日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

中国への輸出は個人でもできます

      2018/06/19

中国への輸出は個人でもできます

中国では一部の富裕層は中国国内の粗悪品を買わないようです。日本の安心・安全な商品を欲しがっています。日本の商品はひっぱりだこです。日本に流通している金額より高くても、買うのです。ですから、中国へ個人で一定の商品を輸出するのがはやっています。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

折り返し電話の意味とは?覚えておきたいマナーとは

会社などの電話の対応で「折り返し電話をします」という言葉をよ...

結婚式に招待する友達のことで悩んでいませんか?

結婚式は二人が良ければそれで良い・・・と言いたいところですが...

野球のマジックとは?その意味と仕組み

プロ野球もシーズン終盤になるとマジック点灯といった言葉が出て...

目が痛い時はどうする?!目の奥が痛いときの原因とは

目の奥が痛いときは何が原因なのでしょうか?スマホやパソコンを...

野球のピッチャーとキャッチャーの距離はどのくらい?

野球のピッチャーは花形のポジションですね。ピッチャーをやりた...

土地の名義を夫婦共同にした場合のメリット・デメリット

結婚して夫婦になったら、次は念願のマイホーム!嬉しいこともた...

一人暮らしの男性におすすめの食事とは?節約と栄養を考えよう!

一人暮らしだとついつい外食ばかりになっていませんか?外食ばか...

会社の役員の退職金はどう決まる?

会社の役員は一般の社員とは違う契約を会社としています。そのた...

銀行と信用金庫の違いとは?どちらのサービスがお得?

金融サービスを利用しようとしたときに銀行と信用金庫があります...

指が痛い!痛みと内出血がある場合の原因とは

突き指や骨折などをすると痛みや内出血などの症状があります。し...

北海道で釣りがしたい!鮭を釣るときの注意点

北海道で釣りたい魚といえばやはり鮭ですね!北海道で鮭を釣るに...

朝にヨーグルトだけでダイエットできるの?

飽食の現代においてダイエットは永遠の話題です。様々なダイエッ...

除湿はどっちがいい?エアコンと除湿器の違いとは

洗濯ものを室内干しにするときにエアコンの除湿機能を利用する人...

あの「名門」慶應幼稚舎。一般家庭でも入学は可能?

慶應幼稚舎を知っている方、受験を考えたことがある方は、一度は...

小学校の授業についていけない!その原因と対処法とは

小学校に入学すると今までとは環境がガラッと変わるために授業に...

今、女性に人気!?トラック運転手の魅力とは

トラック運転手は男性の仕事、そんな思い込みはありませんか?私...

吉野家の牛丼の裏メニュー!?ご飯の量が少なめのアタマの特盛りとは

吉野家の牛丼には自分の好みでいろいろな注文の仕方があるようで...

ヤフーメールとは?メールの添付の容量はどのくらいまで?

ヤフーメールはYahoo!JAPANが提供している無料のメー...

なぜいつも友達止まり?彼女がいない理由とは

彼女が欲しくていつも友達で終わってしまうことってないですか?...

定年退職する父へのプレゼント!どんなものがいい?

お父さんが定年退職するときは長年働いてきた感謝をこめてプレゼ...

スポンサーリンク

中国への個人の輸出は富裕層向けにベビー用品の需要が多い

恐らくこうした話題についてよく知っている方は、「中国向けに日本の紙おむつ」が人気で、転売商材として買い占められることが多々あるという話題を聞いたことがあると思われます。中国では現在都市部を中心に成金的な志向が消え始め、持続的な幸福のための健康志向とでもいう消費の仕方が広まってきています。

特にお金をある程度持ち始めた家庭や一族は、子供への再投資を熱心に行う傾向があり、その中でも赤ちゃんの頃の基礎体力を都市部の汚染環境でもしっかりつけようと、ベビー用品にはしっかりとしたお金をかけるようになっています。その一つの例として有名なのが赤ちゃんのオムツでもあります。中国製品は接着剤に劇薬が入っているなんていう噂が冗談半分に流れており、製品の品質に信頼をおけない中国人家庭が購入しています。

オムツ以外にもベビー用品の需要は大きいです。特にほ乳瓶と粉ミルクは中国へ輸出しても利益が一定は望める安定した人気商材です。どちらも乳児が口に直接触れるものであるため、より安全性の高い製品が求められています。ほ乳瓶は口の触れるゴム部分まで日本製であることが売れる条件の一つです。粉ミルクは言わずもがなでMade in Japanのものが信頼度も高く売りやすいです。

