日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

ゴルフのシャフトを交換してナイスショット!交換のポイント

      2018/08/09

ゴルフのシャフトを交換してナイスショット!交換のポイント

ゴルフのシャフトは交換をすることができます。自分に合ったシャフトを選ぶことで飛距離などを大きく伸ばしたりできるようです。今回はゴルフのシャフトを交換するときのポイントを調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

畳の部屋にベッドを置く場合は凹みに注意!凹ませないためには

畳の部屋にベッドを置くことを考えている人もいるのではないでし...

雨で外で遊べない!子供におすすめの家遊びは?

雨の日は外で遊べなくて子供にとってはストレスが溜まりますね。...

サンダルを履いてきてしまった…!はだし運転って違反になるの?

ヒールのあるサンダルやパンプスを履いて車に乗ってしまった!そ...

新幹線で荷物はどこに置く?トイレに行く場合の荷物は?

新幹線に乗車するときに大きな荷物はどこに置けばいいのでしょう...

海外でネットをしたい!使用料金を抑えるには

海外でネットを使ってとんでもない使用料金を請求された経験があ...

自転車のタイヤの寿命はどのくらい?寿命を延ばすには

自転車のタイヤは長く乗っていると消耗品なのですり減っていき、...

タイへ旅行って危険なの? 注意することとは

タイは人気の観光地なので日本から旅行に行く人も多いですね。し...

熱中症の対策に効果的なグッズとは?保冷剤の効果について

ここ最近の日本の夏の気温は毎年のように最高気温の記録を更新し...

高校野球でコールドになる条件とは?

野球にはコールドゲームというシステムがあり、条件を満たしてい...

カブトムシの採集をしよう!効果絶大なトラップとは!?

夏には山でカブトムシの採集をしてみたいという子供の期待にはぜ...

自転車の種類別の時速とは?平均はどのくらい?

自転車を通勤通学に利用している人は多いですね。ところで自転車...

パスポートの更新をするには!?どのくらい時間はかかる?

パスポートは時期が来たら更新をしないといけません。パスポート...

イオン商品券の特徴とは?購入はどこでできる?

イオンが発行している商品券を知っていますか?大手スーパーの商...

高校の体育の先生になるためには?

公立高校の体育の先生になるには、教員免許を取得する必要があり...

玄関からの侵入を防ぐ!蚊の対策には何が効果的!?

夏になると蚊が大量に発生して対策に悩まされますね。特に玄関な...

ゆうちょ銀行で通帳は何冊まで?2冊目を作ることは可能か

ほとんどの人がゆうちょ銀行の通帳を1人1冊は持っているのでは...

電話の着信拒否は相手を特定して設定できます

今は携帯電話を持っていない人を探すのは大変なくらい1人で複数...

昭和64年の硬貨とは!?価値があるって本当?

昭和64年が存在したことを知っていますか?昭和64年はわずか...

小学校のプールは雨でもやる?プールの実施基準とは

小学校のプールの授業は少々雨が降ろうが寒かろうがしていたイメ...

公務員の年金の受給額は最高レベル

年金額が減ったり、受給年齢が上がり、年金生活者の生活にしわ寄...

スポンサーリンク

ゴルフのシャフト選びの注意点

アイアンのシャフトを選択するときに、最も大切なのは素材です。スチールとカーボン、この2つの中から、自分のスイングスタイルや力量に合ったものを選択する必要があります。

そして、素材と同じくらい大切なのがシャフトの硬さ、フレックスです。自分の力量に見合わない硬さのものを使ってしまうと、弾道が乱れてしまいます。

引用元-たった3つ!絶対に失敗しないアイアンのシャフトの選び方

ゴルフのシャフトの長さについて

シャフトの長さはドライバーが一番長くウェッジが一番短く(パターは中尺や長尺があるので除きます)なっており一般的な特徴で長いクラブほど遠くに飛ぶようになっています。またゴルフクラブはパターを除いて18インチ以上48インチ未満とルールで決まっています。だったら48インチのドライバーを選び使えばいいかと言えばそうでもないです。長いクラブの方が飛ぶのは間違いなですがやはりシャフトが長くなる分ミートさせるのが難しくなるからです。プロなども48インチのドライバーを選び使う人はほとんどいません。それぐらい長くすると芯に当てることが難しいと言うことです。

引用元-ゴルフ初心者のための正しい練習方法

ゴルフのシャフトを交換する効果とは

形状や体積などが大きく変わってきたクラブヘッドの部分にくらべると、シャフト部分の進化は見た目だけではなかなかわかりにくいところ。しかし、実際には劇的な技術革新が行われており、その構造は以前のものに比べて大きく異なります。

特に、複数方向に織り上げたカーボンシートを使用した3軸シャフト・4軸シャフトと呼ばれるカーボンシャフトは、復元力や安定性が高く、飛距離性能や方向性に優れ、現在の主流となっています。

また加工がしやすいカーボンシャフトの特性を生かして、重量のラインナップを増やしたり、シャフトのしなり具合の特性を変化させたりして、よりゴルファーにマッチしたシャフトが選択できるようになっています。

引用元-AllAbout

シャフトを交換する場合の重さの選び方

自分のクラブの重さを測って重さのズレが見つかった場合、重さを調整する時は重いクラブを基準にするといいよ。

重量が合わなかった場合にはクラブそのものを変える、っていうのも一つの答えだけど、ヘッドがお気に入りの場合にはシャフトを重めのものに交換することでも全体重量を調整できるよ。

そこまでお金をかけるのは…っていう人には、鉛を貼るのがオススメ。ゴルフのグッズには、重さを調整するためのクラブに貼る用の鉛があるんだ。これを使えば、軽いクラブを重くすることは簡単にできるよ。

でも、もともと重いものを軽くするのはとっても大変。シャフト交換以外の手段では、ヘッドを削ったりしなければならないから手間もお金もかかっちゃう。もちろん、基準にする重いクラブが振れないくらい重かったらダメだけど、重いクラブを基準にして、他のを重めに合わせる方が調整はしやすいんだ。

引用元-中古 ゴルフクラブ|ゴルフ・ドゥ|豆知識:ゴルフギアの選び方

自分でシャフトを交換する場合は

まずリシャフトで一番の注意しないといけない点はドライバーのホーゼル径とシャフトのチップ径のサイズです。日本仕様のクラブはホーゼルの径のサイズが335チップのものが多いようですがUS仕様は350が多いようですから用意するシャフトの先端のサイズ、チップ径を合わせる必要がありますよね。当然のことながらホーゼル径335にはシャフトチップ径も335、350には350のチップ径のシャフトを使います。仮に335チップ径のヘッドに350のシャフトは挿せませんが、場合によっては、ヘッドのホーゼルの内側を削って、350のシャフトを挿すようです。時にシャフト先端を335程度まで削って挿入する場合もあるようですが強度や性能低下の危険がありますので避けたほうが良いでしょうね。また350のヘッドに335のシャフトを挿す場合は隙間をアルミ管スペーサーで埋めてシャフトを挿せばOK。

引用元-ゴルフクラブは自分でリシャフトしちゃえ!ギア改造でナイスショット!

まとめ
いかがでしたか?シャフトの交換は自分でもできるようですが、専門店で自分に合ったシャフトを選んでもらうといいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/Takesy_n/status/501267002749509632

 - スポーツ・アウトドア

ページ
上部へ