日頃の疑問や豆知識を調べてまとめました

まとロゴす

離婚の慰謝料 性格の不一致の場合

      2015/12/20

離婚の慰謝料 性格の不一致の場合

離婚の理由は色々とありますが、一緒に生活を始めると互いの価値観や生活のすれ違いにより離婚に至る性格の不一致があります。この場合の原因は、どちらがと言う訳ではないため慰謝料はどうなるのでしょうか。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

インフルエンザの予防にいい!?効くアロマと効果とは?

インフルエンザの予防には冬になると神経質になってしまいますね...

会社宛てに郵便物を送るときは宛名はどう書いたらいい?

会社宛てに郵便物を送るときはどのように宛名を書いたらいいか知...

アパートに住むなら1階と2階はどっちがおすすめ?

アパートの物件を探している場合、何階に住むかは重要な要素です...

会社が給料を払ってくれない!未払いの請求はどうしたらいい?

会社で働いたら働いた分だけ給料が支払われるのは当然ですね。し...

様方の使い方は?住所の正しい書き

手紙の住所の書き方にはいろいろありますが、一定のルールがある...

引っ越しの住所変更は車庫証明もしないといけない?

引っ越しをしたら、役所や銀行などに住所変更の届けをする必要が...

キンモクセイってどんな花?開花の時期はいつ頃?

キンモクセイはとてもいい香りのする花です。遠くにいても香りが...

野球で軟式の場合、変化球はどう投げる?

野球には硬式と軟式がありますが、どう違うのでしょうか?硬式と...

中国人のびっくり!?日本の清潔な環境はどうして成り立っている?

日本に来た中国人観光客が驚くことの1つに日本の環境が清潔であ...

警察に住所は教えるべき?家に訪問してくることはある?

もし突然家に警察が訪問したら、何もしていなくても大体の人は驚...

テレビ番組の録画をDVDにダビングするには?

地上デジタル放送になって、テレビの画質は格段に上がりました。...

車の修理費は何になる?簿記の勘定科目について

会社の経理を任されている場合は簿記の資格が必要となります。簿...

高校の友達関係がめんどくさい!どう乗り切る?

高校では友達関係がガラッと変わることがあります。さらに男女と...

中学校の部活のテニスは何故ソフトテニス?硬式とはどう違う?

中学校の部活でテニスを始める場合、そのほとんどの学校の部活が...

野球の軟式と硬式の違いは何?2つの違いを解説!

野球には軟式と硬式があります。この2つはどう違うのでしょうか...

北海道から東京へ就職!その場合に気を付けることは?

地方から東京へ出てきて就職したいと思っている人は多いのではな...

携帯の色は何色を選ぶ?色が性格に与える影響とは?

最近の携帯の色はたくさんの種類があり、どの色を選ぶかで性格が...

アメリカの空港での手荷物検査は厳しい!?最新の事情とは

9.11におきたテロ事件から、アメリカの空港での手荷物検査は...

パスポートの発行にはどのくらいかかる?申請から発行までの流れについて

海外に渡る場合はパスポートが必要不可欠です。しかしパスポート...

警察に住所を聞かれる場合とは?拒否はできる?

職務質問などで、警察に住所・氏名を聞かれる場合があります。中...

スポンサーリンク

●正確の不一致で離婚した場合の慰謝料

性格の不一致が理由で、離婚に踏み切る夫婦がいますが、性格の不一致という理由で慰謝料を請求する事は可能でしょうか。離婚を切り出す側も、離婚を請求される側にとっても気になるところですよね。性格の不一致を理由に離婚を進める場合、慰謝料というものが発生するのか、離婚したい側、離婚される側等それぞれの立場で考えてみましょう。

お互いに離婚に合意している場合

性格の不一致という理由は、法律上離婚を認めていませんその為、協議離婚を行う必要があります。協議離婚では、双方の合意の上で離婚を成立させることが可能です。ただし、性格の不一致を理由にした協議離婚の場合は、互いに問題があると法律的には、判断されますので、一般的に慰謝料は請求できないでしょう。暴力や不貞行為、借金といったものが離婚の原因となっている場合には、その原因を作った側へ、慰謝料を請求する事は可能です。性格の不一致が理由の場合に慰謝料が発生する事例としては、それが原因で婚姻関係が破綻するに至ったという重大な理由が認められた場合のみ、幾らかの慰謝料を請求する事はできます。しかし、決定的な離婚原因となっているDVや不貞行為の場合よりも、慰謝料の金額はかなり低くなると考えられます。

