日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

アメリカの小学校でおきた銃の乱射事件で銃規制は進んだか

      2018/07/05

アメリカの小学校でおきた銃の乱射事件で銃規制は進んだか

アメリカでは銃の所持が合法であり、民間人の所有率は80%以上といわれています。そんな中アメリカの小学校で銃の乱射事件が起きました。この事件をうけて銃を規制しようという論争が巻き起こりましたがその後どうなったのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

警察官になるには ~女性はどのくらい体力が必要?~

様々な犯罪事例が増えるにつれ、需要が拡大している女性警察官。...

顔の湿疹が治らない!その原因と対策は?

顔に湿疹ができるとなかなか治らないことがあります。顔にできる...

外国人もびっくり?水道水が飲める日本ってすごい?

水道水を安全に飲める国は世界でもそこまで多くないようです。外...

家でも仕事でもストレスが溜まる?ストレスを発散するには

仕事のストレスを家に持ち込むことは良くないので、外でなるべく...

太陽光発電の営業は注意!?モニター商法とは

太陽光発電の導入を検討している人は多いのではないでしょうか?...

着るだけで電気代の節約!着る毛布の魅力とは

着る毛布というもの注目されているのを知っていますか?着る毛布...

頭痛は病院に行くべき?でも何科へ?

頭痛で悩んでいる人は結構多いですよね。薬を飲んでも耐えれない...

土地購入のタイミングはいつ?土地購入のポイント

マイホーム建築の為に土地を購入するのは人生で最大の買い物です...

車のキズはどこまで自分で修理できる

車のちょっとしたキズ、気になるけど修理に出すほどでもない…。...

目の検査で赤と緑でわかることとは

眼鏡やコンタクトを作る際の視力検査で必ず赤と緑の見え方の検査...

地震が起きた時、家の中で安全な場所は?

現在、日本全国どこでどのタイミングで地震が起こるかわからない...

中国で犬を飼うのが流行ってる?中国のペット事情

最近の中国では犬などのペットを飼うことがステータスになってい...

胃がムカムカする原因は?続く場合の病気とは

胃がもたれてムカムカすることがありますね。原因のほとんどは暴...

台湾で命を懸けた日本人 今も尊敬される水利技師

台湾では多くの人が知っている、学校の教科書にも登場する日本人...

アメリカの高校で行われる主な行事

アメリカの学校では、日本では考えられないような行事が行われて...

粉瘤って何?足にできたら手術をする?

粉瘤というものを知っていますか?皮膚の下にできる袋で、中には...

妊娠中の風邪!熱、鼻水、咳どうしたらいい?

妊娠中は実は免疫力が低下しているために風邪を引きやすいのです...

猫が飼い主を噛むのは何故?朝の場合はどういう意味?

飼っている猫に噛まれた経験はありますか?猫が飼い主を噛むのは...

ベッドのマットレスにカビが生えたらどうする?

ベッドのマットレスは敷きっぱなしにしているとカビが生えること...

旦那さんの両親との同居について

結婚する際に決めておきたい、両親と同居するのかどうか。同居す...

スポンサーリンク

小学校で起きた銃乱射事件とは

【コネティカット州ニュータウン】米東部コネティカット州ニュータウンの小学校で14日午前、銃乱射事件があり、捜査当局関係者によると20人の子供と犯人を含め計27人が死亡した。また、小学校と離れた場所で同一犯により射殺されたとみられる1人が発見され、死者数は28人に上った。

警察当局は、犯人は24歳のアダム・ランザという男であることを確認した。乱射現場となった小学校はニュータウンのサンディー・フック小学校で、男の母親がこの小学校で教師をしており、この母親も犠牲者の1人となったとみられている。

乱射現場は同小学校の教室1室とトイレ、玄関に限られているという。サンディ・フックはニュータウンの1地区で、ニュータウンはニューヨークの北東約100キロにあり、人口約2万8000人。

