日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

東京の商店街でアーケードの有るところ

      2015/12/19

東京の商店街でアーケードの有るところ

東京で買い物をするのに皆さんは何処へ行きますか。私は、商店街で買い物をするのが好きです。最近は、突然の雨に見舞われる事が多くなりました。そんな時、アーケードがあると慌てずにすみます。アーケードを設置している商店街を調べてみました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

テレビはどれがいい?DVD内蔵テレビのメリット・デメリット

最近は液晶テレビの値段も安くなり、手に入れやすくなりました。...

スポンサーリンク

●東京で行ってみたいアーケード商店街

戸越銀座商店街

戸越銀座商店街は、日本で2番目に長い商店街で、東京の中では一番長い商店街として有名です。
よくテレビやドラマの撮影にも使われています。
テレビドラマでは嵐の二宮・鈴木杏主演の『STAND UP』の舞台となったことでも一躍有名になった商店街です。
場所は東京都品川区に位置し、東急池上線『戸越銀座駅』、都営浅草線『戸越駅』から住宅街にかけて続きます。
交通アクセスも非常に便利で、JR山手線から行く場合は五反田駅で乗り換えてたった3分という好立地なのです。
戸越銀座商店街は全長約1.3kmに渡り約400もの店舗が軒を連ね、平日でも1万人以上が利用している活気のある商店街です。
なぜだか唐揚げを立ち食いできるお店が多いです。笑

武蔵小山商店街 PALM(パルム)

上記で紹介した戸越銀座商店街のすぐ近くの武蔵小山駅にある武蔵小山商店街PALM。
全長約800mで、天候に左右されない綺麗なアーケード街として有名です。
こちらはJR山手線の目黒駅から出ている目黒線で約4分のところに位置しています。
立地的にもセレブなお客さんが多いのか、パルムはとても綺麗な商店街です。

ハッピーロード大山商店街

ハッピーロード大山商店街も都内屈指の長さを誇るアーケード街として有名です。
場所は東京都板橋区に位置し、JR山手線池袋駅より東武東上線で約5分の大山駅にあります。
年間を通して様々なイベントを開催しています。
この大山駅周辺はハッピーロード大山商店街意外にも沢山の商店街があり、駅周辺の街全体が商店街で出来ています。
賃貸物件も比較的安いため、一人暮らしの学生にとても人気のある街です。
過去に大山駅付近で目撃されている芸能人は、柴咲コウやサンドウィッチマンとのこと。以前に大山駅近くに住んでいたのでしょうか。

谷中銀座商店街

谷中銀座商店街は、いま日本一メディアに取り上げられている下町情緒ある商店街と言えます。
ここ1年間で、東京キー局にほぼ全て取材されたのではないでしょうか。
谷中銀座商店街の場所は、JR山手線日暮里駅西口より徒歩約5分ほどのところにあり、坂道『夕やけだんだん』を超えた先にあります。
谷中は、その周辺を谷中霊園や神社・寺に囲まれており、いまとなってはTHE 観光地といった感じですね。
街全体が坂道に挟まれているような地形で、猫がたくさんいます。
そして外国人観光客に人気抜群のエリア『谷根千』。
この谷根千とは、『谷中』『根津』『千駄木』のエリアを総称してそう呼ばれています。谷中銀座商店街にあるお店のほとんどが観光者向けのお店ばかりの印象。
生活のための商店街とは少し違うかもしれません。
谷中は下町ではありませんが、古き良き下町情緒を感じられる商店街です。

引用元-東京を代表する人気のある有名な商店街12選!

