日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

奥歯の歯茎が腫れて痛い!膿がたまる病気とは?

      2018/07/31

奥歯の歯茎が腫れて痛い!膿がたまる病気とは?

口の中でも細菌に感染すると歯茎が腫れたり、膿がたまってしまうことがあります。歯の奥に膿がたまる病気に歯根嚢胞というものがあります。奥歯がこの病気になると食べ物を食べるもの痛くなってしまうようなので早目の処置が必要です。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

奥歯などの歯茎が腫れる原因とは

奥歯の腫れる原因は、親知らずによるものもありますが、一般的な歯茎の腫れる原因とほぼ同じです。
奥歯の腫れる原因は、主に次の6つのケースが挙げられます。

・細菌の繁殖
・歯肉炎や歯周炎
・親知らずの周囲の細菌
・残っている歯の根の破片
・高血圧の薬等による腫れ
・歯茎の腫瘍

引用元-奥歯の歯茎の腫れを鎮めるための原因に応じた6つの対処法

歯の奥に膿が溜まる病気

歯根嚢胞 [ しこんのうほう ] とは

身体の中に作られた液状内容物を含む袋状のものを嚢胞[のうほう]と呼び、歯の根っこの先端部分にできた嚢胞のことを歯根嚢胞といいます。
これは、細菌感染や、物理的、科学的などの刺激が加わったことによって、歯の中にある神経や血管(歯髄)が壊死した歯(失活歯)や、過去に歯髄を除去した歯(根管治療を受けた無髄歯)に起こります。
歯髄が走行している部分を根管と呼びますが、根管内に何らかの理由で感染が起こると、根の先端を通じて顎の骨に膿がたまります。
炎症が強く嚢胞が大きくなると、歯の周りの顎の骨を大きく溶かすこともある病気です。
引用元- 歯医者さん ネット

歯根嚢胞の症状とは

初期

慢性状態であれば痛みなどの自覚症状がないため、レントゲン撮影をしなければ気付かないことも多くあります。

二次感染

二次感染が起こった場合は、痛みや、腫れ、咬合痛(咬むと痛い)、歯茎に瘻孔[ろうこう](膿の出口)をつくるなどの症状が現れます。
そのまま治療を受けずにいると歯根嚢胞が大きくなってしまい、顎の骨が溶ける、顎の骨の膨隆、歯の根っこが溶ける、歯の動揺、上顎なら鼻閉や眼球圧迫、下顎では骨折などのいずれかの症状が現れることもあります。

引用元-歯医者さん ネット

歯根嚢胞の治療法とは

感染根管治療(かんせんこんかんちりょう)

感染根管治療とは細菌によって汚染された根の中を針金のようなやすり(ファイル)でこすり落として根の中を消毒し、薬で密閉して細菌の住みかをなくす方法です。
少しでも細菌に侵された根が残ってしまうとそこからまた細菌が増え、歯根嚢胞がいつまでも治らなかったり、再発を繰り返してしまいます。
詳しくは「歯の神経の治療はなぜ何回もかかるのか?実は90%が3回以内に終わる」を参考にしてください。

STEP1根の中に細菌が入らないようにする

根の中に唾液や歯垢が入ってしまうと、細菌が感染してしまい歯根嚢胞が治らなくなってしまいます。
そのためラバーダムやZOO(ズー)というものを使い、唾液の中の細菌が根の中に入らないようにして治療を行います。

STEP2歯の神経を取り残さないようにする

歯の神経の管は歯によっても、人によっても本数が違います。
歯の神経治療の時この管を一本でも見逃してしまうと歯根嚢胞の原因になります。
神経の管は前歯と小臼歯で1~2本、大臼歯は1~4本となり、この一本一本を丁寧に消毒する必要があります。

STEP3根の中の形を整える

歯の神経の管はただの丸い形ではなく、楕円形、三角形、樋状、二つに分かれていたり、とても複雑な形をしています。
この複雑な根の中を小さな入り口から消毒し、根の中に入れる薬が入りやすい形に整える必要があります。

STEP4緊密に薬を入れる

歯の神経の管を消毒した後にガッタパーチャ(ゴムのような薬)を緊密に詰めます。
歯の神経がなくなった歯は再感染しやすく、管の中に空気が入ってしまうと痛みや再感染の原因となるためガッタパーチャというゴムのような薬を緊密に詰めて、細菌のすみかとなる場所をなくしてしまいます。

引用元-歯医者が教える歯のブログ

実際に奥歯の歯茎が腫れた人の話

痛くて治療が出来ず、歯茎をメスで切る

歯医者に行ったものの痛みが激しすぎて仮で歯にかぶせている物を取ることができませんでした。
この状態になって初めて歯の根の奥に膿が溜っていると知らされます。
根っこに穴をあけて膿を出そうとしたけれど、根が深く先が細くて上手く出てくれないとのこと。
このままではどうしようもないので、麻酔をかけて外からメスで切り、膿を出すと言われました。
とにかく痛みが激しくてどうしようもなかったので、言われるがままにメスで切ってもらい膿を出しました。麻酔をしているので痛くもなんともありませんでしたが。

治療が終わり、数日で痛みが無くなるはずだと言われ、1週間分の痛みどめをもらい帰宅しようとしましたが、痛くて運転が出来ない。
結局歯医者の駐車場で1時間ほど休み、何とか家に帰りました。
家に帰ってすぐ痛み止めを飲みました。麻酔が切れた時の痛みが怖かったんです。
薬を飲んでおけば大丈夫だろうと思っていました。
が、その30分後恐れていた痛みが走ります。
もうこの世の物とは思えないほどの痛みが。

メスで切った部分を手で押さえ、頭を床につけて疼くまる。まるで土下座でもしているような格好で動けなくなりました。
とにかく痛くて痛くて耐えられなかった。
なんでこんな痛みを味合わないといけないのか、なんでこんな思いをしないといけないのか、こんな痛みを感じるならいっそのこと楽にしてほしい。
本気でそう考えるほどの痛みを感じました。時間にして15分くらい。

引用元-bunoshi

これはしてはいけない!歯茎に膿ができた場合

歯茎にできた膿に絶対にやってはいけないこと

自分で膿を出す行為は危険です

実際に膿が出てしまった場合、針などを使って自分で膿を出すことは可能かもしれません。
しかし、治療にはならず、下手に針などを刺したりすると、細菌が入ってしまう恐れもあります。
ほとんど良い事はありませんので、なるべく手を出さずに歯医者へいきましょう。

血行を良くすると痛みが増します

強く痛む場合は、お酒やお風呂などの身体を温めるような行為は避けましょう。
血行が良くなると痛みも増します。
安静にして歯医者さんで治療に臨みましょう

引用元-CURE+

まとめ
歯根嚢胞になると突然痛みが出る場合があるようです。歯茎が腫れて膿が溜まっている場合は早めに歯医者さんで治療をしてもらいましょう。

twitterの反応


https://twitter.com/itoya31m/status/546686066975973377

 - 美容・健康

ページ
上部へ