日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

ウイルス性胃腸炎って何?症状と対処法

      2018/07/01

ウイルス性胃腸炎って何?症状と対処法

ウイルス性胃腸炎は主に冬場にはやりやすい感染性の胃腸炎です。二次感染しやすいため、かかった場合は注意が必要です。今回はウイルス性胃腸炎の症状と対処法を調べましたので紹介します。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

お盆が休みなのはなぜ?その理由と由来

お盆になると多くの会社では休みになり、お墓参りや家族旅行に出...

幼稚園の教育に対する家庭からの希望はどのように伝える?

入園前に願書の提出を書かなくてはなりません。記入事項がたくさ...

すね毛の処理でベストはどれ?おすすめの道具とは

女性にとってすね毛の処理は悩みの種ですね。ムダ毛の処理はやり...

イタリアへ旅行に行きたい!服装はどうしたらいい?

海外旅行に行くときに悩むのが服装ですね。行く国と日本の気候が...

憧れの理想の体型-女性のサイズを教えて

日本人の体型はグーンと西欧に近づきました。小顔で手足が長く、...

学校の先生が「移動」!?うっかり誤字にはご注意を

「私の学校の先生が4月から他の学校へ移動することになりました...

お子様の歯磨きに朗報!しまじろうの電動の歯ブラシがあるらしい☆

お子様がなかなか歯を磨かせてくれずに困っているお父さんお母さ...

郵便局の保険は貯蓄型だから無理なく貯まる

郵便局には養老保険や学資保険といった貯蓄型の保険があります。...

登記簿謄本って何?取得に必要なものとは

登記簿謄本とはその土地の所在、建物の詳細などが記載されていて...

よく聞く「公職選挙法違反」とは?事例も紹介

選挙の後、「○○が公職選挙法違反の疑いで送検されました」とい...

子宮の位置が左に傾いていると妊娠しない?

不妊治療は大変ですね。いろんな要素が絡んでいます。子宮の位置...

理想のテレビは何インチ?6畳部屋の場合

テレビのサイズはどのように選んでいますか?部屋の大きさによっ...

何が違う!?農協と銀行の違いとは

お金を預ける機関には銀行の他に農協などがあります。この銀行と...

胆石の治療で手術に!術後の食事はどうなる?

胆石は胆汁の成分が固まってでき、手術となる場合は胆嚢の摘出手...

水が沸騰すると泡ができるけれど、その正体は?

水が沸騰すると、鍋肌に泡ができますね。ぐらぐら沸騰した時に底...

女性におすすめのマッサージ!オイルマッサージの効果とは

女性におすすめのマッサージにオイルマッサージがあります。オイ...

契約社員ってどんな働き方か知っていますか?退職は期間途中でもできる?

同じ会社の中でも、正社員、契約社員(準社員)、パート・アルバ...

就活の電話を無視したら不利になります

非通知電話に出たくない心理はわかります。しかし、企業から就活...

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

スポンサーリンク

ウイルス性胃腸炎とは

感染性の胃腸炎にはウイルスによるものと細菌によるものがあります。症状は嘔吐・下痢が中心ですが、ウイルス性と細菌性では治療法が異なります。しかし、散発例においては初期の臨床症状で区別することは困難です。2006年冬季はウイルス性の感染性胃腸炎が流行しています。ここでは、冬季に流行するウイルス性の感染性胃腸炎について説明します。

原因・疫学

ノロウイルス、ロタウイルス、アデノウイルス等が原因となります。特に、2006年冬季はノロウイルスが流行しています。もともと、ノロウイルスは冬季に生ガキなどの二枚貝に存在し、ウイルスを保有する貝を食した際に感染し、食中毒を引き起こします。貝の鮮度とウイルスの有無は関係ありません。10個~100個のウイルスで感染が成立するほど伝染性の強いウイルスであるため、患者の吐物、便が感染源となることも多いと考えられます。また、老健施設や病院などでの集団発生も報告されています。

引用元-ウイルス性感染性胃腸炎について

ウイルス性胃腸炎の症状とは

ウイルス性胃腸炎は感染したウイルスによって症状が変わりますので、一概に言えない部分があります。そこでここでは、ウイルス性胃腸炎の中でも感染者数が多いとされるロタウイルスとノロウイルスについて述べたいと思います。

まずはロタウイルスですが、乳幼児に多いウイルス性胃腸炎で感染すると、嘔吐から発熱、そして下痢といった経過を辿ります。発熱は半日~一日、発症の初期に見られます。また、ロタウイルスに感染した人の便は、お米のとぎ汁のように白いのが特徴で「白色便下痢症」とも呼ばれています。

そして次にノロウイルスですが、ノロウイルスの症状もロタウイルスと同様に下痢や嘔吐、発熱が主となっていますが、感染者の中にはお腹のちょっとした違和感程度しか感じない方がいる一方、強烈な吐き気や下痢を短時間で繰り返す方もいたりと、症状の出方に個人差がある場合があります。

