日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

離婚の慰謝料 性格の不一致の場合

      2015/12/20

離婚の慰謝料 性格の不一致の場合

離婚の理由は色々とありますが、一緒に生活を始めると互いの価値観や生活のすれ違いにより離婚に至る性格の不一致があります。この場合の原因は、どちらがと言う訳ではないため慰謝料はどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

オリコで車のローンが組める!?審査は厳しいか

クレジット会社であるオリコで自動車のローンを組むことができる...

バカがひくわけじゃない!夏風邪のウイルスと感染する理由

昔から「夏風邪はバカがひく」なんて言われていますが、風邪の大...

憧れのティファニー☆結婚指輪1カラットの値段って?

女性にとってティファニーと聞けば婚約・結婚指輪を連想するため...

一度は考えた…「高校の先生、春休みは暇なの?」の真相

高校の先生って、春休みや夏休みなどの長期休暇は学校にあまり来...

あなたはLINEの既読無視を許せる!?友達や恋人は違うかも?

コミニュケーションツールとして、ここ数年で当たり前の存在とな...

銀行に就職するのは勝ち組!?銀行の実態とは

銀行は就活する学生にとって人気の職業です。銀行に就職すると安...

家の内装はお好みの色でバランスを考えて!

家の内装はどのようなものがお好みでしょうか?モダンな色合いの...

コンビニの商品はどうなる?地震の場合

記憶に新しい熊本地震では生活物資の不足が問題となりました。い...

みりんと砂糖の違いって?代用はできる?意外なカロリー

みりんは砂糖と同じ甘味調味料ですが、何で出来ていて、カロリー...

中小企業診断士の試験は難しい?試験の感想

中小企業診断士という職業を知っていますか?近年注目が集まって...

ブルーレイレコーダーでDVDディスクは見れるのか?

ブルーレイレコーダーが普及した現在、DVDレコーダーの家庭で...

会社を円満に退職するには?どんな理由がいい?

会社を何らかの事情で退職したいと思ったとき、その理由を正直に...

トイレであたふた!ウォシュレットから水漏れが起こったら

水のトラブルは、起こった時に素早く対処しなければ。回りが水浸...

申込まないと損してるかも?NHK受信料の家族割引に注目!

NHKの受信料、ただNHKから言われるがままに契約して支払っ...

病院に入院するには保証人が必要!代行業者も登場

部屋を借りる時、入学時、就職時、お金を借りる時etc、様々な...

Windows10へのアップデートが進まない問題

Windows7やVistaからWindows10への無償ア...

地球の磁場が減少しているって本当?

地球には磁場があります。方位磁石を使うと磁石が北を向くのはそ...

単位が千円、百万円の場合の読み方

会社の書類などで千円、百万円などの単位が書いてあることがあり...

受験生のストレスとは!?その症状と対処法

中学、高校、大学と受験をした人の中にはストレスを感じた人もい...

結婚式の招待状の返信はどう書く?返信のマナー

結婚式の招待状には出席か欠席かの返信はがきが同封してあります...

スポンサーリンク

●正確の不一致で離婚した場合の慰謝料

性格の不一致が理由で、離婚に踏み切る夫婦がいますが、性格の不一致という理由で慰謝料を請求する事は可能でしょうか。離婚を切り出す側も、離婚を請求される側にとっても気になるところですよね。性格の不一致を理由に離婚を進める場合、慰謝料というものが発生するのか、離婚したい側、離婚される側等それぞれの立場で考えてみましょう。

お互いに離婚に合意している場合

性格の不一致という理由は、法律上離婚を認めていませんその為、協議離婚を行う必要があります。協議離婚では、双方の合意の上で離婚を成立させることが可能です。ただし、性格の不一致を理由にした協議離婚の場合は、互いに問題があると法律的には、判断されますので、一般的に慰謝料は請求できないでしょう。暴力や不貞行為、借金といったものが離婚の原因となっている場合には、その原因を作った側へ、慰謝料を請求する事は可能です。性格の不一致が理由の場合に慰謝料が発生する事例としては、それが原因で婚姻関係が破綻するに至ったという重大な理由が認められた場合のみ、幾らかの慰謝料を請求する事はできます。しかし、決定的な離婚原因となっているDVや不貞行為の場合よりも、慰謝料の金額はかなり低くなると考えられます。

扶養的財産分与で慰謝料をカバーする方法

性格の不一致の場合は、慰謝料が発生しないケースが殆んどです。しかし、それでは納得が出来ないという人も少なくありません。特に、専業主婦を長く続けてきた女性の場合は、離婚後の生活ができないという不安から慰謝料が発生しない場合は、離婚したくても、離婚出来ずに、ただストレスだけを蓄積させる他ないのでしょうか。そこで、慰謝料をカバーできるものとして考えられるのが、扶養的財産分与の請求です。扶養的財産分与は、離婚の責任がなくても、婚姻関係中に家計を支えていたものが、生活力のないものを扶養するという意味の一時金のことを示します。離婚後、仕事を見つけ、自立するまでの生活を保証したり、病気が治るまでの生活を一部支えるといった具合に、ある一定の条件や期限を設けて、金銭を支払うというものが扶養的財産分与となります。この手続をとっておくと、備えがなくても離婚後の生活を安定させるまでなんとか生活を繋ぐ事はできるのではないでしょうか。ただし、財産分与として、高額な金額が支払われた場合には、扶養的財産分与は適応されませんので、注意をしてください。

