日頃の疑問や豆知識を調べて簡潔にまとめています。さらに詳しい内容を知りたい方は引用元でご確認下さい。

まとロゴす

不登校の原因は学校の先生が怖いから!?そんな時はどうしたらいい?

      2018/08/16

不登校の原因は学校の先生が怖いから!?そんな時はどうしたらいい?

子供が学校へ行きたくないという理由に先生が怖いという場合もあるようです。学校の先生が怖いという場合は小学校低学年に多いようです。そんな時、親はどのように対応したらいいのでしょうか?

スポンサーリンク

  こんな記事もよく読まれています

タバコを禁煙すると肌はどうなる?

最近はタバコの禁煙をする人が増えてきていますね。タバコは体に...

社会人から学生へ!税金はどのくらい払う?

社会人から学生になると税金を払わないといけません。また学生で...

郵便局以外では切手は買える?切手の買い方について

切手は郵便局の窓口で買うことができますが、郵便局の窓口以外で...

就活で内定もらった!返事はどうする?

就活が実を結び、内定をもらったら嬉しいですよね。でも実は第一...

女性の一人居酒屋って、あり?なし?

「おひとりさま」という言葉が世に浸透して大分経ちますが、皆さ...

理学療法士になるには!?大学と専門学校の違いについて

理学療法士はリハビリなどのプログラムを作成し、治療のサポート...

彼氏が仕事を辞めると言い出したら?彼女としての対処法

もしも彼氏が突然仕事を辞めると言い出したらどうしますか?彼女...

浴室のタイルをきれいにしたい!浴室掃除におすすめの洗剤は?

浴室のタイルの黒ずみは悩みの種ですね。どうすれば浴室のタイル...

予防接種は影響ない?病院を途中で変える場合

子供が小さいころはたくさんの予防接種をしなけなければいけませ...

ヘルペスの原因と食事による対処法

小さな水疱がいくつもできて、チクチクピリピリ痛むヘルペス。主...

車にキズが!修理するにはどうしたらいい?

車にキズができた場合は気になりますよね。しかし小さなキズなど...

財布の中のカードが割れる!対策は?

男性の方はよく、上着の内ポケットやズボンのポケットに財布を入...

水1日2リットルを飲む健康・美容法はキケン?

なぜかよく聞く、「水1日2リットル」の健康・美容法。モデルさ...

日本は安全な国!海外からの視点

テレビやラジオでは、毎日のように事故や事件のニュースが流れて...

プリクラで不自然じゃなく目を大きくするには?

最近のプリ機は大体デカ目補正できるようになってますよね。でも...

夜行バスでディズニーランドへ行ってみよう!化粧をするタイミングは?

夜行バスを利用すると、遠くへ安くいくことができます。例えばデ...

パソコンの個人向けと法人向けの違い

パソコンの通販サイト等見ていると、一般個人向けと法人向けがあ...

日本のパスポートはすごい!?入国審査もラクラク!?

日本のパスポートにはすごい威力があるようです。日本のパスポー...

郵便局でいらない切手を交換して有効に使おう!

切手の値段が値上がりして、50円や80円の切手を持て余してい...

退職したら健康保険はどうなる?病院にかかるための手続きは?

退職をした場合は、退職した日から健康保険の資格がなくなります...

スポンサーリンク

小学校低学年は先生との関係をうまく築けないことも

小学校低学年では教師との関係をうまく築けない子もいます。それ自体が問題というよりは、小学校低学年という幼い年齢で家族以外の大人と上手に関係を築くのは案外難しいものです。

この年代の子供は結構デリケートだったりしますから、ふいに言われた一言や些細なことが心の中にずっしりきていることもあります。
何せ幼稚園ではあんなに優しかった先生が、急に厳しくなればそりゃぁ面喰らうのも仕方ありません。

引用元-不登校ナビ

子供が不登校の理由は学校の先生が怖いからだった!

不登校の真実「先生が怖かった」

不登校だった当時から10年以上がたち、息子が社会人になって間もなくのこと、何の気なしに息子から、当時のことを打ち明けられました。

それは、不登校の理由が、「先生が怖ったから」というもの。
私には、当時の担任の先生にいいイメージしかなかったため、とても驚きました。

引用元-不登校支援センター相談ガイド

小学校の先生は怖い時も必要?!

少なくとも厳しかった先生は、ひとりも特別扱いせず、誰に対しても厳しかった。
いわば厳しいという点ではえこひいきがなかった。
しかも、私たちのいたその厳しい先生のクラス。テストの平均点が、他のクラスよりいつも十点以上よかったのです。
そうですよね。できないと立たされるし、もっとできないと怒鳴られる。
怖いからびくびくして授業を聞いているわけです。

当時、今と違って気の弱かった私は、震えながら手に汗握って授業を聞いていました。
信じられない話ですが、それだけで小学校3年のときの成績がオール3以下だったのに、オール4以上になってしまったのです。
自慢話じゃないですよ。それだけ怖がりだったってことを言いたいだけ。

今でも、その当時の授業の内容をよく覚えているぐらいですから。
いわば、無理やり頭に叩き込まれたという感じでした。
結果的に私の場合、小学校時代の一番多感な時期に厳しくされてよかったみたい。
やさしい先生だったら、当時の私の性格からして、絶対勉強なんかしなかったと思います。

引用元-ビジネス便利屋兼ライター 永嶋信晴のブログ

担任の先生とうまくいかない場合はどうする?

先生の対応が不満に思う場合

・たとえ小さな事でも先生と話し合って解決する
・連絡帳
・電話相談
・アポをとり直接相談
→方法はなんでもいいのでとにかく話し合いが大事

クラス全体に共通した問題の場合

・同じ意見のお母さん達と相談する
・こんだん会で話し合う
・多くの人の意見を出しあう
→意見が多ければ緊急保護者会が開かれ問題解決が早くなります

子供と先生の間に個人的なトラブルが起こった場合

・先生との話し合いが必要
・先生に話に行く前に信頼できる第三者の意見を聞いておくと良い

引用元-こはる通信

学校に行けない子供との接し方

学校に行けない子どもとどう接するか

子どもが不登校に陥った場合、多くの保護者は学校に行けない原因を探し、いじめ、トラブルの犯人を探そうと躍起になってしまうようです。
それよりも、まずは社会生活になじめなくなってしまった子どもの精神状態を安定させるため、あえて休ませながら、理解者であろうと努めてください。
必要以上に「明日は学校に行きなさい」などと追い込むことは、かえって本人の落ち着く場所を奪ってしまうことに繋がります。
過度な登校刺激は避け、本人の中にあるどういった考え方が登校を阻んでいるのか…を注意深く考えるようにしましょう。
特に小中学生のうちであれば、クラス替えなど、また1からやり直しできる機会が必ずあるはずです。
それまでの間に、本人、周囲のどういった考え方を変えていくべきなのか、冷静に検討するようにしましょう。

引用元-ヘルスケア大学

まとめ
小学校低学年の頃は先生が怖くて不登校になってしまうこともあるようです。親としては騒ぐのではなく冷静に対応したいですね。

twitterの反応


https://twitter.com/Pr1np/status/754284217299722240


https://twitter.com/talva_776/status/750936494857068544
https://twitter.com/Yuto03120/status/748818988390506496
https://twitter.com/dooheslaf_/status/748710937972973568

 - 恋愛・人間関係

ページ
上部へ