日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

もう遅い!?離婚後に後悔する理由 女性の場合

      2018/07/19

もう遅い!?離婚後に後悔する理由 女性の場合

離婚は昔に較べて珍しいことではなくなり、今や3組に1組のカップルが離婚する時代ともいわれています。それでもやはり離婚は人生を左右する大きなこと。女性が離婚してからどんなことに後悔するかをまとめました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

日本では年間約22万組が離婚している

日本の離婚率は統計が開始された昭和25年から42年までの間までは7千件前後で推移を続けてきていました。ところが43年から58年までに離婚率は急上昇し、59年から平成2年にかけて一時的に離婚率が低下。そこから平成14年までの間に離婚率はさらなる急上昇を見せ、年間29万人にまで達しました。しかし、平成14年から現在に掛けて離婚率は落ち着きをみせ、平成26年には22万2000組の離婚が成立しています。

引用元-浮気不倫調査SOS

離婚後、女性が苦労しやすいのはお金の問題

女性が夫と別れて後悔する事で多いのが「お金(生活費)の問題」です。特に、妻側が専業主婦であった場合、新たに仕事を始めようとしてもなかなか難しいというのが現状です。独身時代に仕事を持っていたという女性でも、長いブランクがあると就活自体が上手くいかないだけでなく、運よく仕事が見つかったとしても職場で苦労する例が多く見られます。なぜなら、パソコンを始めとするオフィス機器は日進月歩の勢いで進化しており、パソコンの使い方が分からない、コピーの使い方が分からないなどの例が少なくないからです。充分な貯金も再就職に必要な技能や資格もないという場合、効率の良い仕事が見つからなければ低い給料で長時間働くということになって離婚後に生活費の問題で悩み後悔するという事になるでしょう。

引用元-離婚回避の方法〜思考法〜

子供へのしわ寄せが後悔につながることも

子供がいる場合、離婚のデメリットをこうむるのはどうしても子供となります。離婚時のデメリットは色々ありますが、離婚の際の両親の争う様子や、どういう理由があっても片親を失う事が子どもにとっては大きな出来事になりえます。また、離婚により経済的に生活がレベルダウンする事もあるかもしれませんし、離婚の為に住居が変わる・転校するといった物理的に不自由する事もあるでしょう。親からみると、離婚のせいでそのようなデメリットを子供が受けているという事は、離婚を本当に後悔してしまう事でしょう。しかし、離婚が避けられない以上、そういった事を通して子供が成長できるように指導・フォローしてあげる事です。それにより、子供は悲しい事柄ではありますが、そこから色々な事を考えて受けとめ、成長するきっかけとなるのです。その成長する様子をみる事ができたら、親として後悔はなくならないかもしれませんが、最善の道を選んだと納得できるものです。また子供に離婚によっての事柄を通して、マイナス面に出た場合も、常に真剣に子供と向き合う事で、最善を尽くしていく事ができます。そのため、投げやりにならず諦めないという事が、後悔してもそれを乗り越えていく道となるでしょう。

引用元-こいぴた

耐え難い孤独感に襲われるとどうしても後悔が…

子供がいない夫婦の離婚後の後悔で良くあるのが孤独感・喪失感です。相手を嫌いになり憎み合って別れた夫婦でも、ラブラブだった時が必ずあります。大好きな人と結婚して2人での生活が当たり前となった後、一人暮らしに戻ると誰しも孤独感を感じてしまいます。夫婦でそれまで暮らしていた家にそのまま生活する場合は特に相手がいないことを強く感じてしまうでしょう。

一人でいる心細さや、再婚出来るかどうか、老後の不安などを感じる場合も多いでしょう。

引用元-luvme

「離婚」に対する偏見はまだ根強い

現代の日本では、3組に1組の夫婦が離婚しており、離婚は社会のタブーではなくなってきました。しかしそれでも、世間の離婚に対する偏見は根強く残っています。離婚する夫婦は、それぞれ深刻な悩みや問題があって離婚を選択しますが、周囲からは離婚した事実しか見えません。そのため、勝手な想像や偏った考え方に基づいて、「浮気をされた(した)んじゃないか」、「我慢が足りない。」などと、陰で好き勝手なことを言う人は少なくありません。周囲の偏見は、内容がたとえ事実と異なっていたとしても、離婚した人にとっては深く心に突き刺さりますし、偏見にさらされ続けるうちに、精神的に不安定になってしまう人もいます。

引用元-離婚したい人のガイドブック

まとめ
戦うものが多くて離婚後は何かと大変そうですが、アンケートでは意外に「離婚して後悔していない」と答える女性が多いそうですよ。

twitterの反応

https://twitter.com/r06182020m/status/742964259953512448


https://twitter.com/30rin5/status/680787338490810368

 - 恋愛・人間関係

ページ
上部へ