扶養的財産分与で慰謝料をカバーする方法

性格の不一致の場合は、慰謝料が発生しないケースが殆んどです。しかし、それでは納得が出来ないという人も少なくありません。特に、専業主婦を長く続けてきた女性の場合は、離婚後の生活ができないという不安から慰謝料が発生しない場合は、離婚したくても、離婚出来ずに、ただストレスだけを蓄積させる他ないのでしょうか。そこで、慰謝料をカバーできるものとして考えられるのが、扶養的財産分与の請求です。扶養的財産分与は、離婚の責任がなくても、婚姻関係中に家計を支えていたものが、生活力のないものを扶養するという意味の一時金のことを示します。離婚後、仕事を見つけ、自立するまでの生活を保証したり、病気が治るまでの生活を一部支えるといった具合に、ある一定の条件や期限を設けて、金銭を支払うというものが扶養的財産分与となります。この手続をとっておくと、備えがなくても離婚後の生活を安定させるまでなんとか生活を繋ぐ事はできるのではないでしょうか。ただし、財産分与として、高額な金額が支払われた場合には、扶養的財産分与は適応されませんので、注意をしてください。

片方が離婚に合意しない場合

性格の不一致を理由に離婚を要求しても、片方が離婚に応じない場合は、協議離婚という形では、離婚をすることはできません。それでも離婚を進めたいと強く願う場合には、離婚をしたくないと主張している側に、「解決金」として金銭を支払うことで、離婚を進める事が可能です。この「解決金」は、慰謝料とみなす事ができますので、離婚後の生活に不安を抱えている方は、離婚後も安心して生活できると考えられます。ただ解決金については、相場というものがなく、双方で納得できるまで話し合いをし、金額を決定します。その為設定した金額に納得出来ない場合には、やはり離婚の手続きが長引く、もしくは不成立に終わる可能性も否定できません。

引用元-性格の不一致が原因の離婚の慰謝料について | 離婚を考える

●性格の不一致で離婚 慰謝料500万を請求された

慰謝料は、離婚の責任がある方からその相手方に対して支払うものです。
質問をみると、どっちが悪いのかは微妙といったところです。
慰謝料が認められるとしても、相場は100万~300万程度です。
親権は、子供が幼い場合には、母親になるのが通常です。
親権の変更は家庭裁判所に訴えることになると思いますが、
何か事情がないかぎり(親権者としてあるまじき行為とか親権を行使しないとか)、変更は認めないでしょう。

引用元-性格の不一致で離婚する予定です。慰謝料500万を請求されまし… – Yahoo!知恵袋

●性格の不一致は慰謝料がもらえない離婚ケースの1つ

そもそも慰謝料とは、精神的な苦痛を与えた者に対する損害賠償です。離婚の場合でいえば、不貞や暴力など離婚原因となる有責行為をした者に対しての損害賠償請求、ということになります。

覚えておきたいのは、慰謝料は離婚をするすべての夫婦に発生するわけではないということです。たとえば、次のケースは離婚をしても慰謝料がもらえません。

【慰謝料がもらえない離婚事由のケース】
■性格の不一致
■有責責任の行為が双方にある
■家族との関係がよくないことから離婚にいたった場合
■事実上、夫婦関係が破綻してからの不貞行為

たとえば、夫婦ともに浮気をしていた場合や「なんとなくソリが合わなくて……」という理由で離婚をした場合には、慰謝料は発生しません。

引用元-慰謝料や養育費がもらえない離婚のケースとは? [離婚] All About

●性格の不一致では慰謝料が認められない理由

それではなぜ「性格の不一致」では、慰謝料請求が認められないのでしょうか?
 「性格の不一致」の原因である、夫婦間の価値観や考え方の違いは、夫婦間の話合いや、お互いに折り合いをつけることで、その差を埋めていく事が出来ます。
お互いが歩みよる努力をしなかった、もしくは努力が足らなかったので、「夫だけが悪い」「妻だけが悪い」と言い切ることが出来ないのです。
夫婦どちらも、それなりに悪いということです。
つまり、責任の度合いはどちらも一緒で、お互い様ということで慰謝料請求は認めらないのです。
ですので、相手が慰謝料を払う意思がなければ、それ以上追及しても支払ってもらうことはできません。
無駄な労力を使わない為にもそこで終わらせましょう。

引用元-性格の不一致で離婚する方が、無駄な労力を使わない為のポイントとは?

●性格の不一致は慰謝料ではなく手切れ金

「性格の不一致といっても、中身は多種多様です。ともかくは、“人によって価値観は違う”ということを自覚すべきでしょう。特に男性はプライドや支配欲が強く、自分の意見が通らなくなると、“妻はわからず屋だ”“結婚当時は可愛かったのに”などと憎しみが積み重なり、最終的には“もう妻とはやっていけない”に発展するのです。

性格の不一致で離婚する場合は、原則として慰謝料は発生しませんが、夫が妻へ手切れ金として100万円程度のお金を払って離婚する場合もあります」

別の家庭で育った2人の人間が家族になるのですから、価値観や常識が微妙にズレていて当たり前ではありますが……。とはいえ、“自分の考え方が絶対”という我の強い態度が、溝を広げてしまいそうですね。

引用元-弁護士が語る!夫から切り出す離婚の「慰謝料」相場4つ – Menjoy! メンジョイ

まとめ
想像はしていましたが、やはり慰謝料の請求は難しいみたいですね。でも、専業主婦の場合は以後の生活にも影響がありますから、お互いに納得出来るよう話合うしかなさそうです。

twitterの反応

 - 日常・生活

ページ
上部へ