●まだまだある東京で行ってみたいアーケード商店街

砂町銀座商店街

訪れてみたい商店街で上位の砂町銀座商店街。こちらもよくテレビで紹介されている下町情緒ある活気ある商店街となっています。必ずといって良いほど取り上げられるのがおでん。おでん持ったまま食べ歩きをする光景がよく見られます。

砂町銀座商店街が他の商店街と違うのは、駅からの距離。地域に密着し各路線の駅から離れたところに位置しているため、観光として訪れる人には少し不便な立地です。逆に言えば、地元民にとっては生活にとても便利な商店街と言えます。場所は、東京都江東区北砂に位置し、各駅からバスで5~15分程かかります。駅から歩いて行く場合は、20~30分ほどかかりますのでそれなりの覚悟で行った方がいいかもしれませんね。笑

南側の東西線には南砂町という駅があるのですが、北砂には最寄駅がありません。一応、最寄駅はこのようになっています。これらの駅からバスを使うのがいいと思います。

JR総武線・東京メトロ半蔵門線 錦糸町駅
JR総武線・東武亀戸線 亀戸駅
東京メトロ東西線 東陽町駅および南砂町駅 
都営地下鉄新宿線 西大島駅および大島駅

十条銀座商店街

東京屈指の長さを誇る十条銀座商店街。アーケードの商店街となっています。近くに、東京家政大学や東京成徳大学、帝京大学などがあり、学生や住民たちで日々賑わっています。ラーメン屋やグルメな飲食店が多く、食べ歩きできるお店が多いことでも有名です。

場所は、東京都北区に位置し、JR山手線『池袋駅』よりJR埼京線に乗り換えて約5分、『十条駅』にある商店街です。京浜東北線東十条駅からも歩いて行ける距離にあります。十条は、巨大掲示板2ちゃんねるの管理人が近くに住んでいたことでも有名です。

阿佐ヶ谷パールセンター

知る人ぞ知る、夏の七夕祭りで有名な阿佐ヶ谷パールセンター。名前こそパールセンターですが、アーケードの商店街です。

場所は、東京都杉並区に位置し、JR中央線『阿佐ヶ谷駅』。もしくは丸の内線『南阿佐ヶ谷駅』が最寄駅となります。阿佐ヶ谷は爆笑問題の事務所『タイタン』があることでも有名ですよね。阿佐ヶ谷パールセンターは、阿佐ヶ谷駅から南阿佐ヶ谷駅まで真っ直ぐに続いている商店街なので、電車による交通アクセスがすごく便利。

そして阿佐ヶ谷はジャズなどの音楽の街としても有名。お隣の高円寺もロックの街として若者に人気なことでも有名です。

パールセンターと平行して、阿佐ヶ谷駅から南阿佐ヶ谷駅に続く中杉通りは並木道がとてもお洒落です。

⇒中央線の穴場!大人な街で住みやすい『阿佐ヶ谷』

吉祥寺サンロード商店街

住みたい街No.1に何年も君臨し続けている吉祥寺。その吉祥寺を代表するのが、井の頭公園に続いて吉祥寺サンロード商店街です。この吉祥寺もサンロードをはじめハーモニカ横丁やダイヤ街など、多くの商店街で構成されている街です。

場所は、東京都23区ではなく武蔵野市に位置し、JR山手線新宿駅からJR中央線で約20分のところにあります。地理的には東京のど真ん中といった感じでしょうか。

吉祥寺は、東京を代表する繁華街である新宿・渋谷・下北沢に乗り換えなしで行くことができます。周辺に大学や専門学校も多くあるため若者が多く、公園や緑も多いためファミリー層が多く住んでいる街でもあります。

巣鴨地蔵通商店街

通称『お年寄りの原宿』と言われてテレビでよく紹介されている『とげぬき地蔵』のある巣鴨。そこにある巣鴨地蔵通り商店街もまた有名です。観光というよりは生活のための商店街で、一人暮らしで上京してきた人にとっても住みやすい街となっています。お年寄りが多い治安の良い街でもあります。

場所はJR山手線、都営三田線『巣鴨駅』。

上野アメヤ横丁

通称、アメ横。東京で北の玄関口と呼ばれている上野駅にある商店街です。東北方面から上京してきた人は必ず一度は行ったことがあるのではないでしょうか。アメ横は能年玲奈主演の朝ドラ『あまちゃん』でも舞台となりました。

アメ横はJR山手線上野駅から御徒町駅まで続いている商店街。ガード下の飲み屋からお菓子の問屋・ミリタリーショップまで、THE 下町といった印象です。間違っても綺麗な商店街とは言えませんが、下町情緒ある商店街です。こちらもまた外国人観光者が多く、特に中国人や韓国人などのアジア系が目立ちます。

引用元-東京を代表する人気のある有名な商店街12選!

