日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

冬以外でもおでんダイエット! 卵+低カロリー具材で

      2018/08/05

冬以外でもおでんダイエット! 卵+低カロリー具材で

今やコンビニなどで年中食べられるようになったおでん。実は、おでんで痩せる「おでんダイエット」が今話題になっているのです。卵などのヘルシー+満腹感+低カロリーな具材でカシコくダイエットしませんか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

おでんダイエットとは

おでんは料理名なので、単一食品のみを食べるダイエット方法とは異なり、具材を選ぶ楽しみがあるのが最大の利点と言えるでしょう。また、一度にたくさん作って作り置きをしておけるので、ダイエット期間中に毎日準備する手間なども省けます。さらに冬場に行う場合は、コンビニ各社で販売されているおでんを買うことで、作る手間も省くことができます。また、ダイエットに使えることを見ても、おでんは低カロリーな食材であることがわかります。一例をあげると、こんにゃくや白滝は6㎉、昆布巻きは9㎉、大根は14㎉しかありません。

引用元-ダイエット美

どうしておでんダイエットでやせられるのか?

自分でしっかりカロリーコントロール
先に話したように、おでんに入れる具を自分でカロリーを考えながら選ぶことが出来ます。

食物繊維効果で便秘解消
おでんの具には、食物繊維を含む食品が多くあります。そこで、自然と便秘解消に繋がります。

代謝アップ
代謝促進効果も得ることが出来ます。体内の基礎代謝が上がることでダイエット効果に繋がります。

おでんの水分効果は他の食品を抑制させる
おでんの具を食べている、しかし美味しい染み込ませた出汁も飲んでいますよね?そこで満腹感を得ることが出来ます。自然とご飯の量が減ります。いつものご飯+おかず+味噌汁のカロリーに比べると格段に摂取カロリーが抑えられるのです。

引用元-元気な美的ダイエット

おでんダイエットにぜひ取り入れたい「卵」

大人気の卵は、意外とカロリーが高めですが、栄養成分が豊富なため、ダイエットにおススメです。

卵には、
* カルシウム
* 鉄分
* 亜鉛
などのミネラルやビタミンなど、様々な栄養成分が含まれています。

卵に含まれるバイオチンは、アミノ酸と脂肪酸の代謝をサポートする効果があり、代謝アップが期待できます。また、卵黄に含まれるレシチンは、動脈硬化や脳梗塞の予防に効果的です。卵の良質なタンパク質は、美肌作りにも欠かせません。卵と言えばコレステロールがどうしても気になりますが、最新の研究結果で、卵を沢山食べても血液中のコレステロール値に大きな変化がないことがわかりました。ただし、卵はカロリーが高めなので、食べ過ぎは禁物です。1日1つにしましょう。

引用元-痩せるダイエット方法

卵がダイエットに良い理由

ちまたで耳にする「たまごダイエット」、1日に8~9個のかたゆで卵を主食として、ご飯を食べずにグレープフルーツ・トマト・野菜サラダ・ 油抜きの肉などと組み合わせて2週間程度続けるという方法です。その原理は、「たまごひとつを消費するカロリーは、たまごそのもののカロリーより多く、消化しにくいので胃や腸の動きが大きくなる→ゆで卵を食べる度に 体からエネルギーを放出する→自分の脂肪を燃焼しなければたまごは消化できない→食べれば食べるほど痩せていく」です。

経験者によると、確かに体重は減少するけれども、肌が荒れ、たまご以外の食材指定も細かいので、結局、途中で断念しリバウンドしてしまったという人も 少なくないようです。やはり主食はたまご単品に依存せず、栄養バランスの良いメニューを食べるべきですね。

引用元-Club Panasonic

他の低カロリー具材と組み合わせて賢くダイエット

ダイエット専門のクリニック『渋谷DSクリニック』の管理栄養士によると、おでん1人前に使われる一般的な量のカロリーは下記のとおり。コンビニでおでんを買うときや家で作るときは、具材選びの参考にしてみてください。

・こんにゃく 5kcal
・大根 10kcal
・白たき 11kcal
・たこ串 27kcal
・はんぺん 44kcal
・いわしのつみれ 58kcal
・ちくわ 70kcal
・玉子 72kcal
・焼き豆腐 79kcal
・厚揚げ 110kcal
・つくね串 111kcal
・餅入り巾着 141kcal
・ソーセージ 144kcal
・がんもどき 160kcal

引用元-アノ具材が意外とヤバイ!太ってしまう「おでん」の選び方とは – ライブドアニュース

おでんダイエットの注意点

ダイエットの強い味方となってくれるおでんにも、弱点はあります。おでんは塩分が多いです。塩分のとりすぎはむくみの原因にもなるので、おでんを食べる時は塩分をできる範囲で抑える工夫が必要です。

■練り物系は数を抑えて!

さつま揚げなどの練り物系は味がしみこむので、塩分が高い傾向があります。1食のうちで練り物系は2個までにするなどして、塩分を抑えましょう。

■大根はしみ込みすぎてないものを!

同じく大根も、汁を吸えば吸うほど塩分が高くなってしまいます。味がしみてるほどおいしいといいますが、ダイエット中ならある程度薄味のものを食べて、素材そのものの味を楽しむようにするといいでしょう。

■汁はあんまり飲まない!

おでんの汁ってあったまるし、すごくおいしいけど、塩分のことを考えるならあんまり飲まないほうがいいです。具を食べるだけでも、しみこんだ汁でお腹は膨れます。

■別のおかずで野菜をとる!

おでんだけで1回の食事を済ませると、野菜が足りないので、別のおかずで野菜もいっしょに食べるようにすると、栄養バランスも良くなって、さらなるダイエット効果が期待できます。

引用元-ダイエットピンキー

まとめ
私も冬のお昼によくコンビニおでんを食べますが、かなり満腹感があります。効果がありそうです。

twitterの反応


https://twitter.com/hiiiii_diet/status/693070221343531008


https://twitter.com/antiny__/status/564037918482649088

 - 雑学

ページ
上部へ