,食事の前,
  外出から帰宅したときなど

o ・吐物などの適切に処理しましょう
  ビニール手袋などを使用して処理し,
  汚染された場所は消毒(漂白剤)する

o ・食品は十分に加熱しましょう
  食品は,中心温度が85℃以上で1分間以上加熱する

o ・タオルは,患者との共用を避けましょう

o ・症状がある方は,食品の調理をできるだけ控えましょう
  やむをえず調理する場合は,素手で食品を触らずに,
  手袋や箸などを使用しましょう

引用元-健康と病気の違いって何?

まとめ
いかがでしたか?夏にもウイルス性の胃腸炎ははやりやすいようです。二次感染には気を付けましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/T_U_MarineDay/status/741583685401481216


https://twitter.com/coco_318ti/status/640452798832750592

 - 美容・健康

ページ
上部へ