日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

需要曲線と供給曲線がシフトする原因とは?

      2018/07/04

需要曲線と供給曲線がシフトする原因とは?

需要と供給は市場価格を決めるときに重要なものです。需要と供給は曲線で表され、その二つが交わる点が均衡価格となります。この需要と供給の曲線は左右にシフトする場合があります。それはどのような時なのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

ATMでお金をおろすには!通帳でおろすことは可能?

ATMでお金をおろそうと思ったらキャッシュカードが必要です。...

マンションのドアノブが壊れた!交換費用は誰がもつ?

マンションのドアノブが壊れてしまった!交換しなければいけない...

電話番号の市外局番はどう決まっている?桁数は何桁?

電話番号は市外局番、市内局番、加入者番号で構成されています。...

シングルマザーの次の恋は年下彼氏がおすすめ

シングルマザーは恋愛してはいけないなんてもう古い!子どものこ...

統合失調症ってどんな病気?症状や悪化の原因について知ろう

統合失調症は怖いというイメージを持ってはいませんか?実は、1...

もうすぐ小学生!発達障害の子供の小学校はどうすればいい?

発達障害とは乳幼児期にでる発達の遅れで、小学校に上がる前に見...

ピアノを弾くには指が長い方がいい?指を長くすることはできるのか

ピアニストの指は細くて長いというイメージですね。ピアノを弾く...

引っ越しで郵便物を転送するには?一時的な転送も可能?

引っ越して住所が変わった場合は郵便局に郵便物の転送をする手続...

郵便局の配達の仕組みとは?知って便利な仕組みも!

郵便局では毎日たくさんの郵便物が集められ配達されています。基...

ホテルで食事をするときの服装は?ドレスコードについて

ホテルで食事をすることになり服装で悩んだことはありませんか?...

パート主婦は必見!働き方が変わる?扶養から外れる゛壁”

夫の扶養内で働いているパート主婦の皆さんは「103万円の壁」...

彼女とうまく別れたい!水面下でやるべきことは?

男の人は彼女と別れたいと思ってもなかなか別れを切り出せない場...

庭にはどっちがいい?アスファルトとコンクリート

一軒家の庭などにはコンクリートを使用しているところが多いかと...

子供が親の財布のお金を盗む!?その時の対応とは

子供がもしも自分の財布のお金を盗んだとしたらどう対応したらい...

郵便局の窓口とポストはどっちが早い?最短で届けるには

郵便物を早く配達してもらおうと思ったら郵便局の窓口とポストで...

生徒と教師がメールアドレスの交換?生徒と教師にメールは必要?

最近はメールやラインなどのやり取りを生徒と教師の間でしている...

犬はなぜ人間の気持ちがわかるのか?

犬はもはやペットではなく家族の一員と思っている人もいるくらい...

一人暮らしの電気、ガス、水道はどのくらい?節約方法とは

一人暮らしを始めたら電気、ガス、水道の光熱費を自分で管理しな...

コバエを駆除したい!効果的な商品とは

夏場には少し生ごみを放っておくとすぐにコバエが沸いてしまいま...

トイレが詰まった!そんな時はペットボトルがあれば大丈夫?

トイレが詰まった為に水が流れなくなってしまったら大変ですね。...

スポンサーリンク

需要曲線とは

需要曲線について学び始めましょう。あなたの目の前に二つのアイスクリーム店があります。しかも同じ味で同じ量、使っている材料もまったく同じであるとします。しかし、二つのお店のアイスクリームには違う点は一つだけ存在します。それか価格です。一つは100円、もうひとつは80円です。あなたはどちらを買いますか? 品質がわからなければ、高い方がおいしいのではないか、なんて考えて100円の方を買ってしまう人もいるかもしれませんが、同じ品質であるとわかっています。だとしたら、80円の方を買いますよね。このように需要者は同じ品質の財であれば安い価格の財をより多く需要します。簡単にいうと、商品の価格が下がれば前以上に沢山買います。スーパーでいつもより安売りされた商品は買いたくなります。 この法則を需要の法則といいます。

さきほどのお話をグラフで表してみましょう。縦軸に価格、横軸に需要量をとります。(なぜ縦軸に価格で横軸に需要量かというと、経済学者のマーシャルが縦軸に価格、横軸に数量をとったからです)アイスが100円の時に1つ購入したけども80円になったときには2つ購入したとします。そうすると右の図のように価格と需要量の関係を表す点がうてます。Pはpriceの頭文字、Dはdemandの頭文字です。 この関係を結んであげると右下に示すように右下がりの曲線が得られます。このように需要量と価格の関係を表す曲線のことを需要曲線(demand curve)といいます。

引用元-ぴーすけみくろ講座

供給曲線とは

次に供給曲線を学びましょう。あなたがアイスクリームの販売者だとします。アイスクリームを80円で買ってくれるという人と100円で買ってくれるという人がいます。どちらに売りますか? 私でしたら100円で売ります。なぜなら、その方が儲かるからです。このように価格が高い方が売りたいという量(供給量)が多いのです。もしかしたら、私は儲かるより、安く商品を買ってほしいと考えて80円にする人がいるかもしれません。 しかし、アイスクリームに費用が90円かかるとしたらどうでしょう。80円で売ることはできませんが、100円なら売ることができます。このように価格が高い場合、同じ商品を作るのに費用が高くついてしまう人も販売することが可能になるので、やはり、価格が高い時、供給量が多くなるのです。 この状態を図で表しましょう。

