日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

Wordで挿入した図形の微調整を行う方法

      2018/06/17

Wordで挿入した図形の微調整を行う方法

Microsoftのソフトウェアの中にはWordという文書などを作成するソフトがあります。Wordでは図形を挿入することもできるのですが、その図形の位置を微調整する方法はどのようにしたらいいのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

スポンサーリンク

Wordとは

ワードとは・・・

文書作成、資料作成、表計算、電子メール管理など、パソコンで文書を作成するソフトウェアです。
(複数のソフトウェアを統合したパッケージ製品 “オフィス” の一部です。)

ワードを使えば・・・

 ・論文や報告書などのビジネス文書の作成
 ・はがきや封筒の宛名の作成印刷
 ・案内状やはがきの作成
などが、きれいな文字で作成できます。
また、写真やイラストを挿絵できますし、図形や表をつけることも可能です。
ワードは文章を作成するための様々な補助機能を備えているので、文書作成をラクラク完成させることができます。

引用元-PC tamatebako

Wordで色々な図形を挿入する方法

Officeでは、文書の装飾をしたり、図解に使ったりできる、図形を描くことができます。
図形を描くには[挿入]タブ、[図]グループの[図形]ボタンを使います。
[図形]ボタンをクリックすると、たくさんのボタンが一覧表示されます。
これらのボタンにマウスポインタを合わせると、そのボタンの名前が表示されます。
描きたい図形のボタンをクリックします。
文書上にマウスポインタを持って行くと、マウスポインタが左の図のような十字の形になっています。

右下に向かってドラッグします。図形を描くことができました!
先程、「右下に向かってドラッグ」と書きましたが、必ず右下というわけではありません。
右上・右下のいずれかに向かってドラッグしても構いませんし、逆に左上・左下のいずれかに向かってドラッグしても構いません。
対角線に向かってドラッグすればOKなわけです。
図形を選択した状態では、リボン上に[描画ツール]の[書式]タブが表示されます。
この中の[図形の挿入]グループのボタンを使っても図形を描くことができます。

引用元-Be COOL Users

挿入した図形のサイズを調整する方法

図のサイズ調整

 図を挿入すると,図の一部分しか画面に表示されないことがある.
これは,図は挿入された段階では文字と同じように扱われ,書式設定に文章の書式設定が適用されるためである.
図を文字として取り扱うような挿入方法の場合は,まず図の挿入された段落の行間隔を確認する.
行間隔が「固定値」に設定されていると,上記のような現象が起こるので,図を選択し[書式]→[段落]により表示されるダイアログで[行間]を「固定値」から「1行」等に変更すると図の全体が表示されるようになる.

 挿入した図の大きさ・縮尺は,図を選択しマウスの右ボタンをクリックして表示されるメニューから[オブジェクトの書式設定]を選択し,表示されるダイアログの[サイズ]タブで確認する.科学技術論文では,同じ種類のグラフは同じ大きさ・縮尺で表示されるべきであり,それぞれの図の大きさ・縮尺をこのダイアログにて必ず確認し,数値を入力することにより設定する.
このとき,[縦横比を固定する]チェックボックスが[オン]になっていることを必ず確認する

引用元-Wordによる図(線画,写真,表,数式)のレイアウト方法

図形を微調整する前に書式設定の変更を

Microsoft Word(ワード)で、メニューバーを使って 「挿入」-「図」-「クリップアート」 あるいは 「ファイルから」 などを選択して、画像を挿入すると、最初に挿入された場所から画像をマウスによるドラッグで移動させようとしても、うまくいかずに困ってしまうことがあります。

これは「クリップアート」や「ファイルから」経由でワードに挿入した場合、その画像の「配置」が自動で「行内」に設定されるためです。

この設定を変更したい時は、挿入された画像を右クリックして表示されるメニューから「図の書式設定」を選択します。

開いた「図の書式設定」画面上部から「レイアウト」を選択、「折り返しの種類と配置」の項目で「前面」を選べば、その画像を自由に移動させることができるようになります。
ワードに文章が入力されている場合、文章が「よける」ようにレイアウトされる「四角」や「外周」、文章の下に配置される「背面」なども選択できるので、いろいろ試してみましょう。

さて、「前面」の配置でワード画面上を自由に移動できるようになった画像をマウスによるドラッグで移動させると、一定間隔(グリッド)に合わせる初期設定になっているため、微妙な位置調整ができません。

引用元-なにしろパソコン

図形を微調整する方法

Word上で図形を描画すると、グリッドに沿って大きさが設定されます。
図形の大きさや位置の変更もグリッドに吸着されるので、そのまま操作しても微調整をすることができません。
ですが、[Alt]キーを押しながら操作することで、大きさや位置を微調整することが可能になります。
ここでは、作成済みの図形の大きさを、グリッドに左右されずに調整する方法を紹介します。

●操作手順

図形をクリックして選択し、フィルハンドルを表示させます。
フィルハンドルを、キーボードの[Alt]キーを押しながらドラッグします。
※図形が任意の大きさに微調整されます。

引用元-mougモーグ

図形をさらに微調整するには

オブジェクトの微細な移動

を行うことができます。(Altキーも十字キーと組み合わせることでオブジェクトの選択切り替えを行うといった機能がありますが、こちらはそれほど多様する機能ではないと思います)

オブジェクトの微細な移動と言うと、前項のAltキーの特徴を含有していますが、相違点は、Ctrlキーの場合は「移動」のみで、オブジェクトの拡大・縮小はできないという点です。また、キーにある上下左右の移動しかできません。

斜めに移動させたりする場合には、Altキーとマウスによる操作の方が適正ですが、ピンポイントでオブジェクトの位置を定めるような場合には、マウス操作よりも正確に移動させることができます。

状況によって使い分けたり、両者を組み合わせて操作すれば、容易にオブジェクトを思い通りの位置に指定することができると思います。

引用元-基礎からわかる!パソコン入門・再入門

まとめ
wordは使いこなせると図形を入れた書類などを作ることもできるので便利ですね。図形の挿入や調整に困ったら参考にしてみてください。

twitterの反応

 - 自然・科学・IT

ページ
上部へ