日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

ゴルフのシャフトを交換してナイスショット!交換のポイント

      2018/08/09

ゴルフのシャフトを交換してナイスショット!交換のポイント

ゴルフのシャフトは交換をすることができます。自分に合ったシャフトを選ぶことで飛距離などを大きく伸ばしたりできるようです。今回はゴルフのシャフトを交換するときのポイントを調べました。

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

ゴルフのシャフト選びの注意点

アイアンのシャフトを選択するときに、最も大切なのは素材です。スチールとカーボン、この2つの中から、自分のスイングスタイルや力量に合ったものを選択する必要があります。

そして、素材と同じくらい大切なのがシャフトの硬さ、フレックスです。自分の力量に見合わない硬さのものを使ってしまうと、弾道が乱れてしまいます。

引用元-たった3つ!絶対に失敗しないアイアンのシャフトの選び方

ゴルフのシャフトの長さについて

シャフトの長さはドライバーが一番長くウェッジが一番短く(パターは中尺や長尺があるので除きます)なっており一般的な特徴で長いクラブほど遠くに飛ぶようになっています。またゴルフクラブはパターを除いて18インチ以上48インチ未満とルールで決まっています。だったら48インチのドライバーを選び使えばいいかと言えばそうでもないです。長いクラブの方が飛ぶのは間違いなですがやはりシャフトが長くなる分ミートさせるのが難しくなるからです。プロなども48インチのドライバーを選び使う人はほとんどいません。それぐらい長くすると芯に当てることが難しいと言うことです。

引用元-ゴルフ初心者のための正しい練習方法

ゴルフのシャフトを交換する効果とは

形状や体積などが大きく変わってきたクラブヘッドの部分にくらべると、シャフト部分の進化は見た目だけではなかなかわかりにくいところ。しかし、実際には劇的な技術革新が行われており、その構造は以前のものに比べて大きく異なります。

特に、複数方向に織り上げたカーボンシートを使用した3軸シャフト・4軸シャフトと呼ばれるカーボンシャフトは、復元力や安定性が高く、飛距離性能や方向性に優れ、現在の主流となっています。

また加工がしやすいカーボンシャフトの特性を生かして、重量のラインナップを増やしたり、シャフトのしなり具合の特性を変化させたりして、よりゴルファーにマッチしたシャフトが選択できるようになっています。

引用元-AllAbout

シャフトを交換する場合の重さの選び方

自分のクラブの重さを測って重さのズレが見つかった場合、重さを調整する時は重いクラブを基準にするといいよ。

重量が合わなかった場合にはクラブそのものを変える、っていうのも一つの答えだけど、ヘッドがお気に入りの場合にはシャフトを重めのものに交換することでも全体重量を調整できるよ。

そこまでお金をかけるのは…っていう人には、鉛を貼るのがオススメ。ゴルフのグッズには、重さを調整するためのクラブに貼る用の鉛があるんだ。これを使えば、軽いクラブを重くすることは簡単にできるよ。

でも、もともと重いものを軽くするのはとっても大変。シャフト交換以外の手段では、ヘッドを削ったりしなければならないから手間もお金もかかっちゃう。もちろん、基準にする重いクラブが振れないくらい重かったらダメだけど、重いクラブを基準にして、他のを重めに合わせる方が調整はしやすいんだ。

引用元-中古 ゴルフクラブ|ゴルフ・ドゥ|豆知識:ゴルフギアの選び方

自分でシャフトを交換する場合は

まずリシャフトで一番の注意しないといけない点はドライバーのホーゼル径とシャフトのチップ径のサイズです。日本仕様のクラブはホーゼルの径のサイズが335チップのものが多いようですがUS仕様は350が多いようですから用意するシャフトの先端のサイズ、チップ径を合わせる必要がありますよね。当然のことながらホーゼル径335にはシャフトチップ径も335、350には350のチップ径のシャフトを使います。仮に335チップ径のヘッドに350のシャフトは挿せませんが、場合によっては、ヘッドのホーゼルの内側を削って、350のシャフトを挿すようです。時にシャフト先端を335程度まで削って挿入する場合もあるようですが強度や性能低下の危険がありますので避けたほうが良いでしょうね。また350のヘッドに335のシャフトを挿す場合は隙間をアルミ管スペーサーで埋めてシャフトを挿せばOK。

引用元-ゴルフクラブは自分でリシャフトしちゃえ!ギア改造でナイスショット!

まとめ
いかがでしたか?シャフトの交換は自分でもできるようですが、専門店で自分に合ったシャフトを選んでもらうといいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/Takesy_n/status/501267002749509632

 - スポーツ・アウトドア

ページ
上部へ