100円の時にはアイスクリームを1つ売るとして、120円の時にはアイスクリ‐ムを2つ売るとします。 そうすると右の図のように価格と供給量の関係を表す点がうてます。Sはsupplyの頭文字です。 この関係を結んであげると右下に示すように右上がりの曲線が得られます。このように供給量と価格の関係を表す曲線のことを供給曲線(supply curve)といいます。

引用元-ぴーすけみくろ講座

需要曲線と供給曲線の関係

需要と供給の曲線がある。普通、右肩下がりの需要曲線と右肩上がりの供給曲線が交わっているところが、需要と供給が一致したところだ。(・ω・)/

この需要と供給の曲線は、右に行ったり左に行ったりシフトするものなのだ。需要曲線が、シフトするときは、価格には左右されないのがポイント。

例えば、突然 雨が降ると 傘の値段が上がる。傘の需要が増えたことになる。300円の傘であっても、500円の傘であっても、どの価格帯でも 需要が増える。これは、 需要曲線が 右方向に シフトしたことになる。(・ω・)/

ところが、週末だけ遠距離電話が安く利用できると利用者が激増した、というのは、需要曲線内で、点が動いただけ。(・ω・)/
高くなると、需要が減るからだ。

需要曲線はシフトしない。

安くなれば増え、高くなれば減るのは曲線内での点の移動。安くなっても、高くなっても需要が増えるのは、需要曲線が右に移動。安くなっても、高くなっても需要が減るのは、需要曲線が左に移動。

引用元-じゃくりんのBusiness と企業価値評価を学ぶ日々

需要曲線がシフトする場合の一例

関連する財の価格変化

例えばあなたがおやつを買うとして、「ピザポテト」と「とんがりコーン」のどちらかを買うことにしたとしましょう。この2つのどちらでもよいという場合、この2つの財はそれぞれの『代替財』であるといいます。代替財とは「一方の財の価格が下がることで、他方の財を買いたくなくなるような財」のことをいいます。つまり、ピザポテトの価格が下がると相対的にとんがりコーンの需要が減少し、とんがりコーンの需要曲線は左にシフトします。とんがりコーンがピザポテトに対して相対的に割高になったからです(当然ながら、逆もまた然りです)。

また一方の財の価格の低下が、もう一方の財の需要を増やすという財の組み合わせもあります。これらの2財の関係を、お互いの『補完財』であるといいます。例えば車の価格が下がると、ガソリンの需要が増える(=需要曲線が右にシフトする)といったものが代表的な補完財の組み合わせですね。

引用元-じろけん ~経済・金融・web雑記~

供給曲線がシフトする場合

以下のケースでは、同じ価格でも供給が増えます。これらの場合、供給曲線は右にシフトします。

①各企業で供給量が増えるケース
1)生産要素の価格の低下
2)技術向上などによる生産性の上昇
3)規模の調整による生産性の上昇
4)結合生産の場合は、他商品の価格の低下

②新たな企業の参入のケース
1)原材料の価格の低下による供給量の増加
2)新技術導入による原材料などの生産性の上昇による供給量の増加
3)新工場の建設、規模拡大、生産性の上昇による供給量の増加
4)同じ生産ラインでビールとワインを生産している場合、ワインの価格が下がり、ビールの価格が上がれば、同じ価格でもビールの供給量は増加
5)新たにマーケットに参入する企業があれば、同じ価格でも供給量は増加

供給曲線が右にシフトすれば、従来の価格では供給過剰になります。そこで、価格が下落しはじめます。

価格が下落すれば、供給量は減り、需要量は増えます。需要量=供給量となるところまで価格は下落します。

引用元-医療統計学

需要と供給曲線がシフトする場合の例

・涼しくなると夏物衣料が売れなくなる( 需要量の減少により、需要曲線が
 左にシフトし、価格が低下 )。
・天候不順で、農作物が不作、価格が上昇する( 供給量の減少により、供給
 曲線が左にシフトしたため )。
・所得の増加は、可処分所得が増えるので、需要の増加につながり、需要曲線
 が右にシフトし、価格が上昇する。
・商品の流行は、はやっているものを手にしたいという心理を刺激して、需要
 の増加につながり、需要曲線が右にシフトし、価格が上昇する。
・原材料費の値下がりや技術革新は、同じ費用で製品をたくさん作れるように
 なるので、供給量が増大し、供給曲線が右にシフトし、価格が下がる。

引用元-大学入試のための 政治・経済

まとめ
いかがでしたか?経済において需要と供給は重要なので興味がある人は参考にしてみてください。

twitterの反応


https://twitter.com/n_misakireal/status/748096533371858945


https://twitter.com/A6g7e3103/status/740875670293614592


https://twitter.com/T_Tp_qToT/status/698085557562290177


https://twitter.com/sunnnnnnnnnnny/status/696906162466258945
https://twitter.com/pad_kuroto/status/693863459708997632
https://twitter.com/2ro4uhei/status/691760313469911041

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