引用元-豆知識PRESS

嘔吐の症状がある場合は

ウィルス性腸炎の場合、嘔吐はおおむね12時間で治まり、24時間以上続くことは稀です。通常は胃の内容物の嘔吐に留まるので、胆汁性の嘔吐は認められません。胃の内容物が空虚になるといったん吐き気が治まり、幼児の場合飲み物や食べ物を要求する場合があります。ここで糖分濃度の高い果汁や脂肪分の多い乳製品を与えても、速やかに消化・吸収することができずに再度吐き気と嘔吐が始まるので、経口電解質液を少しずつ感覚をあけて与えることが望ましいと思います。それでも嘔吐開始後3~4時間は、何も飲ませたり食べさせたりしなくても吐くことが多く、あまり飲んだり食べたりはさせない方が良いでしょう。次の3~4時間は、たくさん飲ませたりしなければ徐々に吐かなくなります。牛乳やミルク、乳製品を避け、お茶や薄いリンゴジュースなどを少しずつゆっくりとあげてください。脱水や体内の電解質のバランスのくずれの予防のために、ミネラルの含まれるスポーツドリンク(ポカリスウェットやアクエリアスなど)の少量ずつの頻回の補給は有効です。ただこれらの市販のスポーツドリンクは電解質濃度が低く、逆に糖質の含有量が多すぎるので、市販の乳幼児用イオン飲料水の中では、アクアライト、アクアサ-ナ、OS-1(オーエスワン)がより適切と思われます。この時冷蔵庫などで冷やさず、室温にしておく方が良いでしょう。

引用元-菊地医院

下痢の症状がある場合は

嘔吐が治まる頃から下痢が始まることが多い様です。嘔吐と下痢は、病原体を身体から排出しようとするひとつの防衛反応です。下痢に対して下痢止めを使用しても、治療期間は変わらないとの報告が多く、病原体を腸管内に停留させる欠点もあり、強い下痢止めは使わない方が良いでしょう。下痢は止めない方が回復を早め、下痢を止めずに、脱水にならない様に水分補給に努めることが大切です。下痢があっても水分吸収は可能なので、重症の脱水症でなければ経口輸液製剤(ソリタT3顆粒)などを服用させる方法もあります。また下痢の回数と病気の重症度は無関係であり、ウィルス性腸炎では一般的に3~4日程度で症状が落ち着きますが、経過が長いと1週間持続する事もあります。食事療法が下痢についても治療の基本です。おもゆや野菜スープ、すりおろしリンゴから始め、消化の良いおかゆやうどん、またヨーグルトや豆腐などが望まれます。食事の回数は1日5~6回に分けることにより1回あたりの食事量をおさえてください。また食材は細かく切って、よく煮込んでやわらかくし、胃や腸に負担をかけないようにしましょう。脂肪の多い食事や菓子類、繊維質に富む野菜、きのこ、こんにゃく、海藻は下痢を起こしやすいので避けてください。また腸管壁に刺激を与える香辛料、ニラやニンニクなどの刺激の強い野菜も避けて下さい。アルコール類も脱水を助長するので良くありません。

引用元-菊地医院

ウイルス性胃腸炎の感染経路は?

毎年、冬場に大流行します。2010年度は10月半ば頃から患者が増加しはじめ、11月~12月にかけて急増しました。2011年度も10月から患者が増加の傾向にあります。学校や社会福祉施設などで集団感染するケースで、大流行にいたることもあります。

1.感染経路はほとんどが経口感染で、次のような感染様式があると考えられて
 います。

2.患者のノロウイルスが大量に含まれるふん便や吐ぶつから人の手などを介し
 て二次感染した場合

3.家庭や共同生活施設などヒト同士の接触する機会が多いところでヒトからヒ
 トへ飛沫感染等直接感染する場合

4.食品取扱者(食品の製造等に従事する者、飲食店における調理従事者、家庭
 で調理を行う者などが含まれます。)が感染しており、その者を介して汚染
 した食品を食べた場合

5.汚染されていた二枚貝を、生あるいは十分に加熱調理しないで食べた場合

6.ノロウイルスに汚染された井戸水や簡易水道を消毒不十分で摂取した場合

引用元-感染性胃腸炎

ウイルス性胃腸炎になってしまったら

治療法と食事を摂るタイミング

ウイルスに感染しているかは医療機関で検査キッドを使って調べることができます。 ロタウイルスなどは短時間で検査することができ、ノロウイルスは検査結果が出るまでに数日かかり、症状によっては血液検査をする必要があります。

治療法は自然に回復させる!

細菌性の場合は抗生物質を投与しますが、ウイルス性の場合は吐き気や下痢を止める薬が処方されます。 多くの人が3~4日で症状が落ち着き、2週間以内には自然に治るでしょう。とはいえ、2週間近くも家にこもることは難しいと思います。

早く治療する方法は水分をしっかり取り、吐き気止め等の薬を服用しないことだそうです。 嘔吐や下痢によってウイルスが体外へと排出されますが、薬によって排出されないと完治までの期間が長くなってしまいます。薬で吐き気を止めたいところでしょうが、早く楽にするためには自然治癒が一番のようですね。とはいえ、症状の度合いにもよるため自己判断ではなく、医師と相談した方が無難です。

食事は無理に取らない

吐き気や腹痛、発熱の症状から食事や水分を摂ることが難しくなるため、無理をしないようにしましょう。 食べたい!と思った時や、症状が落ち着いて来たら1日複数回に分けて食べる良いです。 また食べるものは消化の良いお粥やうどんが良く、ウーロン茶や緑茶のような刺激の強い飲み物は避け、水を摂るようにしましょう!消化の悪い食べ物や脂身の多い食べ物、菓子類を摂ると症状が長引く、または悪化する恐れがあるため、治るまでは我慢することが大切です。

引用元-SKYNEWS7

まとめ
ウイルス性胃腸炎は有効な薬がないため自然に治るのを待つしかありません。子供などは脱水などにならないように注意が必要です。

twitterの反応


https://twitter.com/namissii/status/747804850209984521


https://twitter.com/sepiamyulove/status/743232598093107200
https://twitter.com/ms9788/status/742550371751497732

 - 美容・健康

ページ
上部へ