片方が離婚に合意しない場合

性格の不一致を理由に離婚を要求しても、片方が離婚に応じない場合は、協議離婚という形では、離婚をすることはできません。それでも離婚を進めたいと強く願う場合には、離婚をしたくないと主張している側に、「解決金」として金銭を支払うことで、離婚を進める事が可能です。この「解決金」は、慰謝料とみなす事ができますので、離婚後の生活に不安を抱えている方は、離婚後も安心して生活できると考えられます。ただ解決金については、相場というものがなく、双方で納得できるまで話し合いをし、金額を決定します。その為設定した金額に納得出来ない場合には、やはり離婚の手続きが長引く、もしくは不成立に終わる可能性も否定できません。

引用元-性格の不一致が原因の離婚の慰謝料について | 離婚を考える

●性格の不一致で離婚 慰謝料500万を請求された

慰謝料は、離婚の責任がある方からその相手方に対して支払うものです。
質問をみると、どっちが悪いのかは微妙といったところです。
慰謝料が認められるとしても、相場は100万~300万程度です。
親権は、子供が幼い場合には、母親になるのが通常です。
親権の変更は家庭裁判所に訴えることになると思いますが、
何か事情がないかぎり(親権者としてあるまじき行為とか親権を行使しないとか)、変更は認めないでしょう。

引用元-性格の不一致で離婚する予定です。慰謝料500万を請求されまし… – Yahoo!知恵袋

●性格の不一致は慰謝料がもらえない離婚ケースの1つ

そもそも慰謝料とは、精神的な苦痛を与えた者に対する損害賠償です。離婚の場合でいえば、不貞や暴力など離婚原因となる有責行為をした者に対しての損害賠償請求、ということになります。

覚えておきたいのは、慰謝料は離婚をするすべての夫婦に発生するわけではないということです。たとえば、次のケースは離婚をしても慰謝料がもらえません。

【慰謝料がもらえない離婚事由のケース】
■性格の不一致
■有責責任の行為が双方にある
■家族との関係がよくないことから離婚にいたった場合
■事実上、夫婦関係が破綻してからの不貞行為

たとえば、夫婦ともに浮気をしていた場合や「なんとなくソリが合わなくて……」という理由で離婚をした場合には、慰謝料は発生しません。

引用元-慰謝料や養育費がもらえない離婚のケースとは? [離婚] All About

●性格の不一致では慰謝料が認められない理由

それではなぜ「性格の不一致」では、慰謝料請求が認められないのでしょうか?
 「性格の不一致」の原因である、夫婦間の価値観や考え方の違いは、夫婦間の話合いや、お互いに折り合いをつけることで、その差を埋めていく事が出来ます。
お互いが歩みよる努力をしなかった、もしくは努力が足らなかったので、「夫だけが悪い」「妻だけが悪い」と言い切ることが出来ないのです。
夫婦どちらも、それなりに悪いということです。
つまり、責任の度合いはどちらも一緒で、お互い様ということで慰謝料請求は認めらないのです。
ですので、相手が慰謝料を払う意思がなければ、それ以上追及しても支払ってもらうことはできません。
無駄な労力を使わない為にもそこで終わらせましょう。

引用元-性格の不一致で離婚する方が、無駄な労力を使わない為のポイントとは?

●性格の不一致は慰謝料ではなく手切れ金

「性格の不一致といっても、中身は多種多様です。ともかくは、“人によって価値観は違う”ということを自覚すべきでしょう。特に男性はプライドや支配欲が強く、自分の意見が通らなくなると、“妻はわからず屋だ”“結婚当時は可愛かったのに”などと憎しみが積み重なり、最終的には“もう妻とはやっていけない”に発展するのです。

性格の不一致で離婚する場合は、原則として慰謝料は発生しませんが、夫が妻へ手切れ金として100万円程度のお金を払って離婚する場合もあります」

別の家庭で育った2人の人間が家族になるのですから、価値観や常識が微妙にズレていて当たり前ではありますが……。とはいえ、“自分の考え方が絶対”という我の強い態度が、溝を広げてしまいそうですね。

引用元-弁護士が語る!夫から切り出す離婚の「慰謝料」相場4つ – Menjoy! メンジョイ

まとめ
想像はしていましたが、やはり慰謝料の請求は難しいみたいですね。でも、専業主婦の場合は以後の生活にも影響がありますから、お互いに納得出来るよう話合うしかなさそうです。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