●東京の商店街には魅力が一杯

1:グルメと落ち着いた雰囲気が魅力! 「麻布十番」

実は300年以上の歴史を持つ「麻布十番商店街」。イメージの通り、少しセレブでワールドワイドな雰囲気を持ちながらも、老舗から最新のカフェ、和菓子屋やスイーツ屋など、和洋も新古も折衷して独特な雰囲気を織りなす商店街です。
緑の木々がところどころを彩ったり、歩いている道が石畳だったりするのも魅力。落ち着いた街並みをお散歩して、疲れたら麻布十番のグルメを堪能して、少し気取った休日を過ごせる穴場の商店街です。

■最寄り駅と所要時間:都営地下鉄 大江戸線・東京メトロ 南北線 麻布十番駅
■公式Webサイト:麻布十番商店街
 

2:全天候型のアーケードが魅力! 「武蔵小山」

武蔵小山といえば、東京一ともいわれる全長800メートルの開閉式アーケードを持つ商店街「武蔵小山商店街PALM」が有名です。約250店舗を有す全天候型の商店街なので、雨の日でも楽しめますよ。また、地域密着型商店街として、年間を通して商店街のイベントが多いのも特徴比較的ファミリー層が多い武蔵小山なので、騒がしいイベントがあまり得意じゃないという方にもおすすめです。

■最寄り駅と所要時間:東急目黒線 武蔵小山駅
■公式Webサイト:武蔵小山番商店街パルム
 

3:食べ歩きが魅力! 「戸越銀座」

約400件の店が連なり、平日でも1万人以上が訪れる商店街。ひらがなで「とごしぎんざ」と書かれた看板をどこかで見たことある方も多いのではないでしょうか。特に食べ歩きができる飲食店が多いことが有名で、グルメ番組のロケなども良く行われています。
特にさまざまなお店が独自に作っているコロッケ、20種類を超えるコロッケを戸越銀座で食べることができるのです。また、散歩に疲れたら無料のお休み処も使えたり、商店街内にある温泉に入るのもオツですよ。

■最寄り駅と所要時間:東急池上線 戸越銀座駅
■公式Webサイト:戸越銀座商店街
 

4:豊富なイベントが魅力! 「高円寺」

駅をはさんで10を超える商店街が存在する高円寺。パル商店街、ルック商店街、純情商店街などがあります。古着屋さんが多かったり、高円寺らしく昼間から外でお酒を飲める店が多かったりして、少し若い雰囲気。
しかし、高円寺の商店街の魅力は何と言ってもイベント。8月末には有名な「高円寺阿波踊り」、10月末~11月にかけては「高円寺フェス」、4月にも「高円寺びっくり大道芸」など、季節によってさまざまなイベントが行われていて、商店街同士が協力し合って運営。活気に溢れる雰囲気を楽しむにはぴったりの街です。

■最寄り駅と所要時間:JR総武線・中央線 高円寺駅
■Webサイト:高円寺観光案内「高円寺の商店街」
 

5:下町情緒と景色が魅力! 日暮里

観光スポットとしても大人気の「谷中銀座商店街」。千駄木駅からも近いのですが、あえて日暮里駅から歩いてほしい商店街。その理由はそう、谷中銀座のシンボル「夕焼けだんだん」を下りることができるから。撮影スポットとしておあつらえ向きかのように猫たちが寝ころぶ階段と、眼下に広がる谷中銀座を見て気持ちを高めて参りましょう。
谷中銀座の周りにも「よみせ通り商栄会」という商店街があり、こちらも情緒溢れる雰囲気。また、商店街から一本脇道に入ると、お寺や坂道、谷中霊園といった見所もたくさん。下町を楽しみながら、お散歩をするにはうってつけのゾーンなのです。

