日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

国民年金保険料の未納はどうすればいい?分割での納付は可能か

      2018/06/29

国民年金保険料の未納はどうすればいい?分割での納付は可能か

国民年金は20歳以上の日本に居住している人全員が加入する制度です。何年か前から保険料の未納が問題となっています。未納の場合、放っておいたらどうなるのでしょうか。また保険料は分割で払うことはできるのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

お盆が休みなのはなぜ?その理由と由来

お盆になると多くの会社では休みになり、お墓参りや家族旅行に出...

幼稚園の教育に対する家庭からの希望はどのように伝える?

入園前に願書の提出を書かなくてはなりません。記入事項がたくさ...

すね毛の処理でベストはどれ?おすすめの道具とは

女性にとってすね毛の処理は悩みの種ですね。ムダ毛の処理はやり...

イタリアへ旅行に行きたい!服装はどうしたらいい?

海外旅行に行くときに悩むのが服装ですね。行く国と日本の気候が...

憧れの理想の体型-女性のサイズを教えて

日本人の体型はグーンと西欧に近づきました。小顔で手足が長く、...

学校の先生が「移動」!?うっかり誤字にはご注意を

「私の学校の先生が4月から他の学校へ移動することになりました...

お子様の歯磨きに朗報!しまじろうの電動の歯ブラシがあるらしい☆

お子様がなかなか歯を磨かせてくれずに困っているお父さんお母さ...

郵便局の保険は貯蓄型だから無理なく貯まる

郵便局には養老保険や学資保険といった貯蓄型の保険があります。...

登記簿謄本って何?取得に必要なものとは

登記簿謄本とはその土地の所在、建物の詳細などが記載されていて...

よく聞く「公職選挙法違反」とは?事例も紹介

選挙の後、「○○が公職選挙法違反の疑いで送検されました」とい...

子宮の位置が左に傾いていると妊娠しない?

不妊治療は大変ですね。いろんな要素が絡んでいます。子宮の位置...

理想のテレビは何インチ?6畳部屋の場合

テレビのサイズはどのように選んでいますか?部屋の大きさによっ...

何が違う!?農協と銀行の違いとは

お金を預ける機関には銀行の他に農協などがあります。この銀行と...

胆石の治療で手術に!術後の食事はどうなる?

胆石は胆汁の成分が固まってでき、手術となる場合は胆嚢の摘出手...

水が沸騰すると泡ができるけれど、その正体は?

水が沸騰すると、鍋肌に泡ができますね。ぐらぐら沸騰した時に底...

女性におすすめのマッサージ!オイルマッサージの効果とは

女性におすすめのマッサージにオイルマッサージがあります。オイ...

契約社員ってどんな働き方か知っていますか?退職は期間途中でもできる?

同じ会社の中でも、正社員、契約社員(準社員)、パート・アルバ...

就活の電話を無視したら不利になります

非通知電話に出たくない心理はわかります。しかし、企業から就活...

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

スポンサーリンク

国民年金とは

国民年金

国民年金は、日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満のすべての人が加入するもので、老齢・障害・死亡により「基礎年金」を受けることができます。
国民年金には、「第1号被保険者」「第2号被保険者」「第3号被保険者」と3種類があり、どの制度に加入するかにより、保険料の納め方が異なります。

第1号被保険者

(対象者)農業等に従事する、学生、フリーター、無職の人など。
(保険料の納付方法)納付書による納付や口座振替など、自分で納めます。
(納められないときは、免除や納付猶予の仕組みがあります。)

第2号被保険者

(対象者)厚生年金保険の適用を受けている事業所に勤務する者であれば、自動的に国民年金にも加入します。(ただし、65歳以上で老齢年金を受ける人を除きます。)
(保険料の納付方法)国民年金保険料は厚生年金保険料に含まれますので、厚生年金をかける人は自動的に国民年金にも加入することになります。
厚生・共済各制度が、国民年金制度に基礎年金拠出金を交付します。

第3号被保険者

(対象者)第2号被保険者の配偶者で20歳以上60歳未満の人をいいます。
ただし、年間収入が130万円以上で健康保険の扶養となれない人は第3号被保険者とはならず、第1号被保険者となります。
(保険料の納付方法)国民年金保険料は配偶者が加入する年金制度が一括負担します。

引用元-日本年金機構

マイナンバーの導入で国民年金の管理がよりしやすくなる?