引用元-副収入で暮らしを楽に

日本国内に流通しているものを中国へ個人で輸出できます

1. 国内向けに流通している製品をそのままの形態で輸出する場合

医薬品医療機器等法上の規制や特別な手続きは必要ありません。輸出者は製造販売業、製造業の許可を有する必要はありません。したがって、一般の企業や個人でも輸出が可能です。 ただしこのとき、何らかの理由で海外から返品を受ける場合、再輸入することはできません。

2. 国内向けに流通している製品を一部でも変更して輸出する場合

変更とは、輸出国向けに製品名称その他の記載事項を現地の言語に翻訳すること、あるいは容器・外箱のデザインを輸出用に変更することなどを指します。これらの行為は、医薬品医療機器等法上の「化粧品製造」に該当するため、化粧品製造業の許可を得た者でなければできません。 なお、ここでいう製造とは、包装、表示、および保管を含みます(医薬品医療機器等法施行規則第26条)。

また、この製造を行う者(化粧品製造業者)は、その製造を開始する前に、あらかじめ、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(Pharmaceuticals and Medical Devices Agency:PMDA)を経由して、「輸出用化粧品製造届」(以下、輸出届)を厚生労働大臣に届け出る必要があります(医薬品医療機器等法施行令第74条、医薬品医療機器等法施行規則第265条)。

引用元-JETRO

中国へ個人で輸出する時に重さの制限はない

日本から直送、送料・重さ制限なし50元
50元と言えば、日本円で900円、最低料金(300g以下)。確かに、EMS割引を使えばもう少し幅がつけられます。

一度に100個以上出せば都度割引で15%引き、月間1,000~5,000個発送の月間割引で22%引き。これを活用すれば、700gくらいまでなら実質900円以下で抑えることが可能です。(1,380×0.78×0.85=914.85)

しかし、結構化粧品類は重量がかさむので、まとめ買いされてしまった時は相当な運賃負担になります。(一部、美容パックとか水分がたっぷり含んでいるので、それだけで500g~1kgレベルとか・・・)

一応、あまり大量に中国へ”輸入”すると、関税がかかるので、それらの兼ね合いを考えると何とも言えないところですが、私は今後もあまりやりたくないし、オススメしないジャンルです。

引用元-増山智明Offical Blog

中国への個人の輸出の強みは?

1つめの武器。

それは世界中とつながるインターネットです。今や当たり前のインターネットも実は普及し始めたのは、windows95が発売された1995年頃からです。

上記の図の通り、1996年でもまだ世界のインターネット普及が10%程度でした。いまやそれが持っていて当たり前になることにより、個人でも世界中の人とつながることができるようになりました。これはまさに最強の武器です。

2つ目の武器。

それは「日本人!」です。日常暮らしていると気づかないかもしれませんが、実はこの日本人であることが大きな武器となります。先日オリンピック開催地が日本に決定しました。本当に、素晴らしいニュースですね。

その要因の一つとして言われたのがオリンピックドーピングゼロとも言われています。「正直さ、誠実さ。」これは世界で通じるのです。

引用元-aucfan COLLEGE

中国の個人輸出の規制と手続き

中国輸出貿易の規制が多い

中国への輸出、実は自由に貿易することができません。中国では「対外貿易権」という権利があります。外国企業と輸出入取引する時に、この権利が必要です。

また、日本から輸出する商品の種類によって、規制がある場合もあります。特に食品、化粧品など輸出は、中国政府の方の認可が必要です、十分ご注意ください。

中古設備は、中国へ輸出できないという話をよく聞きますが、実は最近可能になりました。ただし、兵器に転用できる可能性のある設備などは、輸出の際、経済産業省の承認を受ける必要があります。

中国への輸出は三つの方法がある

中国への輸出には、大きく分けて「一般貿易」、「加工貿易」、「越境ECサイト」という三つの方法があります。

一般輸出の手続きは簡単

一般輸出はその名の通り、通常の貿易の方法です。日本から輸出の際、輸出通関を行い、中国への輸入の際に輸入通関を行います。具体的な輸出の流れは下記のようになります。

①物流会社と打ち合わせを行い、コンテナーの予約や、通関書類の作成、産
 地証明の準備などを行います。各種書類の作成は、自分でもできますが、
 最初は、費用がかかっても物流会社に依頼した方が良いでしょう。

②貨物を輸出する港へ搬入します。
 コンテナーをコンテナヤードに搬入します。

③ 通関書類を通関業者に渡します。

引用元-CHINAラボ

まとめ
中国への個人の輸出は基本をしれば簡単です。富裕層が日本製品を欲しがっています。

twitterの反応


https://twitter.com/tukajun_f1/status/666201852812226560
https://twitter.com/23i249/status/650490158693793792

 - 海外・国際

ページ
上部へ