■最寄り駅と所要時間:JR山手線・京浜東北線・常磐線、京成電鉄、日暮里舎人ライナー 日暮里駅
■公式Webサイト:谷中銀座商店街

引用元-下町情緒、食べ歩き、お祭り……大人の女性が楽しめる、個性豊かな東京都内の商店街 5選 | 自分磨きの新しいスタイル ソロモーノ

●ともだち集まるアーケード商店街

アーケードの完成と同時期に商店街の名称を「パル」という、「ともだち」や「なかま」の意味をもつ言葉にしたそうです。商店街を歩いているときにも「ともだち集まるアーケード」というメッセージをよく耳にします。アーケードの中間地点にある、7色に変化するLED照明「ジャンクションドーム」が印象的です。

商店街の入口付近は、ウェルカムプラザと呼ばれ、その周辺に設置されている石の柱には、阿波おどりのイラストが描かれています。もともと、この商店街から「阿波踊り」を始めたそうで、今では高円寺中を巻き込んでの一大イベントと化しましたからね。

特に南口は、街の再開発話を断り続け、商店街の形態を続けた高円寺界隈ですが、やはり後継ぎ問題などもあり、お店の出入りも多くなってきているようです。昔からのお店とチェーン店との競合も見られますが、古着屋さんのように、若い人たちが店舗を構える傾向もあり、まだまだ、「高円寺」という響きのパワーは顕在なのです。

このパル商店街を抜けるとその先は「ルック商店街」と名前を変え、丸ノ内線 新高円寺駅のある青梅街道へと続くのです。パル商店街と高南通りの間の路地には、おしゃれなオプティシャン・ブランド(めがね専門のデザイナーズブランド)を扱う「パワースペックボストン」さんがあったり、ユニークな食堂や風俗店も混在する高円寺らしい街角なのです。

引用元-高円寺唯一のアーケード街 パル商店街をご紹介

●東京のアーケード商店街が抱える現状

 4つのアーケード商店街の成り立ちとして、佐竹以外の3つの商店街は駅の影響が大きいと分かった。このことから、既往研究であったシンボル型と定義したアーケード商店街の多くが鉄道、駅の開通により商店街が発生したものと推測される。つまり、駅ができることにより周辺環境が大きく変わっていくため、都市整備が商店街およびアーケードを誘引していることが明らかになった。
 また、十条銀座を除く3つのアーケード商店街近辺に拡幅された広幅員道路が並行に存在していることが分かった。それら3つの商店街では広幅員道路側に建物の高層化が進んできていることも分かった。その中にはアーケード側面建築物がアーケードから大きくセットバックし、高層化している例もあり、アーケード商店街の連続性が失われてきている。
 以上の事を踏まえ、4つの事例の商店街としての賑わいを比較すると、都市整備やそれによる開発が行われていない十条銀座は地域性のある店舗が今も残り、周辺地域の商店街としての雰囲気が色濃く残っている。周辺で高層化が起きている武蔵小山、高円寺パルは賑わいのある商店街ではあるが、チェーン店が多く存在し、地域性が失われつつある。佐竹は街の玄関となるような駅に繋がっているわけでなく、また周辺の高層化も進み現在シャッターを下ろした店が増えつつある。
 4つのアーケード商店街を比較した結果、そこで行われた都市整備が100年以上に及び、現在の都市やアーケード商店街の変化を及ぼしていることが分かった。

引用元-

まとめ
まだまだ調べ切れないほどのアーケード商店街があります。個人的に、スーパーや百貨店よりも人情味のあふれた商店街の方が好きです。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