効率化だけではない、本当の狙い

みなさんもうすうすお気づきのことでしょうが、この制度の目的はそれだけではありません。
政府は事務の効率化のことしか言いませんが、様々な面で国民生活が変わることになります。
このサイトでも何度も取り上げているように、少子化と経済低成長で年金財政の将来はかなり悲観的です。
政府はなんとしても給付額を抑えなければなりません。
いくら保険料の取立てを厳しくしても人口や税収額が減少すれば焼け石に水です。
そんなときに年金受給者の所得を把握できればとても役立つはずです。

年金への影響

現状(平成25年10月現在)では所得がある人でも年金が減額されるのは、厚生年金の被保険者だけです。
会社員としての給与や賞与以外の収入がいくらあっても年金が減額されることはありません。
なんだかとてもヘンだと思うのですが、それにはちゃんとした(?)理由があります。
厚生労働省では会社員(厚生年金の被保険者)の給料以外の所得を把握できないからです。信じられないかもしれませんが本当のことです。
正に省庁間の縦割り行政ここに極まれり、そんな理由で、厚生年金が適用される会社に勤めるサラリーマンだけが毎月、年金額が引かれていくのです。
しかしマイナンバー制度の導入で、晴れて(??)日本国民全員の所得情報を、年金制度を所管する厚生労働省は手にすることができます。
その結果どうなるか、もしかしたら年金の減額者が激増するかもしれません。
保険料の強制徴収も所得情報があれば随分やりやすくなるので増加するかもしれません。

引用元- 年金情報部

国民年金保険料を未納にしている人は大丈夫?

督促状を無視していたらどうなるのか

国民年金の制度のためにも、徴収は必要だが、督促を受けても払えなかったらどうなってしまうのか。
厚生労働省担当者によると、「2年以内に、日本年金機構の職員が、自宅まで徴収に伺います。そして、銀行口座を確認して、預金が足らない場合は車や家財道具を差し押さえます。自営業の方は売掛金を押さえます。」

年金機構広報「文字どおり差し押さえて公売にかけます」

年金機構の広報によると、最近は民間の業者に委託をしており、未払いの人には電話でも通知しているという。
さらに未納が続く場合は、年金事務所に呼び出して、納付の計画について相談させるそうだ。
車は自分自身で売却するのではなく、文字どおり差し押さえて年金機構が公売にかけるシステムになっているそうだ。

引用元- こくまろトレンディ

保険料の催告状が届いた!分割は可能?

先に結果言っちゃいますが、行ってよかった!
まず相談員?職員?さんに怒られたり責められたりもしません。(当たり前???でもほんとに怖かった)
そして他にも未納などで相談に来てる方がたくさんいます。自分だけじゃないです。

催告状が来たんだけど払えないという話をしたらでは分割でという話になりましたが離婚予定で余裕がなく免除申請はできないかと尋ねるとどうなるかはわからないけど申請はその場で出すことが出来ました。
もし申請が通らなかったら未納分を分割で治めるよう相談することも可能です。

引用元-ノワの人生いろいろ日記

未納分は分割払いで今の納付に追いつくように

Q.免除申請の結果が出るまでは、年金の支払いは保留にしておいていいの?
A.今の年金の支払いまで早めに追いつく方がいいから、支払えるなら、1か月分ずつでも支払った方がいい

Q.免除申請が通らなかった場合は、昔の納付書を使って毎月1か月分ずつ支払っていっていい?
A.毎月1か月ずつでは、今の年金支払いまで追いつかない。
催告状もまた届くことになるから、できる範囲で2か月分支払うなどして、時間を掛けてでも計画的に納付して今の納付まで追いつくようにした方がいい

電話で話した印象では、とにかく今の納付まで追いつくことが大事って感じでした。

だから、免除申請するなどして、できる範囲で2か月分~納めるようにして、年金未納の状況を早めに埋めていった方がいいってことらしい。

もし、免除が通らなくて、昔の納付書が手元に残ってる場合は、それを使って納付してもOKみたい。

納付書の裏面の説明書にも書いてあるけど、『納付期限』の表示期限から2年間は昔の納付書で支払えます。
(使用期限と表示されてるのは、期限内までしか使えないから注意)

引用元-ねむろぐ

経済的に厳しい場合は保険料免除の制度の利用を

収入の減少や失業等により保険料を納めることが経済的に難しいときの手続きを案内します(保険料免除納付猶予)。※

国民年金第1号の被保険者は、毎月の保険料を納めていただく必要があります。
しかしながら、所得が少ないなど、保険料を納めることが難しい場合もあります。
そのような場合は、未納のままにしないで、「国民年金保険料免除・納付猶予制度」の手続きを行ってください。
保険料免除や納付猶予になった期間は、年金の受給資格期間(25年間)には算入されます。
ただし、年金額を計算するときは、保険料免除は保険料を納めた時に比べて2分の1(平成21年3月までの免除期間は3分の1)になります。
※納付猶予になった期間は年金額には反映しません。
受給する年金額を増やすには、保険料免除や納付猶予になった保険料を後から納める(追納する)必要があります。

※学生の方はこの制度を利用できません。「学生納付特例制度」を利用してください。
※配偶者から暴力を受けた方は「特例免除」が利用できます。

引用元-日本年金機構

まとめ
いかがでしたか?保険料の未納は放っておくと後で後悔する場合が多いです。経済的に余裕がない場合は分割か免除の制度を利用してみましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/8kyn8/status/411522175409983488


https://twitter.com/fumiko76205/status/747741617226907648

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