コネティカット州警察の広報官、J・ポール・バンス氏は、犯人が小学校の建物内で死亡したことを確認したが、他の犠牲者については家族への連絡を優先するとして明らかにしなかった。ある捜査関係者は犯人がこの小学校と個人的な関係があるとしたが、それ以上の詳細は言及しなかった。

引用元-THE WALL STREET JOURNAL

小学校の銃乱射事件を受け、銃規制の議論が巻き起こる

米コネチカット州の小学校で26人の命が奪われた銃乱射事件を受け、再発防止に向けた銃規制に関する議論がヒートアップしている。個人による銃の所有についての意見が賛否両論に分かれる米国では、これまでも同様の事件が起きるたびに国を挙げて論争が繰り広げられてきたものの、大きな対策が取られることなく脇に追いやられてきた。オバマ大統領は、就任後4度目となる銃乱射事件に対し、繰り返される悲劇を終わらせるべく「意義のある行動をとる」とし、新たな銃規制の導入を示唆した。海外メディアは、対策案や国内の対立など、米社会に根深くはびこる銃問題の複雑さを取り上げている。

引用元-NewSphere

銃規制に対してアメリカ国民はどう考えているのか

17日に発表されたワシントンポスト紙とABC放送の世論調査によると、「より厳しい銃規制法に賛成か反対か」には、54%が賛成、43%が反対と回答。

「引き金を引く度に弾丸を自動的に再装填を行う半自動拳銃の禁止」について、賛成は52%、反対は44%だった。

「拳銃の販売禁止」については、支持するが27%、反対が71%。「10以上の弾丸を含む挿弾子(クリップ)の販売禁止」については、59%が賛成、38%が反対だった。

「銃による暴力を減らす方法は?」の質問に対して「より厳しい銃規制法」が32%、「現行法の厳格な執行」が49%、「両方」が8%、「どちらでもない」は7%だった。

多くのアメリカ人にとって、武器を携帯する権利は、今でも自由と同義である。220年前のアメリカ合衆国憲法修正第2条が銃規制反対の根拠になっている。

引用元-選挙ドットコム

乱射事件で使用された銃の製造元に損害賠償請求

2012年12月14日に起きたサンディフック小学校銃乱射事件(Sandy Hook Elementary School shooting)に関連して、26名の被害者の家族らが、犯人が使用したライフル「AR-15」の製造販売元企業となるブッシュマスター・ファイアアームズ(Bushmaster Firearms International)を相手に損害賠償請求を起こしていたことが判った。

15日付けのTimeの報道によると、原告の被害者家族らは、AR-15のような殺傷力の強い銃器は本来は、市場に流通させるべきものではなかったと主張している。

サンディフック小学校銃乱射事件を巡っては、犯人が使用したAR-15の販売規制論議が巻き起こり、これが元となり、AR-15のような高い殺傷力を有する銃器の販売を規制する新銃規制法「Assault Weapons Ban of 2013」が施行されていた。

AR-15は米軍が使用しているM16自動小銃の民生版に相当するライフルで、セミオートマチックのライフルの中ではもっとも高い人気を誇ってきた。

引用元-businessnewsline

それでも銃規制法案は否決

オバマ政権二期目の主要政策になる筈(はず)だった銃規制法案は結局先月上院で否決、廃案になった。

採択が期待されていた法案の内容自体、殺傷力の強い銃器禁止や大型弾倉の規制などは盛り込まれず、精神疾患や犯罪の経歴確認など、購入者に対するチェックをネット販売や展示会での販売にも拡大する程度。服部剛丈君射殺事件などをきっかけに一九九四年から十年間施行されたブレイディ法に比べても緩いものだった。

引用元-アメリカはそれでも“銃規制“をしない | 蓼食う虫の記

まとめ
アメリカでの銃規制の議論は度々取り上げられますが厳しい規制にはなかなか至りません。今後アメリカの銃規制は進むのでしょうか。

twitterの反応


https://twitter.com/gorira_bf3/status/712296561506525185


https://twitter.com/ikrg0626/status/641049140156231681

 - 社会・政治・経済

ページ
上部へ